星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

青木源太アナ(日テレ)がジャニーズオタクの真相!その魅力とは?

更新日:

朝の情報番組『PON!』を中心に、報道・バラエティ・スポーツと様々な番組に出演。

アナウンサーとして活躍中の、日本テレビ男性アナウンサーの青木源太アナ。

実は、彼は初のジャニーズオタクアナウンサーとして、何かと最近注目されているようです。

アイドル好きを公言するとしても、AKB48やももクロなどの女性アイドルグループのファンかと思いきや、青木源太アナウンサーは筋金入りのジャニーズファンで、自らオタクと公言しているのだとか…

そこで、青木源太アナがそこまで魅了されているジャニーズアイドルの魅力とは一体何なのか。

また、青木源太アナのジャニーズ愛がどこまで深いのか、本記事で探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日テレの青木源太アナってどんな人?

青木源太

日テレの男性アナといえば、筆頭は『好きな男性アナ』投票で堂々3連覇中、『ZIP』などもお馴染みの人気アナウンサー・桝太一アナ。

次に福澤朗アナのバトンを受け継ぎ、3代目高校生クイズのメインMCを務め、『NEWS ZERO』のスポーツコーナー担当のラルフ鈴木こと鈴木崇司アナ。

他にも元PL学園出身の甲子園球児で、高校時代に松坂大輔(現:ソフトバンク)と投げ合ったことでも有名な上重聡アナ。

いろいろな人気男性アナウンサーの面々が在籍しています。

そんな日テレの男性アナの中でも、現在話題を集めつつあるのが、青木源太アナウンサーです。

彼は、2006年に桝太一、葉山エレーヌと共に日テレ同期入社。

過去には朝の情報番組『スッキリ!!』や、『Oha!4 NEWS LIVE』などで活躍していた男性アナウンサーです。

同期の桝太一アナと比較すると、まだまだ知名度は低めの印象もあります。

しかし、『news every』にも代打として出演されたことがありますので、すでに知っている人も多いと思います。

ちなみに、現在は、『世界まる見え!DX特別版』、『皇室日記』、『PON!』などに出演。

日テレアナとして情報、スポーツ、バラエティと様々な分野で活躍しています。

そんな青木源太アナは、実は

大のジャニーズファン!

として有名です。

ジャニオタを自ら明らかにし、一躍有名になったようですね。

青木源太アナ本人にとっては、当然かのようにファンである事を言っただけ。

そして、それがあまりにも『ジャニーズ愛』強めの語り口調であったこと。

さらに男性アナウンサーがジャニーズファン!?という珍しい構図に、多くの視聴者から関心を集めたのでしょう。

そんな青木源太アナのオタクぶりは本物です。

ジャニーズグループの曲であれば、イントロを少し聴くだけで、青木源太アナはすぐに何の曲が答えられるという話も聞きます。

そんな一面も見られているので、今後、ちょっとユニークなアナウンサーとして、青木源太アナの知名度もますます上がり、人気アナとして活躍し続けていくだろうと期待している次第です。

 

日テレ青木源太アナのジャニーズ愛は本物?

青木アナ

青木源太アナが、ジャニーズオタクっぷりを披露、その一方で最近は

ジャニ持ち

という、定番のかばんの持ち方を把握していなかったこともあり、彼のジャニオタがどこまでが本物なのか?と疑いもあったり。

 

実際のところ青木源太アナが、ジャニーズのどんな部分に惹かれているのか気になるところでしょう。

それは『嵐にしやがれ』で、イントロ当てクイズをした際に、全てジャニーズの楽曲であるにもかかわらず、青木源太アナが嵐のメンバーに勝ったスゴ技を見せたことで明らかになりました。

青木源太アナは、ジャニーズの楽曲が好きで、アーティストとしてのジャニーズの姿に惹かれ、ジャニーズオタクとなっているらしいのです。

 

近年のジャニーズアイドルグループは、昔と異なり、嵐やTOKIOなどアーティストという一面を持っているグループも出てきています。

アーティスト性の溢れる楽曲に惹かれて、ジャニーズファンになったというのも、決して珍しい話ではないでしょう。

ちなみに、筆者はアイドルグループでは『でんぱ組.inc』が好きなのですが、ビジュアル云々よりも楽曲に惹かれている部分が大きいので、青木源太アナの気持ちに通じるものがあったりします(苦笑)。

なお、青木源太アナの趣味は

『ジャニカラ』

らしく、ジャニカラを通じて、ジャニーズの楽曲をマスターしているみたいです。

そのことが、ジャニーズ楽曲専門のイントロクイズ王としての実力を発揮させる大きな理由となっているようですよ。

青木源太アナ本人曰く、朝の発声練習だと照れ隠ししてしまうこともあるようですが、ジャニカラなら照れ隠しなしで堂々とできるみたいです。

それだけジャニオタ愛が強いのでしょうね。

追記

 

ジャニーズ愛の深い青木源太アナも、自身がMCとして出演している情報番組『PON!』で、アナウンサーとしてはあるまじきというべきか、

SMAPの解散

には、かなり暗く落ち込んでいたそうです。

しかも、共演者である芸能レポーター・駒井千佳子さんに、SMAPの話題で

「ここだけ(自分と青木源太アナ)暗いオーラ」

といわれてしまったらしく、メインMCであるビビる大木さんに、

「暗いっていうのもなんだか(苦笑)、未来ある話ですよ」

とフォローされたなんて醜態も…

話の顛末を探っていくと、どうやら、青木源太アナだけでなく、駒井さんもSMAPのファンだそうです。

『ワイドナショー』などでもそのことを明かし、彼らの解散を悲しんでいた駒井さんが、同じジャニーズファンである青木源太アナを巻き込んだ形の自虐ネタというわけですね。

その様子を見ていた視聴者たちには、青木源太アナがよほど悲しかった様子だけは伝わったみたいです。

 

青木源太アナが愛するジャニーズの魅力

個人的には、ジャニーズファンといえば、ほぼ女性だけと決めつけていたところがありました。

しかし、青木源太アナのジャニーズぶりを知るほどに、筆者としてもジャニーズの見方が変わったように思います。

それは、アーティストとしてのジャニーズ所属アイドルの魅力が高まってきたからです。

とくにそれを強く感じさせてくれたのが、嵐のリーダー大野智さん。

大野智さんといえば、普段は淡々としていて、やる気があるんだかないんだかわからないような…(と言ってしまえな失礼ですが)

ただ、アーティストとして抜群のセンスの持ち主です。

嵐の楽曲では、振付を担当する一面もあり、歌もうまいです。

また、絵を描く才能も見せてくれますよね。

大野智_作品

大野智さんの作品

嵐だけでなく、最近のジャニーズの面々は個性をいかした活躍が目立つようになったと思います。

これまでは完全にアイドルとしての位置づけでしたが、現在のジャニーズはアイドルとしての一面と、アーティストとしての一面を兼ね備えているからこそ、青木源太アナのような男性ファンからも愛されるグループとして活躍しているのでしょう。

ちなみに、その土台を創り上げたSMAP(2016年末に解散)のメンバーたちは、

  • 中居正広さんがMC業
  • 木村拓哉さん・稲垣吾郎さんが俳優
  • 草なぎ剛さん・香取慎吾さんがMC・タレント・俳優

と、それぞれの歌手という立場以外の得意分野を持ち、ソロとして活躍し続けています。

そして、そのイズムを受け継ぎ、後輩である嵐を見てみると、相葉雅紀さんは3枚目キャラとしてバラエティでも活躍しています。

櫻井翔さんは、キャスターという一面を覗かせ、大野智さんは先程お話したとおり。

さらに二宮和也さんは、ハリウッド映画『硫黄島の手紙』に出演し、あのクリント・イーストウッド監督に

『類まれなる才能』

と賞賛されています。

最後に松本潤さんは、イケメンでクールなキャラクターが受け、俳優としても、個性を発揮し多くの女性ファンから愛されています。

あくまで筆者個人の見解でしかありませんが、おそらく今のジャニーズアイドルの中で、最も個性を発揮しているグループが嵐ではないでしょうか。

彼らは、グループだけでなくソロとしても存分に個性を発揮しているため、非常にファンも多いように思います。

もちろん、他のグループが個性がないというわけではありません。

関ジャニ∞、Kis-My-Ft2など、個性的なグループが増えています。

今後も続々と、個性豊かな魅力あふれるジャニーズアイドルグループは誕生していく予感がします。

 

まとめ

日テレの青木源太アナがジャニーズオタクと呼ばれるほど、ジャニーズファンであることを改めて知りました。

ジャニーズの楽曲を歌う『ジャニカラ』で、自身のテンションを上げてから仕事を向き合うという話。

『嵐にしやがれ』のイントロクイズで、嵐に勝利したという話。

この二つのことでも分かるように、青木源太アナは根っからのジャニーズ愛が溢れるアナウンサーです。

そして、近年のジャニーズアイドル達が、個性を前面に出しアーティストとして活躍する姿に惹かれ、男性ファンも増えていることが分かりました。

筆者も少し見る目が変わってきただけに、改めてジャニーズを見ていこうと感じた次第です。

日テレの記事はコチラもよく読まれています!

24時間テレビに批判!理由は日テレから出演者へのギャラと広告収入

日テレ上重聡アナのスッキリ降板かアナウンサー生命終了の危機とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アナウンサー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.