星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ロッテ伊東勤監督の辞任理由と後任を考察!井口資仁が最有力?

更新日:

2017年の千葉ロッテマリーンズは、2016年に活躍した『伊東帝国』と呼ばれるリリーフ陣が崩壊…。

さらに、デスパイネ選手の抜けた穴を埋められず、前半戦は貧打にも苦しみ、ダントツの最下位でした。

今でこそ、日本ハムも低迷しているため、最下位争いをできるほど接戦になっているわけですが…。

この成績ゆえにやむなしといった感じではありますが、ついにロッテ・伊東勤監督が辞任を発表。

理由は語るまでもないかもしれませんが、当記事では、ロッテ・伊東勤監督の辞任の理由、さらに、後任の監督には誰が候補となっているのかなどを探っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロッテ・伊東勤監督が辞任

千葉ロッテマリーンズは、バレンタイン監督時代の2005年以降、リーグ優勝からは遠ざかっています。

一応、西村監督の初年度に、3位からの日本一を果たしてはいるものの、基本的には2008年以降から2位すら届きません。

そして、西村監督時代は、2年目から成績が急落…。

そこで2013年に、ロッテは西武黄金時代を選手として活躍、さらに監督として2004年に日本一を果たした伊東勤さんを監督として、チーム再建を図りました。

その後を見ると、成績としては毎年クライマックスシリーズ争いはするものの、優勝には程遠いというような状態が続いています。

ついに2017年には、シーズン序盤から低迷。

ペナントレース早々にクライマックスシリーズの可能性が消滅するなど、伊東勤監督時代としては最低の成績を更新しようとしているのです。

しかし、筆者としては、ロッテの場合は監督うんぬんの問題ではありません。

あまりにもやる気のないフロントがチームの足を引っ張っていたように思えてなりません。

  • 補強の約束は反故
  • 選手の流出も放置
  • 経営力は皆無

補強については本当にひどいものです。

とくに2017年などは、明らかに貧打で今すぐにでも外国人選手を補強するべきだと思われていたのですが、全く動きを見せません。

単に候補となる選手のリサーチ能力が低かったのかは知りませんが、大砲が必要なのに、まさかのロエル・サントス選手を獲得。

全く今のロッテに必要なものがわかっていませんでした。

実際、伊東勤監督も

「WBCを見て『面白そう』という話はしたが、食い違いと言ったらおかしいけど、今絶対欲しい選手ではない

と、ロッテのフロントに対して不満を漏らしたこともあります。

この時点で、もはやロッテのフロントにやる気がないことが伺えます。

そして全ての望みが絶たれた後の6月になってようやく、ソフトバンクや楽天で活躍したウィリー・モー・ペーニャ選手を獲得。

これでは、あまりにも遅すぎる対応です。

勝利どころか、ファンのことも気にかけているとは思えないフロントなのです。

正直なところ、ロッテは毎年最下位でもおかしくはなかったと思います。

満足な補強もしてもらえず、戦力的にも他球団と比べると物足りない中、それでも伊東勤監督は何とか選手をやりくりし、ロッテを3度のAクラスに導きました。

しかし…。

2017年8月13日に、今シーズン限りでの辞任を発表。

5年間のロッテでの監督生活に幕を閉じることとなりました。

それでは、伊東勤監督が辞任を決めた理由とは、一体何だったのでしょう?

 

ロッテ・伊東勤監督の辞任理由は?

ロッテの伊東勤監督が2017年のシーズン限りで辞任することとなりました。

では、その辞任の理由とは一体何だったのでしょう?

伊東勤監督によれば、

チームの成績がおもわしくなく、今シーズンかぎりでユニフォームを脱がしてほしいと球団側に伝えた。

歴史的に負け続けているのが一番の理由です。

とのこと。

ロッテが8月16日現在、33勝68敗で借金35という、目も当てられない惨状になっていることに対する責任を感じたものと思われます。

もともと、前半戦の時点で辞意を表明しようか考えていたそうですが…。

オールスターで、伊東勤監督がプレーヤー表彰として殿堂入りを果たすセレモニーもおこなわれ、なかなか言い出すタイミングがなかったのだそうです。

そして、一部の報道で、伊東勤監督の進退について憶測が飛び交い始めたため、

「最後まで言わないつもりだった」

のを、前倒しにして表明に至ったわけですね。

それにしても、伊東勤監督が辞任となってしまうと、2018年以降は誰がロッテの指揮を執るのでしょう?

正直なところ、今のフロントでは、誰もロッテ監督を引き受けたがらないような気がするのですが…。

 

ロッテの新監督候補は誰?

最後に、2018年以降のロッテの新監督、その候補を何人かピックアップしてみようと思います。

ロッテの山室社長が言うには、

「現状は全くの白紙」

とのことです。

ただおそらく、声をかけようと考えている人は何人かいると思われます。

ちなみに、山室社長によれば、

「ここまでチームの力を付けていただいたので、それを踏襲できる、さらに上のステージに上がれる人

を条件として、伊東野球を継承できる人物を探しているみたいですね。

この発言から、まず、スポーツ新聞などでも最有力として挙げられているのが、2017年限りで現役を引退する、井口資仁選手です。

伊東勤監督時代の5年間をプレーをしていましたし、選手からの信頼も厚いため、確かに伊東野球の継承者として適任ですよね。

ただ問題は、井口資仁選手には指導経験が全くないこと。

どちらかというと、若手中心のロッテで、選手からの信頼も厚いわけですから、まずは2軍監督で育成を…。

というほうが、井口資仁選手には向いていると思うので、いきなり監督にするのはどうかと思いますね…。

 

もう1人、スポーツ紙などで有力視されているのが、現在は韓国のロッテ・ジャイアンツの1軍コーチを務めていて、ロッテでもプレーしたフリオ・フランコさん。

日本でも、独立リーグで監督を務めたこともありました。

メジャーリーグとのパイプもあるフランコさんならば、確かに一定の成績には期待ができそうです。

また、最初はやはり、どの球団でも自身のOBに目をつけると思うので、この他の候補もある程度、絞ることができます。

現在、ロッテのスペシャルアシスタントを務めている大村三郎(サブロー)さんや、スペシャルアドバイザーを務めた里崎智也さんなども候補となるでしょうね。

それに今のコーチ陣の中でも、堀幸一コーチの名が監督候補として挙がっています。

堀幸一コーチは、コーチとしての実力が疑問視はされていますが、伊東勤監督の下でコーチとして活躍していたので、一番間近で伊東野球を見てきた人物の1人です。

また、里崎智也さんは、いつもコラムなどで、

「ああすれば~こうすれば~」

と言っているわけですし、一度監督をやってみたらどうでしょうかと筆者は思います。

 

さらに、ネット予想の中で名前が挙がっている人物の1人には…。

ロッテOBで、中日の監督やOBを務めた落合博満さんの名前もありました。

確かに、今ある戦力でどうやって戦うか、どう選手をやりくりするかということについては伊東勤監督同様長けています。

落合博満さんは、

与えられた役割を全うする

というタイプです。

育成に専念しろと言われれば、そのような指導方法をとりますし、勝ちを優先しろと言われれば、勝利を第一に考えた方針でチーム作りをします。

事実、中日でも勝てるチームをということで、あのようなスタイルでの指揮となったわけですし…。

とはいえ、伊東勤監督時代のロッテを熟知しているというわけでもないです。

就任の可能性は、井口資仁選手よりは低いのではないかと思われますね。

 

まとめ

ロッテの伊東勤監督が、2017年のシーズンをもって監督を辞任することとなりました。

正直なところ、この成績低迷を招いた原因は、フロントにあるはずです。

伊東勤監督が辞任するのであれば、無能なフロントも刷新されるべきだと筆者は思います。

これでは後任監督選びも、難航するのではないかと思いますね。

何しろ、現場の意見とちぐはぐする上に、行動が遅い。

そんなフロントの下で指揮を執っても、まともな結果は出せないでしょう。

ロッテ再建のカギは、まずフロントの一新。

それが全てだと思った次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.