星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

山中慎介の次戦の可能性はゼロ?セコンドがタオル投入の理由を考察

更新日:

2017年8月15日。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦が、京都市の島津アリーナ京都で行われました。

世界チャンピオンである山中慎介選手が勝てば、

具志堅用高さんが持つ13回連続世界防衛の日本記録にならぶ

という大試合です。

その試合は、1ラウンドから3ラウンドまでは、ほぼ互角の展開で、やや山中慎介選手有利かと思われたのです。

しかし、大波乱が4ラウンドで起きました。

挑戦者のルイス・ネリ選手の強烈なコンビネーションが炸裂、山中慎介選手はグロッギー状態!

そしてラウンドも残りわずかとなった時、山中慎介選手のセコンドから突然タオルが投入され、TKO負けとなってしまいました。

今回は、山中慎介選手のセコンドによるタオル投入の謎と、次戦はあるのかを考察してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山中慎介のセコンドのタオル投入の謎

山中慎介選手のボクシングスタイルは、いわゆる『ボクサーファイター』に入ります。

中間距離からの右ジャブに続いての、左ストレートが持ち味で、あまりに速くまた強烈なことから、

『ゴッドレフト』(神の左)!

と呼ばれるようになりました。

フットワークに優れ、防御面でもかなりの技術がありますが、パンチが単発でコンビネーションが少ないのが難点です。

ただ、そのワンツーの種類は20通りもあると、本人は語っていました。

 

そして、2017年8月15日。

指名挑戦者ルイス・ネリ選手との試合となったのです。

この対戦は、1ラウンドから激しい打撃戦になりました。

山中慎介選手はスロースターター気味のところがあるので、いつも1ラウンドは様子見スタイルの試合が多かったのです。

しかし、この試合では1ラウンドから、積極的に打って出て、調子も悪くなさそうでした。

一方、挑戦者のルイス・ネリ選手は、1ラウンドはあまり攻撃的には見えなかったのです。

2ラウンドになると、ルイス・ネリ選手もコンビネーションの連打を見せるようになり、これまでの試合にはなかった激しい打ち合いになりました。

3ラウンドになると、ルイス・ネリ選手の速い連打が多くなり、山中慎介選手も神の左ストレートで反撃するという、スリリングな内容でした。

4ラウンドは、序盤からルイス・ネリ選手が攻勢に出て、山中慎介選手はかなりのダメージを受けました。

そして、4ラウンドの終盤にはルイス・ネリ選手の強打で大きくよろめき、ロープに詰まったところで、レフェリーが割って入ったのです。

一瞬なにが起こったのか、筆者にはわかりませんでした。

あとから、

山中慎介陣営のセコンドがタオルを投入した

ため、レフェリーが試合をストップしたのだとわかりました。

これがこの試合のおおまかな流れです。

 

今回の試合では、とくに4ラウンド目では、山中慎介選手にはボディワークではなく、もっとフットワークを使って欲しかったですね。

足を使わない(あるいは使えない)ために、もらわなくてもよいパンチを受けてしまうシーンが多かったのです。

そこで本題のタオル投入ですが、大半の人が『意外!』と感じたようです。

確かにダメージは大きかったのですが、これまでにも山中慎介選手は、打たれてダメージがあったり、時にはダウンしたりすることがありました。

山中慎介選手は決して打たれ強いタイプではありませんし、防御も完璧とは言えません。

そのため被弾してダウンすることも、これまでに多々ありました。

とはいえ、そこをしのぐと後半には立ち直り、逆転勝利という試合が何度か見られたのです。

ファンやテレビの解説者も、そのあたりをよく知っているために、今回のタオル投入が意外だったり不満だったりしたのでしょう。

今思うと、山中慎介選手は一度ダウンしてしまった方が良かったと思います。

ダウンしている選手を打つのは、失格に該当する重大なルール違反です。

(もっとも連続防衛記録の持ち主・具志堅用高さんは、よくやっていましたが)

ダウンしていれば攻撃を受けずにすみ、その間はダメージの回復ができます。

 

そのことはひとまずおいて、今回のタオル投入についての意見は、

  • 早すぎ
  • 妥当

の両方がありますが、どちらかというと

『早すぎた』という意見の方が多いようですね。

今回のタオルを投入したのは、大和トレーナーのようです。

筆者は、いつもの名トレーナーの名も高い田中繊大さんかと思っていたのですが、どうもそうではなかったようです。

タオル投入については、決定権は帝拳会長の本田さんにあります。

しかし、今回のタオル投入は、本田会長の意志に反して、大和トレーナーの独断で行われたらしいのです。

というのも、本田帝拳会長は試合後の会見で、こんなことを語っていたからです。

本田帝拳会長のコメントより

ダウンもしておらずタオルを投げるタイミングじゃない。

ビックリした。

個人の感情が入った最悪のストップだ。

魔がさして頭が真っ白になったんだろうな。

だが、こういうこと(冷静に判断できないこと)が起きるから、私は親子にセコンドをやらせるようなことをしないんだ。

山中は相手のフックを流していた。それを(セコンドが)わかっていない。

一度我慢してから巻き返し倒して勝つのが山中のボクシングなんだ。

だから展開は予想通りだった。

7回や8回であの展開ならまだわかるが、今回、山中は練習の段階から肉体が丈夫で強くなっていたんだ。

この試合はチケットが手に入らないほどの記録のかかった大きな興行だ。

お客さんやファンに申し訳ない。

これからという展開でああいうことが起きて、もし私がファンならカネ返せの世界ですよ。

タオルはもとより(セコンドが)リングの中に入っちゃっているんだから、取り返しがつかない。

山中も納得いかないだろう。

この発言から見ますと、どうやら大和トレーナーの独断は、確かのようですね。

ただボクシングでのタオル投入では、ボクシングの格言に、

「遅すぎるストップはあっても、早すぎるストップはない」

というものがあります。

ストップをかけなかったばかりに、受けたダメージが大きくなり、

後にパンチドランカーになったり、最悪の場合には命を落とす

こともありました。

なので、早めのストップの方が、ボクサーの健康管理面では正解なのでしょう。

しかし、『プロ』ボクシングでは『魅せる』という、重要なテーマがあります。

素晴らしいプレーを魅せて、お客さんからお金をもらうというのが、プロボクシングです。

ですから、少々ダメージがあったからといって、すぐストップしたりすることは、めったにないわけです。

それが本田会長の言の、

「お客さんやファンに申し訳ない」

という言葉に表れています。

山中慎介選手自身も、負けた瞬間ではなくトレーナーに抱きかかえられた時点で、涙を流しました。

やはり納得いかなかったからでしょうね。

13回の連続防衛記録を持つ具志堅用高さんは、メディアの質問に対しては、こんなことを言っていました。

具志堅用高さんの言葉より

タオルはセコンドの判断だからねぇ…。

でも、あの重いパンチでダウンしなかったんだから、最高のコンディションでリングに上がっていたんだろう。

若い人に記録を抜いてもらいたいと期待していたので、ぜひ勝って欲しかったのだが……。

京都で始まって京都に散ることになるとはね。

僕も故郷の沖縄で終わったんだけどね。

では、あのタオル投入がなければ、山中慎介選手は勝っていたか?

それは誰にもわかりません。

結果は終わって見なければわからないからです。

本田会長の言うとおり、これまで山中慎介選手は劣勢の試合でも、何度も逆転はしていました。

しかし、今回の試合内容を見ますと、少なくとも筆者にはダメージが大きすぎたように見えました。

4ラウンドのタオル投入がなくても、挽回は難しかっただろうというのが、筆者の実感です。

それとは別に、ルイス・ネリ選手は4回以前のKOが大半で、後半のKOはほとんどありません。

それだけにもう少し見たかった気持ちもありますが…。

 

山中慎介の次戦はどうなる?

試合後、山中慎介選手は

「とりあえず今は何も考えられない」

と次戦については明言を避けました。

本田会長も、

「それは山中の気持ち次第」

とのことでした。

山中慎介選手は現在34歳。

ボクサーとしては完全にピークを越えた年齢です。

しかも、最近の試合では被弾することも多くなり、衰えを感じざるを得ません。

とはいえ、パウンド・フォー・パウンドでもランクインしている選手です。

山中慎介選手本人のやる気さえあれば、まだまだ現役でやれるとは思います。

筆者の妄想には、井上尚弥選手が

ロマゴンとの頂上決戦に勝利し、バンタムに階級を上げて、マジソンスクエアガーデンで山中慎介選手と対決

がありました。

これはボクシングファンならだれでも狂喜する、夢の対決ですね。

しかし、それもどうやら当面は実現しそうにもありません。

山中慎介選手の次戦があるかどうかは、彼自身のモチベーションが大きな要因となるでしょう。

山中慎介選手にとっては、今回のタオルによる試合ストップには納得できない思いが強いようです。

『まだできると思っていたのに、止められてしまった』

その思いが十分強ければ、次戦の可能性は十分あります。

とはいえ、そのようなモチベーションが続いていくかどうか、それが最大の問題でしょう。

個人的には、次戦がある方が50%、ない方が50%、というところです。

 

このところ、内山高志選手や三浦隆司選手など、名だたる名ボクサーが引退を表明しています。

その前には、長谷川穂積選手も引退しています。

いずれも一世を風靡した名選手ばかりです。

まだ、山中慎介選手が引退するかはわかりませんが、ボクシングの世界も寂しくなってきたと痛切に感じています。

 

まとめ

2017年8月15日に行われた、WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦。

この試合では挑戦者のルイス・ネリ選手の強烈なコンビネーションで、ロープに詰まった山中慎介選手。

そして、突然セコンドからタオルが投入され、TKO負けで試合終了となりました。

このセコンドによるタオル投入には、山中慎介選手も所属する帝拳会長の本田さんも、強い不満を漏らしていました。

ならば、その不満を晴らすべく、山中慎介選手の次戦はあるのでしょうか?

注目して見守りたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.