星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

心が叫びたがってるんだ(実写映画)のキャストと原作結末をチェック

更新日

みなさんは、

アニメ映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(以下、あの花)』の制作スタッフ

が再集結して制作したアニメ映画『心が叫びたがってるんだ』を知っていますか?

ある少女が、

『父親がホテルから出て来る様子を、城から出てきた王子様・お姫様のように見えた』

と母親に話したことから不幸が訪れます。

この日を境に、喋るとお腹が痛くなる呪いがかかってしまった少女が主人公のアニメ映画…。

どこか特殊な設定という意味では、『あの花』スタッフならではといえるでしょう。

そんな映画『心が叫びたがってるんだ』が実写映画化されるそうです。

そこで本記事で、実写映画『心が叫びたがってるんだ』のキャストや原作の結末を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

実写映画『心が叫びたがってるんだ』

ちょっとした心の行き違いをきっかけに、川への転落事故を起こしてしまい、亡くなったヒロイン・本間芽衣子(めんま)。

その魂が成就されず、幼なじみたちの力を借りて、彼女の夢を叶えようと奮闘するアニメ映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』。

この作品は、フジテレビ『ノイタミナ』枠でアニメ化され、SPドラマとしても実写映像化された人気作品です。

知っている人も多いと思いますが、亡くなった人の魂と幼なじみたちが交流をはじめていく特殊な設定のアニメ作品でした。

この『あの花』の制作スタッフが再集結して作ったアニメ映画が、今回実写映画で話題となっている『心が叫びたがってるんだ』です。

 

その影響なのか、この作品のヒロイン・成瀬順もかなり特殊な設定の女の子です。

成瀬順は、父親が見知らぬ女性とホテルから出てくるところを目撃してしまうのです。

まだ、年齢的にもそのことが浮気と理解できていなかったのか、悪気なく母親にその事を告げてしまいます。

結果として父親の浮気が母親に発覚し、彼女の両親が離婚してしまうのです。

父との別れ際に、

「全部お前のせいじゃないか」

と捨て台詞を吐かれ、彼女は傷ついてしまいます。

まぁここまでは、よくある話なのかもしれません。

しかし、面白いのはここからです。

彼女の前に現れた

王子の妖精

によって、災いとなる彼女のおしゃべりを封印すべく、

おしゃべりするとお腹が痛くなるという呪い

をかけられてしまうのです。

その結果、筆談のみでしか周囲と会話できない特殊な状態となってしまう彼女でした。

はたして、どのように元の状態に戻っていくのか…。

また彼女の心からの叫びが聞き届けられる日がやってくるのか…。

そんな想いが描かれているアニメ作品として、映画『心が叫びたがってるんだ』は描かれています。

この特殊な設定のストーリーを通じて、視聴者たちは

想っていることをストレートに言えないもどかしさや気持ち

を、通い合わせることの大切さを、感じたのではないでしょうか。

どこか切なく、どこか心があたたまる、ちょっと変わった青春ストーリーとして、この『心が叫びたがってるんだ』は実写映画化されます。

ぜひ一度、劇場で観てみたいものです。

 

なお、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ』は、

口コミだけで一気に評判が拡散し、公開40日で興行収入10億円を突破

するだけでなく、

第39回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品

も受賞しています。

これが公開されたのは、2015年の話。

さらに、2016年公開されたアニメ映画『君の名は』が、世界規模の爆発的人気となってしまいました。

そのため、『心が叫びたがってるんだ』が、いくらすごい映画でも、影に潜んでしまっている印象が率直なところでしょう。

『心が叫びたがってるんだ』の知名度はそれほど高くないかもしれませんが、一部では高く評価された作品です。

それだけに、実写映画としてどこまでその世界観を描いてくれるのか非常に楽しみですよね。

 

この実写映画『心が叫びたがってるんだ』のメガホンを取るのは、熊澤尚人監督です。

映画『君に届け』や『近距離恋愛』など、少し変わった設定をもつヒロインを主人公とした恋愛映画を描いた作品の監督です。

『君に届け』で主演を務めた多部未華子さん。

『近距離恋愛』で主演を務めた小松菜奈さん。

彼女らのイメージをそれぞれのキャラに注入し、上手く表現していた印象を持っているだけに、『心が叫びたがってるんだ』での熊澤尚人監督の手腕にも期待したいですね。

 

実写映画『心が叫びたがってるんだ』のキャスト

ちょっとした言葉によって両親が離婚してしまい、自分の言葉が誰かを傷つけてしまうとネガティブに捉えてしまった主人公・成瀬順。

その主人公が『おしゃべり禁止』と呪いを掛けられたところからスタートする映画『心が叫びたがってるんだ』。

この主人公・成瀬順に対して、クラスメイトである坂上拓実、仁藤菜月、細谷佳正などが、心を合わせていきます。

そして、ようやく

『心から想ったことを話しても良いんだ』

と、気付かされるストーリーが描かれています。

では、実写映画では彼らを誰が演じるのでしょうか?

さっそく、実写映画版でのキャストを見ていきましょう。

映画『心が叫びたがってるんだ』キャスト一覧(敬称略)

メインキャスト4名

坂上拓実:中島健人(Sexy Zone)

中島健人

成瀬順:芳根京子(朝ドラ『べっぴんさん』ヒロイン)

芳根京子

仁藤菜月:石井杏奈(E-girls)

石井杏奈

田崎大樹:寛一郎

寛一郎

成瀬順のクラスメイト

江田明日香:金澤美穂

宇野陽子:萩原みのり

三嶋樹:西山潤

岩木寿則:川村亮介

相沢基紀:上川周作

三上聖名子:森田想

岡田愛美:尾屋葵

斎藤五郎:小平大智

高村佳織:桜井美南

渡辺美沙:堺小春

北村よし子:近藤里沙

石川朱美:真田真帆

賀部成美:小林万里子

鈴木章子:塗木莉緒

小田桐芭那:長田侑子

錦織拓哉:亀田侑樹

栃倉千穂:吉田志織

渋谷昭久:井上拓哉

明田川慎二郎:宮坂健太

清水亮:岩井拳士朗

田中陸:影山樹生弥

福島竜二:福島綱紀

岩田晋一:河野宏紀

田崎大樹と接点を持つ野球部の面々

山路一春:福山康平

後輩野球部員:吉田翔、渋谷龍生、川合諒

その他揚羽高校関連のキャスト

揚羽高校の生徒:水瀬いのり

城嶋一基(担任教師):荒川良々

その他クラスの男子:林悟、中澤準

メインキャラ達の家族

順の父(泰史):平原テツ

順の母・泉:大塚寧々

坂上八十八:三田村周三

坂上シン:髙橋はすみ

その他のキャスト

泰史の浮気相手:松山愛里

順の家の近所のおばさん:稲川実代子

マジシャン:ANXRA

司会者:俵木藤汰

大慈寺住職:荒谷清水

ジュディ・ガーランド風の少女 :セレステ・イシイ

以上が、映画『心が叫びたがってるんだ』の主なキャストとなっています。

自身の言葉で両親を離婚させ、人を傷つけてしまったと後悔している主人公・成瀬順。

彼女をNHK朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインを務めた女優・芳根京子さんが演じます。

また順の相手役・坂上拓実をジャニーズ・Sexy Zoneの中島健人さん。

拓実の元カノで彼らのクラスメイトである仁藤菜月:石井杏奈さん(E-girls)。

まさに今旬の豪華な面々が脇を固めます。

もう一人のメインキャラである、野球部で肘を怪我し、選手であることを諦めた田崎大樹を、

全く無名の俳優・寛一郎さん

が演じています。

筆者としては、不思議な起用という印象を受けましたし、なぜこの三人に混じって彼が起用されたのか?と考えさせられたのです。

そして、後になって分かってみてビックリ!!

なんと、彼は俳優・佐藤浩市さんの息子だったのです。

名優・三國連太郎さんの子供であり、自身も名優として様々な作品に出演している俳優・佐藤浩市さんの子供なのです。

彼への期待値は、計り知れないと言って良いでしょう。

まだそれほど実績はなく、wikiもないみたいですが、そんな寛一郎さんが、『心が叫びたがってるんだ』でどんな演技を見せてくれるのか。

ぜひ注目したいところですね。

その他、荒川良々さんや大塚寧々さんなど、個性的なキャストが揃っています。

ただやはり、主役は若者たち高校生を演じる今旬の役者たちです。

なので、どこか甘酸っぱい青春物語を感じさせてくれるような、素敵な演技を期待したいものですね。

 

実写映画『心が叫びたがってるんだ』の原作結末は?

さて最後に、実写映画『心が叫びたがってるんだ』の原作及び結末についてお話していきたいと思います。

まず原作に関してですが、小説は出ているので、こちらが原作かと思いきや、実はそういう話ではないのです。

先程お話したアニメ映画が元となり、小説化されただけの話。

なので、完全オリジナルアニメ作品を元に実写映画化されているそうです。

要はアニメ『あの花』の制作スタッフ

超平和バスターズ(長井龍雪さん・岡田麿里さん・田中将賀さんをはじめとするアニメ制作スタッフ)

が手掛けた作品なのです。

なので、もし『心が叫びたがってるんだ』の原作を見たいと考えている人がいるのであれば、ぜひ、

アニメ映画『心が叫びたがってるんだ』

を、DVDなどで観てくださいね。

 

 

では最後に、このアニメ『心が叫びたがってるんだ』のストーリー結末を、ネタバレとして少し紹介しておきます。

冒頭からお話しているとおり、主人公・成瀬順は、自身の言葉によって、誰かを傷つけてしまうことを恐れるあまり、

王子の妖精に呪われる形で言葉を発することができなくなってしまいました。

そのため、携帯(スマホ)などを用いて、筆談するようになりました。

それにより、周囲から変な子として見られてしまうようになってしまった順です。

彼女は、担任教師である城嶋一基に拓実・菜月・大樹の3名とともに、『地域ふれあい交流会』実行委員に任命されてしまいます。

最初は戸惑っていた順でしたが、音楽に乗せてなら言葉を発することができることに気が付き、ミュージカルをやろうということになります。

そして、徐々に拓実たちと心を触れ合わせていく順だったのです。

しかし、このミュージカルのリハーサル後に、拓実と菜月が過去に付き合っていた事実を知らされ、

再び順は心を閉ざしてしまい、消息不明

となってしまうのです。

順のことが気になり、周囲を探し回っていた拓実は、順が父親の浮気現場として目撃したホテルで順を見つけます。

そして、

「傷つけてもいいから順の心の声を聞かせて欲しい」

と順に語るのです。

このことを機に、順はおしゃべりを封印され呪われていたと言うのは、

単純に自分が傷つくのが怖くて話すのを恐れていただけだった

と気づいて、ようやく忌まわしい呪いを解くことができました。

そして、再びミュージカルの舞台に戻り、仲間に出迎えられます。

また、一方では、どこかで順のことや自身のことを憎んでいた母・泉も、

順がラストシーンを演じたところを見て、ようやく胸のつかえが取れた

のか、自身と子供のことを許せるようになります。

ちょっとした言葉をきっかけに不幸が訪れた成瀬家でしたが、ようやくその呪縛から解放された結末を迎えたと言えるでしょう。

 

以上が、簡単ながら、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ』のストーリー結末となっています。

実際、実写映画『心が叫びたがってるんだ』でどこまで描かれていくのかは、映画を観てのお楽しみ。

ぜひアニメ同様、最高のエンディングを迎えていって欲しいですね!

 

まとめ

実写映画『心が叫びたがってるんだ』には原作は存在しません。

アニメ映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の制作スタッフ

によって手掛けられた同名のアニメーション映画がベースとなり、実写映画となっています。

タイトルは変わりなく、アニメから実写へとスイッチとなるわけです。

佐藤浩市さんの子供で俳優の寛一郎など、いろんな意味で気になる俳優がたくさん出演しているので、非常に楽しみな映画ですね。

アニメ版では、思わず心が暖かくなるラストが描かれているだけに、実写映画でどこまで再現されるのか、とても気になります。

ぜひ観てみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画