星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

SPとは?その意味や警察官との違いをチェック!そのなり方は?

更新日:

総理大臣や国賓クラスの外国要人の周囲に、眼光鋭い赤ネクタイの屈強な男女が、周りに目を配っているのが、よくテレビに映っていますね。

これが今回紹介する『SP』なのです。

SPとは『セキュリティ・ポリス』の略ですが、この用語は日本の警視庁が考案したものだそうです。

海外での『セキュリティ・ポリス』の意味は、『公安警察』に近いもので、日本とは意味が異なりますね。

このSPの役目は、『肉の楯』となって要人を守る、ということにつきます。

文字通り命がけの仕事です。

それではSPとは、実際にどんな仕事をしているのでしょうか。

また、通常の警察官との違いはなんなのでしょうか。

今回は、SPについてお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SPとは?一般の警察官との違いは?

SPとは

SPとは一口で言えば

専門的に要人の警護をする警察官

ということになります。

狭義には…

警視庁警備部警護課所属で、要人警護任務に専従する警察官

広義には…

警視庁以外の各道府県警察警備部警備課所属の、要人警護を行う警察官全体

というのが、SPの定義となります。

この要人警護のシステムは国によって違い、とくに有名なのはアメリカの『シークレットサービス』(SS)です。

世界一標的になりやすいアメリカ大統領の警護を一手に引き受けていて、狙撃班や爆発物処理班まであるという、スーパーシステムです。

アメリカのシークレットサービスは警察ではなく、国土安全保障省(DHS)傘下の組織。

日本のSPでは、さすがに狙撃や爆発物処理までは対応しないようですが、それでも射撃や体術の達人であることが要求されています。

SPの警護対象者は、法令など定められていて、

総理大臣や国賓級の来日外国要人、衆議院議長、参議院議長など

となっています。

ただし、総理大臣や衆参両院議長の家族は警護の対象になっていません。

また、上記の対象者は警護の要請のあるなしには関係なく、必ず警護します。

そして、これとは別に、『要請出動』というシステムもあります。

これは対象者の要請によって行われる警護で、

  • 衆議院副議長、参議院副議長、国務大臣、元総理大臣の衆議院議員
  • 与党自由民主党の幹事長、政務調査会長、総務会長、参議院議員会長、参議院幹事長、選挙対策委員長
  • 日本共産党を除く、国会に議席を有する政党の代表者

などが対象となっています。

SPと一般の警察官の違いは、

SPは要人の『警護専門』で、通常の犯罪捜査(司法捜査)は行わない

という点が最大の違いです。

つまり、要人の安全確保に専念するわけですね。

 

SPの警護のやり方

1970年代までの日本の要人警護は、目立たないよう要人の後にいるスタイルでした。

それが1974年に、ジェラルド・R・フォードアメリカ大統領が来日した際の、

シークレットサービス(SS)の警護方式

が警視庁の幹部に強い衝撃を与えました。

その方式とは、要人の後だけではなく全面にSSがズラリと立ち並び、しかも

上着のボタンを外して、いつでも銃が抜ける体制

を見せつけていたのです。

狙撃犯や襲撃犯に、

「これではとても攻撃は無理だ!」

と思わせる方式だったのです。

つまり、狙撃や襲撃を未然に防ぐことも目的としています。

これにより1975年に、日本にSPが創設されたのです。

 

SPになるための資格

SPのなり方には、いろいろと条件があります。

まず、警視庁の警察官になることが最初の条件です。

狭義のSPは、警視庁の警察官に限定されているからです。

ただ首尾良く警視庁の警察官になっても、全ての警察官がSPになれるわけではなく、さらに難しい条件をクリアしなければなりません。

  • 身長173cm以上
  • 柔道または剣道3段以上
  • 拳銃射撃上級
  • 英会話ができること

この4つが最低条件です。

この4つの条件が揃っていて、SPとしての適性を認められると、『SP候補者』の推薦を受けることができます。

これでSPへのスタート台に立ったわけですね。

現実には、このSP候補は巡査部長以上の幹部警察官のみです。

つまり、警部・警部補・巡査部長などの

幹部警察官でないと、SPにはなれない

ということになります。

その後は警察学校で特殊な訓練を受け、さらにそこでの苛烈な競争を突破して、はじめてSPとして任命されるのです。

その率は、

300人の候補者中、最後まで残るのはわずか10人前後

という、きわめて狭き門なのです。

つまり、SPになれるのは、多数の警察官の中でも、とくに優れた身体能力や技能を持っている、ごく少数のエリート警察官だけということですね。

 

SPの訓練や装備

SPはその特殊な仕事の内容のため、訓練や装備も独特なものが多いようです。

SPの訓練

SPとしての訓練も多岐にわたります。

拳銃射撃と体術はもちろんですが、

  • 視線の動かし方
  • 歩行の訓練
  • 公共の場所での動作
  • 情報収集方法の知識

など、実に広範囲な訓練が必要なのです。

また、SPには女性もいます。

保護対象者が女性である場合には、SPには女性が適しています。

エリザベス2世陛下が来日の際には、女性SPのみの近接保護部隊、当時の通称で『表敬部隊』が編成され、その部隊は現在も残っているそうです。

ただし、女性SPの数は男性SPの5%程度で、警察官全体の30%強と比べると圧倒的に少ないのです。

SPの組織

SPの組織は、直接の警護活動を行う

『近接保護部隊』

と、事前に警護対象者の立ち回り先を調べたり、地元警察との連係を図ったりする

『先着警護部隊(SAP)』

の2つに別れています。

狭義のSPの意味では、この内の近接保護部隊なのです。

SPの服装と所作

SPの服装は、基本的には背広を着用します。

上着のボタンを外しているのは、先にも書きましたが迅速に銃を抜くためです。

また、ネクタイは赤が多いようです。

身なりは見苦しくない端正なものが要求され、外国のSSなどがしているサングラスの類は、日本のSPではしていないようです。

SPの服装での最大の特徴であるバッジは、

SPの文字をデザイン化した銀色と原色のツートーン

のバッジで、警視庁警護員記章と呼ばれています。

バッジの色は、偽造の予防のため、不定期に変えられているようです。

災害現場などで警護対象者が作業服の時は、SPも背広ではなく

出動服の襟にSPバッジを装着し、拳銃などの装備品を入れたウエストポーチを着用

するとのこと。

SPの装備

装備の花形は拳銃です。

しかし、これは通常の警察官のように定められたものではなく、SPが各種の銃の中でが個々に選んでいるそうです。

よく選ばれる拳銃は、

  • SIG SAUER P230JP (シグ・ザウエル 8発 スイス 自衛隊士官と同じ)
  • H&K P2000 (ケッへラーウントコッホ 13発ダブルカラム・マガジン ドイツ)
  • S&W M37 (スミスアンドウェッスン レボルバー 5発 アメリカ)
  • グロック17 (グロック 17発ダブルカラム・マガジン オーストリア)
  • ベレッタM92(ベレッタ 15発ダブルカラム・マガジン イタリア)

などで、いずれも38口径(9ミリ口径)です。

やはり装弾数の多い銃と、信頼性のあるメーカーが好まれるようですね。

その他の装備品としては、特殊警棒を上着の下や腰周りに装着しています。

さらには、防刃衣、携帯用無線機、マグライトなども携行します。

もう一つ重要なものは、ブリーフケースなどに仕込んだ

折り畳み式の防弾盾

で、『すわ鎌倉』という時には、これを広げて要人を守るわけです。

 

SPのなり方は?給与はどれくらい?

SPになるには、先で書いたように、非常に厳しい条件と訓練・選考があります。

条件や訓練は、主として肉体的なものでしたが、実はSPになるためには、それ以外にもっと重要な資質が必要なのです。

その資質とは精神です。

それは、

『いざとなった時には肉の楯となり、自分の命は捨てても警護対象者を守る』

という、覚悟です。

これがなければ、いくら射撃や体術が優れていても、SPになる資格はありません。

口で言うのは簡単ですが、実際に実行するのは相当困難でしょう。

しかし、テレビのニュースなどでSPの実際の行動を観ていると、その覚悟のないSPはいないと思われます。

要人の前後左右を取り囲み、立ちはだかっていれば、狙撃された場合には最初の標的になる可能性は極めて大きいのです。

口先だけでできることではありません。

 

SPのなり方は、まず

SP候補者としての推薦を受けること

が必要です。

現実的には、SP候補は巡査部長以上の幹部警察官のみですが、現役SP、または元SPから、以下の口コミ話がありました。

口コミでのSPになるための条件

警察庁のキャリア採用でなく、都道府県警の地方採用の高卒警察官からでも、推薦があればSPになることは可能です。

もちろんSPになれば警護課への異動は絶対ですが、何年か従事した後は通常の警察官として、元の勤務地へ帰ることも可能です。

SPに関しては、条件にしても装備にしても、公表されている部分が少ないため、上記の口コミが真実なのかは不明です。

また、この口コミは狭義のSP(警視庁のSP)ではなく、

広義のSP(警視庁以外の各道府県警察警備部警備課所属の、要人警護を行う警察官全体)

を指しているものと思われます。

 

最後にSPの給与ですが、これも各説入り乱れていて、様々です。

SPの給与

SPの平均給与 その1

平均給与 32万円

初任給 18万円

20代 20万円

30代 28万円

40代 31万円

SPの平均給与 その2(警視庁のSPの例)

平均給与 37万円

20代 28万円

30代 40万円

40代 45万円

その他の口コミなどによる例

推定給料 月63万円(30代後半)

1日 5万円

(この信頼度は極めて低いと思います。現場公務員が高給を取っていれば問題になりそうです。)

まとめ

今回は、SP(セキュリティポリス)の意味や警察官との違い、なり方などを観てきました。

要人の警護にあたるSPは、時には肉の楯として自分の命を捨ててでも、警護対象者を守らなければならない命がけの仕事です。

伊達や酔狂でできる仕事ではありませんね。

当然、SPになるためには、高難度の条件や訓練が必要なのです。

にも関わらず、SPへの志願者は非常に多く、SPになるための倍率は数十倍と言われています。

使命に準ずる覚悟のある人が、それだけ多いということなのでしょうか…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.