星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

アマゾンの商品配送の運送業者が酷い!評判や口コミをチェック!

更新日:

アマゾンといえば、世界最大のネット通販業者として、知らない人はまずいないでしょう。

ネット通販そのものは、日本でもアマゾン以外にも、ライバルの楽天やヨドバシカメラなど、無数にあります。

しかし、アマゾンの特徴である、

  • 価格の安さ
  • 品揃えの豊富さ
  • 一部を除いて配送料が無料
  • 配送が速い

これらの条件を全て備えているネット通販業者は、まずありません。

とくに配送料が原則無料というのは、アマゾン最大の特徴です。

500円とか1,000円程度の買い物では、ネットで買うと商品代金より配送料の方が高くなる場合さえあります。

それが原則無料なのですから、地域の商店が続々と廃業していくのも当然かもしれませんね。

もっとも、アマゾンでも合計2,000円以下の買い物では、配送料は有料になる流れですが、これはまとめて買えば済むことです。

ただ、そんなアマゾンの配送業務に、このところ

『配送業者がひどい』

という、大問題が発生しています。

今回は、アマゾンの商品配送の運送業者が酷いことや、その評判や口コミをなどをお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アマゾンの商品配送の運送業者が酷い実例

現在、よく聞かれる大問題とは、

商品配送の運送業者が酷い!

という消費者の声が、非常に多くなっていることなのです。

アマゾンの最大の特徴である、配送料無料と配送の速さ、確実さが、幻想になりつつあります。

これは配送業者のみならず、アマゾン自身の存亡に関わる大問題だと思います。

配送料無料と配送の速さ、確実さを問わないのであれば、なにもアマゾンから買う必要はありません。

楽天でもヨドバシでも、どこでもよいのです。

 

では、その商品配送の運送業者が酷い実例を、ひとつ挙げましょう。

実は、これは筆者自身の実体験なのです。

商品配送の運送業者が酷い!

先日アマゾンで購入した商品が到着予定でした。

ところが夕刻になっても届かないので、追跡サービスをしようと思ったのですが、その配送業者は追跡サービスはやっていないのです。

丸和運輸機関という会社で、『桃太郎便』

というところです。

で、さっそくこの丸和運輸機関の桃太郎便で検索してみました。

問い合わせのページにはこんなことが書いてありました。

お問い合わせ

  • 業務全般・その他についてのお問い合わせ
  • 新卒会社説明会等のお問い合わせ
  • 中途採用のお問い合わせ
  • インターンシップのお問い合わせ
  • IR情報についてのお問い合わせ

これだけです!

一般的には、消費者からの問い合わせフォームがあるはずですが、それが見あたらず、電話番号もありません。

 

ホームページをさらに調べたのですが、

『ここに電話』

という項目があり、電話番号が載っていました。

そこに電話をかけると、

相手「実は私共は桃太郎便ではありません」

?!

自分「しかし、桃太郎便のサイトに電話番号があるじゃないか?」

相手「そうなのですが、別の関連会社なのです」

ということで、

『商品が届かないので、直接連絡したいから電話番号を教えてほしい旨』

を告げると、

相手「コールセンターはありますが、その番号はちょっとお教えできないのです。

その代わりこちらから桃太郎さんに連絡します」

という不思議なことを言いだしました。

コールセンターの電話が非公開?

それはコールセンターではないのでは?

ともあれ連絡を依頼すると、配送員から電話があり、商品は無事届いたのです。

しかし、丸和のホームページには、消費者向けの情報は一切なく、コールセンターなどの連絡先も書いていません。

こんな配送業者は初めてです。

このことから、どうやら桃太郎便は全て下請けが配送しているようなのです。

アマゾンに電話して確認すると、さすがにコールセンターの番号は教えてくれましたが、ほとんど繋がらない状態だそうです。

つまり消費者向けのサービスは、積極的に行うつもりがない会社らしいですね。

それで桃太郎便の評判などを調べてみますと、実にひどいものでした。

  • 遅れる
  • 届かない
  • 不在連絡表なし
  • 追跡サービスなし

など、これがまともな配送業者なのか疑いたくなるような内容ばかりでした。

ヤマト運輸も佐川急便も、アマゾンの配送料のあまりの安さ(180円だそうです!)に音を上げて、撤退または半撤退の状態です。

そのためアマゾンは、桃太郎などのデリバリープロバイダーに頼ることになったようですね。

そのせいでアマゾンにも苦情殺到という状態のようです。

これはアマゾン自体にとっても決して良い結果にはならないと思います。

私も次回からは他のショップを利用するか、あるいはコンビニ止めにしようと考えるくらいですから…。

関連会社の連絡先(電話番号)は、デカデカとホームページに載せているのに、自社の電話番号は非公開とはこれいかに?

しかも、コールセンターの電話番号さえ、表示されていないとは、まったく信じられない会社ですね。

それだけではありません。

この桃太郎便の評判・口コミを調べてみると、凄まじいありさまなのです。

さらに紹介していきましょう。

 

アマゾンの商品配送の運送業者の評判と口コミ

まず最初に、アマゾンが配送を依頼している業者です。

  • ヤマト運輸(宅急便)
  • 日本郵便(ゆうパック)
  • デリバリープロバイダ
  • その他の業者(中小業者が多い)

などが、その業者です。

なお、佐川急便は既にアマゾンの配送からは撤退しています。

大手であるヤマト運輸と日本郵便については、ほとんど苦情らしい苦情はありません。

ここで問題は

デリバリープロバイダ

なのです。

 

このデリバリープロバイダには、以下の5+1社があります。

TMG・SBS即配サポート・札幌通運・若葉ネットワーク・丸和運輸機関(桃太郎便) 別枠でファイズ

その中でもTMGと丸和運輸機関(桃太郎便)、それに現在はデリバリープロバイダではありませんが摂津倉庫は、とくに評判が悪いように見えました。

ただ、それ以外の他の業者もよい噂は聞きませんね。

そこで、このデリバリープロバイダの評判・口コミをいくつか挙げてみましょう。

デリバリープロバイダの評判・口コミ

一般的な評判・口コミ

「デリバリープロバイダ最悪 前は1日スルーされたし」

「配達するのはいいけど、時間帯指定できないのがイラつく」

「アマゾンのデリバリープロバイダという存在を今知り、戦慄している」

「何回デリバリープロバイダは電話されれば気がすむんだ」

「荷物持ち帰ったことになってるのに不在票なし 宅配ボックスあるのに…」

「いつまでたっても届かない。HPから追跡すると、この時間でも配達中のまま。くそかよ。」

「ファイズとかTMGとかじゃありませんように…」

「アマゾンの発送、デリバリープロバイダとかいうハズレ引いた」

「16時までの指定なのにまだ届かない……くっ」

「お届け予定日には来ない! (あくまで予定は予定  ※プライム会員だろうと来ません)」

「追跡情報は全く当てにならない」

「アマゾンに電話すると3回目で着拒されます。」

TMGの評判・口コミ

「配達が、株式会社TMGとなったときの絶望感。書いてる時間に絶対届かない。

欲しいときに間に合わない。日本郵政と佐川急便が神に見えるレベル」

「噂の配送業者TMGが来た! …いや、来なかったW」

「さいたま市のアマゾン配送にTMGが参入、サービス低下」

「配送予定日当日、配送はありませんでした。」

「TMGさんもせっかくアマゾンから仕事をとったのだから、もっと真剣にやればいいのに、

もしくはやる気がないのであればアマゾンの仕事から撤退すればいいのに。」

その他の業者の評判・口コミ

「摂津倉庫と云う配送業者が最悪でした。インターホンを30回位連打する人物が…。

子供が怯えて泣いて電話してくる。」

「我が家では、アマゾンで商品を購入すると、子供が怯える。

アマゾンのブランドイメージは最悪になっている。」

「当方も摂津倉庫で本日届く荷物を待っていたら夜21時になっても来ず…。

配送状況を調べるも依然配送中のまま…。」

「扱ってるならヨドバシで買いたい…今日来なかったら返品しよ。」

このアマゾン配送のデリバリープロバイダへの依存は、佐川急便やヤマト運輸が撤退したことが原因のようですね。

佐川急便は、2013年にアマゾン配送からは全面撤退しています。

また、ヤマト運輸は、時間指定便やお急ぎ便は、今でもやっていますが、通常便は既に撤退したようです。

さらに、日本郵便のゆうパックは取扱量に余裕がありません。

そのため、商品配送にはデリバリープロバイダに頼まざるを得ない…というのがアマゾン側の実状なのです。

ところが、アマゾン頼みの綱であるデリバリープロバイダの評判・口コミは上記の通りです。

これはどうしようもありませんね。

 

アマゾンの配送品質劣化への対策は?

現状で、この商品配送の品質劣化への根本的な対策はありません。

アマゾンが、このデリバリープロバイダなどへの依存をやめない限り、決定的な対策はありえないでしょう。

あるいは、デリバリープロバイダなどが自身で体質改善するかですが、それは期待できそうにもありません。

ドローンによる配送は、話題にはなっていますが、日本の場合、航空法令などの関係で実用化は難しいようです。

しかし、消費者側で、ある程度の対策も一応、可能です。

まず、

お急ぎ便または時間指定便

をアマゾンでの発注の際に適用することです。

配送業者として、デリバリープロバイダに当たってしまう可能性はありますが、それでも選択肢として、

  • ヤマト運輸
  • 日本郵便
  • ファイズ

のいずれかの配送業者になるからです。

この中で、ファイズだけがデリバリープロバイダの一つですから、単純計算で三分の一の確率でデリバリープロバイダに当たってしまうことになります。

それでも通常便よりは、デリバリープロバイダにあたる率は少ないですよね。

 

もう一つの対策は、アマゾンでの発注で

コンビニ受け取り(店頭受取)

を指定することです。

この場合は、配送はコンビニ宛ですから、デリバリープロバイダに当たる確率はゼロです。

ただし、コンビニ受け取りには、コンビニ店によっては扱っていない所もあります。

店頭受取対象の店舗は、

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマト運輸営業所

となっています。

大手でも、セブンイレブンはコンビニ受け取りは扱っていません。

コンビニ最大手が扱わないことは不思議にも思いますが、アマゾンとの交渉でなにかあったのではないでしょうか。

以下は、店頭受け取りの場合の、配送業者です。

  • ローソン:日本郵便
  • ファミリーマート:ヤマト運輸
  • ヤマト運輸営業所:ヤマト運輸

コンビニでの受け取りは、やや面倒に思うかもしれませんが、もっとも確実にデリバリープロバイダを避けうる方法となっています。

 

まとめ

今回は、アマゾンの商品配送の運送業者が酷いことや、その評判や口コミをなどをお話しました。

アマゾンの商品配送品質の劣化の原因は、

佐川急便やヤマト運輸のアマゾン業務からの完全または一部撤退

によるものです。

これによって、商品配送に手が回らなくなり、ついにはデリバリープロバイダと呼ばれる中小配送業者を起用したのです。

しかし、そのデリバリープロバイダの評判は至って悪く、消費者のアマゾン離れさえ進んでいるようですね。

はたして、ネット通販のアマゾン一極化は、これで崩れていくのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.