星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

三井住友カードのメリットとは?ポイント交換の還元率や景品を紹介

投稿日

クレジットカードには、たくさんの種類がありますね。

海外・国内を合わせれば数十社、おそらくはそれ以上の数になると思われます。

代表的なクレジットカードには、VISA・AMEX・MASTERなどがあります。

中でも、VASAの三井住友カードは、日本国内で最多の利用者がいるそうです。

これまでは、クレジットカードなんて、どれも変わりないと思っていましたが、調べてみるとそうでもないようなのです。

三井住友カードに国内最多の利用者がいるということは、それなりのメリットがあるからでしょう。

そこで今回は、三井住友カードのメリットや年会費、ポイント交換の還元率や景品と申込方法などをお話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

三井住友カードのメリットをチェック

三井住友カードは、年間の取扱高がなんと約10兆円!

会員数は1300万人を越えるそうです。

なので日本人の五人に一人が、三井住友カードを持っていることになりますね。

実は筆者も三井住友カードを長年愛用しています。

以前は、AMEXなども使っていましたが、海外に行くなどの必要性を感じなかったので、現在は三井住友カードのみ。

 

さて、五人に一人が所有し、日本最大のユーザーがいることは、当然、三井住友カードにメリットがあるわけです。

そこで三井住友カードのメリットを紹介していきましょう。

三井住友カードのメリット

メリット1 カードの信頼性が高い

長年の定番ブランドとしての信頼性は、

セキュリティや保険が充実していること

にあります。

1967年のスタートから

50年間

という長い歴史が物語っているでしょう。

今でこそ、クレジットカードを知らない人はいないと思いますが、50年前には、

「なにそれ?」

という一般人の認識でした。

その間、クレジットカードが全く知られていなかった時代には、加盟店の募集などでも、

「そもそもクレジットカードとはどういうものか」

という仕組みから説明し、その利便性などを啓蒙してきたそうです。

この長く培われた経験が、クレジットカードの各種サポートにも生かされています。

 

VISAインターナショナルには、傘下のVISAカード会社で、セキュリティが高い会社に対する表彰をするシステムがあるそうです。

アジア・太平洋地域では、この

三井住友カードだけが表彰されている

のです。

これも三井住友カードの高い信頼性に対する評価のひとつでしょう。

クレジットカードは、その人の大事なお金を扱うわけですから、そのカードに対する信頼性は絶対に必要だと思います。

メリット2 クレジット一体型キャッシュカード

これもなかなか便利な機能です。

『一体型』とは、

銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一枚になった

カードのことです。

まさに都市銀行を母体に持つ三井住友カードのメリットの一つでしょう。

一枚になったことで財布も少しは薄くなります。

メリット3 顔写真付きのカードもある

三井住友カードでは、クレジットカードの裏面に持ち主の顔写真を入れることができるのです。

これはMasterカードにはなく、VISAブランド限定のサービスです。

この顔写真入りカードは、紛失あるいは盗難の場合には、

不正利用の防止に大きな効果

がありそうですね。

顔写真入りクレジットカードは、『写真取替申込書』を提出するだけで、顔写真入りのカードにすることができます。

もちろん希望者のみです。

顔写真がいやという人でも大丈夫です!

メリット4 各種保険が豊富についている

以下は、三井住友カードの各種保険サービスの一覧です。

  • 買い物時の被害のためのショッピング補償
  • 海外旅行時の傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 傷害治療保険
  • 携行品損害保険
  • 入通院費用保険
  • 手術費用保険
  • 他にも多数あり

ただし、三井住友カードの全種類のカードに、これらの保証や保険がついているわけではありません。

また、上限の限度額もあります。

カードの種類によっては、いずれかがついていない場合もありますので、気にある場合は、カードの種類と対応保険の確認をしてください。

↓↓↓

三井住友VISAクラシックカードA

メリット5 各種電子マネーが利用できる

ETCカードやiD、WAON、PiTaPaなどの電子マネーも利用できるクレジットカードを作ることができます。

クレジットカードが使えない店舗でも、電子マネーで清算できるので便利です。

こちらも銀行カードと同じく、複数枚のカードを一枚に束ねることができるメリットがあります。

三井住友カードのポイント交換の還元率は?景品をチェック!

ポイント交換とは、三井住友カードの利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、

いろいろな景品との交換や、各種のポイントプログラムに移行する

ことができるサービスです。

ただ三井住友カードは、とてもポイントプログラムが充実していますので、ここで全部を紹介することはできません。

かいつまんで紹介しましょう。

  • ロイヤル・コペンハーゲンの各種食器類
  • BOSEのスピーカー
  • ハーゲンダッツ・ミニカップ
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオ・パス1300ポイント分
  • なだ万のお食事券
  • ゴルフ用具
  • 映画の割引券
  • その他、傘から靴までetc...

なお、『2500万ポイント』貯めれば、

日産GT-R

と交換できます。

我と思わん人はぜひチャレンジしてみてください。

還元率は通常の三井住友カードで、

1,000円の利用(買い物の金額など)で1ポイント

となっています。

ただし、学生カードの三井住友カードデビュープラスは、

ポイント還元率が通常カードの2倍で1000円の利用で2ポイント

と高くなっています。

学生なら絶対に三井住友カードデビュープラスがお得です!

デビュープラス

また、三井住友VISAカードでは、年間のショッピング利用金額に応じて、翌年度のポイント付与率が高くなります。

三井住友カードを使えば使うほど、お得になっていく仕組みというわけです。

 

三井住友カードの種類と年会費はいくら?

三井住友カードの種類

三井住友カードのVISAカードの種類は、非常にたくさんあります。

これ以外にも、

  • 三井住友VISAバーチャルカード
  • 三井住友銀聯カード(ぎんれんカード・中国で使用されています)

もありますが、これらは一般的なカードではなく、一般人にはあまり関係がないでしょう。

これに加えて三井住友VISAカードの会員は、三井住友カードWAONも発行することができます。

こちらは年会費は無料ですが、発行手数料が300円かかります。

三井住友カードWAONは、イオンの通常のWAONと同じく、全国のイオングループ・マクドナルド・吉野家などで使用できます。

利用金額200円ごとに1ポイントのWAONポイントがつきます。

また、毎月20日・30日は、WAONで支払いすれば、5%割引でお得です!

また、クラシックカード、クラシックカードA、デビュープラス、アミティエにはそれぞれ

学生カードもあります。

銀行での引落しですが、これは三井住友銀行に口座がなくても、問題ありません。

どこの銀行でもOKです。

年会費

三井住友VISAカードの年会費ですが、一般カードのほぼ全てのカードが

初年度に限り無料

となっています。

これはゴールドカードでも同様に初年度は無料となっているのです。

これは他のクレジットカードではあまりないことですね。

 

それだけではありません。

初年度無料に加えて、

前年に1回以上、三井住友カードを利用すれば、翌年度以降も無料

という、ありがたいシステムになっているのです。

ただし、前年に三井住友カードの利用がない場合は

税抜1,250円+税

の年会費が発生します。

しかし、それでも他のカードよりは割安といえるでしょう。

(AMEXとは比較にならないくらいに年会費が安いですね)

このように、三井住友カードの特徴は、安かろう悪かろうではなく、長年の実績に伴う信頼性と高いサービス、セキュリティがありながら、年会費が無料なのです。

 

まとめ

今回は、三井住友カードのメリットやポイント交換の還元率と景品、それに年会費などを見てきました。

サービスとセキュリティが高い割に、相対的に年会費が無料、または割安なメリットが目立ちます。

ただ、カードの種類があまりにも多すぎて、どれを選んだらよいのか、わかりにくいデメリットもあります。

それでも年会費が無料という条件で、クレジットカードを選びたい場合には、まずお勧めできると思います。

↓↓↓

三井住友VISAクラシックカードA

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学