星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

トランスフォーマー最後の騎士王のストーリーあらすじとキャスト

更新日:

アメリカで他社の類似系ロボットとコラボして発売された、おもちゃ型ロボット『トランスフォーマー』。

これは1980年代のタカラトミーから発売された、変形型ロボットがベースとなっています。

基本的にコンボイやスポーツカーなどの車を変形させる特徴を持ち、アニメ化を経て2007年には実写映画化されています。

その実写映画の新作『トランスフォーマー最後の騎士王』が、2017年8月4日に公開。

果たしてどんなストーリーあらすじとして描かれているのでしょうか。

昔からのファンはもちろん、実写映像化となってからの映画ファンも気になるところです。

本記事で『トランスフォーマー最後の騎士王』のキャストと共に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『トランスフォーマー』の最新作

みなさんは、『トランスフォーマー』という言葉を聞いて何を連想しますか?

この答えによって、年代がバレてしまうと言ってもいいくらい、世代によって答が変わってくるのです。

40代以上の年配の人なら、車からロボットに変形するおもちゃやアニメを想像することでしょう。

一方、10代(主に20代前半まで)の人なら、実写映像化された映画『トランスフォーマー』のことを想像するのではないでしょうか。

まさに、これまで長い年月をかけて様々な形に変化しながら、多くのファンから高い支持を受け続けてきたのが、『トランスフォーマー』なのです。

元々は、

タカラトミーが生み出した変形型おもちゃ

がルーツと言われています。

しかしこれは、冒頭でもお話したように、タカラトミーから発売された、

『ダイアクロン』、『ニューミクロマン』という、ロボット型おもちゃ(主に変形するもの)

などを統合し、アメリカで発売されたものが、トランスフォーマーのルーツ…。

確かに言われてみれば、当時アニメとして人気を博したトランスフォーマーは、なんとなく『スパイダーマン』、『スーパーマン』などを代表とする

アメコミテイスト

だった印象も記憶に残っています。

そして、トランスフォーマーの人気がすごかったことも鮮明に記憶しています。

当時アニメだけでなく、ファミコンソフトとしても発売されていました。

(現在ではクソゲーの一つとして有名みたいです)

そして時代が変わり、2007年にはこのトランスフォーマーがハリウッド映画として実写映像化され、後にシリーズ化されるようになっていくのです。

とくに若い世代は、この映画『トランスフォーマー』を記憶していることでしょう。

 

ただ実際のところ、映画『トランスフォーマー』の評判としては、賛否が真っ二つに割れていたみたいです。

ハリウッド映画ということだけあって、スケールが大きいことには違いありません。

単純に変形ロボットが登場する映画や、ヒーロー物が好きな人たちは、

「魅力を感じた!!」

「面白かった!!」

と、とても評価していました。

逆に、この手の映画が嫌いなリアル志向の人は、ただの趣味の世界と一刀両断していたようです。

確かに、映画『トランスフォーマー』は、インパクトが強い印象を受けるタイプの映画です。

一方、ロボットが善と悪に分かれて対峙するのは、あまりにもベタな勧善懲悪タイプの作品に映ってしまいます。

ストーリーもある程度予想できてしまうため、面白みにかけてしまう…。

『トランスフォーマー』には、そんな要素があることも事実です。

子供のように純粋な心で、何も考えず楽しむことができれば、全編に渡って楽しめる映画というのが世間の相場と言えるでしょう。

 

さて、前置きはこのくらいにして、2017年8月4日公開の『トランスフォーマー・最後の騎士王』。

2007年に公開された『トランスフォーマー』(第1作)から数えて、5作目のシリーズ作品となっています。

話によると、シリーズ4作目からリニューアルされたストーリーの続編となっています。

まずは4作目『トランスフォーマー4/ロストエイジ』を観た上で、今作を観た人が良いかもしれません。

ちなみに、この4作目『トランスフォーマー4/ロストエイジ』は、一言で解説するなら、

オプティマス・プライムを軸としたトランスフォーマー軍と、残党狩りを目論む秘密組織KSIの戦いが描かれた作品

といった感じのストーリーが描かれています。

そして、オプティマスはこの戦いに勝利し、創造主たちが蒔いた種を抱え、宇宙へと向かっていく…。

これが第4作『トランスフォーマー4ロストエイジ』のストーリーとなっています。

(なぜオプティマスが宇宙に向かっていったのかは、自分の目で確認してみてください)

ツタヤのほぼ全作品が自宅で観れる!今なら30日間無料キャンペーン中

今回の『トランスフォーマー最後の騎士王』は、この続きが描かれているわけです。

もちろん続きから描かれているわけですから、オプティマスは宇宙に漂っているために、本編冒頭から登場しているわけではありません。

しかも、驚くことに、彼は地球の平和を願って、自ら宇宙に旅立ち地球から消えたはずなのです。

なのに、なぜか地球では、人類とトランスフォーマーの間で起こった争いが激化しています。

さらに、宇宙で何者かに洗脳されたオプティマスが、地球に対して牙を向いてやってくるのです。

このように凄い新展開も見られます。

『トランスフォーマー最後の騎士王』が、どのような顛末をたどるのか、このあと、あらすじを紹介していきます。

 

『トランスフォーマー最後の騎士王』のストーリーあらすじ

トランスフォーマー

映画『トランスフォーマー』シリーズの中心キャラと言えば、やはり

オートボットのリーダーで、コンボイの形をしたトランスフォーマーであるオプティマス・プライム

ですよね。

しかし、今回の『トランスフォーマー最後の騎士王』では、最初から登場せず、さらに敵キャラとして登場してくる斬新な展開が待っているみたいです。

そのため一体、オプティマスに何があったのか。

どんなストーリーが描かれているのか、いろいろ気にしているファンも多いみたいです。

では、『トランスフォーマー最後の騎士王』で、どのようなストーリーが描かれているのか紹介していきましょう。

 

オートボット総司令官だったオプティマス・プライムが宇宙に旅立って数年後・・・。

人類とトランスフォーマーの戦いは、オプティマスの願い虚しく、より激化してしまいました。

この危機的状況の中、発明家:ケイド・イェーガー(役:マーク・ウォールバーグ)は、

  • 新オートボットリーダーのバンブルビー
  • 謎の英国貴族(役:アンソニー・ホプキンス)
  • オックスフォード大学の女教授(役:ローラ・ハドック)

を呼び寄せます。

そして、完全復活を遂げた

  • メガトロン率いるディセプティコン
  • 対トランスフォーマー部隊『TRF(Transformers Reaction Force))』

と対峙し、危機的状況から切り抜けようと戦います。

しかし、なかなか相手を退けることができず大苦戦…。

そんな中、オプティマス・プライムが、バンブルビーたちの下へと帰還するのですが、どこか様子が変…。

実は、オプティマスは、創造主クインテッサ星人によって人類を滅ぼそうとする破壊者に姿を変えられていたのです。

これは一種の洗脳に似たものと思われます。

いずれにしても、かつての正義の戦士の面影は微塵も感じられません。

ただですら、大苦戦をしているバンブルビーたちなのに、さらなる災厄が降り掛かってしまう大惨事となってしまったのです。

果たして、バンブルビーたちは、メガトロンやTRFを退け、その上で、オプティマスを正気に戻し、元の平和を取り戻すことができるのか。

 

以上が、ざっくりとした、映画『トランスフォーマー最後の騎士王』のストーリーあらすじとなっています。

今回は、ある種スピンオフ作品と言っても良いくらいです。

これまでのメインキャラのオプティマスが敵役として登場する、異例な展開が見られます。

その点において、ぜひ注目して、今回の映画『トランスフォーマー最後の騎士王』を観たいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『トランスフォーマー最後の騎士王』のキャスト

さて、映画『トランスフォーマー』というと、どうしてもメインが、ロボット(トランスフォーマー)たちの印象が強いです。

声の出演・キャストを先に想像する人も少なくないとは思いますが、決してトランスフォーマーばかりが登場するわけではありません。

では、声のキャストも含め、『トランスフォーマー最後の騎士王』でどんなキャストが起用されているのか、見ていきましょう。

映画『トランスフォーマー最後の騎士王』のキャスト一覧

人物サイド

ケイド・イェーガー:マーク・ウォールバーグ(声:土田大)

イザベラ:イザベラ・モナー(声:桜井日奈子)

エドマンド・バートン:アンソニー・ホプキンス

ビビアン・ウェンブリー:ローラ・ハドック

サントス:サンティアゴ・カブレラ

ウィリアム・レノックス:ジョシュ・デュアメル(声:矢崎文也)

シーモア・シモンズ:ジョン・タトゥーロ(声:チョー)

モーシャワー将軍:グレン・モーシャワー

ジミー:ジェロッド・カーマイケル

テッサ・イェーガー:ニコラ・ペルツ(声のみ)

サム・ウィトウィッキー:シャイア・ラブーフ(写真のみ)

マーリン:スタンリー・トゥッチ

アーサー王:リーアム・ギャリガン

トランスフォーマーの声のキャスト(不明のものは除外)

オプティマス・プライム :ピーター・カレン (玄田哲章)

ドリフト:渡辺謙(水内清光)

クロスヘアーズ :ジョン・ディマジオ(手塚秀彰)

ハウンド:ジョン・グッドマン(楠見尚己)

ホィーリー:トム・ケニー(落合弘治)

トップスピン:スティーブン・バー

ホット・ロッド:オマール・シー

スクィークス:レノ・ウィルソン

コグマン:ジム・カーター

キャノピー:フランク・ウェルカー

ブルドッグ:マーク・ライアン

デイトレーダー:スティーブ・ブシェミ

メガトロン:フランク・ウェルカー

バリケード:ジェス・ハーネル

ニトロゼウス:ジョン・ディマジオ

モホーク:レノ・ウィルソン

創造主クインテッサ人 :ジーマ・チャン

※()内は日本語吹き替えのキャストです。

以上が、『トランスフォーマー最後の騎士王』のキャスト一覧となっています。

『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』に出演しているアンソニー・ホプキンスさんや、渡辺謙さんなど超有名な役者も出演しています。

しかも渡辺謙さんに至っては、声の出演ということで、これほど豪華な起用はないのでは?と、どこかワクワクしますね。

 

さて、その他で注目したいキャストとしては、

  • クロスヘアーズとニトロゼウスの声を担当しているジョン・ディマジオさん
  • イザベラ役を演じるイザベラ・モナーさん
  • 日本語吹き替えで彼女の声を担当する桜井日奈子さん

を挙げておきたいです。

ジョン・ディマジオさんは、今回2役を演じる(しかも声だけで…)ということです。

彼がどこまでキャラを演じ分けられるのか、プロフェッショナルな演技力に注目したいですね。

また、イザベラ役を演じるイザベラ・モナーさんに関しては、なんと、

今回のイザベラ役にちなんで、芸名をつけた(スペルは違うらしいですが…)

ということもあり、『トランスフォーマー最後の騎士王』で、大きく売り出そうとしている話もあるので、ぜひ期待したいです。

最後に、日本語吹き替え版で、イザベラの声を演じる桜井日奈子さんも、声の演技としては初挑戦です。

それだけに、どこまで魅力的な声の演技を見せられるのか大注目!!

 

以上、3名の役者に注目しながら、映画『トランスフォーマー最後の騎士王』を楽しみたいと思います。

ぜひ、みなさんも記事で上げたキャストを参考にしながら、気になる俳優を映画で観てみてください。

また、変わった角度から映画『トランスフォーマー最後の騎士王』を楽しむことができるかと思います。

 

まとめ

世代を超えて、多くの人から愛されたトランスフォーマーの実写映画の最新作『トランスフォーマー最後の騎士王』。

この映画が、2017年8月4日に公開。

ストーリーあらすじとしては、

トランスフォーマーと人類の衝突が激化

し、メガトロン率いるディセプティコンや、トランスフォーマー部隊『TRF』との戦いが描かれた作品となっています。

また一方で、かつてのリーダー:オプティマスが変貌してしまう事態にも直面。

これをどのように退けていくのか気になるところ…。

そしてキャストにおいても、注目どころの俳優がたくさん出演しています。

ぜひ、みなさんも一度、『トランスフォーマー最後の騎士王』を観てみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.