星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

J1の2017優勝候補?FC東京が勝てない理由原因を考察!

更新日:

J1リーグのFC東京は、2016年末から2017年にかけて、クラブ史上最大規模の大型補強を行いました。

多数の大物選手を移籍により獲得

したのです。

ところが、J1リーグが蓋を開けてみると、出だしこそ5~6位とまずまずの滑り出しでしたが、後半戦に入るあたりからおかしくなってきました。

6試合連続勝ち星なしという悲惨な状況もありました…。

その理由のひとつには、主力選手に怪我人が続出したことがあります。

そこで今回は、J1の2017優勝候補といわれたFC東京が勝てない原因を考察してみることにしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

J1の2017優勝候補?

2017年シーズンに向けて移籍で獲得した主な選手は、以下のようになっています。

なお、カッコ内はポジションと前所属のチームです。

  • J1で3年連続の得点王大久保嘉人選手(FW 川崎)
  • 超俊足の永井謙佑選手(FW 名古屋)
  • 鋭い得点感覚を持つピーター・ウタカ選手(FW 広島)
  • パスワークに特異な才能を持つ高萩洋次郎選手(MF FCソウル)
  • 元FC東京のクロスの名手・太田宏介選手(DF フィテッセ)
  • 元日本代表GKの林彰洋選手(GK 鳥栖)と大久保択生選手(GK 長崎)

2017年のJ1の補強では、FC東京がダントツの強力さで、そのため優勝候補にも名前が挙げられていたわけです。

以下は2017年始めの筆者による優勝候補です。

  • 1 鹿島アントラーズ
  • 2 FC東京
  • 3 浦和レッズ
  • 4 ガンバ大阪

ところが・・・ 見事に外れました。

この記事を書いている時点で、上位にいるのは鹿島だけ。

他のFC東京・浦和・ガンバは、いずれも中位に留まっています。

未だリーグ戦は続いていますので、中位のチームでも巻き返しの可能性はあるにはありますが、既にシーズンの約2/3が終わっている時点では…。

こちらが、2017年8月13日現在のJ1順位表です。

2017年8月13日現在のJ1順位表
順位 チーム名 勝点
1 鹿島 46
2 C大阪 44
3 横浜 43
4 川崎 42
5 42
6 磐田 38
7 G大阪 36
8 浦和 33
9 FC東京 33
10 鳥栖 31

2017年始めの予想と現時点での比較です。

優勝予想はまずまず当たっている所もあります。

2017年始めの優勝予想

鹿島アントラーズ (現在1位) 当たり

川崎 (現在4位) 当たり

ガンバ大阪 (現在7位) 外れ

浦和レッズ (現在8位) 外れ

FC東京 (現在9位) 外れ

サンフレッチェ広島 (現在17位) 大外れ

降格予想は大外れの連続で悲惨な予想となりました。

2017年始めの降格予想

セレッソ大阪 (現在2位) 大外れ

清水エスパルス (現在12位) まずまず

横浜F・マリノス (現在3位) 大外れ

「セレッソ それに目玉となるような有力選手の補強もありませんので、はっきりいって降格の最有力候補でしょうね。」

と書いたら、セレッソサポの方に「現在1位だお!」(その当時)と叱られました。

ゴメンナサイ!

現時点で見ますと、優勝候補の筆頭は歴戦の鹿島ですが、注目はセレッソ大阪でしょう。

得点45、失点25、得失点差はダントツの20もあります。

これは鹿島の13を大きく上回ります。

川崎もC大阪に次ぐ17の得失点差で、大久保嘉人選手の抜けた穴を感じさせませんね。

むろん、J1リーグは先がありますので、ここに書いた順位や優勝・降格候補が変動する可能性は多分にあります。

優勝も降格も、確定するのは先のことでしょう。

 

FC東京が勝てない理由原因とは?

FC東京の2017年シーズンは、滑り出しはまずまずの出足でした。

第4節には2位まで浮上していましたし、大久保嘉人選手もそこそこ点は取っていたのです。

それが妙な方向にさまよいだしたのは、第15節あたりからです。

そして2017年6月25日の第16節では、攻撃の主役である大久保嘉人選手が右距骨骨挫傷と右脛腓靭帯損傷で全治4~6週間という怪我をしてしまいました。

さらに、それに追い打ちをかけるように、今度は守備の森重真人選手も怪我をしたのです。

こちらは左腓骨筋腱脱臼で、全治約4ヶ月という重傷です。

米本拓司選手も長期離脱中ですし、FC東京のディフェンダー陣は全滅に近い状態になりました。

幸い、大久保嘉人選手は2017年8月5日の古巣の川崎戦で、1ヶ月半ぶりの復帰を果たしました。

しかし、森重真人選手は今季は絶望とのことで、未だ復帰はしていません。

FC東京は2ヶ月近くも『飛車角落ち』の状態が続いたのです。

その間、順位は7・8・9・10・11位とじり貧というありさまでした。

大久保嘉人選手の復帰後は、10位・9位と少しずつ盛り返しつつあります。

また、以前在籍していた韓国代表DFの、チャン・ヒョンス選手を呼び戻す形で移籍獲得し、ディフェンダーの強化に努めています。

しかし、

優勝に必要な勝ち点を70とすると、後37点の勝ち点

を取らなければなりません。

残り12試合を全勝しても、

取れる勝ち点は36

です。

つまり数字の上では、自力優勝は不可能ではないにしても、非常に困難という状態です。

もちろん、上位チームが星のつぶし合いもありますから、この先どうなるのかは誰にもわかりません。

とはいえ、優勝の可能性は非常に少なくなったというのは、間違いないでしょう。

それ程、攻守のかなめを一度に欠いた影響は大きかったと思います。

このディフェンスの危機に対する対応としては、サンフレッチェ広島戦では篠田善之監督は3バックを採用しました。

篠田善之監督のコメントでは、

1つは守備を前からしっかり行きたい。

相手のサイドバックに、インサイドハーフかウイングバックが行く。これをハッキリさせることが重要です。

またビルドアップで、後ろのボールの動かし方がノッキングしていたため、よりグラウンドを広く使えるようにしたかった。

と、話していました。

しかし、これが十分に機能したとはとても思えません。

実際の試合では、あまりやったことのない3バックは、成功しているようには見えませんでしたね。

 

FC東京の補強・移籍は成功したか?

前項で書いたように、FC東京は他チームから『大型補強』と羨まれるほどの補強・移籍を行いました。

では、補強・移籍は成功しているのでしょうか。

以下は、5点法による補強・移籍の成功度です。

  • 5 非常に効果的だった
  • 4 まずまず成功
  • 3 普通
  • 2 あまり効果を上げていない
  • 1 まるで効果なし

これは、選手だけの責任によるものではありません。

5点法による補強・移籍の成功度

4 FW 大久保嘉人選手

心配したとおり、当初はなかなか周囲とマッチしませんでした。

ようやくフィットしてきたと思ったら、怪我です。

しかし、怪我明けには本来の力の片鱗を見せ始めました。

期待大でしょう。

2 FW 永井謙佑選手

出場機会が少ないのは、なにかもったいない気がします

タイプ的に中島翔哉選手と被る面があるからかも知れませんが、その俊足を生かす使い方をして欲しいですね。

2 FW ピーター・ウタカ選手

故障もあり、ここまでは彼の実力の半分以下しか出せていません。

完調になったらと期待しています。

5 MF 高萩洋次郎選手

FCソウルのサポが、高萩洋次郎選手を高く評価している理由がわかりました。

意表を突くパスを出したり、たくみなポジション取りで相手を幻惑したり、見事なものです。

3 DF 太田宏介選手

フィテッセでの試合でも感じたのですが、太田-武藤のホットライン当時のような、クロスの正確さがなくなっているように思えます。

FC東京復帰後でも、以前のようなコーナーキックやフリーキックの神業的精度は、消えているようなのです。

精神的なものか、それとも海外のチームでのプレースタイルの影響によるものか、そのあたりはわかりません。

4 GK 林彰洋選手

失点が多いのは、ゴールキーパーだけの責任ではありません。

大型GKなのに、きわどいシュートを巧みに、また機敏にセーブしたりして、よく機能していると思います。

? GK 大久保択生選手

大久保択生選手については、出場機会が少ないので評価はなしとしました。

こうして見ますと、期待通りの大成功という、補強・移籍はあまりないようです。

ひとつにはサッカー選手につきものの怪我という天敵によるところもあります。

選手の使い方にも関係している所もありそうですね。

 

まとめ

2017年のJ1リーグのFC東京は、クラブ史上最大の大型補強により、開幕前には優勝候補にも挙げられていました。

しかしその後、大久保嘉人選手や森重真人選手という、攻守のかなめを一度に欠く、飛車角落ちの状態となり、成績は急降下。

一時は6試合連続、1月半も勝ち星なしという悲惨な状態でした。

補強・移籍も十二分な効果は上げていません。

2017年8月の時点では、9位と低迷しています。

残り試合での巻き返しを期待したいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Jリーグ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.