星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

革靴とスニーカー通勤のメリットや違いを比較!健康との関係を考察

更新日:


最近ちょっと変わったニュースが流れました。

スポーツ庁から、

会社員は、スニーカーでの通勤を奨励する

という話です。

「なんでいまさらスニーカー通勤なのか?」

という疑問は当然湧きますよね。

奨励する目的は、運動不足になりがちな会社員に、常日頃から歩いてもらうことで健康増進に役立てることらしいです。

その結果として、膨らみ続ける医療の削減にも寄与するだろうというわけです。

数年前から『クールビズ』という、ノーネクタイなどのカジュアルな軽装で、冷房のエネルギー消費を抑えようという試みにも、一脈相通じるものでしょう。

そこで今回は、革靴とスニーカーの通勤のメリットや違いを比較し、健康との関係を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

革靴とスニーカー通勤のメリットと健康との関係は?

男女を問わず、会社員の通勤時の靴は紳士靴やパンプスなどの革靴が一般的です。

スニーカーで通勤する人は、あまり見たことがありません。

それでは、スニーカーを通勤時に使うとすると、普通の革靴と比較して、メリット・デメリットを考えてみましょう。

 

このスニーカー通勤のデメリットは、

靴だけカジュアルなのに、服装はフォーマル

という、見た目のミスマッチが挙げられます。

背広にネクタイ、しかし足元はザックリとした布のスニーカー。

これは想像しただけでも、あまりしっくりきませんね。

女性の場合でも、上は地味なツーピースなのに靴は運動靴…。

これまた取引先のお客さんが見たら、

「えっ!…」

と違和感しか感じません。

ただ、これに対する対策はあります。

つまり、

革靴を別に持っていき、会社に入る前、人に会う前に履きかえればよい

のです。

荷物は増えますが単にそれだけですから、大きな問題にはなりませんよね。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.