星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

藤浪晋太郎のイップス疑惑と大瀬良大地の神対応を考察

更新日:

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手は、2016年後半あたりから不調を感じさせてはいたのですが、2017年に、明らかにおかしくなってしまいました。

あまりのひどさに、

「イップスでは?」

との声も…。

とくにひどかったのは、一度抹消された後、1軍に上がってきて先発登板した8月16日でした。

この試合では、2つもデッドボールを与えてしまう、しかもその2つともがすっぽ抜けなど散々な有様…。

また、そのうちの1つは、相手の先発投手である大瀬良大地投手へのデッドボール。

この際の大瀬良大地投手の"神対応"も話題となっています。

そこで、当記事では、藤浪晋太郎投手のイップスの真相、そして、デッドボールの際の大瀬良大地投手の神対応についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

阪神・藤浪晋太郎が絶不調に…

2017年の藤浪晋太郎投手は、2013年から2015年まで、3年連続2桁勝利を記録したあの姿はどこへやら、今ではかなりコントロールに苦しんでいます。

2016年頃から制球難自体がひどくなっているように思えたのですが、2017年は制球難があまりにも顕著に見られるように…。

荒れ球とかそういうレベルではなく、完全なるすっぽ抜けが多く、まるで今までのボールの握り方を忘れてしまっているかのような…。

それくらい、別人に豹変してしまっていました。

前半戦は7試合に登板し、平均投球回が6回程度で36四死球を出してしまうなど、1イニングに1個は四死球を出しているというコントロール難。

そして2017年5月に2軍落ちとなり、調整を余儀なくされることとなりました。

そして、久しぶりに1軍に昇格し、先発として登板した2017年8月16日。

この日こそが、現在の藤浪晋太郎投手が、

「イップスではないか?」

とプロ野球ファンに感じさせてしまう、あまりにもひどい日となってしまったのです。

まず、この試合で藤浪晋太郎投手は、ストレート自体は150キロを計測するなど、球のスピード自体はありました。

問題はコントロール。

4回2/3を投げてフォアボール5つ、デッドボール2つを与える制球難ぶり…。

しかも、1回目のデッドボールは、球がすっぽ抜けて、ピッチャーの大瀬良大地投手にぶつけてしまったのです。

この時の大瀬良大地投手の神対応は後々紹介しましょう。

その後、菊池選手への投球が、大瀬良大地投手へのデッドボールと同じように、すっぽ抜けて直撃。

2度目のデッドボールに、一時、両ベンチから選手やコーチが飛び出してきて、場が騒然となりました。

また、2つのデッドボールを与えたのもひどかったのですが、与えた7つの四死球の全てが右打者だったことも、

「イップスなのではないか?」

と、プロ野球ファンが心配しているみたいですね。

ただ、藤浪晋太郎投手の場合、もともとが荒れ球でデッドボールを与えることも多かっただけに、

「ノーコンの延長上じゃ?」

という見方をしているファンもいますね。

単に、当ててはいけないと意識しすぎて、逆にすっぽ抜けてしまうというのも、考えられなくはありません。

まぁ、それこそがイップスの原因だったりすることもありますが。

では、実際のところ、藤浪晋太郎投手は、本当にイップスなのでしょうか?

 

藤浪晋太郎にイップスの可能性?

藤浪晋太郎投手は、果たして本当にイップスになってしまったのでしょうか?

藤浪晋太郎投手の場合、もともとのコントロールが悪いだけに、単なるノーコンなのか、それとも投球イップスなのか判別がしにくいんですよね。

そこで、まず、イップスとは何かから考えていきましょう。

イップスとは、もとはゴルフ用語でした。

精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のこと

これをイップスというのですが、確たる原因がはっきりしていないため、ややこしい症状と言えます。

野球では、投球イップスや送球イップスがあります。

克服できたものの、あの守備の名手である中日の荒木雅博選手や巨人の阿部慎之助選手、元日本ハムのエース・岩本勉さんもイップスにかかった過去があるのです。

その他のスポーツでは、アーチェリーやダーツなどでもイップスがあるみたいです。

先述した通り、原因がはっきりしていないものの、今のところ、イップスになる原因には、

  • 過去の失敗からくるトラウマ
  • プレッシャー

といったことが関わってくることが多いと見られています。

イップスは、ある日突然、何か些細なきっかけで、今までできていたことが全くできなくなるというおそれもあるため、本当に厄介な症状なのです。

 

では、藤浪晋太郎投手の場合はどうなのでしょう?

ネットで囁かれているのは、右打者の内角攻めに対する恐怖症、つまり、

右打者イップスに陥っているおそれがある

という声が多いですよね、

実際、筆者も藤浪晋太郎投手は、右打者イップスの気があるのではないかと考えています。

おそらく、そのきっかけになったのは、2017年4月4日のヤクルト戦で、右打者の畠山選手に対する危険球ではないでしょうか?

実際、この後も右打者にの内角攻めに対して、何度か球をぶつけてしまうことがあったのです。

たとえば2軍落ちした後の対中日戦では、同じく右打者の石垣選手に対して危険球を当ててしまい退場…。

そして2017年8月16日の2つのデッドボールです。

当てられた大瀬良大地投手、菊池選手のいずれも右打ちのため、右打者イップスの条件には当てはまっています。

ただ、この日に限っては、どちらもキャッチャーの構えはアウトコース。

そのボールがすっぽ抜けてデッドボールだったため、藤浪晋太郎投手がイップスだったとしたら、内角云々ではなく、もう既に、

「仮にすっぽぬけてしまったらどうしよう…」

と、コース関係なく、右打者に対して、

「当ててはいけない」

という意識が強くなりすぎてしまっている恐れがあります。

そして、多くのプロ野球ファンや、さらにはスポーツのイップス治療をおこなっている『IMTメンタルオフィス』所属の専門家までもが、

「藤浪はイップスだろう」

と思わせたのが、デッドボールを与える2球前の、菊池選手への投球でした。

なんと、投球動作に入った時、藤浪晋太郎投手の握っていたボールがポロリと落ちてしまったのです。

実際、イップスになってしまうと、

ピッチャーの場合はボールの重さがわからなくなってしまい、握り過ぎてボールを叩きつけてしまったり、力を抜きすぎてボールをこぼしてしまう

ということが症状として出てくるのです。

実際、イップス経験者である岩本勉さんも、

「イップスのときって、指先の感覚がなくて、ボールの重さを感じられないんです」

とコメントをしています。

これを考えると、藤浪晋太郎投手がイップスであっても、何もおかしくはない状況にあると言えますよね。

藤浪晋太郎投手本人は投球フォームの問題だとして、イップスを否定してはいるものの、

イップスによって投球動作に支障をきたしていて、それがフォームの問題も引き起こしている

ということは十分考えられるわけで…。

阪神としても、そろそろ、本格的に藤浪晋太郎投手のメンタル面の治療を模索していく必要があるのではないでしょうか?

そして、藤浪晋太郎投手も、自身のイップスの可能性を考える時期に来ているのかもしれないですね。

 

デッドボールに対する広島・大瀬良の神対応!

藤浪晋太郎投手がデッドボールを与えてしまった際、藤浪晋太郎投手への心配と共に、もう1つ話題になったことがありました。

それが、広島の先発・大瀬良大地投手の神対応です。

左肩付近にデッドボールを食らった大瀬良大地投手は、ベンチに戻っていくときは痛そうにしていました。

しかし当たった時は、痛がるそぶりを見せず、マウンドの藤浪晋太郎投手に対して笑顔で

「大丈夫」

と言ったのです。

大瀬良大地投手は、

無意識ですね。

とっさに『大丈夫!』と声に出してました。

晋太郎の顔が青ざめていたから…。

と、当時の対応を振り返りました。

確かに、デッドボールを当ててしまった時の藤浪晋太郎投手の顔はなんというか、絶望感に満ちていて、阪神ファンでない筆者ですら、いたたまれない気持ちになります。

もともと、大瀬良大地投手と藤浪晋太郎投手は、

「大地さん」

「晋太郎」

と呼び合い、共に自主トレをしたこともあったり、LINEでやり取りもしている仲のいい二人です。

同じ投手であり、ぶつけてしまった時の申し訳なさもよく知っている。

そして仲のいい大瀬良大地投手だからこそ、藤浪晋太郎投手の様子を察し、咄嗟にあの対応ができたのでしょうね。

この大瀬良大地投手の神対応には、この日、スカイAで試合の解説をしていた工藤一彦さんも、

「なかなかできることではない」

と大瀬良大地投手の藤浪晋太郎投手への気遣いを称賛。

ネットでも、

「かっこよすぎる」

「大瀬良ほんとにいい人だな」

「他ファンだけど惚れそう」

と大瀬良大地投手を称賛する声が多数寄せられています。

これぞまさに、『男気』だなと、筆者も感じました。

 

まとめ

阪神の藤浪晋太郎投手は、畠山選手の頭部へのデッドボール以降、

「イップスになってしまったのでは?」

と、彼を心配する声が多く挙がっています。

実際、菊池選手への投球の際、ボールをこぼしてしまったことなどから、ボールの握り加減がコントロールできておらず、イップスの気配が感じられるのです。

「しまった!」と、申し訳なさそうな表情をしていた藤浪晋太郎投手…。

そんな彼の心を少しでも和らげたのは、仲のいい大瀬良大地投手の神対応でした。

デッドボールで痛いはずなのに、それでも当ててしまった相手のことも考えた神対応をする…。

2017年に復活を果たし、先輩としての優しさを見せた大瀬良大地投手のように、藤浪晋太郎投手の復活も期待したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.