星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球 野球

大谷翔平のメジャー球団の移籍先を考察!本人はどこに行きたいの?

投稿日:

『大谷翔平選手を見られなくなる日が近づいている?』

日本ハムファイターズが大事に育て上げ、もはやプロ野球界の救世主となった大谷翔平選手。

昨年は投打で球史に残る活躍をし、MVPを獲得するなど、飛躍のシーズンとなりました。

その甲斐もあり、日本ハムには2017年オフでのメジャー移籍を認められたと報道されています。

日本が誇る投打のスターは、メジャーでどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

また、どのメジャー球団を大谷翔平選手は選ぶのでしょうか。

考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大谷翔平の魅力とは?

大谷翔平

二刀流で人気となった大谷翔平選手の凄さの一つとして、

『目標管理』

があります。

高校生の時に、

『ドラフトで8球団から指名される』

という大枠の目標を作っていたそうです。

そこからコントロール、キレ、メンタル強化、などの具体的な目標のための計画を立てていました。

大谷翔平選手がすごいのは、目標を『細分化』し、

行動まで具体化できていた

ことなのです。

普通の高校生であれば、『甲子園出場』くらいの目標は立てられても、目標に達成するまでの具体的な行動計画までは立てられないものです。

やはり、高校生の時から、頭一つ抜けていたと感じさせられるエピソードですね。

 

大谷翔平のメジャー移籍後の二刀流の可能性は?

前提として、大谷翔平選手は

『二刀流』を認めてくれるメジャー球団

に行きたいと考えているようです。

以前から、

「大谷翔平はメジャーでは投手」

と言われるプロ野球OBが多かったのですが、2016年から急激に打撃成績が良くなったことも相まって、

「投手だけではもったいない」

という声も大きくなってきました。

しかし、日本だけでなく、メジャーでも大谷翔平選手の『二刀流』は、難しいと思っている球団が多いのではないでしょうか。

もし2017年、大谷翔平選手がケガをしていなかったら、評価はまた違ったのかもしれません。

ただ実際には怪我をしてしまっています。

大谷翔平選手の『身体の強さ』に疑問を抱いているメジャー関係者は多いでしょう。

いずれにしても、『二刀流』で行きたいのであれば、DH制度のある、

アメリカンリーグ

に行く方が、打席数は見込めるのではないでしょうか。

 

大谷翔平の移籍先のメジャー球団は?

まず当然、資金力がある球団に、と言いたいところですが、多くの人がご存知の通りメジャー新労使協定により、大谷翔平選手の契約総額には上限が設けられています。

ですので、25歳未満でメジャー球団に移籍することで大谷翔平選手にとっては損をすることになりますが、それでも

『メジャーの夢』を早く叶えたい

のでしょう。

そうなると、やはり『起用法』をメインでメジャー球団を絞る事になるでしょうね。

ヤンキースのシラルディ監督は、

「大谷翔平選手がDHで使えるのなら、先発を6人にできる(DH要員がいらないので)」

と語るなど、実際の大谷翔平選手の起用法にも触れているようです。

この言葉により、あの名門・ヤンキースが大谷翔平選手獲得に本腰を入れてくる可能性が高いようにも思えます

そして、これは、

2016年の日本ハムの大谷翔平選手の起用法

をベースにできるやり方ではないでしょうか。

大谷翔平選手のファンとしては、なるべく多くの投球、打席を見たいと思います。

試合数が多く、登板間隔が短いメジャーリーグでは、ピッチャーが打席に入る回数がどうしても少なくなります。

この事を考えると、『リアル二刀流』より、

DH制度のあるアメリカンリーグで多く打席数を確保

する方がいいでしょう。

 

他のメジャー球団は大谷翔平の移籍先としてどうか?

日ハムは、GM付シニアアドバイザー兼メジャーリーグスカウトディレクターとして、ランディ・スミス氏と契約しています。

この契約の目的の一つとして、

大谷翔平選手のメジャー移籍を支援するため

と言われています。

それは、このランディ・スミス氏は、

パドレス

の前シニアアドバイザーを務めていたからです。

また、日本ハムは、パドレスと太いパイプで繋がっており、2016年の秋季キャンプでは、パドレスから練習施設を借りているようです。

そういった事情もあるので、パドレスは、大谷翔平選手の情報を独自に仕入れる事が出来ているのではないでしょうか。

しかし、大谷翔平選手の調整法、起用法は単純ではありません。

日本ハムは二刀流の大谷翔平選手に、オンリーワンのサポートを行っています。

仮に、そんな細かいサポートの情報を、パドレスと共有が出来ているのであれば、これはパドレスにとって、かなり有力に働くのではないでしょうか。

メジャー移籍には失敗がつきものですから、失敗のリスクを最小限にする必要があります。

大谷翔平選手の調整法や、日本ハムが持っている大谷翔平選手の操縦法等を、パドレスが細かく理解しているようであれば、大谷翔平選手のメジャーで活躍する確率が増す事でしょう。

ただ、パドレスはナショナルリーグの球団になるので、残念ながらDH制度がありません

その部分が、非常にネックとなるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、大谷翔平選手のメジャー球団の移籍先について考察しました。

結果として、

  • DH制度のある『アメリカンリーグ』
  • 日本ハムとパイプのある『パドレス』

が良いという結論に至りました。

おそらく大谷翔平選手は、『球団名』より、二刀流としての『起用法』を重視すると思います。

そう考えると、より良い提案が出来る球団を選ぶでしょうね。

もちろん、日本のファンからすると、とにかく大谷翔平選手の活躍する姿を見たいでしょう。

筆者の個人的な意見ですが、大谷翔平選手の打撃がとても好きなので、DH制度があり、田中将大選手がいる『ヤンキース』への移籍が一番良いと思っています!

日本人選手の活躍により、ワールドシリーズ制覇!ということになれば嬉しいですよね。

いずれにしても、大谷翔平選手の今後の活躍に目が離せないです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球, 野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.