星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気・健康被害がヤバすぎる!

更新日:

夏の暑い盛りに飲む、キンキンに冷やした冷たいビール。

これは格別おいしいですよね。

想像しただけで、『ゴクッ』と喉が鳴ってしまいます。

でも、ビールに限らずお酒の飲み過ぎには、

  • カロリー過多によるメタボ(肥満)
  • 糖尿病や脂肪肝などの病気や健康被害

などがついて回ります。

ならば、肥満せず病気にもならない、お酒の飲み方や、お酒の種類はあるものでしょうか。

また、健康被害を予防するおつまみ(食べ物)などは、あるのでしょうか。

そこで今回は、お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気の恐ろしさや、それを防ぐ飲み方やお酒の種類、健康に良いおつまみなどを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気・健康被害

次に紹介するのは、お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気や健康被害の代表例です。

お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気や健康被害

消化器系の病気

  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 肝臓癌
  • すい炎

循環器系の病気

  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 高血圧
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 不整脈
  • 末梢血管障害

生活習慣病病

  • メタボリックシンドローム(脂質異常症、高血糖)
  • 糖尿病
  • 痛風

神経・筋肉系の病気

  • アルコール性末梢神経障害
  • ウェルニッケ脳症
  • 眼振
  • 失調性歩行
  • アルコール性小脳失調症

もちろん、お酒を飲んだからといって、全ての人が直ちに病気になるわけではありません。

ある程度の期間内に、ある程度以上の量のお酒を飲み続けていると、

このような病気にかかる確率が高くなる

ということですね。

それでは、これらの中から代表的な健康被害を見てみましょう。

メタボ

代表的なメタボリックシンドロームですが、要するに肥満です。

肥満は『万病の元』と言われるくらい、病気の予備軍です。

メタボから引き起こされる重篤な病気は、肝硬変・高血圧・脳卒中・心筋梗塞など枚挙にいとまがありません。

なお、お酒自体(糖分を多量に含んだ酒以外)には、あまりカロリーはありません。

また、お酒のカロリーは体内に脂肪として蓄積されることはなく、体熱などで発散されてしまいます。

ただし、糖分は体内に入ると脂肪として蓄積されていきます。

糖分を多量に含んだお酒には、リキュール類などがありますが、日本ではあまり一般的ではありません。

糖質は100gあたり、清酒には5.0g、ビールには3.1g、ワインには2.0gが含まれていますが、焼酎やウイスキーには、ほとんどカロリーがないのです。

お酒の含むカロリー
お酒の種類 量の目安 カロリー
生ビール 中ジョッキ1杯 200kcal
日本酒 コップ1杯 約180ml 200kcal
ワイン グラス1杯 約120ml 100kcal
シャンパン グラス1杯 約80ml 80kcal
ウイスキー ダブル1杯 約60ml 150kcal
ブランデー ダブル1杯 約60ml 150kcal
サワー グラス1杯 140kcal
ウーロンハイ コップ1杯 90kcal
ダイキリ グラス1杯 135kcal
マンハッタン グラス1杯 120kcal
ピンクレディ グラス1杯 95kcal
スクリュードライバー グラス1杯 150kcal
ジンライム グラス1杯 110kcal

以上が、お酒に含まれるカロリー一覧です。

メタボにならないためには、

飲酒による1日の摂取カロリーが、200kcal以下

が目安と言われています。

ビールならジョッキ1杯、日本酒ならとっくり1本ですね。

これでは少なすぎて…と思う人も多いと思いますが、個人差もありますので、あくまで目安と思ってください。

これより1mlでも多ければ、すぐにメタボや脂肪肝になるわけでもありません。

逆に目安よりも少ない量でも、健康被害に繋がる人もいるので、お酒の量を減らすに越したことはありません。

脂肪肝・肝硬変

脂肪肝や肝硬変は酒飲みにとって、代表的な病気の一つです。

糖質は、肝臓でグリコーゲンとして蓄えられ、エネルギー源となって消費されていきます。

しかし、摂取量が多すぎるとグリコーゲンが余ってしまい、中性脂肪になってしまうのです。

これが脂肪肝です。

この状態が長く続くと、肝臓の組織が傷つき、肝線維症やアルコール性肝炎、肝硬変へと移行してしまいます。

そして肝硬変の人が発症しやすいのが、

肝臓ガン

です。

ただ、正常な肝臓の場合は、3分の2程度まで切除しても、数ヵ月で元の大きさに戻り、機能も回復するそうです。

そのため現在では、早期発見すれば、ガンでも十分助かる可能性があります。

 

この恐ろしい肝硬変や肝臓ガンには、以下のような状態が続くとなりやすいそうですよ。

  • 1日に、ビールの缶2本を30年間飲み続けた場合
  • 1日に、日本酒3合を20年間飲み続けた場合
  • 1日に、ワインボトル1/3本を50年間飲み続けた場合

つまり長年にわたる過度の飲酒ということですね。

もっとも、あくまでも目安です。

条件に該当すれば、必ず肝硬変になるわけではありません。

とはいえ、肝硬変や肝臓ガンにならないために、飲酒の量は控えめにした方がよいでしょう。

糖尿病

メタボでも書いたように、余った糖質は脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。

これが糖代謝で、この糖代謝で重要な働きをしているのが、すい臓から分泌されるインスリンです。

ところがインスリンの分泌量が減ったりすると、糖代謝がうまく機能しなくなります。

それによって血液中に糖分が増えてしまうのが、糖尿病という病気です。

糖尿病になると脂肪肝になりやすくなるので、肝硬変の予備軍ともいえます。

 

太らず病気にもならないお酒の飲み方とは?

お酒のカロリーは、おおむねお酒の中に含まれる2つの物質の濃度で決まります。

  • 糖質の量
  • アルコール度数

です。

糖質の量とアルコール度数が高ければ高いほど、高カロリーのお酒になるのです。

なので、

糖質とアルコール度数が低いビールなどのお酒

を選べば、お酒によるカロリーは低く抑えられることになります。

また、お酒のカロリーそのものは、飲酒量に比例しますので、飲む側でどうにもできません。

飲酒量を控える以外には対策はないのです。

しかし、飲酒による健康被害は、飲む側の注意である程度は防ぐことができます。

お酒による健康被害を少なくするためには

飲酒の量を控える

これがもっとも効果のある対策でしょう。

1日の飲酒量が日本酒で1合以下、ビールで1本以下ならば、飲酒による健康被害、病気の大半は防げるそうです。

休肝日をもうける

1週間に1度の休肝日(要するにお酒を飲まない日)

をもうけることで、お酒による健康被害、病気は、大幅に少なくすることができます。

文字通り、肝臓を休ませる日です。

お酒の種類を選ぶ

できるだけ糖質の少ないお酒や、アルコール度の低いお酒を選べば、健康被害の予防になります。

しかし、これは絶対的な効果があるとは言えません。

おつまみにも注意

おつまみは飲酒による健康被害に、意外なほど影響があります。

カロリーにしても、お酒そのものより、おつまみのカロリーの方が多い場合があります。

できるだけ脂肪の少ない、良質な蛋白質の多いおつまみにしましょう。

運動を日常的に行う

こちらは、かなりの効果が期待できます。

お酒を飲んでばかりいて、身体を使わない生活は、肝硬変へ一直線。

適度な運動は、脂肪肝や糖尿病の予防だけでなく、身体の壮健化や老化防止に大きな効果があります。

健康に良いお酒のおつまみ

健康に良いおつまみは、選択肢として意外に難しいですね。

つまり、おつまみは健康と相反するものが多いのです。

ビールなどお酒に合うおつまみは、から揚げや生ハム、ソーセージやチーズなど、高脂肪高カロリーな食べ物が多いです。

(多くの人が大好物でしょう)

しかも、アルコールによって満腹中枢が麻痺しがちなので、ついついおつまみを食べ過ぎてしまいます。

そこでおいしくて健康によさそうなおつまみを、いくつか紹介していきましょう。

おいしくて健康にも良いお酒のおつまみ

お刺身

健康おつまみの代表です。

低脂肪中カロリーで、しかも美味。

とくにヒラメなどの白身魚のおさしみは、最高です。

つけもの

これも低カロリー低脂肪のおつまみです。

ただし、やや塩分が多いのが難点。

ビーフジャーキー

これは低脂肪高タンパクのおつまみで、好物にしている人も多いでしょう。

難点は、やや堅いので、多量には食べられないこと。

ただ、多量に食べられないとカロリーが控えめとなるので、逆にメリットかも知れませんね。

干物類

これまた、低脂肪おつまみの雄。

アジやホッケのひらきなど、ビールによく合います。

枝豆

これは夏のビールのおつまみとして、エースの座に君臨。

さっぱりした塩味と食感がよく合います。

これも低脂肪高カロリー高タンパク(しかも植物性蛋白)です。

冷や奴

枝豆とならぶ、夏のおつまみのエース格。

低脂肪高カロリー高タンパク(しかも植物性蛋白)であることも、枝豆と同じです。

あさりやはまぐりの酒蒸し

蛋白質は豊富なのに、低脂肪でカロリーもあまり高くありません。

総じて肉類より魚類の方が、脂肪は少ないです。

板わさ

かまぼこの原料は、白身の魚ですから、低脂肪の代表といえるでしょう。

醤油は、ほとんど使わず、ワサビ味で楽しむのが吉。

ほうれん草のおひたし・もろきゅう・わかめときゅうりの酢の物

どれもさっぱりした味で、しかもビタミンが豊富です。

なお、お酒の〆のラーメンは、確実に

デブのもと

高脂肪高カロリーの代表であるラーメンは、お酒の後には絶対にやめるべきでしょう。

 

まとめ

お酒の飲み過ぎには、カロリー過多によるメタボや、糖尿病や脂肪肝などの病気、健康被害に繋がる場合があります。

これは飲酒の量を控えたり、休肝日を作ることで、ある程度の予防をすることが可能です。

また、おつまみなども、厳選して選べば、低カロリー低脂肪のおつまみはあるものです。

ぜひ自分の身体と相談しながら、お酒(ビール等)を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.