星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

僕のワンダフルライフ(映画)のストーリーあらすじと結末ネタバレ!

更新日:

言葉が通じないペットと飼い主では、心を通い合わせることは難しいとよく耳にします。

しかしそれは表面上の話。

幼少の頃から愛情込めて過ごしてきた飼い主とペットは、心を通い合わせることができるのです。

そのことを改めて痛感させられる、感動の映画作品が2017年9月29日に日本で公開。

その映画タイトルは、『僕のワンダフル・ライフ』。

あるゴールデンレトリーバーと飼い主の心温まる物語が描かれた作品ですが、一体彼らの間にどんな絆が結ばれていたのでしょうか。

本記事では、映画『僕のワンダフル・ライフ』のストーリーあらすじから結末ネタバレまでをお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『僕のワンダフル・ライフ』日本上陸

みなさんはペットロスという言葉を聞いたことがありますか?

かつては、多くの人があくまでペットという価値観だったことで、ペットが亡くなったとしても、それほど悲しむことはありませんでした。

近年は、ペットと言うより家族という価値観の人が増えているため、ペットを亡くすことで失意のどん底に陥る人も多いです。

例えば犬を飼っていた場合、たとえどんなに長生きしていたとしても、人間より寿命が短いために

どうしても犬のほうが先にこの世を去る

確率が高くなってしまいます。

そうなった場合、家族(犬)を失ったショックで、憔悴しきってしまい、何一つ物事に手につかなくなってしまう事があるんです。

この症状をペットロス症候群というわけです。

今回紹介する映画『僕のワンダフル・ライフ』は、そんなペットロス症候群にかかる人が増えている近年だからこそ、思わず共感してしまうような、

ワンちゃんと飼い主の絆の深さ

が描かれた映画となっているのです。

この映画の主人公は、ゴールデンレトリーバーのベイリー。

彼はあることをきっかけに、自分の命を救ってくれた少年イーサンのペットとして飼われることになります。

それぞれにとって、かけがえのない家族のような存在となっていくように、次第と絆が深まっていきます。

そして、先に亡くなってしまうベイリーは、来世もイーサンのもとで暮らしたいと熱望し、3度も生まれ変わってようやくイーサンと再会します。

普通だったら、生まれ変わってまたイーサンのペットになりたいと思うかどうか…。

そもそも犬のままなら、たとえ心が通じ合えたとしても、言葉を喋ることができないわけです。

色々不都合だってあるでしょうし、そこまで大切な人なら、人間として生まれ変わりたいと考えるのではないでしょうか。

ところが、ベイリーは再びイーサンのペット(犬)として生まれ変わることを熱望していたのです。

筆者のように歪んだ考え方をしている人は、そこで、

『なぜ次は恋人として生まれ変わりたいと思わないのか?』

と考えてしまうのです。

それだけに、他人には計り知れないような、ベイリーとイーサンだけの特別な絆がそこにあると、感じさせられるわけです。

そして、ラストでは

ベイリーがなぜ生まれ変わってでもイーサンのペットにならなければならなかったのか

その重要な使命が判明します。

果たしてその使命とは一体何だったのか。

人間と犬との絆の物語として、映画『僕のワンダフル・ライフ』で描かれていきます。

だからこそ、

「ペットロス症候群にかかってしまうような人たちは、涙なしでは見られない映画」

と、大評判となっているのです。

 

 

映画『僕のワンダフル・ライフ』のストーリーあらすじ

僕のワンダフルライフ

人間と犬という種族を超えた愛の絆が描かれた、超感動映画『僕のワンダフル・ライフ』。

では、ベイリーとイーサンの間でどの様な心理が働き、愛の絆が深まっていったのでしょうか。

さっそく、気になるストーリーあらすじを見ていきましょう。

 

この映画『僕のワンダフル・ライフ』の主人公は、ゴールデンレトリーバーのベイリー。

ある日、あることをきっかけにベイリーは一人の少年・イーサンに命を救われます。

そして、ベイリーと名をつけられ、ペットとして飼われる事となります。

当時子犬だったベイリーは、イーサンと一緒に暮らし、少しずつ愛の絆が深まっていきます。

そして、ただイーサンのそばにいて愛されることが、ベイリーにとっての喜びとなります。

イーサンにとっても、ベイリーが家族のように大切な存在へと変わっていくのです。

ある意味、種族をも超えた愛の絆がそこに生まれ、これからもずっと一緒にいたいと思うようになっていくわけです。

しかし、それは願わぬ想いで、どうしても人間と犬とでは寿命が異なるために、ベイリーの方が先にこの世を去るのです。

遂に寿命を迎え、この世を去ることとなったベイリー。

残念ながら、いつまでもイーサンと一緒にいたい願いは、叶えられませんでした。

しかし、ベイリーの想いは尽きることなく、

『生まれ変わってもイーサンと共にいたい』

という想いが受け継がれていきます。

ジャーマンシェパード、コーギー、セントバーナードなど、次々と姿を変えつつも、イーサンへの想いは消えることがなかったベイリー。

しかし、何度生まれ変わってもなかなかイーサンと出会うことができません。

3度目に生まれ変わり、ようやくイーサンと再会したベイリーでしたが、当然イーサンもすっかり大人になっていました。

ベイリーも変わり果てた姿になってしまっていたのです。

それでも、イーサンと一緒にいたいという想いが強いベイリーは、大人になったイーサンに気が付きます。

そして、ときにヤキモチを焼いて、イーサンが恋人といちゃついている中を割って入ることもあるほど、イーサンに対する愛が深まっていくベイリー。

彼は、イーサンとの再会を果たした中で、自身が重要な使命を与えられていることに気づかされるのです。

果たして、その使命とは一体何なのか?

「この世界に君がいて僕がいる。だから、ただ今を一緒に生きたい…」

そんなベイリーの純粋な愛が、大人になったイーサンに届いていくのでしょうか。

 

以上が、映画『僕のワンダフル・ライフ』の簡単なストーリーあらすじです。

自身の命を救ってくれたイーサンは、ベイリーにとって命の恩人であると同時に、家族のようにかけがえのない存在です。

そのベイリーの気持ちが、映画『僕のワンダフル・ライフ』を通じて痛いほど伝わってきます。

一匹狼という言葉が存在していますが、人間も犬も、一人では絶対に生きていくことはできません。

どこかしら心の拠り所というか支えは必要ですよね。

イーサンにとってもベイリーにとっても、お互いを心の支えとして生きてきたわけです。

まさに両者にとってかけがえのない存在であることは、映画を見たらすぐにわかります。

だからこそ、涙なしでは観ることができない映画なのです。

この映画が伝えようとする

『ピュアラブ』

な世界観は、きっと、殺伐としたこの世の中をも変えるような、大いなるきっかけにもなると思います。

ぜひ、どこか忘れかけていた『ピュアラブ』な想いを、素直な気持ちで体感してみてください。

 

映画『僕のワンダフル・ライフ』のストーリー結末ネタバレ

さて、ペットと飼い主の愛の絆が描かれていく映画『僕のワンダフル・ライフ』。

やはり、どんなストーリー結末なのか気になりますよね。

イーサンも時を経て、大人へと成長していくだけでなく、次第に年老いていきます。

一方、ベイリーも様々な犬へと生まれ変わっていく…。

その姿は、ある種オムニバス作品を見ているかのように、命の1ページが切り取られて映し出されているようにも受け取れます。

ただ、これだけでは、所詮、犬と人の愛の絆を描いたオムニバス作品となってしまいます。

やはりこの映画が、長い人生(または犬の生涯)を通じて、

形は変わっても愛は変わらない

という素晴らしさを伝えようとしている映画として、その根幹に、

ベイリーに与えられたある使命

が大きく影響をしていると筆者は考えています。

だからこそ、この使命というのがとても重要で、映画『僕のワンダフル・ライフ』を大きく盛り上げてくれる要素であると言っても過言ではないでしょう。

では、このベイリーに与えられた使命とは一体何だったのでしょうか。

それはストーリーの結末部分で明らかにされていきます。

ベイリーは、野良犬として、兄弟姉妹に囲まれながら生を受けますが、当然野良犬なので生きていく上で危険もたくさんあります。

そんな中、イーサンの家族に引き取られ、幼き頃のイーサンと共に愛情を受けながら育っていくベイリー。

そんなベイリーに与えられた使命とは、ズバリ!

『ペットの忠犬としてのつとめを果すこと』

だったのです。

つまり、ペットという立場で

イーサンを支え、守り続けていくことがベイリーの最大の使命

であり、途中で寿命が尽きて、その使命が果たせない時には、再びその役目を果たすために、

生まれ変わりながら再びイーサンと出会う

というのが、ベイリーの最大のミッションなのです。

この内容が、ストーリー結末として描かれていきながら、ベイリーのイーサンへの想いと、一緒にいることへのこだわりが描かれていきます。

まさに、愛がいっぱい溢れている素晴らしい映画なのです。

 

まとめ

名作映画『忠犬ハチ公』で、ハチが主人の帰りを待ち続けて最後を迎えたように、忠犬としての役目を遂げるため、そして、何よりも飼い主であるイーサンへの愛を貫くため。

ゴールデンレトリーバーのベイリーは、何度も生まれ変わっていく…。

そんな愛に溢れた映画作品として描かれる『僕のワンダフル・ライフ』。

別の犬へと変わり果てた姿になりつつも、イーサンへの愛は変わらなかったベイリー。

彼がどのような再会を果たし、イーサンへの愛を貫いていくのか、その全貌がこの映画『僕のワンダフル・ライフ』で明らかにされていきます。

そんな涙なしでは観られない映画として、ぜひ観てみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.