星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

ちくわぶの原材料やカロリーは?関西で不人気の理由を考察!

投稿日:

寒い冬が近づいてくる時期になると、おでんが恋しくなりますね。

おでんの種は、卵・はんぺん・ちくわ・大根などが人気になっているようで、関東も関西もあまり変わりありません。

しかし、一つだけ関東と関西で大きく違う所があります。

それは

ちくわぶ!

なのです。

関東では、かなりの人気アイテムなのですが、関西では絶不評。

不評というより、そもそも関西の人は『ちくわぶ』というものを知りません。

これには驚きましたね。

そこで今回は、ちくわぶについて、原材料やカロリー、関西で人気のない理由などをお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ちくわぶの原材料やカロリーは?

まず、ちくわぶとはなんぞや?

定義としては、ちくわぶ(竹輪麩)は、

小麦粉をこねたものを茹でた麩

である、とされています。

つまり魚肉から作られた物ではないのです。

これは意外でした。

名前が似ている『ちくわ』は、主として白身の魚から作られます。

かまぼこと同じですね。

しかし、一字よけいな『ぶ』がつくと、似て非なる小麦粉が原材料になってしまいます。

ほとんどの人は(筆者も)、ちくわと同じ魚肉からできている、と思っていたでしょう。

しかも関東ローカルで、関東以外では、そもそも全く売っていないとのこと。

 

このちくわぶの起源は、江戸の蒸しかまぼこの一種である『白竹輪』(しろちくわ)に似せて作られたそうです。

しかし、他の説(紀文による説)では、京生麩が原型で、精進料理の麩を参考にして関東で作られた、ということになっています。

もう一つ、第二次世界大戦直後の貧窮時代に、高価な魚のすり身を使う竹輪の代用品として、闇市で売られていた、という説もあります。

ちくわぶの起源として、どれが正しいのかは、今でも定説はないようですね。

 

ちくわぶの原材料は、

グルテンを多く含んだ強力粉(小麦粉)

です。

これに水と塩を加えて、よく錬り、その後、引き延ばしてからしばらく寝かせます。

そして、型に入れて高温でゆであげ、型から抜けばちくわぶの完成です。

ちくわぶの用途(レシピ)は、主としておでん用ですが、すき焼きや鍋物に入れたりすることもあります。

また、きな粉をまぶしたり、しるこなどの具としても、ちくわぶが使われることもあります。

なお、このレシピについては、後段で詳しく紹介します。

 

次にちくわぶのカロリーですが、外見と違い、意外に高カロリーなのです。

ちくわとちくわぶのカロリーを比較してみましょう。

  • ちくわは、1本当たりおよそ30gで36kcal
  • ちくわぶは、1本80gで137kcal

1グラムあたりのカロリーは、こうなります。

  • 生ちくわ 1.2kcal
  • ちくわぶ 1.7kcal

魚肉から作られたちくわより、小麦粉で作られたちくわぶは、約50%も高カロリーなのです。

これまた意外でしたね。

しかもちくわぶは糖度も高いので、ダイエットには不向きな食材と言えるでしょう。

要するに、ほとんどお餅と同じ、と考えてもよさそうですよ。

 

ちくわぶが関西で不人気の理由は?

ちくわぶが関西で不人気の理由には、まず関東と関西の味の好みが第一に挙げられます。

一口で言えば、

  • 関西は薄味
  • 関東は濃い味

ということになります。

関西の人は、関東の濃い味をバカにしていて、

「あれは田舎もんの味や!」

とか言っているようですよ。

 

昔、織田信長が戦で捕らえた敵方の武将が、料理の名人と言われていたことがありました。

敵の武将が命乞いをすると、織田信長は、

「その方は料理の名人だそうだが、わしの気に入るような料理を作ってみい。その味が気に入ったら、助けてやろう。」

と言ったといわれています。

そこでその武将は、張り切って料理を作りました。

なにせ、命がけの味ですから、張り切らざるをえませんよね。

しかし・・・

その料理を一口食べた織田信長は、

「まずいっ! 打ち首じゃあ!」

慌てた武将は

「すぐ作り直しますので、なにとぞ今一度のご猶予を!」

と願い、料理を作り直したのです。

すると、作り直した料理を味わった織田信長は、

「おお、美味じゃ!ならばその方を助けてつかわす。」

ということで、その武将は命拾いしたそうです。

この話の後日談として、その武将が後に語った言葉があります。

ふん・・・最初の味は京風の薄味に仕上げたのだが、信長めは田舎者だからその味がわからなかったのだ。

2度目の味は、関東風の濃い味にしたら、あやつは気に入ったようだ。

田舎者ということだな。

というように、上方の人は関東をバカにしているのです。(笑)

ただ、この逸話は、五味康裕の小説に出てくるものです。

なので、おそらくは五味康裕の創作であり、実話ではないと思われます。

 

もうひとつ、

くだらない

という言葉がありますが、これは昔上方の品々は上等とされていて、地方(関東など)に上方の品を送ると、その品は

くだりもの

と呼ばれていました。

つまり、『くだらない』という言葉は、『くだりものにならない』(上等でない)という意味なのです。

これは真実の話です。

念のため。

このように、関西と関東では好む味に大きな違いがあり、おでんにしても関西では『関東煮』(かんとうだき)と呼ばれます。

つまり、

「それおでんやない。関東煮や!」

ということなのです。

なお、関東の人は関西のおでんを『関西煮』とは決して言いません。

おでんのだしにしても、

  • 関東は、濃い口醤油に砂糖を入れた甘辛味
  • 関西は、薄口醤油と塩で味付けした、あっさりした薄味

と、まるで違います。

おでんの具にしても、関西では天ぷらや牛すじを入れますが、関東ではこれらの具はあまり使われないようです。

逆にちくわぶは、関西では使われない以前に、そもそもちくわぶなんてものが、この世にあることすら知りません。

「あんな粉みたいなもん、食えんわ!」

「ちくわぶの不安になるような不味さは異常、あんなものを食う関東人はマヌケや」

ということのようですね。

 

ちくわぶのレシピ

さて、このちくわぶですが、おでんに入れるだけでなく、色々な食べ方をされているようですね。

そのちくわぶレシピの中には、なんとも壮絶なレシピもあります。

ここではそのちくわぶレシピのいくつかを紹介してみます。

 

壮絶なちくわぶのレシピ

ちくわぶとさつま揚げの煮物

材料: ちくわぶ、さつま揚げ、水、和風だしのもと、料理酒、みりん、醤油、砂糖

これは『比較的』無難な食べ方のようです。

ちくわぶとさつま揚げならよく合うでしょうね。

ちくわぶのすき焼き

これもまず安全なようです。

すき焼きならおおよそどんな具でも、だいたい合います。

一口味わった途端悶絶する、ということはないと思います。

多分…。

ちくわぶのきな粉がけ

材料: ちくわぶ、きな粉、お砂糖

ちくわぶにきなこ・・・

だいぶ怪しくになってきました。

いったい、どんな味になるのやら、不安です。

ちくわぶの味噌煮込み風

材料: ちくわぶ、味噌、みりん、醤油、砂糖、水

ちくわぶの田楽風の煮込みです。

…。

そろそろヤバくなってきましたね。

はたして、ちくわぶとミソが合うのかどうか。

ちくわぶの肉巻き

材料: ちくわぶ、豚肉薄切り、しょうゆ、酒、みりん、砂糖、水、にんにくすりおろし

いよいよ、奇絶怪絶また壮絶なちくわぶのレシピが、真の素顔を表し始めました。

ちくわぶで肉を巻くという発想と、ニンニクの取り合わせ…。

ちくわぶのチーズボール

材料: ちくわぶ、とけるチーズ、塩昆布、上新粉、油

ちくわぶとチーズ、それに塩昆布…。

恐怖の取り合わせです。

ちくわぶのケチャップ炒め

材料: ちくわぶ、鶏胸肉、マッシュルーム、エリンギ、ズッキーニ、鶏ガラスープの素(顆粒)、塩

出ました!

ちくわぶレシピの横綱登場です。

おぞましさが想像できます。

想像はできますが、我慢はできません。

ということで、ちくわぶのレシピを探したのですが、ちくわぶのケチャップ炒めまできて、

「もう持たん…」

で中断しました。

これらを味わおうとは、毛頭思いません。

実際にこのレシピを試す場合には、覚悟を決めてお試しください。

 

まとめ

今回は、ちくわぶの原材料やカロリーや、ちくわぶが関西で不人気の理由などを探ってみました。

関東と関西では、好ましい味覚そのものが、ずいぶんと異なっています。

おおまかに言って、関東は濃い味、関西では薄味が好まれています。

ちくわぶは、関西では好き嫌い以前に、そんな食べ物があることさえ、ほとんど知られていないのです。

それにもう一つ、ちくわぶの壮絶なレシピも調べてみましたが、これをそのまま試す人が現れないことを祈るばかりです。

以上、『ちくわぶの原材料やカロリーは?関西で不人気の理由を考察!』でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-グルメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.