原千晶、子宮頚がんで激太り?現在は「よつばの会」設立で奮闘

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1994年、クラリオンガールに選出されて以降、グラビアモデルとしても活躍していたタレントの原千晶。

彼女は二度も子宮がんに襲われたものの、闘病の末ガンを克服しています。

原千晶はがんという大病を患い、克服してからというものの『太ってしまったのでは?』とネットで噂になっているよう。

がんという病気の影響があって、太ってしまったのでしょうか。

また現在往年の頃と比較して、テレビで姿を見ないという声も一部で聞こえています。

原千晶は、現在はどのような活動をされているのでしょうか。

本記事では、原千晶ががんに罹ってしまった背景や、太ったことのがんとの関係、現在の活動をまとめていきます!

原千晶を襲った二度の子宮がん

クラリオンガールにも選出され、1997年には篠山紀信とタッグを組み、セクシー系写真集をリリース。

モデルとしても世の男性ファンを魅了した美ボディーの持ち主であったタレントの原千晶。

そんな彼女を激変させる出来事が、2005年の精密検査を機に判明します。

それまでとくに身体に異常があったということもなく、2005年の精密検査も人間ドッグのような感覚で行ったのだと思います。

この何気なく受けた精密検査で、最悪なことに原千晶さんに子宮頸がんが見つかってしまうのです。

医師から子宮の全摘を勧められたものの、子供を産めない身体になってしまうため子宮の全摘を躊躇した原千晶。

そこで子宮の全摘を回避できる道を探り、とりあえず円錐形切除によって子宮を残す方法での治療がスタートします。

しかし、ささやかな希望すらも打ち砕く最悪な方向に事態は向かうのです…。

子宮を残す形で勧められていたがん治療でしたが、2009年に子宮頸がんが再発

さらに、子宮体がんとリンパ節への転移が見られ、もはや命が助かるためには、子宮全摘しか道がなくなってしまったのです。

やはり自身の命が大事ですから、原千晶は子宮を全摘し、抗がん剤治療を続け、闘病生活に入ります。

そこには、想像をはるかに超える抗がん剤治療の辛さが待っていました。

髪の毛は抜け、身体全体がしびれてしまうなど、心身ともに相当なダメージを負う辛さを感じていたのだとか。

いくらがんが治る時代になったと言っても、完治させるためには、まだまだ想像を絶する戦いをする必要があります。

原千晶は、子宮がんに二度も襲われ、我々の想像を絶するような闘病生活を繰り広げられていたのです。

原千晶が激太りした理由

セクシー写真集をリリースしていた頃と比較すると、原千晶はかなり太ってしまった印象が強いですよね。

ブレイク当時はグラマラスで美しい印象だっただけに、現在の姿を見てしまうと太ってしまったというイメージが強く残ってしまうのでしょう。

原千晶が太ってしまったことには理由があるよう。

子宮がんによる子宮全摘後、しばらくは過度に動けなかったそうなのです

身体の安静を求められてしまうため、どうしても身体が太りやすくなってしまうのだとか。

それに、原千晶の場合、リンパ節までがんが転移してました。

2010年5月まで、抗がん剤治療を続けていたという原千晶。かなり壮絶な闘病生活を乗り越えてきたのでしょう。

原千晶の現在

二度も原千晶を襲ったがんを見事克服し、生命保険会社アフラックのインタビューに応えた原千晶。

そこで彼女自身、手術で子宮を全摘出した時よりも、抗がん剤治療を受けていた時の方が、何倍も辛かったと語っていました。

もちろん、精神的な部分だけを見れば、子供が産めなくなることへのショックは計り知れません。

そのことから逃げるかのように原千晶自身、定期検診も一時は行かずに医師へ不義理をしてしまった事もあった、と言うのは事実だったようです。

しかし、その時の辛さよりも何倍も辛かったというのですから、きっと想像を絶する苦しみが原千晶を襲い続けていたことでしょう。

抗がん剤治療を受けるたびに、髪の毛は抜け落ち、全身にしびれが襲い、身体もむくみ、夜も眠れぬ日々がずっと続いていたというのです。

原千晶は、がんと向き合い壮絶な戦いの末に克服されています。

その代償として、激太りになってしまった部分は否めません。

がんと戦う女性を支援するため『よつばの会』を設立

現在原千晶は、『よつばの会』という女性特有のがんにかかっている女性たちを支援するための会合の代表を務め、講演会による情報共有など様々な活動を展開されています。

原千晶自身、がん治療で入院していた際に、隣のベッドの人と会話することもなかったそうです。

医師などに支えてもらっていたことはあるものの、患者同士で支え合うことができず、一人孤立してしまった過去があったのだとか。

できることなら同じ境遇の患者同士で、情報や悩みを共有できる会合を開設できたら…という想いがあり、この『よつばの会』の設立に至ったそうです。

今後もタレントとしての活躍はもちろんのこと、がん患者たちの大きな支えとなる存在として、原千晶の活躍に期待したいものですね。

原千晶のがんは完全に克服した?

原千晶は現在、二度も彼女を襲ったがんを克服。つまりがんを完治させました。

TBSの情報番組『ひるおび!』や、NHK『あさイチ』のコメンテーターとして出演しています。

がんを完治させ、人のため奔走している原千晶。

その姿には見習うべき点がたくさんあるように感じられます。

原千晶の夫は?

『ひろおび』に出演した際、2010年10月10日に結婚していたことを報告した原千晶。

夫となった1歳年上の男性は、辛い闘病生活を側で支え、原千晶に子供ができないことを知った上で、プロポーズしてくれたといいます。

そんな2人の馴れ初めは2007年に放送されたの昼ドラ『母親失格』の仕事で出会い交際に至ったそう。

ちなみに原千晶の夫となった男性の職業はプロデューサー。

ウィキペディアで『母親失格』のプロデューサーを調べると、市野直親、大久保直実、大超大士と書かれていることからこの3人のうちの誰か1人が原千晶の夫となった男性だと推測できます。

その男性はワイルドな風貌で俳優の浅野忠信に似ているのだとか。

まとめ

セクシータレントとして一世を風靡していた原千晶。

世の男性の憧れの的であった彼女を、子宮頸がんや子宮体がんが突然襲います。

原千晶は子宮全摘出手術をし、さらに抗がん剤治療による副作用との壮絶な戦いを続けてきました。

その結果、身体のしびれやむくみなど様々な副作用に苦しめられ、結果としてがんを克服したものの以前よりも太ってしまったそうです。

辛い闘病生活を乗り越えた原千晶は、同じ癌で苦しむ女性患者たちの支えとなるため『よつばの会』という会合を設立。

現在は、講演活動などもされています。

原千晶には、この活動を通じて彼女の目的でもある一人でも多くのがん患者たちの支えになってあげてほしいですね。

ページトップへ