星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

文化人・著名人

ドクター中松の現在の自宅豪邸はどこ?資産や発明品が凄すぎる

更新日:

ある時は発明家、またある時は起業家、またまたある時は海軍兵学校の生徒。

『ガンガンロボット』を発明し、マルタ騎士団から受けた『サー』の称号を持つと自称し、栄えあるイグノーベル賞(栄養学賞部門)を受賞。

これまでの発明件数は3,000件以上で、あの

「トーマス・エジソンをも上回る」

と豪語しています。

もっともエジソンの場合は、発明件数というより特許の件数なので、同列には比較できませんね。

そんな人物が今回の記事の主役、ドクター中松さんなのです。

御年88歳で、今なお現役発明家というのも凄いのですが、それ以外にもドクター中松さんには凄いことが多くあります。

今回は、ドクター中松さんの現在として、自宅豪邸のことや、総資産・発明品についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドクター中松の自宅豪邸はどこ?資産はいくら?

冒頭でドクター中松さんの全容に迫るとしましたが、この人の全容は複雑怪奇で多岐にわたっています。

まずは、ドクター中松さんの自宅豪邸から見てみましょう。

その自宅豪邸は、東京都世田谷区にあります。

なんと呆れたことに、ドクター中松さんの自宅への標識が設置されているのです。

しかも通りの名前が

ドクター中松通り!

個人の名前が通りの名前になるとは、開いた口がふさがりません。

自宅にしても、

豪邸とはこんな家だ!

という見本のような豪邸なのです。

その名も

ドクター中松ハウス!

ドクター中松ハウス

ドクター中松ハウス

この自宅豪邸の特徴を列挙してみましょう。

  • この豪邸には出入り口がない(ドロボー対策 どうやって出入りするかは門外不出の秘密)
  • 入り口付近には『頭のよくなるカフェ』
  • その先にある『ドクター中松ライブラリー』は、これまでの発明品の展示スペース
  • リビングは150畳
  • 家の中でドローンを飛ばせる
  • コロシアムというフリースペースは60畳
  • 24金の黄金トイレは、なんと10億円をかけて作られた(太陽風の荷電粒子も含めて、全ての電磁波を遮断し集中するため)
  • 東京電力と契約していない(『宇宙エネルギー』を受信して、熱に変換し電力化する『ドクター中松エンジン』を設置)

電気代を払わずに済むのは、太陽光発電パネルがあるからではありません。

この豪邸の黒い壁一面が、宇宙エネルギーを受信するアンテナになっているからなのです。

少なくとも、ドクター中松さんはそう語っています。

 

そんなドクター中松さんの総資産は、

およそ3500億円以上?

と言われています。

しかし、これは特許だけの金額です。

実際には、それより遙かに多くなりそうですね。

ドクター中松さんの資産の内容は、特許料、講演会や発明品の売り上げ、書籍の印税収入などになり、いずれもかなりの金額になりそうです。

この自宅豪邸は、およそ30億円と言われていて、相続税は6億円を超えるようです。

このドクター中松さんの資産を家族の誰が相続し、どう運営して行くのか、そのあたりは全く未定だそうです。

相続人は、妻と2男1女の四人ですが、相当複雑な遺産相続の案件になりそうですね。

そうなると、メディアでも色々と噂の種になるでしょう。

(楽しみというと不謹慎と誹られそうですが)

 

ドクター中松の経歴プロフィールと発明品

それでは、ドクター中松さんとは、どんな人物なのか、経歴プロフィールなどを軽く見てみましょう。

ドクター中松の経歴プロフィール

職業:発明家

名前:ドクター中松

本名:中松義郎(なかまつ よしろう)

出生:1928年6月26日

出身:東京府(現:東京都)

学歴:東京大学工学部卒

職業:発明家・実業家

2005年:ノーベル賞のパロディ版『イグノーベル賞』を受賞

家族:妻(繁里)・2男1女

長男:中松義樹(独身) 東京大学卒

次男:中松養成(独身)

長女:中松薫里 青山学院卒(西洋磁器の上絵付け師)

ドクター中松さんの母親は、東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)を卒業した教師だったそうです。

麹町小学校に越境通学したのですが、その後、自宅から近い青山師範学校付属小学校(現:東京学芸大学附属世田谷小学校)に4年生から転校しました。

さらに旧制麻布中学校(現:麻布中学・高校)から、海軍兵学校舞鶴分校へと進みました。

その後、1953年に東京大学工学部を卒業したのです。

大学卒業後は、三井物産でヘリコプターの営業に携わり、そしてイ・アイ・イに入社しました。

そこでは専務、副社長を歴任しています。

しかし社長との対立から退社して独立、ナコー(現:ドクター中松創研)を設立しました。

 

ドクター中松さんの最大の特徴は、発明家としての面と、実業家としての面が、表裏一体としている点でしょう。

一般的に発明家とか研究者という人たちは、発明や研究には長けていても、それを商品として売る能力は、あまり長けていません。

しかし、ドクター中松さんは違います。

発明品のプロパガンダとして、自らがテレビなどのメディアに登場し、発明品をアッピールすることが常なのです。

発明品は、その名称にせよ使い道にせよ、冗談だか本気なのかよくわからないのですが、これも話題性はグっと上がりますね。

これらが、発明品の売上げに、大きく貢献していることは間違いありません。

それが大資産家への道に繋がっているのでしょう。

それでは、ドクター中松さんの発明品のいくつかを紹介してみます。

フロッピーディスク

ドクター中松さんは、フロッピーディスクは自分の独自の発明と主張しています。

しかし実際には、フロッピーディスクは彼の発明ではなく、アメリカのIBM社の発明です。

ではなぜ、独自開発と主張するのか?

この真相を求めて、ネットを巡回していると、ある話にたどり着きました。

それはそのフロッピーディスクが、ドクター中松さんが先に特許を取得していた

『積紙式完全自動連奏蓄音機・ナカビゾン』

にわずかに抵触する内容だったそうです。

これによるトラブル回避のため、なんと10億円のライセンス契約を結んだとか。

フライングシューズ(ピョンピョンシューズ)

靴の底が板バネになっており、ピョンピョンと高くジャンプできる靴です。

テレビ出演時に、これを履いて登場することが多いそうですよ。

ある時、この靴を履いたまま旅客機に乗り込もうとして、ピョンピョンと跳ねた勢いで天井に頭をぶつけてしまいました。

そして

「頭が悪くなったらどうしてくれる!」

と怒鳴ったというエピソードがあります。

これはお門違いというもので、そんな物騒な靴を履いて飛行機に乗る方がおかしいと思います。

ドクター中松エンジン

これが前項で紹介した、宇宙エネルギーによって動作するエンジンです。

実際には太陽電池と同じく電磁波をエネルギーに換えるものらしいですが、詳細は不明です。

スマ手 (Smarte)

スマートフォンを固定するポケットが付いた左手用グローブです。

常に左手甲にスマートフォンを固定することで、使用時に取り出す手間が省け、置き忘れ防止効果があるそうです。

2012年(平成24年)84歳記念の発明品として発表し、ドクター中松公式サイトで市販をはじめました。

そして、営業目標が凄いです。

国内スマートフォンユーザーの8割が販売目標なのだそうですよ。

ガンガンロボット

2014年6月26日、86歳の誕生日に、彼は治療不可能の前立腺がんに侵されていて、余命1年余と医師から告げられたのです。

そしてドクター中松さんは、そのことを公表した会見の場で、残された時間は『がん治療ロボット』の開発に取り組むことを宣言したのです。

それが『ガンガンロボット』です。

その仕組みは、『テラヘルツ』という電磁波領域を使用しますが、副作用はないとのことです。

テラヘルツは、その周波数帯が電波領域と可視光線領域の境にある、いわば

電波と光の中間の電磁波

このテラヘルツをテーマにして、著名な作家の故・半村良さんが、『不可触領域』という名作を書いています。

不可思議感と恐怖にみちた、未来を予知するような傑作ですので、興味のある人はぜひ一読ください。

この『ガンガンロボット』の実際の使用には、単にイスに座って20分間、テラヘルツ波の照射を浴びることだけです。

それでガン細胞は縮小していくというのです。

『ガンガンロボット』によって、ドクター中松さんのガンが、本当に治癒したのかはわかりません。

しかし、現在医師に言われた1年余の時間は、とっくに過ぎていますし、ドクター中松さんは今も健在です。

ガンに対して、なんらかの効果はあったかも知れませんね。

この『ガンガンロボット』の開発費は約3億円。

それを今後は、月7万円程度でリースして、世界のがん患者を救う計画も考えているそうです。

ドクター中松さんは、

「一番難しいといわれている私のガンも治った。他のガンに効く可能性も十分ある」

と言っています。

それが本当であれば、世のがん患者の人々にも、大いなる福音となるでしょう。

 

ドクター中松への評価・評判

ドクター中松さんへの評価・評判、ネットの声は、賞賛の声もありますが、どちらかというと辛口の声が多いようですね。

その内のいくつかを紹介してみます。

カッコ内は筆者のツッコミです。

ドクター中松への評価・評判とネットの声

『最期まで』ユーモアを忘れないジジイだったな (まだ生きてます)

 

最早しぬしぬ詐欺

 

こいつのデタラメ吹聴っぷりもすごいものがあるな。

未だに、給油ポンプやフロッピーディスクを作ったと思ってる奴多いし。(確かに)

 

マスコミが育てた異常なタレント。

昔のテレビはこういうのを出しても許されたんだよな。

今は健全化されすぎておもろくない。

 

次の患者さんどうぞ!

はいはい。お薬目一杯出しておきますからね。

 

世界一二を争う特許商標ゴロ。

 

ガンガン多すぎ。

どうせなら、その薬を発明してくれるロボットを作って薬をゲットしろよ。

名付けてゲッターロボ。

 

癌細胞、チュルチュルを作りそうだなw

ドクター中松さんのがん治療の発明は半分まで完成しているそうです。

いわく、

「年末までにあと5つ発明しないと私は100%命を失う」

しかし、ドクターはまだ健在です。

 

まとめ

発明家で実業家のドクター中松さん。

その自宅豪邸も凄まじい家で、純金のトイレ、ドローンが飛ばせる吹き抜けまで完備。

そして、街の通りの名前まで、『ドクター中松通り』なのです。

ドクター中松さんの総資産は、3500億円と言われ、ノーベル賞より栄誉ある(一部のジョーク好きの人には)イグノーベル賞も受賞しています。

現在御年88歳ですが、今なお現役発明家というのは、凄いバイタリティですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化人・著名人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.