星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

仮面ライダー

仮面ライダービルドのストーリーあらすじとキャストをチェック

更新日:

2017年9月から始まる新たな仮面ライダーシリーズ『仮面ライダービルド』。

その制作発表会がおこなわれ、ついにキャストが判明しました。

一体、誰が『仮面ライダービルド』のどんな役に選ばれたのか?

早速、当記事で『仮面ライダービルド』のストーリーやキャストについて紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『仮面ライダービルド』のストーリーあらすじ!

まずは、『仮面ライダービルド』のストーリーから紹介します。

 

火星にある『パンドラボックス』と呼ばれる謎の箱を開けたことで、『スカイフォール』と呼ばれる壁が出現。

なんと、日本列島が、

  • 東都
  • 西都
  • 北都

の3つの首都に分断されてしまいました。

その一つである東都に、『スマッシュ』と呼ばれる未確認生命体が現れ、人類を襲うようになります。

そこで、天才物理学者の青年がビルドドライバーとフルボトルを使って仮面ライダービルドへと変身し、スマッシュと戦っていく…。

 

というのが、『仮面ライダービルド』のストーリーです。

どうやら、謎を解いていくミステリードラマの要素も散りばめられているそうですよ。

ライダーキックの軌道も計算しながら戦うなど、物理学者らしい戦い方にも注目です!

今作『仮面ライダービルド』の脚本を担当するのは、『電車男』などで有名な武藤将吾さん。

武藤将吾さんは、『息子と見たこと』がきっかけで平成ライダーにハマったとのこと。

ライダー愛を感じられる人物なので、きっといいストーリーに仕上げてくれるはず…

 

見た目の評判がいい仮面ライダーはストーリーがひどい

という残念なパターンが多い平成ライダー。

武藤将吾さんには、ぜひそのパターンを打ち砕いてほしいと思います!

ちなみに、監督を務めるのは、平成ライダーでおなじみの田崎竜太さんとなっています。

『仮面ライダービルド』は、2017年9月3日放送開始で、毎週日曜午前8時からとなります。

また、10月からは編成が変わるため、毎週日曜午前9時からなので、この点は忘れないようにしたいですね。

 

『仮面ライダービルド』のキャスト紹介!

続いては、2017年8月2日の制作発表会でお披露目となった、『仮面ライダービルド』のキャストを紹介していきます。

桐生戦兎:犬飼貴丈

主人公の天才物理学者・桐生戦兎は、記憶喪失という設定になっています。

そんな桐生戦兎を演じるのは、犬飼貴丈さんと発表されました。

犬飼貴丈さんは、2014年に俳優デビューした24歳。

ドラマ経験はいくつかあり、『ペテロの葬列』や『OUR HOUSE』などに出演したことがあります。

直近の2017年では、ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』でサブロー役を演じました。

そして、犬飼貴丈さんは、2012年の『ジュノンボーイコンテスト』グランプリ受賞者!

西銘駿さん、飯島寛騎さんに続く、3年連続での『ジュノンボーイ』出身者が仮面ライダーの主人公となりました。

本当に、『ジュノンボーイ』と平成ライダーシリーズは、癒着でもしているのかというほど出身者が多いです。

とはいえ、犬飼貴丈さんは既に俳優としても一定のキャリアを積んでいて、PVを見た限りでも、

「演技はいい感じだな」

と感じたので、俳優経験のない人と違い、演技の下手さで違和感を覚えてしまうことはないでしょう。

安心して見ていられそうです。

ちなみに、犬飼貴丈さんの好きなシリーズは、『仮面ライダーカブト』とのことです。

万丈龍我:赤楚衛二

主人公・桐生戦兎の相棒にして、元格闘家の脱獄犯。

そんな万丈龍我を演じるのは、赤楚衛二さんです。

筆者は、龍我がPVで登場した時、思わず

「長瀬じゃん!」

と叫んでしまいました。

それもそのはず、龍我を演じる赤楚衛二さんは、

『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』で、長瀬裕樹役を演じていた

のです。

放送順的には、実質的に2連続で仮面ライダー作品への出演となります。

叫んでいるシーンも長瀬そのもののような感じで、

『アマゾンズ』から脱獄してきたのではないか?

など『ビルド』世界がどんな恐ろしいストーリーになってしまうのかなど不安を覚えました。(笑

逆に言えば、仮面ライダーファンとしては、赤楚衛二さんについて長瀬役での熱演ぶりを知っているだけに、安心して見られるわけです。

『アマゾンズ』では唯一と言っていい人間らしい人間を演じた赤楚衛二さんですが、『仮面ライダービルド』では変身をするのか!?

など、赤楚衛二さんの活躍に期待したいですね。

制作発表会によれば、赤楚衛二さんの好きなシリーズは『仮面ライダークウガ』とのことです。

石動美空:高田夏帆

ヒロインである石動美空を演じるのは、高田夏帆さんです。

現在、テレビ番組では『王様のブランチ』のブランチレポーターを務めていますね。

高田夏帆さんは、まだWikipediaもできていない人物なので、こちらで簡単にプロフィールを紹介しておきますね。

高田夏帆のプロフィール

生年月日:1996年5月31日

出身:東京都

血液型:A型

特技:水泳、竹馬、ダンス一輪車

高田夏帆さんは、かなり変わった実績を持っていて、

2014年の全国忍者選手権大会で優勝

という、手裏剣投げ、塀飛び、城壁登り、水ぐもなどをおこなう選手権で頂点に輝いています。

ちなみに、仮面ライダーは一度も見たことがないとのことです。

内海成彰:越智友己

後述する氷室の秘書である内海成彰。

そんな内海を演じるのは、越智友己さんです。

越智友己さんは、主に舞台での活躍が多い俳優。

テレビでは、 『実験刑事トトリ2』の第3話、映画では『すべては君に逢えたから』などに出演しています。

ちなみに、犬飼さん同様好きだったシリーズは『仮面ライダーカブト』らしく、ライダーキックをよく練習していたとのこと。

制作発表会では実際にカブトのライダーキックを披露し、綺麗な回し蹴りで思わず筆者も、

「おおっ、まさにカブトのライダーキックだ!」

と興奮してしまいました。

滝川紗羽:滝裕可里

戦兎の正体を知るというフリージャーナリスト。

そんな滝川紗羽を演じるのは、滝裕可里さんです。

滝裕可里さんといえば、特撮ファンにはもうお馴染みの女優ですよね。

仮面ライダーでいえば、『仮面ライダーW』のVシネマ『仮面ライダーアクセル』の葛木葵役、そして『仮面ライダーゴースト』にも第3話に出演しました。

また、特撮ファンとしてはやはり、『ウルトラマンギンガS』の杉田アリサ隊員役が一番印象に残っていることでしょう。

氷室幻徳:水上剣星

脱獄した龍我を追うのが、東都政府首相補佐官兼東都先端物質学研究所の所長・氷室幻徳。

そんな幻徳を演じるのが水上剣星さんです。

彼は、『東京DOGS』でドラマデビューした後、さまざまなドラマに出演しています。

最近では、2016年に『黒い十人の女』の浦上紀章役、2017年には『スリル!〜黒の章〜』で岡村浩一役を演じました。

最初、幻徳を幻聴と呼んでしまい、

「随分変な名前だなぁ…」

と思ってしまったのは秘密です。

石動惣一:前川泰之

美空の父親でカフェ『nascita』のマスターが、石動惣一です。

そんな惣一を演じるのは、前川泰之さんです。

前川泰之さんは、これまで数々のドラマに出演していて、最近では『真田丸』や、『スリル!〜赤の章・黒の章〜』に出演。

ちなみに、『仮面ライダービルド』の脚本担当・武藤将吾さんの代表作『電車男』にも及川尚人役で出演しています。

仮面ライダーシリーズは『スカイライダー』を見ていたらしく、また、見た目が好きで『仮面ライダーストロンガー』のフィギュアも持っていたそうですよ。

 

以上が、制作発表会で公開となった『仮面ライダービルド』のメインキャストとなります。

全体的に、演技力には問題がなさそうなので、比較的安心して見ていられそうですね。

2017年9月の放送開始がとても楽しみです!

 

まとめ

『仮面ライダービルド』のストーリーや、メインキャストが判明しました。

主人公・桐生戦兎を演じるのは犬飼貴丈さんとなり、3年連続で『ジュノンボーイ』の主人公となります。

ただ、犬飼貴丈さんは既に俳優として活躍していて、ここ最近では珍しく演技経験のあるキャストです。

そういった意味では、『仮面ライダービルド』は、初回から安心して見ていられそうです。

その他では、

  • 『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』の長瀬裕樹役を演じた赤楚衛二さん
  • 『ウルトラマンギンガS』の杉田アリサ役を演じた滝裕可里さん

など、特撮ファンには馴染み深いキャストが揃っています。

筆者は今回発表となったキャスト陣で、ますます『仮面ライダービルド』が楽しみになりましたね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仮面ライダー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.