星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

錦織圭の怪我の状態は致命傷?引退の可能性と試合復帰の時期を考察

更新日:

男子テニス界は、現在世界ランキング上位の選手が怪我により長期離脱する事態に陥っています。

スタン・ワウリンカ選手が膝の手術をしましたし、ノバク・ジョコビッチ選手は2017年の残り試合を全て欠場することが決まっています。

そんな中、錦織圭選手も手首の怪我により、

2017年の試合を残り全て欠場する

と発表。

一体、錦織圭選手の怪我はどんな症状なのでしょう?

また、試合復帰時期が、いつ頃になるのかも気になるところです。

当記事では、男子テニスの錦織圭選手の怪我について、症状や復帰時期がいつになるのかお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

錦織圭が怪我で2017年は絶望…

一時期は、世界ランキング4位まで上り詰めた錦織圭選手。

しかし、2017年は何度か試合を欠場するなど、怪我に悩まされながらのシーズンとなっていた印象を受けます。

そして、度重なる疲労で、ついに限界を迎えてしまったのか、ウエスタン・アンド・サザン・オープンへ向けた練習中に、

手首から「ポン」という音がした

らしく、病院へ直行。

MRI検査を受け、その後、手首の権威と言われる医師の診察のほか、3人の医師にも診察してもらいました。

すると、結果として、

尺側手根伸筋腱の部分断裂

だったことが判明。

これによって、錦織圭選手は2017年の残り全ての試合を欠場することになってしまいました。

どうやら手術はせず、自然回復による治療、そしてリハビリをおこなっていくみたいですね。

それにしても、錦織圭選手を襲った尺側手根伸筋腱の部分断裂とは、一体どんな怪我なのでしょうか?

 

尺側手根伸筋腱の部分断裂の症状

今回、錦織圭選手を襲った尺側手根伸筋腱の部分断裂とは、一体どんな怪我なのか?

尺側手根伸筋腱の部分断裂とは、手首の小指側にある腱を断裂してしまうという症状。

この尺側手根伸筋腱というのは、サーブやバックハンドなど手首の曲げ伸ばしをする時に負担がかかる部位で、テニス選手が一番怪我をしやすい場所とも言われています。

手術をしない場合はギプスで固定するのですが、横浜整形外科医会の、松宮是哲副会長によれば、

通常は3~4週間ほどの期間でギプスが取れるとのこと。

錦織圭選手の場合は、4~6週間をギプスで固定するそうなので、通常より長い期間ということになりますね。

普通の生活をしている分には、腱鞘炎になることはあっても、断裂することはそうそうないため、一般人にとっては縁のない症状かもしれません。

ちなみに、松宮是哲副会長のコメントによれば、

「トッププレイヤーになると、これまで以上にストレッチなどのケアが必要になる」

と話していて、リハビリをして完全復帰となった後も、今までとは違った方法で身体のケアをしていかなければならないことも予想されます。

フォームを変える方法もあるにはあるそうですが、一度フォームを変えてしまうと、それだけでプレーの全てに影響が出てしまい、成績が低迷して引退…。

そういう恐れも可能性としてあります。

ちなみに、松宮是哲副会長が語るには、部位は違うものの、大相撲の横綱・稀勢の里の怪我と似ているとのこと。

では、錦織圭選手の怪我からの試合復帰時期は、具体的にいつ頃になるのでしょうか?

また、最悪の場合、引退ということになってしまうのでしょうか!?

 

錦織圭の試合復帰時期はいつ?引退の可能性は?

尺側手根伸筋腱の部分断裂で、2017年のシーズンを終えてしまった錦織圭選手。

では、錦織圭選手の復帰時期は、具体的にいつ頃になるのでしょう?

2017年の試合を全て欠場するので、当たり前ですが、2017年の試合復帰はありえません。

となると、2018年以降ということになるわけですが…。

まず、治療については尺側手根伸筋腱の部分断裂で4~6週間ギプスで固定、そして腫れが引くのを待ってからリハビリという段階を踏んでいくことになります。

ギプスで固定した場所の筋肉が落ちているので、以前のようなプレーができるリハビリに約3か月ほどの期間を要すると見られます。

つまり、錦織圭選手の試合復帰時期については、8月~9月の間は様子見、そしてリハビリを3か月おこなっていくので、

最短でも、試合復帰は2018年1月から

となるでしょうね。

とくに、2018年1月には全豪オープンがあります。

錦織圭選手としても、全豪オープンの前哨戦あたりに照準を合わせて復帰を考えていると思います。

ただ、現在の錦織圭選手は、ギプスで固定して様子見をすることにしているものの、

再診の結果によっては手術をする可能性もある

とのことで、2018年での試合復帰を目指すといっても、手術をしてシーズン開始の2018年1月からいきなり復帰できるかは、筆者の予想だと、ちょっと怪しい気がしますね。

そのため、

2018年の春頃に試合復帰するのではないか?

と予想します。

全豪オープンに出られないことは悔しいかもしれませんが、あまり復帰を急ぎ過ぎると怪我が再発し、全仏オープンやウィンブルドン、全米オープンまで棒に振るおそれもあるのです。

幸い?と言っていいのかはわかりませんが、テニスの4大大会は、1月の全豪オープンを過ぎてしまうと、次の4大大会は5月。

約4か月も復帰までに余裕ができるので、精神的にも気が楽になるはずです。

まぁ、もちろん試合に出れないため、世界ランキングはかなり下がるでしょう。

現在の錦織圭選手はギリギリでトップテン内の世界ランキング9位にいるわけです。

2018年開始時点でポイントは、2017年8月時点での世界ランキングを参考にすると、

世界ランキング20位ほどにまで落ちていく

と予想されています。

正直、これについてはテニス界が抜本的な改革をしないといけないのでは?

と筆者は思いますね。

プロテニスは世界ランキングの維持のため、選手が過密日程で試合に出場しなければならず、毎年がハードスケジュール。

そのため、錦織圭選手のように、少しの怪我程度ならば、と無理をしてしまう人が多いのです。

実際、ハードスケジュールにより限界が来たのか、2017年は世界ランキングトップ10だけでも、

  • スタン・ワウリンカ選手
  • ノバク・ジョコビッチ選手
  • 錦織圭選手

この3人が長期離脱を余儀なくされています。

もう少し、この過密日程にならざるをえないプロテニスのシステムを何とかできないかと、選手が怪我をしたニュースを見るたびに思わされます…。

 

また、

ロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手といったベテランの復活

という前例があるため、怪我からの復帰を焦らず、ゆっくりと完全に傷が癒えるまで治療に専念してほしいですね。

今までは、回復したらすぐにでも出場、という傾向が多かっただけに、

怪我が治る→すぐにでも実戦復帰→また怪我が再発

という選手も少なくありませんでした。

しかも、錦織圭選手の場合、今回怪我をした右手首は、実は以前にも怪我をしている古傷です。

そのため、少し良くなったからといってすぐに実戦復帰してしまうと、またもや古傷の再発という恐れがあるわけで、もしかすると、

引退もありうるかもしれない

だけに、かなり心配…。

筆者としては、錦織圭選手の場合はとくに、復帰を焦らず、怪我が完治するまでリハビリなどに専念してほしいと思った次第です。

2017年に怪我から復活、ウィンブルドンを全戦ストレート勝ちで優勝したというフェデラー選手という復活の前例があるだけに、もどかしいかもしれません。

しかし、今はゆっくり休んで、次の試合出場時には、手首に少しの違和感もなくなるくらいの完全復帰をしてほしいですね。

 

まとめ

テニスの錦織圭選手が、尺側手根伸筋腱の部分断裂によって、2017年の残り試合を全て欠場すると発表。

現段階では手術はおこなわず、ギプスで固定した後にリハビリ。

そして2018年の試合復帰を目指すことになっています。

錦織圭選手本人としては、2018年1月の全豪オープンまでには何とか試合復帰を考えているようです。

しかし筆者としては、あまり焦らずに治療に専念してほしいと思っています。

ランキングの大幅下落を恐れて早期復帰をすると、怪我が再発しかねませんし、とくに錦織圭選手の場合は古傷を痛めたわけですから…。

再発に再発を重ねて、現役生活を引退…。

そうならないことを、祈るばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.