星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

超絶クソゲーランキングTOP10!人気の理由は神ネタ要素満載!

更新日:

みなさんは、

『クソゲー』

という言葉を知っていますか?

ド直球に言えば、クソなゲームなわけですが…。

ただ一口にクソゲーと言っても、色々な種類のゲームが存在します。

しかし、クソゲーがクソゲーと呼ばれる原因には、ある程度、共通点があります。

またネタとして、クソゲーが人気になることもあるのだとか…。

当記事では、クソゲーが、クソゲーと呼ばれる所以や要素、また一周まわって人気になる理由などを、紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クソゲーランキングからクソゲーの条件を紹介

そもそも、クソゲーとは、どんなゲームのことを指すのでしょう?

そこで、『ゲーム関係者が選んだクソゲーランキングTOP10』の結果をもとに、クソゲーとなってしまう条件を解説していこうと思います。

ゲーム関係者が選んだクソゲーランキングTOP10!

1位 星をみるひと

2位 里見の謎

3位 修羅の門 

4位 ミシシッピーさつ人事件

5位 黄金の絆

6位 THE最後の日本兵

7位 エネミー・ゼロ 

8位 エグゼドエグゼス

9位 対戦チンチロリン

10位 未来神話ジャーヴァス 

(「バズプラスニュース」より)

ゲーム関係者が選んだクソゲーということで、ユーザーが選んだものではないためか、『クソゲーオブザイヤー』の大賞になるような、致命的なクソゲーは少ないように思います。

しかし、1位の『星をみるひと』については、まさにクソゲーとして納得する人も多いのではないでしょうか?

そして、これらのゲームをみていくと、ある程度、クソゲーの条件というのは、見えてきます。

クソゲーの条件1 操作性やテンポが悪い!

時代を問わず、クソゲー認定される理由として最も多いのが、

ゲームの操作性が悪く、プレイのテンポが損なわれている

ということです。

たとえば、ユーザーからも伝説のクソゲーの1つという扱いを受けている『星をみるひと』。

このゲームは、キャラクターの移動速度が、とても遅く、

たった1マス移動するのに1秒ほどかかる

のです。

あまりのロードの遅さに、目的地まで移動するのに、プレイヤーは多くの無駄な時間を費やさなければなりません。

また、同じくRPGである『黄金の絆』では、ゲーム中におこなわれるシステムのロード時間が最大40秒もあり、

メニュー画面を開くだけでも5秒ほどのロード

が入ります。

このロード時間の分だけ、プレイヤーは何もできない状態になってしまうのですから、ゲームプレイのテンポが著しく損なわれてしまいます。

これらの操作性の悪さは、総じてプレイヤー側で解決できる問題ではありません。

そのため、操作性の悪いゲームを好むプレイヤーは少なく、評価も満場一致で

「これはクソゲーだ」

となる場合がほとんどです。

クソゲーの条件2 作り込みが甘く、内容が薄い!

クソゲーになってしまう2つ目の理由として、

ゲームがきちんと作り込まれておらず、まるで未完成のような状態である

ということが挙げられます。

たとえば、上記のランキングにはありませんが、後述する『クソゲーオブザイヤー』のノミネート条件を大きく変えてしまった、

『四八ショック』

を巻き起こした、クソゲー界最強にして最凶のゲーム『四八(仮)』などは、まさにその典型です。

アドベンチャーゲームである『四八(仮)』は、47都道府県にまつわる怪談が用意されているというホラー物…

のはずでした。

しかし、蓋を開けてみれば、県によっては、

  • 数十秒で終わってしまうようなシナリオ
  • 観光ガイドブックに書いてあることをそのまま写したようなシナリオ
  • 出来のいいシナリオには盗作疑惑を持たれている

など、シナリオ面で問題があったのです。

薄っぺらい内容のくせに、やたらゲームクリアまでが長い

という、まさに最悪な状況でした。

まぁそもそも、このゲームをクリアすること自体ができない要素もあるのですが…。

クソゲーの条件3 難易度が高すぎる!

ゲームの難易度も、クソゲーの認定基準としてよく挙げられます。

このゲームの難易度が高くなってしまうのには、大きく2つの原因が考えられます。

1つは、

ゲームに関するユーザーへの説明が、あまりに不親切であったり、なかったりすること

です。

先ほどあげた『星をみるひと』では、プレイヤーが次に何をするべきか、ヒントをくれるキャラクターは一切いません。

プレイヤーが自力で全ての攻略法を探さなければならないのです。

そもそも、ゲーム内にチュートリアルすらありません。

それどころかオープニングストーリーすらないです。

「どうやってゲームを進めればいいのか分からない!」

という酷いことになってしまったのです。

『星をみるひと』の場合、当時の中古販売対策である、マニュアルプロテクトの概念が取り入れられているため、決してゲームのみを責めることはできないのですが…。

とはいえ、説明書があっても、

「何をすればいいのかわからない」

という状態になるため、『星をみるひと』は、やはりなるべくしてなった伝説のクソゲーだと思います。(笑

そして、もう1つの理由は、根本的にゲームの難易度が高すぎることです。

たとえば、伝説のクソゲーの1つである『たけしの挑戦状』や、『コンボイの謎』がその典型ですね。

操作性といった問題ではなく、そもそもクリアさせる気がないというほどの、超難度を誇るゲーム。

ちなみに、こちらの理由にも、『星をみるひと』は当てはまっており、ファミ通の『やりこみ大賞』という企画では、

『星をみるひと』をクリアするだけで採用された

というほどの、超凶悪な難易度だったのです。

 

このように、クソゲーといわれる条件には、さまざまな条件があるわけですが、中には、とんでもないレベルのクソゲーも、存在するのです…。

 

クソゲー中のクソゲーが人気の理由

これまで、いわゆる普通のクソゲーというものを紹介してきました。

続いては、

クソゲー中のクソゲー

つまり、伝説級のクソゲーたちを、いくつか紹介しようと思います。

こういった伝説のクソゲーとは、主に、2ちゃんねるで行われる『クソゲーオブザイヤー』にノミネートされるような作品が当てはまります。

その年に、一番クソだったゲームを決める祭典となっているこの企画。

クソゲー中のクソゲー

がどんなものか、知ることができるのです。

伝説のクソゲー1 四八(仮)

『クソゲーオブザイヤー』の歴史の転換点となったクソゲーが、先ほども触れた『四八(仮)』です。

『十年に一度のクソゲー』

と称されるこのゲーム。

先ほど触れたシナリオの問題以外にも、『四八(仮)』には、致命的な問題がたくさんあります。

  • フリーズが多発
  • 白い枠が画面を覆い、ロードし直しても枠は消えない
  • メモリーカード破損を招く行動をサポートセンターが指示してくる

など、システムは最悪、サポートまで最悪という、とてつもないレベルのクソゲーなのです。

これにより、『四八(仮)』が発売された2007年以降の『クソゲーオブザイヤー』は、いわゆるガッカリゲーとしてのクソゲーではなく、

ゲームとして破たんしている

という要素が必要になってしまったのです。

伝説のクソゲー2 デスクリムゾン

『たけしの挑戦状』、『四八(仮)』の間に挟まれた、

『十年に一度のクソゲー』

それが、このクソゲー界の魔王・デス様こと『デスクリムゾン』です。

そもそも、この『デスクリムゾン』は、あまりのクオリティの低さに、発売されることがなかった『チーターマン』シリーズと同じようなクオリティなのです。

『セガサターンマガジン』では、

「これ本当に発売するんですか?」

とレビューされてしまったり、『ファミ通』では、

「レビューをやる中で、ゲームに点数を付けるという行為に限界を感じた1本」

と、ゲーム雑誌にここまで言わしめてしまうほどのクソゲーなのです。

『デスクリムゾン』最大の特徴は、

問題点しかない

ということ。

  • スキップできないメーカーロゴと謎のオープニング
  • どうしてもずれる照準(アジャストでは1発しか打てないので照準が合ったのかわからない)
  • ゲームオーバーになると、スキップできないメーカーロゴまで戻される

などなど、数えきれないほどの問題点で溢れているのです。

しかし、けっして手抜き製作だったというわけではありません。

製作したエコールソフトウェアは、ゲーム開発技術が全くない状態で、たぶん頑張って作った努力の結晶なのです…。

主人公・コンバット越前の名言や、製作側の真摯な対応から、

『最も愛されるクソゲー』

となるまでに至ったのですからね。

伝説のクソゲー3 Big Rigs

これまで、日本で発売されたゲームばかりを紹介してきましたが、世界レベルとなると、クソゲーでも格の違うゲームが出てきます。

それこそが、この『Big Rigs』

このゲームはPCゲームで、敵トラックとカーチェイスをしながら、追いかけてくるパトカーから逃げ切るレースゲームのようなもの…

なのですが、なんと、『Big Rigs』は、

『地球史上最凶のクソゲー』

と評されるほどの、とてつもない破壊力を有したクソゲーなのです。

全米クソゲーランキング1位を獲得!

数々のレビューサイトで最低点を連発!

さらには、

「0点をつけるのも嫌だね」

「ユーザーレビューの方がゲームより面白い」

と、採点を放棄したり、呆れて道路に寝そべる動画を投稿するレビュアーが現れたほどの作品だったのです。

『Big Rigs』は、

「プログラムの塊」

「商品未満」

と言われるだけあって、そのクソゲーっぷりはすさまじく、

  • そもそも敵トラックが動かず、パトカーは存在すらしていないのでレースにならない
  • ビルや他のトラックに当たり判定がなく、貫通して走っていける
  • バックに速度制限がないので、バックし続けると時速何千キロというスピードが出る
  • スタート地点とゴール地点が同じマップだと、レース開始直後にゴールとなる
  • 操作性が劣悪
  • 極めつけに、BGMすら存在しない

という、散々な内容なのです。

後に修正パッチが公開され、敵トラックが動くようになったものの、

ゴール前で必ず停止する

ため、結局はレースになりません。

これだけを聞くと、ゲーム黎明期に発売された作品なのだろう、と思う人が多いかと思いますが…

実はこの『Big Rigs』、

2003年に発売

していたという…。

2003年のPCゲームと言えば、『シムシティ4』、『コールオブデューティ』といった名作と呼ばれる作品があっただけに、決して当時のPCゲーム全体のクオリティがひどかったわけではありません。

それなのに、こんなとてつもないクソゲーが生まれてしまうとは…。

正式に開発され、パッケージで発売されたゲームの中では、『Big Rigs』は間違いなく史上最悪のクソゲーと言ってよさそうです。

 

このように、クソゲーの中には、買うだけ無駄というほどの、どうしようもないクソゲーも存在します。

こんなどうしようもないゲームでも、実は、人気になったりするのだとか…。

ただ人気になるというのも、あくまでも作品が愛されたり、ネタになるというだけ。

これらの究極のクソゲーは、実際にプレイしてみようとは思えない場合がほとんどです。

クソゲーにも色々あり、なかなか奥深いといえる新たなジャンルなのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、クソゲーの条件、そして伝説のクソゲーの数々を紹介しました。

これでクソゲーにも色々あることがわかったと思います。

実際に購入するまではしなくていいものの、これまでの長いゲームの歴史で、いくつも生まれてきたクソゲーについて調べてみると、いい暇つぶしになるかもしれませんよ。

中には、

「なんだこいつは!?」

というような、実にクレイジーなクソゲーを発掘できるかも!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.