星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

関ヶ原(映画)のストーリーあらすじ!キャストと原作もチェック!

投稿日:

歴史の教科書にも掲載され、天下分け目の大決戦といえば、

『関ヶ原の戦い』

を多くの人が思い浮かべるのではないでしょうか。

関ヶ原の戦いと言えば、石田三成率いる豊臣軍(西軍)、徳川家康率いる徳川軍(東軍)の戦いです。

その間に挟まれ、右往左往しながら、最後は徳川軍に寝返った小早川秀秋の存在など、実に興味深いドラマが描かれた歴史上の合戦です。

この関が原の戦いがモデルとなる映画『関ヶ原』が、2017年8月26日に映画として公開。

では実際にどのようなストーリーが描かれているのか。

本記事で映画『関ヶ原』のストーリーあらすじ、キャスト、原作を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関ヶ原の戦いをモデルにした映画『関ヶ原』

関ヶ原

関ヶ原

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、『真田丸』、『独眼竜正宗』

などでも登場するほど、有名な歴史上の合戦と言えば、みなさんもよく知っている『関ヶ原の戦い』です。

石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍の戦いで、本来ならば何ヶ月にも渡り、繰り広げられる壮絶な戦いになるはずでした。

その隙を狙い、天才軍師・黒田官兵衛が天下を狙っていたエピソードもあったようです。

そんな戦いが、わずか2日で幕切れとなったのです。

(実際には日にちをまたがっただけで、時間にして約6時間で決着)

それは、ひとえに

  • 小早川秀秋の優柔不断な対応
  • 徳川に寝返った謀反

が全てと言っても良かったのではないでしょうか。

もちろん、小早川秀秋だけが寝返ったとしても、形勢が変わるわけではありません。

脇坂安治、小川祐忠、赤座直保、朽木元綱なども、小早川秀秋の寝返りを機に東軍に寝返ったのです。

だからこそ、一気に決着が付いたと思いますが、それでも小早川秀秋の影響力は凄いですよね。

ある種、影の立役者と言ってもいいほどの人物でもあるわけです。

そんなドラマもある『関ヶ原の戦い』をモデルとした映画が、2017年8月26日に公開。

タイトルはズバリ『関ヶ原』。

この作品は、作家・司馬遼太郎先生の同名小説を原作として用いた映画作品です。

NHK大河『軍師官兵衛』、『真田丸』などで、わずかしか描かれていなかった、あの関ヶ原の戦いを中心に描いた歴史ドラマとなっています。

ちなみに本作は、新潮社から、上中下巻の3巻に分かれて発売されています。

興味のある人は、ぜひ一度呼んでみることをおすすめします。

映画『関ヶ原』の原作

ただ、当然というべきか、原作『関ヶ原』と映画では違いも存在します。

なお、この『関ヶ原』という小説は、徳川家康を中心に描かれていますが、映画では原作と相反して

石田三成の視点

で物語が描かれているみたいです。

そこにどんなドラマがあったのか、改めて垣間見ることができるのが、今回の映画『関ヶ原』の最大の魅力かもしれません。

確かに徳川家康は歴史上の人物であり、三英傑の一人と言われてきた人物です。

しかし、『軍師官兵衛』などを通じてみると、ただの悪どい政権欲しさの欲にまみれた人物でしかないという見方もできます。

その人間臭さが、石田三成視点で観ることで明らかになっていくかもしれません。

また、石田三成が、この関ヶ原の戦いに勝利し、守りたかったものとは何だったのか。

そのリアルな姿が写し出されるかもしれないだけに、見どころはたくさんあると思いますよ。

原作『関ヶ原』では、徳川軍の視点で描かれ、どこか影に隠れてしまった石田三成率いる西軍です。

しかし、映画『関ヶ原』では逆の視点で描かれているのです。

また違った角度で、徳川家康・石田三成を軸とした偉人たちの人物像やドラマが、どのように生まれていくのか…。

 

映画『関ヶ原』のストーリーあらすじは?

小早川秀秋の寝返りの影響も大きく、たった6時間(日にちはまたがっていますが…)で決着がついたと言われている関が原の戦い。

そんな関が原の戦いを制した徳川家康率いる東軍ではなく、敗れ散った石田三成の視点で描いた映画『関ヶ原』。

きっと石田三成側から見た時に、『関ヶ原』にどんなドラマが隠されているのか、知らない人は多いと思います。

それは、戦いの時間が短かったことと、歴史の教科書や小説や映像作品など、

多数登場している割には、あっさり取り上げられて終わり

というパターンが多いことが影響しているのでしょう。

しかも『関ヶ原』の取り上げられ方が、どうしても勝者である徳川家康の目線です。

映画『関ヶ原』のように逆目線で取り上げられることは、もしかしたら初めてに近いことかもしれません。

それだけに、映画『関ヶ原』のストーリーあらすじは、やはり気になるところです

では、気になるストーリーあらすじを見ていきましょう。

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という三英傑をはじめとする戦国武将たちが活躍していた戦国時代…。

関が原の戦いは、その乱世の幕切れを象徴する戦でした。

乱世に生きた石田三成(役:岡田准一)は、幼くして豊臣秀吉(役:滝藤賢一)に才能を買われ、小姓となって忠誠を誓います。

しかし、利害により天下を治める秀吉の行動に疑問を感じていたところもあって、

正義で世を変えよう

と考えながら石田三成は仕えていた…。

後に石田三成が大名となる頃、彼の生き様に共感して、猛将として名をはせながら、牢人として生きていた島左近(役:平岳大)が配下に加わります。

さらに伊賀の忍び・初芽(役:有村架純)も、『犬』として石田三成の配下に加わります。

左近がかつて言っていた

「天下悉く利に走るとき、ひとり逆しまに走るのは男として面白い」

という言葉通りに、正義のためのみに生きていく三成は、秀吉の体調が悪くなると、秀吉に代わり政治を司るように…。

しかし一方で、秀吉が体調を崩していることを良いことに、天下取りの野望抱いていた徳川家康(役:役所広司)が、

秀吉の不興を買っていた小早川秀秋(役:東出昌大)をはじめ、秀吉恩顧の武将たちを言葉巧みに丸め込もう

と企てます。

当然、三成はそんな家康を気に入らず、秀吉の天下を護ろうと日々奮迅していました。

そんな中、1598年8月、秀吉が逝去してしまいます。

さらに翌年3月、大老・前田利家(役:西岡德馬)も亡くなります。

ちょうどタイミング悪く、朝鮮出兵から戻ってきた、福島正則(役:音尾琢真)、加藤清正(役:松角洋平)をはじめとする、

三成に恨みを持つ『秀吉子飼いの七人党』

が、三成襲撃を企てます。

三成は、この襲撃からなんとか逃れたものの、逃げた先が家康の屋敷と最悪!!

その結果、佐和山城に蟄居(外出しないこと)が命じられ、ますます家康の勢力が増していくのです。

このままでは、完全に豊臣の天下が家康に乗っ取られてしまうと危惧していた三成でしたが、1600年6月、あるチャンスが三成に訪れるのです。

上杉家が軍事力を増強したことに腹を立てた家康は、弁明を求め上洛を命じます。

しかし、家康も上杉家も豊臣秀忠の家臣同士(家康も秀忠の家臣で上杉家とは対等の立場)であるため

弁明の必要なしと、上杉家は直江状(家臣・直江兼続がしたためた書状)を提出。

家康の上洛の命を拒みます。

その結果、家康は上杉討伐に動き始めるのです。

その頃、直江兼続(役:松山ケンイチ)と内通していた石田三成に、この事実が伝わり、上杉家と共に挟み撃ちして家康撃破を企てるのです。

当然、三成一人で動くには心細く、盟友・大谷刑部(役:大場泰正)も抱え込み、毛利輝元を総大将に就任させ挙兵します。

しかし、家康はこの挟み撃ちの企てを察知し、上杉討伐を中断…。

このことで両者が完全に衝突し、三成率いる西軍と、家康率いる東軍が1600年9月15日に関が原の地で決戦を迎えるのです。

果たして、三成の掲げる『愛』『正義』が勝つのか。

それとも家康の願う『覇権(野望)』が勝るのか…。

遂に、戦いの火蓋が切られます…。

 

以上が、映画『関ヶ原』のストーリーあらすじとなっています。

NHK大河『軍師官兵衛』を見ていた人は知っているかもしれませんが、

天才軍師・黒田官兵衛の愚息・黒田長政が、よりによって小早川秀秋を徳川軍に寝返らせてしまった

ために、あっけなく終わってしまったと言われている『関ヶ原の戦い』。

しかし、このストーリーあらすじを見ても分かるように、まとめているストーリーの中にも、

  • 上杉討伐
  • 石田三成の掲げる秀吉への忠誠心や愛・正義を掲げた戦い
  • 徳川家康の覇権にこだわる薄暗く汚れた陰謀

など、いろんな影の姿が見え隠れしてきます。

歴史の教科書を開けると、なぜか三英傑の一人として英雄扱いされている徳川家康。

実は英雄でもなんでもなく、欲にまみれた一人の人間でしかなかったことが、映画『関ヶ原』でよく分かります。

もちろん、それは一つの側面でしかありません。

しかし、ある種の本性(素の姿)が、この映画『関ヶ原』を通じて、リアルに観ることができます。

みなさんも、ぜひ一度『関ヶ原』を観てみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『関ヶ原』のキャストが豪華!!

歴史上でも、数多くの武将が参戦している関が原の合戦を舞台に描いた映画『関ヶ原』。

先程もお話したとおり、違った角度から見えた様々なストーリーが見どころの一つでもあるのです。

同時に、今回の映画『関ヶ原』に出演するキャストも豪華で非常に注目するところといえます。

ここで分かっている範囲でキャストを紹介したいと思います。

映画『関ヶ原』キャスト一覧

石田三成サイドの人物

石田三成:岡田准一さん

大谷刑部:大場泰正さん

島左近:平岳大さん

島信勝:山村憲之介さん

島津豊久:三浦誠己さん

八十島助左衛門:堀部圭亮さん

初芽:有村架純さん

花野:中越典子さん

小早川秀秋:東出昌大さん

上杉景勝:辻本晃良さん

直江兼続:松山ケンイチさん

安国寺恵瓊:春海四方さん

島津惟新入道:麿赤児さん

宇喜多秀家:生島翔さん

増田長盛:中村育二さん

徳川家康サイドの人物

徳川家康:役所広司さん

松平忠吉:吉村界人さん

井伊直政:北村有起哉さん

本多忠勝:天乃大介さん

本多正信:久保酎吉さん

蛇白:伊藤歩さん

黒田長政:和田正人さん

福島正則:音尾琢真さん

加藤清正:松角洋平さん

細川忠興:関口晴雄さん

その他

豊臣秀吉:滝藤賢一さん

北政所:キムラ緑子さん

妙善尼:壇蜜さん

赤耳:中嶋しゅうさん

前田利家:西岡徳馬さん

役名不明

たかお鷹さん

橋本じゅんさん

宮本裕子さん

永岡佑さん

辻萬長さん

以上が、映画『関ヶ原』のキャスト一覧となっています。

見るからに豪華な顔ぶれが揃っていることが伺えますよね。

とくに、

  • 有村架純さん
  • 和田正人さん
  • 東出昌大さん
  • キムラ緑子さん
  • 中越典子さん
  • 滝藤賢一さん
  • 麿赤児さん

は、NHK朝ドラ出演経験のある役者ですし、

  • 岡田准一さん
  • 北村有起哉さん

は、大河ドラマ出演経験者と、NHKのドラマに精通している役者が多いです!!

もちろん、NHK朝ドラや大河ドラマだけが凄いわけではないのですが、やはり視聴率が高いこともあります。

ツタヤのほぼ全作品が自宅で観れる!今なら30日間無料キャンペーン中

とくに、和田正人さん、中越典子さん、東出昌大さん、キムラ緑子さんのように、朝ドラをきっかけに一気にブレイクした役者もいますよね。

彼らは、現在でもドラマ・映画に出演しブレイクし続けています。

そんな縁のある豪華な顔ぶれが映画『関ヶ原』で揃っていると言えるでしょう。

そんな中、壇蜜さんのような異色の顔ぶれも見られ、様々な人物が登場する関ヶ原の戦いにふさわしいキャスティングです。

それにしても、まさか、小早川秀秋役に東出昌大さんが起用されるとは驚きでした。

東出昌大

東出昌大

どちらかと言うと、東出昌大さんに対する印象は、好青年な俳優というイメージなのです。

それだけに、かなり意外という印象を受けています。

今回の小早川秀秋役は、東出昌大さんのイメージにない、優柔不断で頼りない印象のキャラクターです。

全く持って想像もしていなかった人物を彼が演じることで、どのような化学変化が見られるのか。

また、東出昌大さん自身、俳優としてどこまで大きく成長できるのか、非常に期待したい気持ちでいっぱいです。

東出昌大さんももちろんですが、実に豪華なキャストとなっているだけに、彼らがどのように役にハマり演じきってくれるのか。

そして、彼らの演技を通じて、今まで解明されてこなかった、もう一つの関ヶ原の戦いがどのように描かれるのか楽しみですね。

 

まとめ

関が原の戦いを舞台に描かれた、作家・司馬遼太郎先生の小説『関ヶ原』が原作となる映画『関ヶ原』。

歴史上の出来事を舞台に、原作とは異なり、石田三成の目線で描かれた本作品です。

ストーリーが奥深く、違った角度で観ることができるだけでなく、キャストも実に豪華!

『関ヶ原』は、非常に楽しみな映画作品となっているようです。

独身の人たちはもちろんのこと、家族連れで歴史上のこの出来事を体感し、映画ならではの世界観を満喫してみてください。

『関ヶ原』史上、最高の映画としておすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.