星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

西郷(せご)どん(NHK大河ドラマ)のキャストとあらすじをチェック!

更新日:

自分のことより他人のことを優先させてしまう性格ゆえに、その言動が多くの民から支持され、

薩摩の偉人

として語り継がれている西郷隆盛。

この西郷隆盛の半生をモデルに、作家・林真理子さんが書いた連載小説『西郷(せご)どん』。

2018年のNHK大河ドラマとして放送されます。

それにしても、坂本龍馬を仲介として長州と薩長同盟を結んだ西郷隆盛。

それが、林真理子さんの傲慢・高飛車な性格から生まれる独特な嫉妬(妬み・そねみ)の世界観と、どうコラボして描かれていくのでしょうか。

そこで本記事にて、この2018年のNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』のキャスト・あらすじ・見どころを、紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年のNHK大河のモデルは西郷隆盛!!

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』も、いよいよ佳境。

俳優・高橋一生さんが演じていた小野政次がこの世を去り、『政次ロス』という言葉まで生まれ、大きな場面転換も見られています。

さて、そんな『おんな城主直虎』に続く、2018年のNHK大河ドラマとして放送するドラマが、『西郷(せご)どん』です。

この『西郷(せご)どん』の原作は、作家・林真理子さん、脚本は中園ミホさんです。

『西郷(せご)どん』の原作者である林真理子さんといえば、冒頭からお話ししている通り、傲慢で高飛車な性格という印象の強い作家ですよね。

林真理子 eye
林真理子の書籍(エッセイや小説)のおすすめ本を紹介!新刊はいつ?

歯に衣着せぬ物言いで、女の本音を常に発信し続ける、林真理子さん。 エッセイスト・小説家として活躍するのみならず、テレビ番 ...

続きを見る

そのため、多くの人の好き嫌いはっきりわかれるタイプの作家です。

そんな彼女だからこそ描くことのできる、女の妬み・そねみの部分を赤裸々に表す作品を次々輩出しています。

代表作の『不機嫌な果実』をはじめ、多くの作品が高く支持されている作家です。

そんな独特の世界観を持つ作家と、NHK朝ドラ『花子とアン』や、篠原涼子さん主演ドラマとして大ヒットしたドラマ『ハケンの品格』など、

大ヒットメーカーである脚本家・中園ミホさん

が、どんなコラボを見せていくのか…。

一部では、

西郷隆盛のボーイズラブが描かれる

という、なんとも奇抜な展開が予想される話もネット上では展開されています。

歴史の教科書に記載されている西郷隆盛とは、ずいぶんと異なる気質が伺える作品となりそうな予感もしますね。

確かに西郷隆盛という人物は、誰からも好かれる人物です。

旧知の仲である勝海舟は、西郷隆盛の亡き後、墓碑を実費で作ったという話もあります。

ですから、一つの仮設として、ボーイズラブがドラマとして描かれてもおかしくはありません。

事実として、歴史の教科書にも登場する、あの新撰組一番隊隊長・沖田総司の例もあります。

彼は、病を発症させていたことや、美男子だったこともあって、現代社会における

舞台作品『幕末純情伝』においては、女だったと仮設

され、物語が綴られたこともありました。

この『幕末純情伝』は、つかこうへいさんの代表作の一つでもあります。

かつては牧瀬里穂さん主演映画として公開された作品なので、知っている人も多いでしょう。

なにせ新撰組にしても、とにかく幕末から明治にかけた時代というのは、

男が世界の中心となっていた(女性が社会に出てくることは非常識とされていた)

わけです。

その中でボーイズラブがあったとしても、決しておかしな話ではありません。

おそらく、2018年放送のNHK大河『西郷(せご)どん』は、幕末ならではの時代背景を考慮した上で、

西郷隆盛と勝海舟の絆を、ボーイズラブという形で展開

していくのだと思います。

もちろん、ボーイズラブありきで展開してくと報道された際には、多くのネットユーザーたちが、

「林真理子はNHK大河を冒涜している!」

と、放送前から批判も噴出しています。

しかし、既に『西郷(せご)どん』の放送は決まっているわけです。

たとえ誰に何を言われようとも臆することなく、自分を貫き通す彼女ならではの世界観を、徹底的に描いていってほしいと思う次第です。

なお、ドラマの放送は、

2018年1月7日(日)20:00よりNHK総合にて

放送開始予定です。

かなり異色の大河ドラマになるものと思えるだけに、放送を楽しみにしたいものですね。

 

NHK大河『西郷(せご)どん』のあらすじは?

さて、かなり異色な展開が見られると予測されている2018年のNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』です。

本当にボーイズラブが描かれていくのか、そのあらすじが非常に気になるところですよね。

では、さっそく『西郷(せご)どん』のあらすじを、一足早く見ていきましょう。

 

文政10年(1828年)薩摩藩(現在の鹿児島県)の下級藩士の長男として生まれた西郷隆盛(役:鈴木亮平)。

彼は家が貧しく、両親も若くして亡くしているために、家族を支えようと、役人の下で働き始める生活をしていました。

しかし、幼少の頃から情に厚く、何よりも他人の幸せを考えて行動してきた西郷隆盛です。

せっかくの給料さえも、困った人のために使い、それが余計に家計を圧迫させてしまうのです。

当然家族は、この西郷隆盛の行動に困っていました。

とはいえ、西郷家の生活費を稼いでいるのは西郷隆盛でしたし、何も言うことができず、また本人はお構いなしという状況だったのです。

そのため、ただ家計が圧迫されるのを見ているだけといった生活をしていたわけです。

しかし、そんな西郷隆盛の慈悲深い行動が、薩摩藩主の島津斉彬(役:渡辺謙)の目に留まることになります。

それをきっかけに、島津斉彬から密命を受けることとなります。

西郷隆盛も

『民の幸せこそが国を富ませ強くする』

という島津斉彬の信念に惹かれていたので、その密命を受け、東から西へと駆けずり回ることに…。

この斉彬の密命によって、西郷隆盛の名は全国に知れ渡るようになります。

時には篤姫(役:北川景子)と恋に落ちたり、3度の結婚、2度の島流しなど波乱万丈の人生を辿ります。

その後、薩長同盟や江戸城無血開城、そして西南戦争に関わるようになります。

徳川幕府が栄えた江戸時代から、明治という新時代を築く一つの礎となった西郷隆盛。

盟友とも言える、勝海舟らとともに、明治維新を支えていこうとしていくわけですが…。

 

以上が、NHK大河『西郷(せご)どん』の簡単なあらすじです。

基本的には、冒頭からお話ししているように、偉人・西郷隆盛の半生を描いたドラマになることに違いはありません。

ただ、西郷隆盛の半生を探っていけばいくほど、わからないことが多々出てきます。

それは、慈悲深く情け深い西郷隆盛とは別に、

嫌いな人は情けなく切り捨ててしまう一面

も持っていることなどです。

ある意味、何を考えているかわからない部分も非常に多いのです。

はたして、『西郷(せご)どん』で、どこまでその内側に迫っていくのか…。

本当に坂本龍馬や勝海舟たちとボーイズラブが展開されていたのか。

その辺も含めて、NHK大河と言うよりも、原作者である林真理子さんならではの新解釈がどのように描かれていくのか。

その点に重点をおいて『西郷(せご)どん』を観ていきたいと思う次第です。

 

NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』のキャストは?

最後に、『西郷(せご)どん』の主要キャストを紹介したいと思います。

『西郷(せご)どん』の主人公は、役作りにストイックになり、急激な体重の増減でも何かと話題になっていた鈴木亮平さん。

鈴木亮平
鈴木亮平が30kgダイエット!その方法に医者は糖尿病の危険と警鐘!

遅咲きながら、NHK朝ドラ『花子とアン』で、ヒロイン村岡花子の夫:村岡英治を演じブレイクした注目のイケメン俳優:鈴木亮平 ...

続きを見る

西郷隆盛は、非常に体格の良い人物という印象が強いです。

それだけに、映画『俺物語!!』で剛田猛男を鈴木亮平さんが演じたときのように、恰幅のいい男へと役作りしていると思います。

 

さて、その他のキャストも実に豪華な面々が集まりましたね。

そのキャスト一覧は以下のとおりです。

『西郷(せご)どん』主要キャスト一覧

西郷家

西郷吉之助 / 西郷隆盛:鈴木亮平

西郷吉兵衛:風間杜夫

西郷満佐子:松坂慶子

西郷琴:桜庭ななみ

西郷吉二郎:渡部豪太

熊吉:塚地武雅

大久保家

大久保一蔵 / 利通:瑛太

大久保次右衛門:平田満

島津家

島津斉彬:渡辺謙

島津斉興:鹿賀丈史

島津久光:青木崇高

由羅(ゆら):小柳ルミ子

喜久(きく):戸田菜穂

山田為久:徳井優

有村俊斎 / 海江田信義:高橋光臣

島津家の分家

於一 / 篤姫:北川景子

幾島(いくしま):斉藤由貴(降板へ)

その他

岩山糸:黒木華

ふき:高梨臨

大山格之助 / 綱良:北村有起哉

村田新八:堀井新太

赤山靭負:沢村一樹

以上が、『西郷(せご)どん』の主要キャスト一覧となっています。

この一覧を見ればわかる通り、

ハリウッドスターの渡辺謙さんや、瑛太さんや北川景子さんなど

の今旬俳優(女優)が加わり、かなり豪華なキャストという印象が伺えます。

当然、男社会で展開されるだけの物語で終わるわけではなく、ラブストーリーも展開されます。

今回のヒロインとなる北川景子さんが、主演を務める鈴木亮平さんと、どんな絡みを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

ここに出てくるキャストは、いずれも個性的な役者ばかりなので、彼らの演技にも注目しながら、『西郷(せご)どん』を見ていきたいものです。

とにかく妥協のない素晴らしい大河ドラマとなることを期待しています。

 

まとめ

2018年のNHK大河ドラマは、これまでにない異色なコラボの連続で展開される、かなり奇抜な大河ドラマとなりそうです。

タイトルが『西郷(せご)どん』となっているように、偉人・西郷隆盛の半生を題材として描かれていくわけです。

既にボーイズラブが描かれることが発表されていますし、多くの人の好き嫌いははっきりわかれるかと思います。

ただその分、『西郷(せご)どん』が、どんなストーリー展開になるのか非常に楽しみ!!

きっと常識では考えられないような、作家・林真理子の世界観を踏襲されたNHK大河ドラマとなるでしょう。

あらすじはもちろんのこと、豪華キャストの演技にも注目しながら楽しみに放送を見ていきたいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.