星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

独身・結婚しないメリットを考察!老後は寂しいけど幸せ?

更新日:


このところ、男女共に未婚率が上がっているようですね。

この未婚率とは、

一生結婚しないでいる人

の確率ですが、これが年々上昇しているのです。

2015年のデータでは、男性23.4%、女性で14.1%が未婚となっています。

つまり、男性では四人に一人、女性でも七人に一人が、ずっと独身のまま過ごしていることになります。

ではなぜ、未婚率が上昇してきているのでしょうか。

また独身、つまり『独り』とは、真実の意味はどんなものなのでしょうか。

今回は、独身と結婚しないメリット・デメリットを考察してみました。

また老後は寂しいけど幸せは本当なのか、そのあたりも見ていきましょう。

スポンサーリンク

大人になったら結婚することが常識?独身は異常?

冒頭に書いた未婚率ですが、1950年代から2015年にかけてのデータは、次のようになっています。

1950年には、未婚率は男性で1.5%、女性で1.4%と、ごくごくわずかなものでした。

それが2015年には、男性23.4%、女性で14.1%が未婚の状態です。

このように、独身のまま過ごす人が増えてきている理由ですが、確証のあることはわかっていません。

しかし、大きな理由としては、

価値観の多様化

が考えられます。

20世紀の中頃(1950年代)では、ある程度の年齢になれば結婚するのが当たり前でした。

結婚に相応の年齢超えても(おおむね30歳以上)独身の人は、世間からは異常視されていたのです。

つまり、変わり者・けったいな人・おかしい人など、決してよい意味の見られ方ではありません。

この1950年代には、その時代の固定想念として、

「結婚はして当たり前、しない人は異常者」

という考え方が、強く根付いていたわけです。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.