星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

コードブルーの映画公開日はいつ?あらすじやキャストを考察!

更新日:

これまで3作のドラマシリーズ作品として放送されてきたドラマ『コードブルー』。

その最新作として放送されてきたコードブルー3期も、遂に放送終了となりました。

まだその余韻が冷めぬ中、今度は映画化が決定したと大々的なニュースが流れましたね。

コードブルー3期の最終回の前では、湘北救命センターの面々がばらばらになってしまうストーリーも描かれ、一体どうなってしまうのかと危惧していました。

それが、結束をさらに高め、さらなる進化した姿が映画として描かれていきそうな予感すら伺えます。

そこで、本記事にて、映画『コードブルー』の公開日やあらすじ・キャストを映画公開前に、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『コードブルー』公開決定!!公開日はいつ?

これまで視聴率二桁にも達せず、月9打ち切り説まで飛び交うこととなっていた、このドラマ枠の救世主となったドラマ『コードブルー』3期。

初回放送の16.3%の視聴率にも驚きましたが、最終回も16.4%と最高視聴率をとって幕を閉じたことは、フジテレビにとって救いとなったことでしょう。

そもそもフジテレビ月9ドラマ制作班としては、視聴率13%超えを目標としていたらしく、当初は映画化の話も全くなかったそうです。

ところが、『コードブルー』3期が放送開始され、多少は視聴率が下がることもありましたが、10%どころか、目標であった13%を大きく上回りました。

その状況をキープしながら、最終的に平均視聴率14.78%を叩き出せたわけですから、これほど嬉しい話はありませんよね。

そして、この結果を踏まえて、

『踊る大捜査線』シリーズに次ぐ、大ヒットシリーズ作品として、『コードブルー』を育てていこう

と検討され、今回の『コードブルー』の映画化が決定となったそうです。

『コードブルー』が医療ドラマの一つであることには違いありませんが、その中で医師やスタッフたちの成長もよく描かれています。

シリーズ1作目で実に頼りなかった白石恵が、今では陣頭指揮を取るまで成長していて、藍沢耕作も人間味が垣間見られるように…。

そんな印象を視聴者たちに与えることができたからこそ、『コードブルー』は大ヒットシリーズとして大きく成長を遂げたのでしょう。

「最悪なフェロー達…」

これは、柳葉敏郎さん演じる藍沢たちの指導医だった黒田脩二の言葉でした。

今のフェローたちもまさに彼らと同じで、本当に前途多難な面々です。

しかし、それでも日々試練をくぐり抜けながら一歩ずつ成長していきます。

おそらくそのドラマには、終わりはないのではないでしょうか。

その期待が、今回の『コードブルー』映画化を決定させたと筆者は考えています。

 

さて、そんな映画『コードブルー』です。

ドラマ『コードブルー』3期のラストで、いきなりエピローグが流れるかのように、突如

『映画化決定!2018年公開』

と映像とともにテロップが流れてきました。

ドラマを観ていた筆者としてみれば、まさに衝撃の展開で、予期しない展開に驚かされっぱなしです。

一応、『コードブルー』が4期として、数年後にドラマ化されることは予測していました。

でも、こんなに短いスパンで、次の『コードブルー』が展開されていくなんて夢にも思っていなかったのです。

撮影にも時間が、かかります。

せっかく多くの支持を受けている『コードブルー』が、急ごしらえで公開したために、一気に支持を下げてしまうことだってあるわけです。

ですから中途半端な作品に仕上げることはできません。

そのことを考えたら、映画化だとしても、とても2018年に公開が間に合うとは思えないのです。

それだけに衝撃を受けた、この『コードブルー』映画化決定のニュースです。

ただ、あくまで映画化が決まっただけに過ぎません。

映像テロップが流れたと言っても、肝心の映像は、映画化の一場面が映し出されたわけではなかったのです。

ただ、

ヘリと主演の山下智久さんの表情

が映し出されただけでした。

つまり、映画化は決定したけど、その他のことに関しては、何一つ決まっていないわけなのです。

映画公開日も

2018年公開

という、漠然とした情報のみが流れたに過ぎません。

そもそも決まったばかりの映画が、本当に2018年に公開されるのか、その真偽も不透明と言わざるを得ません。

あくまで予定でしかありませんし、撮影の時間も考慮したら、最短で2018年秋ではないかと筆者は考えています。

正直に言えば、多少時間がかかってもいいので、これまでのシリーズ作品を踏襲する素晴らしい映画として『コードブルー』を作っていってほしいと願っています。

 

映画『コードブルー』のあらすじは?

映画『コードブルー』のあらすじに関しては、全く決まっていません。

映画で、どのような展開が描かれていくのか、全く見当もつかない状況です。

ただ、これまでの流れを見ていくと、『コードブルー』3期の続編として描かれていくことは想像できます。

一つの予測として、

現在のフェロー達(名取 颯馬、灰谷俊平、横峯あかり)と新人ナースとして湘北救命センターに入った雪村双葉が中心

となると思われます。

もちろん映画『コードブルー』の主人公は、山下智久さん演じる藍沢耕作であることに変わりはありません。

ぶっきらぼうな性格ながらも、新垣結衣さん演じる白石恵とともに、違う角度から湘北救命センターの面々を牽引し続けることでしょう。

その中で、もしかしたら

『藍沢と白石が恋仲になっていくのでは?』

という考えもよぎります。

緋山美帆子の恋の行方(患者だった緒方博嗣と付き合い始める)も非常に気になるところで、もしかしたら結婚もあり得るかもしれません。

フライトドクター(冴島はフライトナース)として初期から登場している

藍沢・白石・緋山・藤川・冴島の五人

が、それぞれ後輩ナースやフェローたちを指導する立場として、『コードブルー』を引っ張っていくことは間違いありません。

ただ、医療の中心は、今のフェローや新人ナースにあります。

どちらかと言うと、いよいよ

医療と少し離れたプライベートな部分が描かれていくのではないか

と思うのです。

確かに、藍沢に関しては、祖母とのやり取りが『コード・ブルー』2期までで描かれていました。

白石の父も『コードブルー』1期の7話以降で少し登場し、そのやり取りの部分は展開されていました。

しかし、彼ら本人の人生という意味合いでは、それほど多く描かれていなかったように思います。

もちろん、医療ドラマであって、恋や友情を描いた物語ではないので、優先順位が下であったことはわかります。

しかし、医者だって一人の人間としての人生を歩んでいますし、そういったプライベートな部分も見たいのが、ファンの心情ではないでしょうか。

あくまで憶測でしかないのですが、映画『コードブルー』では、

藍沢・白石・緋山・藤川・冴島の人生に大きな転換期が訪れるストーリー

が描かれていくと思われます。

冴島と藤川の間に子供ができ、冴島が産休に入っていたりするかもしれません。

藍沢がトロント大学での研修を終えて、

奏ちゃん(将来を期待された14歳のピアニスト・天野奏)が、どこまで回復できたのか、

気になり湘北救命センターに戻ってきたりと、いろんな転換期が訪れそうです。

もちろん、藍沢と白石の関係性や、緋山と緒方(患者)の恋の進展も気になります。

その辺の話を一歩踏み込んで描かれることも期待できるので、今後『コードブルー』の映画がどのような発表がされていくのか、楽しみにしたいものですね。

 

映画『コードブルー』のキャストは?

映画『コードブルー』のキャストですが、まだ映画公開が決定しただけであって、残念ながらキャストは誰ひとりとして決まっていません。

ただ、ドラマ『コードブルー』3期のラストで発表された、映画化決定のニュース映像に、

山下智久さんが映っていた

ので、彼が主演を務めるのは間違いないでしょう。

『コードブルー』3期ではトロント行きを決めた設定にはなっていました。

しかしラストで、救命で働く藍沢耕作(役:山下智久)の姿が見られました。

一体どうなっているのか、少し首をかしげたくなるところもありますが、いずれにしても救命にいる設定にはなっていると思います。

また、周産期センターから医局長として戻ってくるように打診されていた緋山美帆子(役:戸田恵梨香)は、

フェローとして指導していた名取颯馬(役:有岡大貴)の父親に名取のことを頼まれてしまい

おそらく翔陽救命救急センターに彼女は残ることになるでしょう。

一方、落盤事故で命を失いかけながらも、なんとか窮地を脱したフライトドクター藤川一男(役:浅利陽介)です。

一時は妻となるフライトナースの冴島はるか(役:比嘉愛未)から打診を受け、整形外科に移ろうとします。

しかし、最終的に救命センターに戻ってきます。

一度バラバラになりかけた湘北救命センターの面々が、また集結していく様子が『コードブルー』3期のラストで描かれていました。

おそらく、今回のキャストがそのまま映画『コードブルー』に残る形となるでしょう。

まぁ、強いて挙げるとするなら、三井環奈役のりょうさんが、完全にゲスト的な存在としてキャストから降りる形となるのか。

また一方では、柳葉敏郎さんや寺島進さんは、完全撤退ということになり、もう復活は見られないのか。

その辺は気になるところです。

ちなみに、『コードブルー』3期の最終回で、トロント行きを決めた話を白石恵(役:新垣結衣)と藍沢耕作がやり取りしていたシーンで、

黒田先生(役:柳葉敏郎)は戻ってこないのか?という話

が展開されていましたよね。

白石は、

『絶対に戻ってこないから当てにしていない』

ということを言っていました。

もし良い意味で期待を裏切る結果となるなら、再び何らかの形で、柳葉敏郎さん演じる黒田脩二が戻ってくるかもしれません。

かなり不透明な感が否めませんが、色んな意味で今後の映画『コードブルー』の発表に期待したいものですね。

 

なお、筆者の予想としての映画『コードブルー』のキャストは以下のとおりです。

映画『コードブルー』キャスト一覧

フライトドクター・フライトナース

藍沢耕作:山下智久

白石恵:新垣結衣

緋山美帆子:戸田恵梨香

藤川一男:浅利陽介

冴島はるか:比嘉愛未

フェロー・ナース

名取颯馬:有岡大貴(Hey!Say!JUMP)

灰谷俊平:成田凌

横峯あかり:新木優子

雪村双葉:馬場ふみか

その他・医療関係者

橘啓輔:椎名桔平

西条章:杉本哲太

新海広紀:安藤政信

井上宣顕:滝藤賢一

広田 扶美:下垣真香

ドクターヘリ操縦士・整備士・運行スタッフ

早川 正豊:伊藤祐輝

鳥居 誠:岩井拳士朗

町田 響子:伊藤ゆみ

患者・その他

橘優輔:歸山竜成

三井環奈:りょう

※三井環奈は元フライトドクターですが、湘北救命センターへの復帰は未定

天野奏:田鍋梨々花

緒方博嗣:丸山智己

以上が、主な出演者として予想される映画『コードブルー』のキャスト一覧です。

ここでは、あくまで中心となりそうなキャストのみを挙げてみました。

果たして、これまでのキャストがどれだけ登場するのか。

また新キャストも登場する可能性はあるのか。

そのあたりも含めて、2018年公開の映画『コードブルー』を楽しみにしたいと思う次第です。

 

まとめ

ドラマ『コードブルー』3期が最終回を迎えました。

そして、これまで不調を極めてきたフジテレビ月9ドラマの視聴率を、大きく回復させるような躍進を見せてくれました。

そして、そのことを機に、2018年のコードブルー映画化を決定させたのです。

とはいえ、まだどんなストーリーで描かれるのか、キャストや公開日に関しても、何一つ決まっていません。

唯一わかっているのは2018年公開予定ということだけです。

まだ何もわからずヴェールに包まれた状態ではありますが、これまでのコードブルーの続編として描かれることは間違いないでしょう。

色んな意味で、映画『コードブルー』を楽しみにしたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.