星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

前原誠司(民進党代表)が無所属で出馬する本当の理由を考察!

投稿日:

2017年9月27日に、民進党代表の前原誠司氏が、

自分は民進党からではなく、無所属で出馬する

との意向を周囲の議員に伝えていたという、衝撃の事実がわかりました。

おりしも安倍晋三首相による衆院解散の前日なのです。

一党の、しかも衆院第二の議席数を持つ政党の代表が、無所属あるいは他の政党から立候補するのは、前代未聞、異例中の異例のことですね。

つまりは、前原誠司氏は民進党と社会主義を見限ったということなのでしょうか?

今回は前原誠司氏(民進党代表)が、無所属で出馬する本当の理由を考察し、民進党と希望の党が今後どうなるのかもお話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前原誠司(民進党代表)の無所属出馬発言の真意は?

前原誠司氏は、無所属出馬の理由について、

どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる。

野党がバラバラでは選挙に勝てない。

としているそうです。

また、党内へは

民進党を届け出政党とはせず、公認候補を擁立しない方向

で話を進めているそうです。

これはつまりは、

民進党解散

ということですよね。

民進党の前身は『右派社会党』です。

ずいぶん前のことですが、社会党は『左派社会党』と『右派社会党』に分裂しました。

それ以後、右派社会党は数々の変遷の末、民進党となったのです。

共産党より教条的と言われる左派社会党(現在は社民党)とは一線を画すとはいえ、社会主義政党であることには変わりありません。

しかし、最近の北朝鮮による度重なる核実験やミサイル実権により、日本においての社会主義への風当たりが強くなってきました。

なにしろ、日本の頭の上をミサイルが通過しているのです。

しかもそのミサイルは、そう遠くない将来に水爆を搭載できるようになるでしょう。

そのタイミングで28日の衆院解散です。

前原誠司氏は

社会主義を捨てる覚悟をした

という見方もできるでしょう。

 

事実上の合流となる希望の党は、小池百合子氏の個人政党という感がありますね。

希望の党=小池百合子氏の政治的意見は、一口で言えば『ほぼ自民党と同じ』です。

むろん、全く同一ではありません。

憲法改正による一院制の実現その他、一部自民党と異なる部分もあります。

とはいえ、安全保障関連法の容認など、希望の党は事実上『第2自民党』といっても間違いはないでしょう。

元々自民党議員でもあり、単に党内での対立により都知事にシフトチェンジしただけのことですから、当然かもしれません。

それが希望の党の創立により、再び国政に立ち戻ろうということなのです。

小池百合子氏はテレビの番組で、

「リアルな安全保障が必要で、希望の党で戦いたい人は(安保法廃止方針を)どこまで真にリセットできるか」

と語っています。

つまり、『安保法容認』を希望の党として公認する条件としているわけです。

それに応じるということは、とりもなおさず、社会主義の放棄ということですね。

この状況では、

『社会主義に未来はない』

という前原誠司氏の判断なのだろうと思います。

もちろん、現時点では民進党解党が決定したわけではありませんし、党としての候補者擁立廃止を決定したわけでもありません。

しかし、前原誠司氏の言動からは、その方向性が強く伺えるのです。

衆院解散から立候補者決定までは、もう時間の余裕はありません。

今回の解散による総選挙の日程は、

  • 2017年10月10日告示
  • 2017年10月22日投票

ということになりました。

当然、立候補者の決定は、それより前のことになります。

つまり2週間足らずで、

民進党解党や議員の所属政党などの超重要事項を決定しなければならない

というわけです。

筆者のようなノンポリは、高みの見物で面白がって見ていますが、当事者にしてみれば寝耳に水、議員生命にもかかわる一大事でしょう。

前原誠司氏は、前々からの言動を見ても、

旧社会党系の人としては、かなり右よりの考え

を持っているようです。

そのため国際情勢の激動と、日本の置かれた立場を考え、民進党解散を覚悟したことだろうと考えています。

よくいえば、極めて現実的で妥当な判断、悪く言えば党の代表でありながら節操がない、という両面の見方ができますね。

しかし、この前原誠司氏による、無所属で立候補や民進党として候補者を擁立しない決定は、別の理由もあるようなのです。

むろん、単なる噂にすぎませんが、その別の理由については次項で見ていきましょう。

 

前原誠司(民進党代表)をめぐる黒い噂

まず、前原誠司氏は韓国系という噂があります。

  • 前原誠司氏の政治団体が、在日韓国人が株のほとんどを所有する企業から、約100万円の政治献金を受領していた
  • 外国人献金問題で献金を受けていた在日韓国人女性に民進党の代表選出馬の意向を伝えていたと韓国紙が報道
  • ネット上の噂に、池田大作(本名・成太作・ソンテチャク)の隠し子という説がある

などなどです。

隠し子説の根拠としては、

前原誠司氏の少年時代の友人知人がまったく存在しない

ということだそうです。

少年時代の友人が不明というだけで韓国系というのなら、かなりの数の日本人が韓国系ということになってしまいかねません。

なので、これは一部のネトウヨ系による噂としか考えられませんね。

そもそも、これらの噂には、それが事実であるという証拠は何一つないのです。

なにかあるとすぐ、

出自が韓国あるいは北朝鮮に関係ある

というのは、ネトウヨが大好きな手法です。

全く事実ではないガセ話と思われます。

しかしもう一つの北朝鮮美女の噂については、週刊文春の記事や写真もありますので、少し事情が違います。

前原誠司氏と北朝鮮美女が映る写真は、1999年の訪朝時の時の写真です。

そこに写っていたのは、北朝鮮の景勝地での前原誠司氏と北朝鮮美女の二人です。

いかにも『親密な間柄』という感があります。

もっとも、この写真については、

北朝鮮のハニートラップにひっかかった

という見方が多いようです。

ですので、この写真をもって前原誠司氏が北朝鮮の利益代表などというのは、的外れも良い所でしょう。

しょせん、噂は噂に過ぎないという、良い例だと思いますよ。

 

民進党と希望の党の今後は?

それでは、もし民進党が希望の党に合流した場合、民進党と希望の党の今後はどうなるのでしょうか。

希望の党については、前項で書いたように、事実上の『第2自民党』です。

小池百合子代表自らが

「リアルな安全保障が必要で、希望の党で戦いたい人は(安保法廃止方針を)どこまで真にリセットできるか」

と言っているのですから、基本的な方針が変わるわけがありません。

民進党の合流があろうがあるまいが、これまでの小池百合子氏路線が続くのは間違いないでしょう。

しかし、民進党の場合は立場が全く異なります。

提携や合併ではなく、そこに『合流』となりますと、希望の党の方針に従うわけで、これまでのテーゼは全て消え失せてしまいます。

つまり、

民進党消滅

です。

大いに疑問なのは、他の民進党の議員はその事実に納得できるのか、という点です。

これまで掲げてきたテーゼが、まるで別のものに変わってしまい、その党自体も消え失せてしまうのです。

既に反論などもあるようで、民進党が、これに簡単に賛同する人たちばかりとは、とても考えられませんね。

 

民進党のこれからの進路は、大別して2つほど考えられます。

  1. 前原誠司氏に従い、全員あるいは大多数の人々は希望の党に合流する
  2. 前原誠司氏とは一線を画し、民進党はこれまで通り存続、前原誠司氏はパージ

の2つです。

現実を取れば1の合流へ、理想を取れば2の存続路線となるのでしょう。

民進党の人々が、どちらを選択するのかはわかりません。

しかし、現在の状況は社会主義政党にとって極めて不利なものになっているのは確かです。

もし北朝鮮の核実験やミサイル発射がなければ、状況は全く別なものになっていたでしょう。

とうぜん、安倍晋三首相もこの時期での解散には踏み切らなかったと思います。

しかし、現況はこのとおりなのです。

理想に殉じるのか、それともあえて汚名を忍ぶのか、民進党の選択と行方が注目されます。

 

まとめ

2017年9月27日に、民進党代表の前原誠司氏が、

自分は民進党からではなく、無所属で出馬する

という衝撃の発言をしました。

衆院第二の議席数を持つ政党の代表が、無所属あるいは他の政党から立候補するのは、これまで見たことも聞いたこともありません。

つまり、民進党の消滅となっていくと思われます。

前原誠司氏は、なぜそのような驚くべき決断をしたのか。

それはこの状況では社会主義政党には未来はないと、感じたからでしょう。

その背景には、北朝鮮によるミサイル発射と核実験があることは、間違いありません。

今後も、民進党の行く末はどうなっていくのか、注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.