星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

猿の惑星聖戦記(映画)のあらすじから結末ネタバレまでチェック

更新日:

みなさんは、1968年4月に公開された映画『猿の惑星』を知っているでしょうか。

間違いなく今の若者たちには知られていない映画だと思います。

人類のルーツである猿人が住む惑星に、とある現代人が迷い込み、猿人たちの脅威から逃亡していく物語として当時公開されました。

その『猿の惑星』第1作に続くストーリーとして、最新作『猿の惑星聖戦記』が2017年10月13日に日本で公開されます。

果たして、どんな事情により猿の惑星の猿人が、さまよい込んだ現代人たちを襲い始めたのか。

その理由も明らかになっていきます。

本記事では『猿の惑星聖戦記』のあらすじから結末までをネタバレしていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『猿の惑星聖戦記』が遂に公開!!

スターウォーズ、ハリーポッター、007シリーズなど、これまで数々のシリーズ作品を世に輩出してきたハリウッド映画。

その一つとして、

  • オリジナル5作品
  • リメイク版1作品
  • リブート版3作品

が公開されているロングシリーズ作品が『猿の惑星』シリーズ。

そして、現在リブート作品の3作目としてアメリカで公開され、日本では2017年10月13日に公開の映画作品が、『猿の惑星・聖戦記』です。

映画『猿の惑星』は、タイトル通り、人間のルーツである猿人類を中心に描いた映画作品です。

 

当時のストーリーを簡単にお話ししておくと、

とあるアメリカ人宇宙飛行士が猿の惑星へと降り立ち、その地に捕らえられていた一人の少女とともに逃げ出すストーリー

でした。

そして、猿人達の脅威から逃げた先に彼らを襲った運命とは、その惑星が

後の人類(自分たちが)暮らしている地球という惑星だった

という事実だったのです。

要は、

猿人類と未来人の一つの戦いが繰り広げられた映画作品だった

というわけ。

とりあえず、『猿の惑星』の話はここまでとして、その『猿の惑星』で描いた世界観に繋がる映画作品として作られたのが、俗に言う

猿の惑星シリーズ・リブート作品

と言われる映画作品です。

2011年8月公開の『猿の惑星:創世記』に始まり、それに続く作品として2014年に公開されたのが『猿の惑星:新世紀』。

そして、その最終章として、新世紀で描かれた2年後の世界を描き、

『猿の惑星』第1作に繋がっていく

と言われているのが、『猿の惑星・聖戦記』なのです。

そもそも猿人たちは、なぜ未来の自分たち(人間たち)を襲い始めたのか。

そして、ある少女が猿の惑星に捕らえられている理由も、この『猿の惑星・聖戦記』で明らかになっていくものと思われるだけに、非常に楽しみな一作ですね。

まだ観ていない人は、ぜひ『猿の惑星』で描かれた謎の真相を確認してみてください。

 

映画『猿の惑星・聖戦記』のあらすじ

スターウォーズシリーズのように、世界観が一周され、第1作へと繋がる作品としてストーリーが描かれている映画『猿の惑星・聖戦記』。

先程もお話ししたように、この作品は『猿の惑星』シリーズ第1作に続くリブート作品の最終章です。

これにて、ひとまずシリーズ作品としては見納めとなるものと考えられます。

それだけに、これまで謎とされてきた世界観などがはっきりわかることとなり、よりリアルに『猿の惑星』の全貌が明らかになっていきます。

では、そんな映画『猿の惑星・聖戦記』のあらすじを紹介していきますね。

 

猿達のリーダーであるシーザー。

彼は、仲間たちと共にミュアウッズの森で仲良く平和な日々を送っていました。

そんな中、この平穏な日常をぶち壊すかのように、マッククロウ大佐が率いる冷酷非情のアメリカ軍(アルファ・オメガ軍)が襲いかかります。

このアルファ・オメガ軍の急襲を受け、シーザーは妻子の命を奪われてしまうのです。

シーザーは、一度はアメリカ軍の兵士を捕らえながらも、彼らを釈放し、アメリカ軍に危害を加えない存在とアピールしつつ彼らに歩み寄ろうとしたのです。

にも関わらず、冷酷非情な態度を取られ、自分の妻子の命を奪われたシーザーは悲しみに明け暮れ、米軍に対して復讐を誓います。

そして、他の仲間たちを大佐の手の届かない砂漠へと逃した上で、

共に復讐の旅を決意した

  • オランウータンのモーリス
  • チンパンジーのロケット
  • ゴリラのルカ

と共に旅を始めるシーザー。

その想いは時間とともに増幅し、いつしか、かつて仲間だったコバのように復讐に取り憑かれてしまいます。

そして、釈放したはずのアメリカ軍脱走兵の一人の命を奪ってしまうのです。

その脱走兵には一人の娘がいました。

彼女は口をきけず、シーザーが脱走兵を倒したために孤児となってしまうのです。

我に返ったシーザーは、自責の念からか、彼女をノヴァと名付け連れて行くことにしたのです。

そして、この復讐の旅の末に、マッククロウ大佐のアジトとなる巨大要塞にたどり着きます。

またしてもそこで復讐の念に駆られ、シーザーは猿の存亡も危ぶまれる絶体絶命の危機を招く行動を起こしてしまうのです。

そして、一方では、人類たちも予期せぬ退化の兆候が現れ、猿人へと変貌していくのですが…。

 

と、以上が、映画『猿の惑星・聖戦記』の簡単なあらすじとなっています。

猿の惑星で、猿人達が、なぜ人類に対して敵対視していたのか。

そして、猿の惑星で捕らえられていた少女の正体なども、

『猿の惑星・聖戦記』を通じて明らかになること

が、あらすじを見ていくだけでも想像できますよね。

 

映画『猿の惑星・聖戦記』の結末ネタバレ

人間vs猿人の戦いを中心に、その背景や結末が描かれている映画『猿の惑星・聖戦記』。

やはり気になるのは、その結末ですよね。

あくまでざっくりではありますが、先に結末を知りたい人のために、どんなラストを迎えていくのかネタバレしていきます。

 

まず、シーザー達が平穏に暮らしていた森が急襲を受けることになった理由は、

レッドという猿のスパイの仕業

だったのです。

このレッドに翻弄される形で、シーザーたちは急襲を受けることとなり、大切な家族を亡くす事態に陥ってしまったのです。

このレッドの考えも、おそらくは人間たちにスパイとしてチヤホヤされることを良しとしていたところにあったのだと思います。

当然、報酬なども得られ、優雅な暮らしもできていたでしょうから、己の欲望が、ここまで堕落させる象徴と言えそうですね。

さて、話をもとに戻しますが、この映画『猿の惑星・聖戦記』ではシーザー達が復讐の旅をしていくわけですが、道中で、

このレッドに拘束され、収容所に監禁されてしまう

事態に陥ります。

モーリス達や道中で出会ったチンパンジーのバッド・エイプのお陰で、なんとか窮地を脱出し、収容所から逃れ、大佐の元までたどり着くわけです。

いざ大佐を目の前にしたら、シーザーは銃口を突きつけるも復讐を遂げることはできず、躊躇している間に大佐が自ら命を散らしてしまいます。

さらに大佐の巨大戦艦を爆破し、再び猿人たちに平和が訪れようとしていたのです。

既にシーザーはボロボロの状態で、逃げることはできず、モーリスから息子が実は生きていたことを告げられ、安堵し亡くなります。

共にリーダーを失った猿人とアメリカ軍ですが、無益な戦いの天罰が訪れ、結局、彼らは破滅の道をたどることになってしまうのでした。

 

というのが、現在わかっている中での『猿の惑星・聖戦記』の結末ネタバレです。

あくまでざっくりとしか語っていません。

なので、詳細に関しては、ぜひ、映画『猿の惑星・聖戦記』を観ていただけたらと思います。

いずれにしても、この映画シリーズの最終章にふさわしい、悲しい結末(バッドエンド)で幕を閉じることだけは間違いなさそうです。

それにしても、この映画作品が、『猿の惑星』第1作に繋がると言われているのに、いくつか不可解な点が浮き彫りになっていますよね。

その中心にいるのが、ノヴァという少女の存在です。

確か『猿の惑星』第1作では、宇宙飛行士と遭遇し、猿の惑星から逃亡を図ろうとしていたはずなのです。

それが、猿の惑星・聖戦記では、猿人のリーダーであるシーザーと行動をともにしています。

元々アメリカ軍の兵士の娘ですから、人間サイドの人物ですが、そもそも時代背景は、聖戦記のほうが前の世界が描かれているわけです。

その時点で猿に味方していたわけですから、急に手のひらを返したような扱いはあまりにも不自然。

しかも、結末として描かれているのは双方の破滅というのに、

第1作では宇宙飛行士が猿の惑星へと不時着するところからストーリーが展開されている

わけです。

これもある種、繋がりが見えたというよりは、余計ややこしくなった印象すら伺えます。

いろんなものが見えることで話がややこしくなるのも、実に皮肉なものですが、その詳細は、やはり実際に映画『猿の惑星・聖戦記』を観るしかないでしょう。

 

まとめ

いよいよ、日本で公開の映画『猿の惑星・聖戦記』。

一見、猿人vs人間の戦いが描かれた作品のように見えます。

しかし、あらすじから結末までのネタバレを探っていく中で、この映画のメッセージ性が色濃く伺える、実に素晴らしい映画であることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.