星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ライフ(映画)のストーリーあらすじとキャストをチェック!

更新日

ホラー映画やバイオレンス映画といえば、

『エイリアン』

『エルム街の悪夢』

など、様々な映画がこれまで公開されてきました。

そんな映画の一つとして、この2017年の夏に『ライフ』という映画が公開されます。

はたして一体どんなストーリーの映画なのでしょうか。

またキャストも気になります。

そこで本記事で、映画『ライフ』のストーリーあらすじとキャストを紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

パンドラの箱を想像させる映画『ライフ』とは?

浦島太郎の玉手箱だったり、ドラクエのミミックのような、開けようとすると襲われる宝箱の形状を模したモンスターなど。

アニメ・漫画の世界などで、開けてはいけないパンドラの箱

というのは、これまでいくつも登場してきています。

その箱を開けると不幸が訪れ、最悪の場合、命を落とすことになってしまう、とんでもない箱であるわけです。

時折、欲にまみれた人間たちが、その箱を開けてしまい、結果的に災いが引き起こされてしまうこともよくありますよね。

 

さて、この映画『ライフ』は、まさにパンドラの箱を開けた人間たちに襲いかかる恐怖が描かれた映画となっています。

舞台は、火星探索を終えて戻ってきた宇宙ステーション!!

ある六名の宇宙飛行士たちが、火星で新たな生命体を探すように指示され、一つの生命体を発見します。

それを宇宙ステーションに持ち運んで実験していたのですが、その小さな生命体が暴走し始め、宇宙飛行士たちに襲いかかるわけです。

『機動戦士ガンダム』のコロニーのような広い空間ではなく、あくまで宇宙飛行のための限られた密室空間です。

なので、逃げ場なんてどこにもありません。

「なんで火星まで行ってそんな危険なことを…」

そんな風に思いたくなる気持ちを抱きながらも、凄い恐怖を体感できるので、そこは映画『ライフ』の魅力と言えるのかもしれませんね。

後ほど映画『ライフ』のストーリーあらすじを紹介していきますが、この映画は、好き嫌いが、はっきり分かれるタイプの映画です。

 

映画『ライフ』のストーリーあらすじ

ライフ

新たな火星の生命体を探索することで、地獄のような恐怖を味わう羽目に陥る、宇宙飛行士たちの物語を描いた映画『ライフ』。

 

そもそも、なぜ火星の生命体を探索することになったのか、その生命体の正体は一体何なのか…。

いろいろ気になる部分があるかと思います。

その謎の一部分を紐解くように、映画『ライフ』のストーリーあらすじを紹介していきたいと思います。

 

とある六人の宇宙飛行士は、新たな発見を求め、

『火星の土壌から未知なる生物を見つける』

というミッションを敢行していました。

彼らは、見事に小さなアメーバのような生命体を発見し、大喜び!!

さっそく、国際宇宙ステーションに持ち込み調査を開始します。

しかし、この小さな生命体は、調査開始から数日間で一気に凶暴な生命体へと進化してしまうのです。

この生命体は、収納されていた密閉容器から抜け出し、一人のクルー(研究員)に襲いかかります。

それだけでなく、実験用マウスを喰らい、さらに大きな存在へと進化してしまうのです。

襲われたクルーを助けようと、命を落とすことを覚悟してエンジニアのロイ(役:ライアン・レイノルズ)は、研究室に飛び込みます。

そして、なんとかクルーを救助しますが、自分の脚に生命体が絡みついてしまい、まさに、絶体絶命!!

ロイは、なんとかこの窮地から逃れようと、絡みついた生命体に電気ショックを与えたり、燃やしたりして戦っていたのです。

それでも生命体は、ロイの口から体内に入り、ロイの命をうばってしまうのです。

残った宇宙飛行士は五人…。

その五人の宇宙飛行士をよそに、ロイを喰らい知能を得た生命体は、排水口などを伝って船内へと向かいます。

しかも、地球とのコンタクトを取れないようにアクセスを遮断させ、クルーたちをステーション内に閉じ込めてしまうのです。

この恐怖に震え上がりながら、残ったクルーはこの生命体と対峙していくのです。

補給船に乗って、この宇宙ステーションに訪れた、ショウ・ムラカミ(役:真田広之さん)も、この生命体に食べられてしまいます。

そして最終的に二人のクルーだけとなってしまいました。

残ったクルーは、ミランダ(役:レベッカ・ファーガソン)と、デヴィッド(役:ジェイク・ギレンホール)のみ…。

そこで、デヴィットはミランダだけでも地球に返そうと、ある計画を思いつきます。

デヴィットが、この生命体を道連れに宇宙の藻屑となる運命をたどる一方、ミランダは、なんとか地球へ脱出を目論むのですが…。

 

と以上が、映画『ライフ』のストーリーあらすじとなっています。

人類にとっての新発見という欲のために、侵してはいけない禁忌に触れてしまった…。

そんな恐怖感満載の映画『ライフ』ですが、パニック映画にもかかわらず、豪華キャストを起用している点でもユニークです。

日本が輩出したハリウッドスターの真田広之さんや、主人公デヴィットを演じるジェイク・ギレンホールさんなど。

『これでもか!』と言わんばかりに、豪華な顔ぶれを揃えています。

あくまで個人の印象でしかありませんが、テイストそのものは異なるものの、ある意味、渡瀬恒彦さんの遺作ともなった、

アガサ・クリスティ原作のSPドラマ『そして誰もいなくなった』に一部分だけニュアンスは似ている

ように思います。

『そして誰もいなくなった』も、映画『ライフ』も、正体不明の何者かによって命を断たれるところは同じですよね。

また、双方とも豪華キャストを起用している部分は同じです。

なので、一つの見方としては、豪華キャストが一人ずつ命を狙われていく中で、彼ら(もしくは彼女ら)は、どのようにそれと対峙していくのか。

それを、『ライフ』を通じて観てみたいと思う次第です。

 

映画『ライフ』のキャストは?

先程も少し触れましたが、映画『ライフ』には、たくさんの豪華キャストが起用されています。

では、さっそく『ライフ』のキャストを紹介していきますね。

映画『ライフ』キャスト一覧

デヴィッド・ジョーダン役(医者):ジェイク・ギレンホール

ジェイク・ギレンホール

ミランダ・ノース(検疫官):レベッカ・ファーガソン

レベッカ・ファーガソン

ロイ(ローリー)・アダムス(航空エンジニア):ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズ

ショウ・ムラカミ(システムエンジニア):真田広之

真田広之

ヒュー・デリー(宇宙生物学者):アリヨン・バカレ

アリヨン・バカレ

エカテリーナ・キャット・ゴロフキナ(司令官):オルガ・ディホヴィチナヤ

オルガ・ディホヴィチナヤ

以上が、映画『ライフ』の主なキャストとなっています。

主人公を演じるジェイク・ギレンホールに至っては、2015年の第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員を勤めています。

真田広之さんは、日本を代表とするハリウッドスターとしておなじみですよね。

このように国内外豪華キャストが起用されているので、彼らがどんな迫真の演技を見せ、恐怖映画をよりリアルに見せてくれるのかが楽しみです。

この映画『ライフ』はパニック映画です。

しかし、豪華な顔ぶれが観たい人なら、おすすめできるので、ぜひ一度観て欲しいですね。

 

まとめ

映画『ライフ』は、蓋を開けてみれば、完全なるパニック映画。

ミステリーの要素は一切ありません。

ただ一人ずつ犠牲者が生まれ、恐怖と対峙していく映画というべきなのかもしれません。

しかし、豪華キャストの登場は、映画を盛り上げてくれています。

パンドラの箱を開けるとどうなるのか。

(『ライフ』では火星の生命体を探索すること)

という、現代社会に相通じる何かを考えさせてくれることは間違いありません。

まぁそこまで深く考えずに、単純に恐怖とスリルを愉しめばいいと思います。

このジャンルが好きな人には、ぜひ観てもらいたいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画