星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

小説

アンドロイドは電気羊の夢を見るか(小説)の意味とネタバレを解説

投稿日:


映画『ブレードランナー』の原作として名高い、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』。

フィリップ・K・ディックの小説のタイトルには、変わったものが多いのですが、その中でも、このタイトルはずいぶん風変わりですね。

アンドロイドが夢を見る?

しかも『電気羊』の夢とは?

電気羊とはいったい何のことなのか?

確かに変わった題名ではありますが、この『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』という題名には、ちゃんとした意味があるのです。

今回は、フィリップ・K・ディックの名作、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』のタイトルの意味とネタバレを解説していきます!

スポンサーリンク

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』の意味とは?

それでは『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』というタイトルの意味とは、どんなものなのでしょうか。

実際にフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』を読んだことのある人ならば、すぐおわかりのことと思います。

このタイトルは、

小説全体のテーマを現している

のです。

これで解説は終わりです…。

これでは、

「それじゃまるでわからない」

と言われてしまいますね。

次項のネタバレでも書くつもりですが、まずこの小説の舞台から見てみましょう。

この小説の舞台は、2019年のアメリカです。

現在は2017年ですから、2019年はわずか2年先のことです。

わずか2年では、2019年になっても社会状況や科学技術は、現在とあまり変わっていないでしょう。

しかし、この『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』が書かれたのは、

1968年

のことです。

この1968年は、アポロの月面着陸の前年でもあり、現在から見ると半世紀近く前のことなのです。


次のページへ >

-小説

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.