星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

高学歴で結婚した夫婦は5年もたない?離婚が早い原因を考察!

更新日:


結婚!

とくれば、次は

離婚!

などと書くと、不謹慎と言われそうですね。

でも、近年の日本の離婚率はおよそ35%となっています。

つまり結婚したカップルの3組の内、1組は離婚するということですね。

これはいくらなんでも高すぎる数値とは思いませんか?

身の回りの人々をみても、3組の夫婦の1組が離婚するとは、とても思えない夫婦が多いのです。

それに、最近よく聞くことですが、高学歴の夫婦ほど離婚するのが早いなどと言われています。

いったいそれはなぜなのでしょうか?

そこで今回は、高学歴で結婚した夫婦は5年もたないことは本当なのか、またその離婚が早い原因などを考察してみました!

スポンサーリンク

離婚の原因は?離婚の時期は学歴と関係ある?

冒頭で

「近年の日本の離婚率はおよそ35%」

と書きました。

35%とは、異常とも思える高離婚率ですが、実はこの『離婚率』の数値には、秘密があります。

この『35%』という数値は、こんな計算式で計算したものです。

その1年で離婚した夫婦の数(分子)
-------------------------------------
その1年で結婚した夫婦の数(分母)

離婚した夫婦の数が同じ場合、分母である『結婚している夫婦』の数が大であれば、当然離婚率は低くなります。

この分母が『全夫婦数』であれば、離婚率は非常に少なくなります。

しかし、この計算式では、

ある『1年間』に結婚した夫婦の数『のみ』

を分母としていますから、1年で離婚した人の数が異常に多くなければ、当然離婚率は高くなってしまいます。

これが離婚率35%の秘密なのです。

ですから、この35%が離婚の実体を表しているとは、とても考えられませんね。

離婚の実体を知るには、例えば10年間の期間で、結婚した夫婦がどのくらい離婚しているかというような、数値が必要でしょう。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.