星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

STU48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数一覧をチェック

投稿日

瀬戸内近海を拠点とする、これまでと違ったスタイルの姉妹グループとして結成されたSTU48。

兼任という形ではありますが、AKB48の岡田奈々さんがキャプテンに就任。

HKT48の指原莉乃さんが、メンバーとしてだけでなく劇場支配人として就任。

大きな船出をしたSTU48メンバーにとって、まさに初めての選抜総選挙…。

果たして、誰か一人でも圏内に入り、結成間もない彼女たちが、AKB48選抜総選挙2017(第9回)の台風の目となることができるのでしょうか。

そこで本記事では、SUT48に焦点を当てて、AKB48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位・得票数を紹介しながら総括をまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

STU48にとっての選抜総選挙2017(第9回)

発足2年目のNGT48が飛躍を遂げ、それに続けとSTU48メンバーにも期待がかかった2017年の選抜総選挙。

しかし残念ながら、兼任メンバーの二人(岡田奈々さん・指原莉乃さん)を除いて、誰一人として圏内に入れませんでした。

過去を振り返ってみると、参加したグループメンバーの一人も圏内に入っていないことは、史上初の出来事。

これにはファンの落胆の声も聞こえてきました。

実際に、第1回の選抜総選挙でも、SKE48メンバーの松井玲奈さん・松井珠理奈さんが圏内に入っています。

NMB48が、初めて参加した第3回選抜総選挙では、山本彩さんが圏内に入っています。

HKT48メンバーが参加した第4回では、宮脇咲良さん。

NGT48メンバーが参加した第8回では、加藤美南さんが圏内入り…。

(第7回でも参加はしていますが、まだ1期生はいなく、兼任の柏木由紀さん、リーダーの北原里英さんしか参加していないので除外)

以上を踏まえると、確かにSTU48メンバーが史上初、誰一人、選抜総選挙で圏内入りできなかったグループになるのです。

そして、その事を踏まえて、一部のアンチが、『前代未聞!』とバッシングしている話も聞こえてきました。

しかし、彼女たちを擁護するわけではないですが、他のグループと異なり、彼女たちは、選抜総選挙への準備期間が、ほぼない状況で参加しています。

STU48が、初お披露目されたのが、2017年5月3日。

そして、STU48のオリジナル楽曲が、初めてCDに収録されたのが2017年5月31日。

ほぼ選抜総選挙直前で、彼女らがファンにアピールしようにも、やりようがなかったのは明らか。

そんな中で、誰か一人でもSTU48メンバーが圏内に入ることがあるなら、それこそ衝撃の大波乱と言えるでしょう。

波乱のドラマが見られるAKB48選抜総選挙と言えど、さすがにそこまでの奇跡は起こりようがなかったわけです。

はっきり言って、STU48メンバー(兼任の岡田奈々さん・指原莉乃さんは除いて…)にとっては、選抜総選挙2017(第9回)は、ファンに向けてのお披露目イベントという意味合いが大きいように思います。

まだ、アイドルとして歩き始めた彼女たちが、選抜総選挙を通じてその雰囲気を掴み、

「次こそは圏内入りしてステージに立つ!」

という気持ちを持って、1年を過ごすきっかけにするための選抜総選挙だったと考えています。

まだ、彼女たちはスタートラインに立ったばかりです。

実際に、彼女たちが圏内に入れないことは、ほとんどのファンが理解していますし、

「初っ端から最悪の黒歴史を作った」

と批判しているのは、アンチを含め、ごく少数しかいないみたいです。

なので筆者としても、2018年の選抜総選挙に期待したいですね。

 

STU48の選抜総選挙2017(第9回)最終結果順位

結成からわずか1ヶ月ほどで、選抜総選挙に参戦したSTU48。

さすがに、メンバーの認知度もない状況で、いきなり選抜総選挙に出ても結果を出せないのではないか?と危惧するファンも多いと思います。

そんな中、彼女たちSTU48メンバーはどんな結果を出してくれるのでしょうか。

さっそく速報順位から順に見ていきましょう。

AKB48選抜総選挙2017(第9回)速報順位(兼任含めSTU48メンバーのみ)

3位:指原莉乃、獲得票数:32,340

10位:岡田奈々、獲得票数:16,867

以上の二人のみが速報で圏内に入っています。

しかし、あくまで彼女らは兼任メンバーで、本来のSTU48の1期生メンバーではありません。

岡田奈々さんはAKB48のメンバー、指原莉乃さんはHKT48のメンバーです。

本来カウントするのもどうかとは思います。

ただ全く何もなしというのは、あまりにも酷なので、とりあえず兼任メンバーも含めた速報順位を紹介しておきます。

完全にSTU48お披露目のための選抜総選挙なので、誰ひとりとして圏内に入ることは不可能と思われます。

それでも、その下馬評を覆して、大波乱を巻き起こして欲しいものです。

では、続けて最終結果順位も見ていきましょう。

AKB48選抜総選挙2017(第9回)最終結果順位(兼任含めSTU48メンバーのみ)

1位:指原莉乃、獲得票数:246,376

指原莉乃

9位:岡田奈々、獲得票数:48,143

岡田奈々

以上が、最終結果順位で、やはり圏内にSTUメンバーが入ることはありません。

兼任の二人のみランクインして選抜総選挙2017(第9回)の幕は閉じました。

それにしても指原莉乃さんの24万票を超える票数には圧倒させられました。

しかし、そのうちの数千票でもSTUメンバーに振り分けられていたら、もしかしたらギリギリ圏内もあったかもしれないと、ふと思ってしまいます。

そこは、選抜総選挙の厳しさと言えるでしょう。

お披露目から1ヶ月の新規メンバーが、いきなり這い上がれる世界ではないことを見せつけるべく、他の姉妹グループのメンバーたちが1年必死にアイドルとして活動し続けてきているわけです。

そんなに簡単に圏内入りするなんて不可能です。

何度も言いますが、あくまで今回は、STU48のお披露目が最大の目的です。

不本意かもしれませんが、当初の目的としては達成できたといえるのではないでしょうか。

 

STU48 にとっての選抜総選挙2017(第9回)総括

岡田奈々さん・指原莉乃さんを除いて、STU48メンバーが誰も圏内にランクインしていない以上、総括もなにもないのが率直なところです。

厳しいかもしれませんが、これが現状です。

お披露目1ヶ月ちょっとで、いきなり選抜総選挙の圏内に入れる程、アイドルの世界は甘い世界ではないことが理解できたと思います。

まだ、彼女たちはアイドルとしてスタートしたばかりです。

これからどのように1年過ごすかで、2018年の立ち位置が大きく変わります。

2016年の選抜総選挙では、リーダーであった北原里英さんと兼任メンバーの柏木由紀さんを除いて、圏内入りしたNGT48メンバーは加藤美南さん唯一人でした。

それが、選抜総選挙2017(第9回)では、荻野由佳さん、本間日陽さんが選抜入りを果たしています。

それだけでなく、中井りかさん、高倉萌香さんの二人がアンダーガールズに入る快挙を成し遂げています。

この一年で彼女たちがアイドルとして奮起したからこそ、ファンが後押しして、シンデレラガールと呼ばれるような栄光を手にすることができたわけです。

だから、STU48メンバーたちも、この1年の頑張り次第では、NGT48メンバーのような輝きを手にすることも可能です。

確かにアイドルの世界は厳しいのですが、その分、たくさんの夢があります。

是非、その夢を掴んで歓喜を手にして欲しいと、2018年のSTU48の選抜総選挙に期待したいものですね。

 

まとめ

STU48にとって、2017年のAKB48選抜総選挙は、兼任メンバーを除いて、速報ですら誰一人圏内入りすることができませんでした。

それはAKB48グループ史上初の出来事。

一部では黒歴史と揶揄されてしまっています。

しかし、それはお披露目して1ヶ月ほどしか経っていないので、『仕方がない…』というのが、多くのファンの見方であるようです。

お披露目が目的とも言える選抜総選挙となってしまいましたが、彼女たちSTU48メンバーの本当の選抜総選挙は、2018年にあるでしょう。

ぜひ、この1年の頑張りで、STU48メンバーから、2018年の選抜総選挙でシンデレラガールが誕生することを期待したいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB