星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

巨人のドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介!1位は誰?

更新日:

2017年の読売巨人ジャイアンツは、Bクラスの4位となり、これでようやく、12球団でクライマックスシリーズに出場できなかったチームが全てが出そろいました。

巨人の場合、ベテランに頼りすぎるうえ、育成能力もないので、これから暗黒時代が続いていくことでしょう。

まぁ自業自得とも言えますが、巨人ファンの人からすれば、ふざけるなという感じですよね。

となると、なんとしても素質ある若手を発掘しなければなりません。

そのためには、2017年のドラフト会議で、素晴らしい選手を指名したいところ…。

当記事で、そんな巨人の2017年のドラフト会議がどうなったのか、指名結果と選手の評価を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

巨人のドラフト会議2017の補強ポイントは?

2017年のプロ野球セ・リーグは、巨人が4位という結果に終わり、クライマックスシリーズ進出を逃しました。

巨人は散々で、防御率1位にもかかわらず4位…。

これはあまりにもひどいですよね。

また、防御率1位と言っても、それに大きく貢献しているのは3本柱の菅野・田口・マイコラス…。

この3投手と、ルーキーながらも健闘した畠投手くらいではないでしょうか。

中継ぎでは、マシソン投手やカミネロ投手くらい…。

いい投手と悪い投手の出来が、あまりにもはっきりしすぎている印象もありました。

また、打線は前半戦から貧打が目立ち、相変わらず阿部選手や村田選手といったベテラン頼み。

打率が.260付近でパワーも落ちてきた彼らが中軸を打っているようでは、巨人の浮上は無理でしょう。

ただ、鹿取GMは育成の方針を打ち出しているようで、若手起用のためもあって、村田修一選手を自由契約に…。

20億をかけて補強した選手は、マギー選手以外は役立たずでした。

FA移籍選手はもちろん、トレードで加入した選手も、吉川光夫投手より、おまけでついてきた石川慎吾選手の方が素晴らしかったという始末…。

と、このようにあらゆることが裏目に出ている2017年の巨人を見て、補強ポイントはどこかというなら…。

全部

です。

投手も野手も、全てにおいて補強が必要でしょう。

投手も、マイコラス投手やマシソン投手の去就が不明。

野手は、ベテランばかりでこのままでは世代交代ができずさらにどん底へ…。

野手、投手バランスよくドラフト会議で指名する必要があります。

では、巨人は誰を2017年のドラフト会議で指名したのでしょうか?

 

ドラフト会議2017!巨人の指名選手と評価を紹介!

さて、巨人は一体、誰をドラフト会議で指名したのでしょうか?

まず、巨人は清宮幸太郎選手を指名したものの、7球団競合の末にくじで外れ…

その後、村上宗隆選手を指名するも、またもやくじで外れてしまいました。

いきなり外れ続きのスタートの中、最終的に巨人が指名をしたのは、以下の通り。

巨人のドラフト指名選手一覧

1位 鍬原 拓也 (中大)

2位 岸田 行倫 (大阪ガス)

3位 大城 卓三 (NTT西日本)

4位 北村 拓己 (亜大)

5位 田中 俊太 (日立製作所)

6位 若林 晃弘 (JX―ENEOS)

7位 村上 海斗 (奈良学園大)

8位 湯浅 大 (高崎健康福祉大高崎)

かなり多いですね。巨人は枠が結構キツイのですが、それでもここまで指名するとは…。

しかも、かなり微妙なドラフトと言ってもいい気がします。

せっかく宇佐見選手が台頭してきたのに、わざわざ捕手を2人も上位で指名する必要があったのか謎。

宇佐見選手を本格的にファーストへコンバートさせるのでしょうか?

さらに、先発不足や中継ぎ不足で苦しみ、マシソン投手やマイコラス投手の去就が不明という状況は、どうみても投手不足だと思うのですが、投手指名は1位の鍬原投手のみ。

しかも、野手は内野ばかりを指名しています。

確かに二遊間はセカンドは人がいないため、仕方なくマギー選手をセカンドにするレベルです。

ショートは坂本勇人選手に何かあったら、控えが誰もいません。

貧打ばかりに苦しんだので、長打が魅力の選手を指名するかと思いきや…。

それにしては打撃力に難のある選手ばかりで、何を考えているのかさっぱりです。

早速、1人ずつどんな選手なのか、評価を紹介します。

巨人のドラフト1位指名選手 鍬原拓也 (中大)

巨人が外れ外れ1位で指名したのは、1位候補に入っていた鍬原拓也投手でした。

鍬原拓也投手は最速152キロのストレートが魅力的な本格派右腕。

スライダーやカットボール、2種類のシンカーで緩急をつけますが、筆者としては、もう1つ落ちる球がほしいと思うところですね。

コントロールはそれほどよくなく、通算与四死球率は4.60とやや高め。

コントロールの克服が飛躍のポイントになりそうです。

巨人のドラフト2位指名選手 岸田行倫 (大阪ガス)

巨人がドラフト2位で指名したのは、

社会人No.1捕手

と名高い岸田行倫選手です。

岸田行倫選手は、高卒3年目の捕手で、まだまだ粗削りな部分が多い選手です。

投手として最速145キロを計測したこともある強肩は、捕手としても活かされています。

二塁到達1.9秒、遠投110メートルの強肩を武器に、楽天のスカウトからは

「プロにも走られないと思う」

と言わしめました。

どちらかというと、打撃が魅力でセンスを感じ、ポジションもサードなど内野ならばある程度こなせるので、コンバート目的で獲得したのかもしれないですね。

巨人のドラフト3位指名選手 大城卓三 (NTT西日本)

巨人がドラフト3位で指名したのは、またもや捕手の大城卓三選手。

大城卓三選手は187センチ86キロの大型捕手で、何と言っても二塁到達1.8秒という強肩、そして、

大学時代は首位打者、MVP、2度のベストナイン

に輝いた打撃力も目を見張るものがあります。

長打だけでなく、アベレージも稼げるのが素晴らしいですね。

同じ左打者として、阿部慎之助選手から、阿部イズムを受け継いでほしいところです。

巨人のドラフト4位指名選手 北村拓己 (亜大)

巨人が4位指名したのは、北村拓己選手。

ショート、サードを守れる強肩の内野手で、バッティングはフルスイングが特徴です。

大学での通算打率は.336と安定感があり、2016年秋にはサードでベストナインに輝いています。

巨人のサードはポジションが空き、激戦区となることが予想されます。

ルーキーイヤーから、サードのレギュラー争いに食い込めるか注目しましょう!

巨人のドラフト5位指名選手 田中俊太 (日立製作所)

巨人がドラフト5位で指名したのは、日立製作所の田中俊太選手。

この田中俊太選手は、なんと、広島のリードオフマン・田中広輔選手の弟!

タイプとしては守備型の選手で、守備範囲が広く、とってから送球までの動作が早いことがアピールポイント。

打撃も鋭い打撃を打てますし、兄・田中広輔選手同様広角に打ち分け、選球眼も備わっています。

超攻撃的セカンドとして田中俊太選手が成長し、今度こそ、『仁志の呪い』脱却を目指したいところですね。

巨人のドラフト6位指名選手 若林晃弘 (JX―ENEOS)

巨人がドラフト6位で指名したのは、内野手の若林晃弘選手。

ただ、セカンドとはいうものの、サードやファーストを守ることもあり、さらには打撃ではスイッチヒッター。

また、経験はないものの、守備での動きを見ると、野球ファンやスポーツ紙記者ともに、

「ショートもいけそう」

と評価しています。

今でいえば、阪神・大和選手のようなユーティリティープレーヤーと言えると思います。

仮に大成しなくとも、ユーティリティープレーヤーとして守備固めや代走としての活躍も見込めるので、チームに1人はいてもいい便利枠になりそうな予感がします。

巨人のドラフト7位指名選手 村上海斗 (奈良学園大)

巨人がドラフト7位で指名したのは、奈良学園大の村上海斗選手。

村上海斗選手は外野手で、大学時代は主にDH、センターで出場しました。

村上海斗選手最大の特徴は、189センチ94キロというその巨体!

巨体ながら、遠投110メートル、50メートル走は5.8秒と身体能力に申し分なく、センターとしても平均以上の動きは可能です。

打撃は恵まれた体から鋭い長打を飛ばすものの、打率がイマイチでミート力はまだまだ。

今後の成長が期待されるため、野手の育成力皆無である巨人とは合わないような気がしますが…

巨人のドラフト8位指名選手 湯浅大 (健大高崎)

巨人がドラフト8位で指名したのは、湯浅大選手。

完全にノーマークだった選手で、調べてみてわかったのですが、筆者と同じ誕生日だったので、なんとなく親近感を覚えました。

湯浅大選手は172センチと野球選手では小柄なものの、守備力がかなり高く、高校生ながら守備力に注目されている珍しい選手です。

また、走塁力もあり、健大高崎の『機動破壊』野球の象徴として活躍しました。

いわゆる典型的な走守タイプの選手なので、課題は打撃です。

プロレベルまで引き上げることができれば、現在コーチとして巨人に在籍している小坂誠コーチのような選手になれるのではないでしょうか?

 

以上が、巨人が2017年のドラフト会議で指名した選手たちです。

この他にも、育成ドラフトでも

  • 1位 比嘉賢伸 (盛岡大付)
  • 2位 山上信吾 (常磐)
  • 3位 笠井 駿 (東北福祉大)
  • 4位 田中優大 (羽黒)
  • 5位 広畑塁 (立正大)
  • 6位 小山翔平 (関西大)
  • 7位 折下光輝 (新野)
  • 8位 荒井颯太 (関根学園)

と8人の指名をしています。

総勢16人ですが、人数の割に、どうも微妙な選手ばかりな気がするのはどうしてでしょう…。

 

まとめ

2017年の巨人のドラフト指名選手の情報を紹介しました。

巨人としては、かなり微妙なドラフトになってしまいましたね。

1位で清宮幸太郎選手、村上宗隆選手を外してしまったのは仕方ないにしても、その後の2位以降があまりにも謎過ぎます。

小林誠司選手と宇佐見真吾選手がいながら、捕手を2人指名。

さらには打力に欠ける内野手ばかり指名するなど、ちょっと意図が読めません。

この分だと、当分は巨人の暗黒時代は続いていきそうです…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.