星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

文化人・著名人

ドクター中松の現在の自宅豪邸はどこ?資産や発明品が凄すぎる

更新日:


ある時は発明家、またある時は起業家、またまたある時は海軍兵学校の生徒。

『ガンガンロボット』を発明し、マルタ騎士団から受けた『サー』の称号を持つと自称し、栄えあるイグノーベル賞(栄養学賞部門)を受賞。

これまでの発明件数は3,000件以上で、あの

「トーマス・エジソンをも上回る」

と豪語しています。

もっともエジソンの場合は、発明件数というより特許の件数なので、同列には比較できませんね。

そんな人物が今回の記事の主役、ドクター中松さんなのです。

御年88歳で、今なお現役発明家というのも凄いのですが、それ以外にもドクター中松さんには凄いことが多くあります。

今回は、ドクター中松さんの現在として、自宅豪邸のことや、総資産・発明品についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

ドクター中松の自宅豪邸はどこ?資産はいくら?

冒頭でドクター中松さんの全容に迫るとしましたが、この人の全容は複雑怪奇で多岐にわたっています。

まずは、ドクター中松さんの自宅豪邸から見てみましょう。

その自宅豪邸は、東京都世田谷区にあります。

なんと呆れたことに、ドクター中松さんの自宅への標識が設置されているのです。

しかも通りの名前が

ドクター中松通り!

個人の名前が通りの名前になるとは、開いた口がふさがりません。

自宅にしても、

豪邸とはこんな家だ!

という見本のような豪邸なのです。

その名も

ドクター中松ハウス!

ドクター中松ハウス

ドクター中松ハウス

この自宅豪邸の特徴を列挙してみましょう。

  • この豪邸には出入り口がない(ドロボー対策 どうやって出入りするかは門外不出の秘密)
  • 入り口付近には『頭のよくなるカフェ』
  • その先にある『ドクター中松ライブラリー』は、これまでの発明品の展示スペース
  • リビングは150畳
  • 家の中でドローンを飛ばせる
  • コロシアムというフリースペースは60畳
  • 24金の黄金トイレは、なんと10億円をかけて作られた(太陽風の荷電粒子も含めて、全ての電磁波を遮断し集中するため)
  • 東京電力と契約していない(『宇宙エネルギー』を受信して、熱に変換し電力化する『ドクター中松エンジン』を設置)

電気代を払わずに済むのは、太陽光発電パネルがあるからではありません。


次のページへ >

-文化人・著名人

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.