星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

正社員の低年収ランキング上位の会社がブラック企業ではない理由

更新日

皆さんは、ブラック企業というと、どんなイメージを持ちますか?

単純に、年収が低い企業のことでしょうか?

ちなみに、2017年1月に発表された、正社員の平均年収ワースト1位は、警備会社のトスネットです。

なんと、その平均年収は252万円!

これではアルバイトや派遣社員と同じレベルなのでは?と思いますが…。

しかし、

「トスネットはブラック企業だ!」

などの噂はあまり聞きません。

はたして、これらの企業の実態は一体どうなっているのでしょうか?

当記事では、平均年収ワーストNo.1となってしまったトスネットの実態とともに、ブラック企業とは何たるかを、改めて説明したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

正社員の平均年収300万円以下!薄給の会社の実態

お金

さて、すごくざっくりした見方をしてしまうと、平均年収が少ない薄給の会社は、ブラック企業にあたるのではないか?

この辺りは、とても気になるところですよね。

それを調べるために、2017年1月に発表された、平均年収ワースト20社の一覧を見てみましょう。

平均年収ワーストランキング

1位:トスネット

2位:アクシーズ

3位:ショクブン

4位:日本マニュファクチャリングサービス

5位:マルコ

6位:日本ハウズイング、キャリアバンク、平山

9位:北日本紡績

10位:井筒屋

11位:シベール

12位:アウトソーシング

13位:田谷

14位:太平洋興発、かんなん

この中でも、薄給企業ワースト1位となってしまったトスネットの平均年収が

252万円

ということは先ほど述べました。

月給にすると、20万をギリギリ越えている程度、ということになります。

これは大卒の初任給に近い数字ですし、どう考えても低いと言わざるを得ませんよね。

ちなみに、トスネットの正社員の平均年齢は、約37歳です。

つまり、

30代に入っても大卒の初任給と同じ程度しか給料をもらっていない

ということになります。

これでは、ブラック企業と言われてもおかしくはない数字です。

しかし、とある公認会計士の方が、会社の実態を見てみると、薄給であることが必ずしもブラック企業ではないと発言しています。

この公認会計士は、

薄給の会社=ブラック企業ではないとされる4つの理由

について紹介していますので、早速、その理由についても見ていきましょう。

 

平均年収の低さ=ブラック企業ではない4つの理由

先ほど、薄給の会社=ブラック企業とはいえない、という話に触れました。

一概に平均年収が低いからと言って、その会社がブラック企業にはあたらないということです。

事実、2016年にブラック企業の急先鋒として話題になった電通は、初任給こそ平均的なものの、

20代後半では、他企業の30代~40代と同じ平均年収になる

という、高給取りな実態がありました…。

では、なぜ平均年収が低いことが、必ずしもブラック企業に当てはまるわけではないのか?

その4つの理由について、順番に挙げていきましょう。

理由1.業種特性

平均年収が低くても、ブラック企業ではない理由の1つ目は、業種特性です。

平均年収ワースト1位となったトスネットは警備会社です。

警備業の給料は元々高いほうではありません。

さらにトスネットは、本社が宮城県にあります。

地方は、物価水準が都会に比べ低いため、警備業と地方に本社を置く企業、ということから、現在の給与体系になっているようです。

さらに、トスネットの内部から、平均年収の低さに大きな不満が出たという話は、あまり聞きません。

つまり、アルバイトとして働く人に対しても、正社員と同じような社会保障などの労働者環境をしっかりと整えているのではないかと思います。

給料の少ない代わりに、労働環境を充実させ仕事をしやすくしている

のだとしたら、確かにブラック企業とは言えませんね。

理由2.正規社員への道

平均年収が低くても、ブラック企業ではない理由の2つ目の理由。

それは、

現場作業員などの派遣やアルバイトなどの非正規社員として雇われる人材を、正社員として雇用している

ということです。

平均年収ワースト4位となった日本マニュファクチュアリングサービスが、この例に当てはまります。

一般社員の平均年収は約460万円、それ以外の現場社員は約240万円となっています。

平均年収が低くなってしまっているのは、この現場社員を、日本マニュファクチャリングサービスは、正社員として扱っているためなのです。

非正規社員と正規社員では待遇も違ってくるはずですし、待遇がよければ、ブラック企業とは言えませんよね。

理由3.営業拠点や本社の場所

平均年収が低くても、ブラック企業ではない理由の3つ目は、先ほど業種特性の欄でも少し触れた、

営業拠点や本社の位置する場所

についてです。

たとえば、トスネットは物価水準の低い地方に本社を構えているので、その水準に合わせた給料なので、相対的に少なくなってしまうのも頷ける話です。

つまり、企業の本社や、主な拠点となっている場所も考えると、

日本全国を対象にした平均年収調査では、必ずしも平均年収の低さが薄給にはならない

とも、考えることができるのではないでしょうか。

理由4.女性比率

11位の洋菓子メーカー・シベールが、この理由に当てはまります。

シベールは、女性社員の割合が7割を超えており、勤務継続年数も5、6年と短いのです。

つまり、平均年収が低くなりがちなのも、ここに理由があるわけです。

また、シベールは本社が山形県ということもあり、これは3つ目の理由にも当てはまっていますね。

 

以上が、4つの平均年収が低くても、ブラック企業ではない理由でした。

これらの条件が複数重なった場合、平均年収が低くなってしまうのは、ある意味で必然と言えるかもしれませんね。

社員への待遇が厚かったり、非正規社員も、正社員扱いにしているなどの理由から、平均年収が少ない。

過労に陥らず、健康的に気持ちよく働くことができる会社であれば、ブラック企業は言えないのかもしれません。

お金だけが全てではありません。

真のブラック企業とは、

社員を道具のように使い潰す会社

これに当てはまる会社だと思った次第です。

 

まとめ

平均年収が少ないからといって、必ずしもブラック企業であるとは限らないとわかりました。

ブラック企業と呼ばれる会社は、サービス残業や休日の少なさなど、どちらかと言えば給与面より

労働環境の過酷さ

にあると思います。

社員の労働環境や社会保障の充実に努めている分、今回、平均年収ワーストランキングにランクインとなってしまった会社の方が、まだ良心的なのかもしれません。

いくら正社員の平均年収が高いと公表していても、非正規社員を含めれば、大きく下がる会社もあるでしょう。

働くならば、やはり待遇のいい会社がいいと思う人が大半なはずです。

いい会社を見つけるためにも、これまでに発表された数字だけで判断するのではなく、労働環境などもしっかりと調べた上で、会社を見極めていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事