星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

スパイダーマンホームカミングのストーリーあらすじとキャスト紹介

更新日

アメコミを代表とするスーパーヒーローの一つとして有名なスパイダーマン。

おじいちゃんから子供まで、あらゆる世代に渡って有名なキャラクターですよね。

ただ実写映画に関しては、2002年の映画公開が初と、意外にその歴史は浅いのです。

ですが、新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』を入れて、既に5作公開されるほど、実に人気の高いキャラクターです。

そんなスパイダーマンが新シリーズ『スパイダーマンホームカミング』として、

アメリカで2017年7月7日、日本で2017年8月11日に劇場公開

となるそうです。

そこで、本記事では『スパイダーマンホームカミング』のストーリーあらすじ、キャストを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

世代を超えて大人気のスパイダーマン映画

スパイダーマン

みなさんはスーパーヒーローと聞いて、どんなキャラクターを想像しますか?

スーパーマン、バットマン、アイアンマンなどを代表とするアメコミ・キャラクター

仮面ライダー、ウルトラマンを代表とする特撮ヒーロー

などなど、これまで、ありとあらゆるスーパーヒーローが登場してきました。

それぞれの世代の人たちが、それぞれのスーパーヒーローを想像すると思います。

その中でも、アメコミファンの多くはスーパーマン同様に、スパイダーマンを想像するのではないかと思います。

しかし、スパイダーマンを主人公とした実写映画化(タイトルにスパイダーマンを用いているもの)されたのは、意外と歴史が浅いのです。

冒頭でお話したとおり、2002年の映画『スパイダーマン』が初!!

その後、第1作も含めスパイダーマンシリーズ3作、アメイジング・スパイダーマンシリーズ2作と計5作のスパイダーマン映画が公開されています。

そして、遂に2017年に新作映画『スパイダーマンホームカミング』が公開!

2017年7月7日にはアメリカで、2017年8月11日には日本で『スパイダーマンホームカミング』の公開です。

どうやら、主人公のピーター・パーカーの学生時代を描いた作品となるみたいです。

また、この『スパイダーマンホームカミング』の日本語吹き替え版の主題歌を

関ジャニ∞

が手がけるらしく、曲のタイトルは『Never Say Never』という楽曲です。

『パノラマ』のような疾走感のある楽曲となっているみたいです。

ちなみに『パノラマ』は、関ジャニ∞の37thシングル。

現在放送中のアニメ『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』のOPとしても用いられています。

そんな疾走感の強い楽曲だけに、どこまで『スパイダーマンホームカミング』の世界観を盛り上げてくれるのか、あわせて楽しみにしたいものですね。

 

映画『スパイダーマンホームカミング』のストーリーあらすじ

アメイジング・スパイダーマンシリーズが2作で打ち切り…。

それに代わって、2017年から新作として公開の映画『スパイダーマンホームカミング』。

もちろん、主人公が完全に変わっているわけではなく、スパイダーマンの新たなリメイク版と考えれば理解できるでしょう。

そして、気になるのは、『スパイダーマンホームカミング』のストーリーあらすじの部分ではないでしょうか。

それでは、ストーリーあらすじを紹介していきたいと思います。

 

アメリカ・ニューヨークに住む15歳の少年:ピーター・パーカー。

彼は幼少の頃からアベンジャーズのような正義感あふれる少年。

日々起こる事件から、

『街を救いたい』

と情熱を燃やしている少年でした

そんなピーターの前で、アベンジャーズを嫌うバルチャー軍団が、アベンジャーズ壊滅のためにニューヨークの街並みを破壊しようと動き始めます。

次々とニューヨークが破壊されている姿を目の当たりにし、正義感を燃やしたピーターは、アベンジャーズたちの中に紛れ込みます。

そうして、勝手に街を救おうと獅子奮迅の活躍をしていくのですが、当然そのことがアベンジャーズの面々にバレてしまいます。

アベンジャーズの一人であるトニー・スタークは、ピーターに

「ここはアベンジャーズにまかせておけ!!」

と一喝するのですが、ピーターは納得できず

「子供扱いするな」

と激昂し、全く聞く耳を持たずバルチャー軍団との戦いに参戦していくのです。

しかし、たった15歳の少年が一人でバルチャー軍と対決したところで、倒すどころか足手まといとなるばかり…。

結局、トニー・スタークたちアベンジャーズが加わり、なんとかバルチャー軍団と互角に戦えるようになりましたが…。

 

以上が、映画『スパイダーマンホームカミング』のストーリーあらすじとなっています。

まぁ、正義感が強いことは、決して悪いことではありませんが、一人で暴走したら、何の意味もありません。

この映画『スパイダーマンホームカミング』の主人公であるピーター・パーカーは、大人たちの警告に全く耳を貸さず、一人で暴走して、余計な手間をかけさせてしまいました。

 

火災現場で消防士の制止を振り払い、何の能力もないのに、火元に飛び込み、人命救助をしようとする普通の人がいるとします。

しかしその人は、たちまち火災の餌食になってしまうでしょう。

結局、消防士たちの救助を受ける羽目に陥るのと、同じようなことだと思います。

ただですら、人命救助や火消しの仕事があるのに、余計な仕事を増やされ、消防士たちも頭を悩ませているはずです。

その手間のお陰で救えるはずの命が救えないこともありえますし、ピーターの様な無謀な行動は、本当に迷惑以外の何ものでもありません。

とはいえ、彼はスパイダーマンです。

暴走さえしなければ、ヒーローですから、きっとアベンジャーズの貴重な戦力になるはずです。

アベンジャーズとピーター(スパイダーマン)がタッグを組み、バルチャー軍団を打倒できるのか。

その顛末は、ぜひ『スパイダーマンホームカミング』の続きを観てくださいね。

 

『スパイダーマンホームカミング』のキャストは?

さて、映画『スパイダーマン』をリメイクし、新しくなった映画『スパイダーマンホームカミング』。

ストーリーあらすじだけでなく、キャストも刷新されたのでしょうか。

それとも以前のキャスト・プラス新キャストといった起用となっているのでしょうか。

きっと、キャストを気にしているファンも、少なくないと思います。

さっそく『スパイダーマンホームカミング』のキャストを見ていきましょう。

スパイダーマンホームカミング:キャスト一覧

ピーター・パーカー(スパイダーマン)

役:トム・ホランド(声:榎木淳弥)

トム・ホランド

エイドリアン・トゥームス(バルチャー)

役:マイケル・キートン(声:大川透)

マイケル・キートン

トニー・スターク(アイアンマン)

役:ロバート・ダウニー・Jr(声:藤原啓治)

ロバートダウニーJr

スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)

役:クリス・エヴァンス(声:中村悠一)

クリス・エヴァンス

その他

ミシェル:ゼンデイヤ(声:真壁かずみ)

ネッド・リーズ:ジェイコブ・バタロン(声:吉田ウーロン太)

リズ・アラン:ローラ・ハリアー(声:美山加恋)

フラッシュ・トンプソン:トニー・レヴォロリ

ハーマン・シュルツ(ショッカー):ボキーム・ウッドバイン

メイ・パーカー:マリサ・トメイ(声:安藤麻吹)

ハッピー・ホーガン:ジョン・ファヴロー(声:大西健晴)

モリタ校長:ケネス・チョイ

以上が、映画『スパイダーマンホームカミング』のキャスト一覧となっています。

今までと異なり、

かつての(または別のという意味での…)ヒーローが登場している

ことが、映画『スパイダーマンホームカミング』の大きな特徴といって良いのではないでしょうか。

一つの魅力としてアイアンマンやキャプテン・アメリカなどのアベンジャーズキャラの登場に胸を踊らせているファンも少なくないでしょう。

そのキャラクターを演じる、ロバート・ダウニー・Jrさんや、クリス・エヴァンスさんが、

どのように個を引き出しながらも、主人公であるピーター・パーカー(スパイダーマン)をどのように引き立たせてくれるのか

彼らの演技力にも大注目ですよね。

もちろん主人公を演じるトム・ホランドは、スパイダーマンシリーズ初出演となります。

でも彼がスパイダーマンを演じるのは、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続いて2度目なので、きっと上手く演じてくれるはず。

また、日本語吹き替え版では、ローラ・ハリアー演じるリズ・アランの声を、子役として活躍していた美山加恋さんが担当します。

美山加恋さんの子役時代を知るものとしては、注目どころと言えるでしょう。

時の流れは早く、彼女は今年20歳となるそうですが、どんな声の演技を見せてくれるのか期待したいものですね。

このように、今回の映画『スパイダーマンホームカミング』では、新たに生まれ変わった部分がたくさん登場しています。

ぜひ、この新しいスパイダーマンシリーズが、彼らの手によって最高の映画となっていくことを、願うばかりです。

 

まとめ

スパイダーマンシリーズの最新作として、また、新シリーズの幕開けとして2017年公開の映画『スパイダーマンホームカミング』。

スパイダーマンの正体でもある主人公・ピーター・パーカーの学生時代

に焦点を当てた作品となっています。

ストーリーあらすじを見ていくと、彼の無謀な行動が、周囲を引っ掻き回してしまう一面もあり、面白い作品となっているようにも思います。

キャストも豪華な顔ぶれが揃いましたし、きっとスパイダーマン史上最高の映画としてファンを楽しませてくれることでしょう。

ぜひ『スパイダーマンホームカミング』の全貌をその目で確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画