星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

山中慎介の次戦の可能性はゼロ?セコンドがタオル投入の理由を考察

更新日:


2017年8月15日。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦が、京都市の島津アリーナ京都で行われました。

世界チャンピオンである山中慎介選手が勝てば、

具志堅用高さんが持つ13回連続世界防衛の日本記録にならぶ

という大試合です。

その試合は、1ラウンドから3ラウンドまでは、ほぼ互角の展開で、やや山中慎介選手有利かと思われたのです。

しかし、大波乱が4ラウンドで起きました。

挑戦者のルイス・ネリ選手の強烈なコンビネーションが炸裂、山中慎介選手はグロッギー状態!

そしてラウンドも残りわずかとなった時、山中慎介選手のセコンドから突然タオルが投入され、TKO負けとなってしまいました。

今回は、山中慎介選手のセコンドによるタオル投入の謎と、次戦はあるのかを考察してみました。

スポンサーリンク

山中慎介のセコンドのタオル投入の謎

山中慎介選手のボクシングスタイルは、いわゆる『ボクサーファイター』に入ります。

中間距離からの右ジャブに続いての、左ストレートが持ち味で、あまりに速くまた強烈なことから、

『ゴッドレフト』(神の左)!

と呼ばれるようになりました。

フットワークに優れ、防御面でもかなりの技術がありますが、パンチが単発でコンビネーションが少ないのが難点です。

ただ、そのワンツーの種類は20通りもあると、本人は語っていました。

 

そして、2017年8月15日。

指名挑戦者ルイス・ネリ選手との試合となったのです。

この対戦は、1ラウンドから激しい打撃戦になりました。

山中慎介選手はスロースターター気味のところがあるので、いつも1ラウンドは様子見スタイルの試合が多かったのです。

しかし、この試合では1ラウンドから、積極的に打って出て、調子も悪くなさそうでした。


次のページへ >

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.