星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

お米の2017年の価格値上げはいつから?いもち病で超不作の危機!

更新日:

2017年8月は、8月とは思えないような低温と日照不足が続きましたね。

とくに東日本では、まるで梅雨のような気候となっています。

昭和以前には、天候の不良と食糧不足や米不足とはイコールの関係にありました。

しかし、最近では農業技術の進歩や米などの食糧輸入が増えたため、食糧不足、米不足などという言葉は、日本では聞きませんよね。

ただ、比較的最近といえる1993年や2012年など、米不足で大騒ぎしていた時期もあったのです。

それが2017年にも起きない保証はありません。

そこで今回は、お米の2017年の価格の値上げはいつからなど、お米不足の問題を考察してみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1993年のお米パニック

前項で書いたように、最近の日本でも、お米不足でパニック状態になったことが、何度かあったのです。

そのもっとも大きく、もっとも深刻な例が、1993年の

『平成の米騒動』

でした。

この1993年の夏も、2017年と同様に記録的な冷夏だったのです。

その原因は、フィリピン・ピナトゥボ山(ピナツボ山)の、20世紀最大級の大噴火でした。

1993年は梅雨前線が例年よりずっと長く日本に停滞しました。

気象庁は一旦は例年通りに梅雨明け宣言を発表したのですが、8月下旬になって沖縄県以外の梅雨明け宣言を撤回するというありさま。

この年は、夏の気温が平年より2度から3度以上も低くなったのです。

このあたりの夏の低温は、2017年と似ているところです。

この年の日本全国の作況指数は、

『著しい不良』の90を大きく下回る74

という、未曾有の大不作となりました。

なお、作況指数とは、農作物の10アール当たりの平年収量(平年値)を100として、その年の収量を表す指数です。

作況指数の区分はこのようになっています。

  • 良:106以上
  • やや良:102~105
  • 平年並み:99~101
  • やや不良:95~98
  • 不良:94~91
  • 著しい不良:90以下

つまり、74という作況指数は、戦争直後などの異常事態時を除き、日本の近代でも、かつてない大不作ということになります。

東北地方に限定しますと、その74をさらに下回り、

東北全体の作況指数は56、やませの影響が大きかった青森県は28、岩手県が30

という戦後の最低記録となりました。

下北半島では

『収穫が皆無』を示す作況指数0の地域

まで続出したのです。

この時は、『飢饉』という言葉を使いたくなるような惨状で、東北の米農家ですら食事用のお米を購入するほどでした。

東北北部では翌年の種もみ確保が困難となる地域もあったそうです。

これはもう、白土三平の『カムイ伝』の世界ですね。

この低温と日照不足により、日本国内のお米の生育不良は記録的なもので、1993年秋に収穫された米は793万トンに留まりました。

当時、国内で1年間に消費するお米の量は約1000万トンでしたので、差し引き約210万トンが不足することになったのです。

 

そして、お米の価格が高騰していきます。

米屋は値段をつり上げたり、お得意先にしか売らなくなったりします。

そのため、小売店の店頭からお米が消えたりする混乱が発生したのです。

同時に、ふだんはお米を扱わない業者までもが、消費者の関心を集めるためにお米を販売するケースも発生したりします。

お米の販売では小売店に長蛇の行列ができ、国産米はどこでも売り切れ状態となってしまいました。

価格は、ウナギ登りに高騰し、スーパーなどでは買い占めも発生しました。

1993年9月末には、政府は100万トンのお米の緊急輸入を決定しますが、輸入予定は、その後266万トンまで達しました。

一方、海外でも日本の緊急輸入の余波を受けていました。

当時の世界のお米の貿易量は年間1200万トンで、生産量全体の数%に過ぎません。

お米は、どの国でも自給自足の農産物なのです。

そこへそれまで輸入量はゼロに等しかった日本が、急に266万トンの輸入を発表したのです。

この266万トンは、

世界の米貿易量の約20%

にもなります。

お金持ちの日本は、金に糸目はつけずお米を買いまくったので、お米の国際貿易価格は約2倍にまで高騰してしまいました。

この時に、お米は主としてタイ、中国、アメリカから輸入しています。

海外のお米は、消費者にはいたって不評でした。

「まずい、臭い」

などの声が多く、せっかく買ったタイ米は大量に捨てられていたそうです。

世界でも、もっとも親日的と言われているタイでは、

自分達が食べるための米を減らし、政府の米の備蓄を一掃してまで、

食料危機の日本にお米を送ってくれたのです。

それと、世界的なお米の貿易価格の高騰により、

タイ国内では飢えて亡くなる人が多く出た

という噂さえあります。

日本人によるお米の廃棄の話がタイで報道されると、その礼を失した日本人への怒りの声が、タイの新聞などで報道されました。

なんとも恥ずかしいというか、悲しいというか…。

自分達の食べる分まで減らして、日本に送ってくれたタイの人たちには、申し訳ない気持ちで一杯になりますね。

また、タイだけではなく、お米の輸入国のアフリカやイランなどでも、価格の高騰のためにお米が買えず、人々は非常に苦労したと言われています。

これに対して日本では、国産米こそ不足しましたが、飢えて亡くなる人が出た話は、聞いた事がありません。

それどころか1994年は、前年にはなかったはずの1993年の国産米まで、在庫として残っていたことが判明したのです。

そして売れ残った輸入米は90万トンもありました。

せっかく輸入した米の半分近くが売れ残っていたのです…。

 

2017年のお米の値上げはいつから?

前項の1993年ほどではありませんが、お米の不作は2012年にもありました。

2012年の場合は、幸いにして1993年ほどのことはなく、それほど深刻な事態にはなりませんでした。

しかし、2017年の天候不順は、1993年と非常に似ているように思えてなりません。

既に東北では、水稲の収穫量と品質を落とす『いもち病』の発生に注意を促す文書を、各市町村に送ったりしています。

およそ資本主義社会では、手に入らないもの、あるいは手に入れにくいものは、価格が高くなることが常識です。

つまり、2017年がお米の不作となれば、お米の価格が値上げとなる可能性は十分あるのです。

十分あると言うより、間違いなくそうなると言った方が正しいでしょう。

 

2017年の天候について、2017年8月17日の気象庁の発表では、

1993年の冷夏と似た気圧配置で、日照不足が続く

という見通しです。

そこから2週間先の9月1日頃までは、北日本と東日本の太平洋側で曇りや雨の日が多く、日照不足が続く見通しとなっていました。

2017年は、東京都心では連日雨が降り、8月1日から20日連続の降雨となっています。

この天候不順は、オホーツク海高気圧の勢力が強い一方、太平洋高気圧の張り出しが弱いのが主な原因です。

このことから、お米が大不作になり、外国から緊急輸入した

1993年の冷夏の時の気圧配置に、非常によく似ている

そうなのです。

 

 

それでは、もしお米が大不作の場合、お米の値上げはいつからなのか、またどの位あがるのでしょうか。

これは不作の状況によるところが大きいので、どの位の不作になるかわかっていない現時点では、数値で示すのは不可能です。

しかし、『例えば』の話として、少しばかり考察してみました。

すでに、いくつかの店舗では値上げを発表しているところもあります。

以下は2017年2月の某お米カフェでの例です。

2017年のお米の値上げの一例

産地は熊本産、有機米で作っています。

この度仕入れ値が上がりまして、お米も値上げさせていただきます。

2k入り 今までは\1000が\1100

5k入り 今までは\2200が\2500

となります。

この例では、約10%程度の値上げです。

値上げの時期と程度は、その時期の逼迫度にもよります。

ではお米の値上げはいつ頃かとなりますと、米の不作がはっきりわかるのは、収穫期の終わりあたりでしょう。

それが秋の終わり頃と思われますので、その時期の可能性が高いです。

つまり9月あるいは10月末あたりからで、価格に顕著に反映してくるのは、

2017年の秋のおわりから2018年の始めあたりから

でしょう。

もちろん、1993年クラスの大不作になれば、値上げも10%程度で済むはずがありません。

2倍以上の値上げ

になる可能性も十分ありえます。

幸い気象庁の予想では、9月の天候は平年並で、8月のような不順ではないとのことなのです。

てすから、1993年並の大不作というのは、取り越し苦労かも知れません。

しかし、気象庁に限らず、天気予報というのは外れるものです。

少し痛みかかった食べ物を食べる時には、

「天気予報 天気予報 天気予報」

と三度唱えてから食べれば、『当たらない』ということわざ?があります。

ですから、今回の気象庁の発表も頭から鵜呑みに信じる必要はないかもしれませんね。

 

まとめ

かつて1993年の記録的なお米の大不作では、値上げ、売り惜しみ、買い占めなど、日本社会が大混乱に陥りました。

そして、2017年の夏の気候は、その1993年の大不作の時と非常によく似ているのです。

もし本当に不作となれば、お米の2017年の価格の値上げはいつからなのか、どの程度なのか、心配になりますね。

とはいえ、先の天候は誰にもわかりません。

今できることは、そのような事態もありうるということを、あらかじめ頭に入れて、気構えをしておくことくらいでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.