星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

海外(外国)のお米おいしいランキング!日本産との違いとは?

更新日:


一昔前までは、海外(外国)のお米は、まずい米の代表格でした。

パサパサでふっくらしていないし、日本産のお米のように噛めば噛むほど、うまみが出てくることもありません。

『砂を噛むような』

という表現があてはまるようなお米でした。

しかし、最近はどうやらその頃とは、だいぶ様変わりしているようなのです。

海外(外国)のお米でも日本産のお米と変わらぬ、あるいはそれを上回るおいしいお米があるようなのです。

では、その海外(外国)のお米はどうしておいしくなったのか?

日本産のお米との違いはなにか?

また、海外(外国)のおいしいお米と、日本産のおいしいお米のランキングなど、最近のお米のお話をしていきましょう。

スポンサーリンク

お米の違い

ではまず、お米の味の違いを見てみましょう。

世界のお米は、大別して4つほどの種類があります。

  • ジャポニカ米
  • インディカ米
  • ジャバニカ米
  • 古代米

の4種です。

それぞれに味(風味)も違い、調理方法も異なります。

世界のお米の種類

ジャポニカ米 日本型

学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャポニカ

『日本型』と呼ばれ、これが日本でもっぱら栽培されているお米です。

形は、丸みを帯びた楕円形で、『炊く』ことにより粘り気が出てふっくらするのが最大の特徴です。

また、あまみ(うまみ)のある味わいで、そのあたりが日本人に好まれるのでしょう。

温暖で雨の多い気候が適していて、日本や朝鮮半島、中国の北部などで栽培されています。

生産量の割合は、世界の各種お米の約20%程度です。

調理法は、炊く、蒸すなど。

インディカ米 インド型

学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・インディカ

ジャポニカ米と比べ、細長い形をしていて、加熱しても粘り気の少ないパサパサした感じのお米です。


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.