星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

熱盛とは?その意味と報道ステーションの炎上放送事故を考察!

更新日:


と突然の『熱盛』に驚き、笑う余裕などなかったのが正解かもしれませんが…。

いずれにしても、『熱盛』の誤爆にも動じず、普段通り冷静な対応をした富川悠太アナウンサーには、プロ魂を感じました。

 

熱盛が商標出願!その理由とは?

そんなネット上で人気となっている『熱盛』ですが、2017年9月8日に、

『熱盛』が商標出願された

ことが判明。

Twitterで、商標出願情報を流している商標登録botに『熱盛』の名があったことで、ネット上ではまたもや騒ぎになりました。

この商標登録出願がされたことで、『熱盛ジェネレーター』の作者がツールの公開を一時中止になったほど。

では、なぜテレビ朝日は『熱盛』を商標出願したのでしょうか?

テレビ朝日によると、

視聴者の皆さまに個人的に楽しんでいただけることは大変有難いのですが、最近、無断で商品化するなど営利目的で使用されるケースが起きているため、その対応策として登録いたしました。

とのこと。

つまり、『熱盛』を個人で楽しむ分にはいいものの、最近は『熱盛』を商品化して儲けようとする無関係な人が増えてきたことが影響しているわけですね。

こうして、

『個人的に楽しむ分には良い』

という見解をテレビ朝日が出したからか、公開を中止していた『熱盛ジェネレーター』も復活したみたいです。

これによって、『熱盛ジェネレーター』は消えずに済み、その代わり、今『熱盛ジェネレーター』にアクセスすると、ヘルプや注意事項の欄に

「熱盛ジェネレーターを用いて作った画像を営利目的で利用するのは禁止です。個人的に楽しむにとどめてください」

と表示されるようになっています。

このジェネレーターを使い、SNSなどでネタを作る分には問題はないので、訴えられるようなことは気にせず、これまで通り遊んでも大丈夫ですよ。

ただ、『熱盛』や『熱盛ジェネレーター』を使って作ったもので何かを売ろうとする…

こういった行為は厳禁!

その場合は刑事罰のおそれもあるため、絶対にやらないようにしましょう!

 

まとめ

現在、ネット上で人気となっている『熱盛』は、『熱く盛り上がったシーン』の略で、『報道ステーション』の演出の1つです。

しかし、皮肉にも、その『熱盛』が人気になった理由が放送事故。

テレビ朝日としては、全く喜べない状況かもしれませんね。

しかも、2度もミスを起こしてしまっているわけですから、担当スタッフへの再教育を徹底し、今後このようなミスが起こらないよう、気をつけてほしいものです。

また、最近は営利目的で利用しようとする輩が出てきたことからか、『熱盛』が商標出願されました。

テレビ朝日によれば、儲けようとせず、個人的に楽しむ分にはこれまで通り遊んでもらって構わないとのことなので、ネタにする分には、これまで通りで大丈夫とのこと。

ひとまずは、『熱盛』で捕まることもなさそうですし、安心ですね。


-テレビ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.