星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のドラマと映画の結末

更新日:

かつてオムニバスドラマとして放送された『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が、アニメ化され、2017年8月18日に公開。

ある種、パラレルワールド的な世界観が描かれ、人生の選択が差し迫った時に、主人公たちはどのような選択肢を取るのか。

また違う道を辿っていたら、どのような運命が待ち受けているのか…。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、そんな作品なのですが、少し特殊な世界観だけに、運命がどのように変化していくのか気になるところではあります。

そこで本記事で、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の魅力やストーリーあらすじ、結末をお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とはどんな作品?

みなさんは、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』というドラマ作品を知っていますか?

この作品は、1993年に岩井俊二監督の名作テレビドラマとして、『世にも奇妙な物語』の後続となる

テレビドラマ『if もしも』の中で放送されたオムニバスドラマの一つです。

この『if もしも』というドラマ番組は、

人生によくある2つの選択肢『A』と『B』を両方選択することで

どちらがハッピーエンド、どちらがバットでンドになっていくのか。

比較しながら、見ていくスタイルのテレビドラマ作品となっています。

ストーリーテラーは『世にも奇妙な物語』から続いてタモリさんが担当しました。

どこにでもあるような人生を描きながらも、どこか怖さも感じさせる摩訶不思議なテレビドラマ作品として放送されていましたよね。

その中の一つの作品として、映画監督、映像作家、脚本家など多彩な才覚を持っている

岩井俊二監督

が手がけた作品が『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』というドラマ作品でした。

このドラマに出てくるメインとなる登場人物は、ナズナ・典道・祐介の3名。

詳しいストーリーあらすじは後ほどお話していきますが、どうやらナズナは両親の離婚の都合で、遠い街へと転校させられるようです。

そんな彼女を巡って、ナズナに恋心をいだいている典道と祐介の二人は、50m競争で勝負することになるのです。

この勝負は、典道がプールの角に足をぶつけたため、祐介が勝利することに…。

そんな祐介の元にスーツケースを持ったナズナがやってきます。

どうやら、50m競争に勝利した方と駆け落ちを約束していたようですが、恥ずかしがって祐介はでてこずじまい…。

一方、怪我の治療を祐介に促され、祐介の父が開業している医院にやってきた典道です。

彼は、ナズナのもとに祐介が現れることなく、追ってきたナズナの母親に連れ戻されていく姿を見て思います。

「俺だったら彼女を裏切ることなどない」

と、勝負に負けたことを悔やむのです。

そこから、時間が巻き戻り、典道が勝利したケースのストーリーが展開されていく物語となっているのです。

もしも、典道が勝利していたら、このストーリーの結末はどうなっていたのでしょうか?

まさしく、人生の二択とも言うべき話であり、

『あの時こうなっていたら…、あの時こうしていたら…』

という話は、誰にでも有り得る話ですよね。

ドラマ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、そんな誰もがどこかで直面するような人生の二択を両方体感します。

どの選択肢を辿っていたら、ハッピーエンド(あるいはバッドエンド)になるのか、それを知るためのドラマ作品とも言えるでしょう。

 

そして、『if もしも』シリーズでオムニバスとして放送された『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が、劇場版として公開され、今度はアニメ映画化となったのです。

アニメ映画の公開日は、2017年8月18日公開。

総監督を新房昭之さん、脚本を大根仁さんが担当しています。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』というタイトルの意味としては、あくまで、典道たちが、

打ち上げ花火は横から見たら平べったく見えるのか、それとも丸く見えるのか

と議論していたことに由来しているタイトルに過ぎません。

しかしドラマの中身は、人生の分岐点を考えさせられるドラマとなっています。

きっと、多くの人たちが共感するのではないかと思います。

就活や結婚などなど、人生を迷うことは多々あるでしょう。

筆者は人生の二択には失敗が多く、後悔ばかりしてきました。

だからこそ、典道の気持ちは分かる気がします。

ぜひ、同じ立場になって『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観てみてくださいね。

 

アニメ映画『打ち上げ花火…』のストーリーあらすじ紹介!!

大まかなストーリー内容は、さきほど紹介したとおりで、ストーリーあらすじは想像がつくかと思います。

そこで、もう少し掘り下げて、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のストーリーあらすじを紹介していきます。

打ち上げ花火

海辺の近くにある小学校に通う女子学生・及川なずなと男子学生の島田典道、安曇祐介はクラスメイト。

担任教師の三浦先生とは大の仲良し!!

なぜか男子学生たちは、小学生にもかかわらず少しませているところがあり、三浦先生の胸を触り、はしゃぐこともしばしば…。

だから、何でも心を許し、話ができる間柄です。

しかし、ある日ナズナは、夏休みの登校日に母親から三浦先生に渡すように言われたものがありました。

にもかかわらず、なぜかそれを渡しそびれていたようです。

それは、ナズナの両親が離婚するために転校することを報告する手紙だったのです。

ナズナにとっては、この街(学校)から離れたくない気持ちもあるのでしょう。

ナズナは、そんな複雑な想いを巡らせながら、登校日に学校にやってきます。

もちろん典道や祐介たちも元気に登校!!

そして、放課後…。

プールの掃除当番だった典道と祐介は、プール掃除をサボって遊んでいました。

その傍ら、もうひとりの掃除当番であるナズナは、プールサイドに横たわり休憩中…。

その姿に色っぽさを感じ、好意を寄せている典道と祐介は、突如50m競争を持ちかけ対決します。

最初は典道がリードしていたのですが、ターンの際にかかとをプールの角にぶつけてしまい負傷し、その隙に祐介が形勢逆転!!

そのままゴールし、この勝負は祐介の勝利となります。

そんな様子を見ていたのか、ナズナは、プールから顔を出した祐介に向かって、ホースの水を浴びせてしまいます。

完全に子供のじゃれ合いと言った感じですが、すぐさま『今夜の花火大会に一緒に行こう』と誘います。

一方、教室では、クラスメイトのジュンイチ達が、

「花火は横から見ると丸いか平べったいか」

と議論しあっていました。

一見、どうでも良い議論ですが、彼らには、打ち上げられた花火が丸いイメージが強く残っているのです。

それだけに、真下から天空に打ち上がった打ち上げ花火と、灯台から横向きに見た花火では、その形状が違うのか気になったのでしょう。

そんな議論をしている間に典道たちがプール掃除を切り上げて、教室に戻ってきます。

そして、さらに議論は白熱していきますが、結局、答えが出ずじまいでタイムオーバー…。

典道たちはこの議論の答えを、灯台のところから確認しようということで、とりあえず一段落させ、帰路につくことになります。

その帰路の途中で、祐介は典道が足をけがしていることに気が付き、自分の父親が医師として務める病院で診てもらうように勧めます。

先に二人で病院に行くのですが、そこになぜか、スーツケースを抱えたナズナの姿がありました。

どうやらナズナは、祐介と共に花火大会に行こうと、祐介の居場所を嗅ぎつけ医院に駆けつけていたようです。

しかし、祐介は恥ずかしがってナズナの前に現れず、ナズナは『裏切られた』とショックを受けることに…。

その様子を見ていた典道。

ナズナに、

「君を誘ったら裏切らなかった?」

と尋ねられ、典道は、

「僕なら裏切らない」

と答えます。

その頃、ナズナの居場所を嗅ぎつけやってきた母親が、ナズナを強引に連れ戻してしまうのです。

何かしらのただならぬ事態が起こっていることを察知した典道は、ふと、

あの時、もし祐介との勝負に勝利していたら、状況を変えられたのに

と悔やみます。

そこでなぜか、典道が勝利したシーンへとパラレルワールドしてしまうのです。

そこで、ナズナの誘いに対して典道が起こした行動とは…。

 

と以上が、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の大まかなストーリーあらすじとなっています。

先程からもお話しているとおり、ナズナとの約束を反故にしてしまった祐介に対して、典道は、

「自分だったらナズナを裏切るような真似はしないのに…」

と後悔の念を抱く情景と、一方、実際に典道が勝利した情景の2パターンが描かれていきます。

こうすればよかった(あるいは、こうなればよかったのに…)と思う情景を、リアルに体感し、

様々なストーリーを体感していく摩訶不思議な物語となっている

だけに、実際にどのような結末が描かれていくのか、ぜひ自身の目で確認してみてほしいです。

そして、自分が典道の立場だったらどうしていたのか。

また、祐介の立場だったらどのような行動を取っていたのか。

自身と照らし合わせて観てみると、色んな部分で共感できる何かを発見できると思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のストーリー結末は?

先程紹介したとおり、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、ドラマ版・劇場版と公開済みです。

なので観ている人は、ストーリー結末がどのように描かれているのか知っていると思います。

ここでは、知らない人に向けて、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のストーリー結末を紹介したいと思います。

 

一種のパラレルワールドを体感し、もう一つの情景(典道が祐介に勝利していた場合)へと時空移動した典道。

彼は、ナズナと花火大会に行く約束を交わし、待ち合わせすると、遅れてやってきたナズナに、半ば強引にバスに乗せられてしまいます。

状況が掴めず、典道は、

「家出したのか?」

と、ナズナに尋ねると、

「(典道との)駆け落ち!!」

と答えるのです。

どうやら、ナズナは、

『母のいない遠いところに行ってしまいたい』

と考えていたようです。

しかし、駅でバスを降りると、急にバスで帰ろうと言い出すナズナ…。

やはり、駆け落ちすることが急に怖くなったのでしょう。

そんな様子を感じ取った典道は、ナズナを誘い、誰もいない学校のプールに向かいます。

服が水浸しになるのもお構いなしに、プールで水遊びしている二人は、遊び疲れてプールに浮かんで、しばらく休んでいました。

そんな中、ナズナは、

「今度会えるの二学期だね。楽しみだね」

と、典道に言い残し、自宅に帰ってしまうのです。

一方、灯台で花火を見ようとしていた、祐介たちでした。

結局、延々と歩き続けて灯台にたどり着いた頃には花火は終わってしまい、真横から見ても丸いのか、それとも平べったいのか確認できずじまい…。

そんな中、花火大会の会場に一人やってきた典道は、たまたま彼氏連れの三浦先生に出会います。

そして、先生に、

「花火は横から見たら丸いの?」

と質問すると、三浦先生から花火職人の安さんを紹介してもらい、特別に花火を一発打ち上げてもらうことになったのです。

その結果、灯台からは祐介たちが、花火会場からは典道が、それぞれの打ち上げ花火の形状を確認したところ、『丸い』ことが判明したのでした。

 

以上が、この『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のストーリー結末となっています。

両親の離婚のために、転校を余儀なくされたナズナ。

その事に気が付かず、でもナズナの気持ちになんとか寄り添おうとした典道…。

二人の感情を中心に、もう一つのストーリーとして結末は進んでいくわけです。

そして、このタイトルにも用いられている打ち上げ花火の形状は、真横から見たときと下から見たときでは変わっているのか。

その疑問にも、一つの答が見えます。

この様子を見て、おそらく典道が勝利していたケースの方が、ハッピーエンドとなっていると感じました。

とはいえ、それぞれの立場によってハッピーエンド・バッドエンドは異なっていくことでしょう。

その答えは、ぜひみなさんが、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観て、感じ取ってみてくださいね。

 

 

まとめ

フジテレビ系のオムニバスドラマ番組『if もしも』のドラマ作品として放送された『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』。

それはまさに、人生の分岐点に立たされた主人公たちが、2つの選択肢を体感し、結果の変化を楽しむ物語です。

その作品が、2017年8月にアニメ映画として公開。

基本的なストーリーあらすじは、ドラマや劇場版と同じです。

A・Bのそれぞれの選択肢を選ぶことで、主人公の典道たちの人生にどのような変化がもたらされるのか。

当然、みなさんの人生にも相通じるものがあるはずです。

ぜひ、それぞれの立場で色々感じながら、観てみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.