星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

けものフレンズのたつき監督が降板した理由とカドカワ炎上の真相

更新日:

現在、大人気アニメとなった『けものフレンズ』を巡って、カドカワがネット上で大炎上しています。

なんと、『けものフレンズ』の今後のアニメ制作に、アニメ『けものフレンズ』のほぼ全てに携わった

たつき監督が降板

となってしまったのです。

たつき監督のツイートにより、諸悪の根源がカドカワにあると判断したユーザーが揃ってカドカワ叩き。

さらにカドカワへの批判は日本だけでなく、世界中のユーザーからされているほど。

まさか、『けものフレンズ』でも

『コンテンツ潰しの角川』

が、いかんなく発揮されてしまうとは、本当に残念ですよね。

では、なぜたつき監督は降板となってしまったのか?

当記事では、アニメ『けものフレンズ』で、なぜたつき監督が降板となってしまったのかについて、その理由を探っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『けものフレンズ』たつき監督が降板でカドカワ炎上!

2017年9月25日の夜、Twitterのトレンドは、日本だけでなく、世界でも『けものフレンズ』一色に染まりました。

なんと…

たつき監督が降板

となってしまったのです。

たつき監督といえば、アニメ『けものフレンズ』では、

  • 監督
  • シリーズ構成
  • 脚本
  • コンテ
  • 演出
  • OP絵コンテ・演出
  • 美術デザイン

と、アニメ『けものフレンズ』のほぼ全てに携わった、『けものフレンズ』になくてはならない存在です。

そんなたつき監督がまさかの降板ということで、Twitterでは驚きや悲しみ、そしてそれらの感情は、次第にカドカワへの怒りへ変わっていきました。

たつき監督のツイートによれば、

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。

ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。

すみません、僕もとても残念です。

とのこと。

どうやら、カドカワの意向によって、たつき監督が降板となってしまったということが推測できます。

これにより、日本のみならず、世界中からカドカワへ批判殺到!

「カドカワ無能すぎ」

「クソ企業カドカワ潰れろ」

「たつき監督のいない『けもフレ』とか見たくもないわ」

など、カドカワへ罵詈雑言が飛び交いました。

また、世界でもかなり衝撃だったのかハッシュタグで

#NoTatsukiNoTanoshi

が生まれ、同じくカドカワを批判するツイートが増加しているのです。

Twitterでは、ワールドワイドトレンドで『たつき監督』が1位になるほどですから、それだけ衝撃的な知らせだったわけですね。

同じ監督降板でも、

「ありがとうございました!次のスタッフたちの作品もよろしくお願いします!」

というような、円満な流れならば、ここまで炎上しなかったのでしょうが…。

たつき監督のコメントには、

「残念です。」

とあったことから、円満であるはずがないでしょう。

Twitterのとある絵師のツイートでは、

クリエイターが仕事の契約関連のことを消費者に直接訴えた時は、闇に葬られるどうしようもない理不尽を感じたときの最終手段なので、ファンはせめて真相に関心を持ってあげて欲しい。

と呟いていて、これを元DMM関係者の黒田貴泰さんがリツイート。

さらに、黒田貴泰さんは

これぐらい売れると、それまで

『どうせ売れねーだろ』

みたいなスタンスだった人たちが掌を返して主導権を取りにくるのはよくあることだけど、大概そいつら井戸掘った人へのリスペクトは皆無なんだよね。

ともツイートし、今回の一件で、カドカワ上層部が絡んでいるのではないかと推測していました。

こういったことが重なり、カドカワへの不信感が募ったことで、今回の炎上に発展してしまったというわけですね。

炎上の結果は、カドカワの株取引にも影響しています。

日本経済新聞によれば、一時は前日比45円(3.3%)安の1326円まで株安になったとのこと。

ただでさえニコニコ動画が苦戦しているのに、今回の『けものフレンズ』の一件で、さらにニコニコ動画のプレミアム会員を解約する人が増えるのでは?

こういった懸念から、多くの売りが出ていると考えられます。

もちろん、新作が成功する可能性もあるにはありますが、『けものフレンズ』はたつき監督がいてこそ、ここまでの大ヒットを記録したといっても過言ではありません。

一説には、たつき監督だけでなく、制作していた会社『ヤオヨロズ』もアニメ2期を巡ってもめているという噂もあったため、

「スタッフがまるまる入れ替わってしまい、別物になるのではないか?」

という不安を抱いてしまうのも無理はないでしょう。

アニメ『生徒会の一存』の2期のようなことになりかねないわけですしね。

後述する過去のカドカワの悪行に対する不信感と、『けものフレンズ』最大の功労者を降板させる、この2つが炎上を引き起こしたのです。

 

そして、カドカワと同じく、カドカワ傘下のドワンゴが運営するニコニコ動画内のニコニコニュースでは、

『けものフレンズ』たつき監督が外れる!Twitterでもトレンド1位に

というニュースがあったのですが、なぜか2017年9月26日深夜ごろに、

新着ニュースやトピックス、ランキングから除外されている

という謎の現象が発生。

ドワンゴは、カドカワの子会社のため、

「炎上を隠ぺいし始めたか、ホント汚いな」

「これを機にニコニコのプレミアム会員解約してきた」

と、隠ぺい工作に対しても批判が続出。

その後、ランキング表示などは元に戻ったのですが、見出しが

『けものフレンズ』たつき監督が外れる!Twitterでもトレンド1位に

から、

『けものフレンズ』たつき監督、Twitterトレンド1位に

と、見出しの変更がおこなわれています。

意図的に見出しからでは、どんなニュースかわからないように工作されたのです。

本当に、なぜこのような愚行を犯したのかと疑問に思いますが、昔から、

『コンテンツ潰しの角川』

という悪名が響き渡っています。

数々の悪行を見ていれば、ゲーム業界でいうコナミのような存在がカドカワなので、

「またやらかしたか…」

と思ってしまいました。

それにしても、なぜ、カドカワはたつき監督を降板させたのでしょう?

 

たつき監督が降板について製作委員会がコメント!

今回のたつき監督が降板した騒動について、J-CASTがカドカワに問い合わせたところによると、

「今日中にコメントがリリースされる予定です」

とコメントされたため、多くのユーザーが動向を見守っていました。

そして、26日中には出されなかったものの、2017年9月27日に日付が変わったところでアニメ『けものフレンズ』公式サイトが更新。

アニメ『けものフレンズ』の製作委員会から、今回のたつき監督降板騒動についての公式見解が発表されました。

この公式見解によると、

今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。

とのこと。

どうやら、ヤオヨロズがアニメ2期の制作を辞退したため、現在は白紙になっていることが判明したのです。

ヤオヨロズが辞退したということは、当然ながらヤオヨロズ所属のたつきさんが監督やその他もろもろを降りるのも当然ですね。

ただ、問題は、ヤオヨロズが辞退するに至った経緯です。

『けものフレンズ』製作委員会のコメントでは

関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。

映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。

として、どうやら、

ヤオヨロズが勝手に作品利用をおこなったことで、製作委員会との関係に亀裂が入った

と、製作委員会は主張しているのです。

しかし、これにはネット上でも、

「矛盾点が多すぎて納得できない」

「8月辞退なら、どん兵衛コラボとかは何だったんだよ」

などの批判が相変わらず飛び交っていて、釈明になっていないと判断する人が多く見られます。

では、その矛盾点とは何なのか?

1つずつ解説してきます。

たつき監督降板騒動の矛盾点1 9月のどん兵衛コラボ動画

まず、ネット上で指摘されている矛盾点としては、製作委員会は

「8月に入った段階で辞退したい旨を受けた」

というコメントに対し、

「9月のどん兵衛コラボ動画がアップされたのはどういうことだ?」

という疑問を投げかけています。

ヤオヨロズが8月に辞退したということであれば、9月にどん兵衛コラボの動画がアップされるのはおかしいのではないか?というわけですね。

しかし、これについては矛盾点にはならないですし、製作委員会が嘘をついているという判断材料にはなりません。

それとも、1か月ちょっとで企画持ち込み→企画完成ができるとでも思っているのでしょうか?

だとしたら、その人は世の中のことを相当理解できていないのだと思います。

これについては、どん兵衛がコラボのページでコメントを出しているように、

「同動画は2017年6月の企画段階から『けものフレンズプロジェクト』と連携の上、制作したものであり、許諾を得た動画です」

ということであって、企画自体はヤオヨロズが辞退する前の、

2017年6月の段階から進行していた

からです。

そのため、これはあくまでもまだ契約の範囲内の出来事なので、たつき監督が制作していることには何の矛盾点もありません。

そもそも、たった1か月で突然コラボ!などというのはできるわけがありません。

コラボ発表までに何度も会議を重ねるなどのスケジュールがあるわけですから、時間をかけるのは当たり前のことです。

ある程度の企業に勤めている人であれば、このあたりの時間をかける手順はよくわかっているはずだと思うのですが…

ヤオヨロズが辞退したのは、新規映像化プロジェクトなので、辞退前の企画であるどん兵衛コラボの制作を手がけることには何の問題もないでしょう。

たつき監督降板騒動の矛盾点2 連絡なしの作品利用とは何か?

次に矛盾点とされるのが、製作委員会の語った

「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用」

この作品利用というのが、どこに該当するかという話です。

先述したどん兵衛コラボの動画、そしてアニサマの動画は公式の許諾を得ているというか、そもそも公式がコラボしているものなので該当しません。

そこで、

コミケでたつき監督が頒布したものにあるのではないか?

という話が浮上してくるのです。

しかし、このコミケで頒布した本は、

「けものフレンズプロジェクト・特別許諾」

と書かれていて、つまりこれも許諾を得られていたことになるわけです。

そうなると、最後に問題とされるのが、

『12.1話 ばすてき』

ですね。

実はこの『けものフレンズ』12.1話の『ばすてき』は、コピーライト表示がありません。

つまり、これが未許諾作品なのではないかと考えられるわけです。

ただ、この12.1話についても、コンセプトデザインを務めた吉崎観音先生が

「終わった後も自由に作っていいですよ」

と言っていたので問題はないだろ!という意見もあるのが事実。

さらに、

そこで筆者は、

「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用」

とコメントしたのが、製作委員会であることに注目し、ある1つの仮説を立てました。

この作品利用というのは、無断だったというわけではなく、関係各所と言っていることから、

「プロジェクトに出資している会社全てに逐一連絡をしろよ!って言ったのに、守ってくれなかった」

という言い分だと考えられるのです。

製作委員会方式とは、アニメや映画、ドラマなどが不発だった場合のリスクを回避するため、主導権を持つ幹事会社が複数の会社に対し出資を募るというもの。

この方式は資金リスクを分散できること、代わりに利益が出た場合、出資比率に準じて分配するといったルールになっています。

ちなみに『けものフレンズ』自体は、『けものフレンズプロジェクト』というプロジェクト方式をとっているものの、

アニメは製作委員会方式の『けものフレンズプロジェクトA』が手がけている

というかなりややこしい構造になっています。

そのため、権利などが絡むので、出資している企業全てに対してちゃんと連絡をしてくれないと困る!

というわけですね。

つまり、たつき監督がちゃんとした連絡を怠ってしまい、それを出資会社のどこかが激怒し、ヤオヨロズともめることとなった…。

そして、結果的にヤオヨロズが辞退することに至ったのでしょう。

となると、次に気になるのは、ヤオヨロズがどういった行動をとっていたのかです。

これについては、まだなにもわかっていないので、事態の全貌が明らかになるのは、ヤオヨロズがコメントを出すか否かでしょうね…。

現在は、ヤオヨロズの動向に注目が集まっているといった状況です。

 

まとめ

アニメ『けものフレンズ』について、今後のアニメには、『けものフレンズ』最大の立役者である、たつき監督が降板となりました。

これには、日本のみならず、世界中からカドカワへの批判が殺到。

さらに、2017年9月27日には、製作委員会である『けものフレンズプロジェクトA』からのコメントも発表されました。

それによると、どうやら作品利用に対して、関係各所(製作委員会の出資会社と思われる)に連絡しないままだったことで揉め、ヤオヨロズが新規映像化プロジェクトを辞退したとのこと。

現在は、ヤオヨロズの動向に注目するしかないため、ファンとしては、眠れない夜が続くことになりそうです…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.