星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

広島カープのドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介!

更新日:

2017年もリーグ優勝を果たし、セ・リーグ連覇を果たした広島東洋カープ。

若手・中堅・ベテランの全てが噛み合っていて、向こう数年はAクラス安泰といえる人材の豊富さが取り柄ですよね。

このように、あらゆる面で選手層が厚く充実しているからか、広島カープの2017年のドラフト会議は、指名選手をかなり絞り込んでいます。

上位は円滑に世代交代を進めたい部分、そして全体的には素材重視となる見込みです。

では、広島カープは一体誰をドラフトで指名したのでしょう?

当記事では、広島カープが2017年のドラフト会議で指名した選手の評価を紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

広島カープのドラフト2017!1位は中村奨成!

広島カープは、2017年のシーズンも圧倒的な強さでリーグ優勝を果たし、連覇を達成。

鈴木誠也選手の離脱以降、やや戦力が落ちて勝ち星に悩まされた時もありましたが、あれだけ大型連敗が多かったセ・リーグで、4連敗が最多連敗でしかなかったという安定感を見せつけました。

そんな広島カープの現在の戦力を見ると、ドラフト会議など不参加でもいいのでは?とさえ思わされる戦力の充実さ。

若手からベテランまで全員が噛み合うという、同じく選手層が充実しているソフトバンク以外の球団が羨むような戦力です。

そんな広島カープが、2017年のドラフト会議では誰を指名したのでしょうか?

広島カープの2017年のドラフト会議は、事前公表通り、地元期待の星である

中村奨成選手

の指名に成功しました、

広島の広陵高校の中村奨成選手は、出身も地元・広島県廿日市市の大型捕手。

数々の甲子園記録を塗り替え、打撃で大爆発し、一気に注目を集めるようになりました。

打撃だけでなく、守備も既にプロとして通用するレベルで、二塁までの送球到達タイムが1.9秒~2.0秒。

リードなどを学べば、間違いなく将来の正捕手候補となるでしょう。

ドラフト会議では、中日との競合になりましたが、くじ引きの末、見事広島カープが引き当てたのです。

中日ファンの筆者としても、森監督が言っていたように、

「広島の子が広島に行けてよかったな」

と思います。

プロ野球界の人気のことを考えれば、やはり地元出身のスターが誕生する方が、盛り上がりますからね。

 

広島カープのドラフト2位以下選手情報を紹介!

続いては、広島カープのドラフト2位以下の選手の紹介をしていきます。

広島カープは、中村奨成選手を含め、ドラフト会議で6人の指名をしました。

広島カープのドラフト2位指名選手 山口翔(熊本工)

広島カープがドラフト2位で指名したのは、熊本工業高校の山口翔投手。

山口翔翔投手は右投右打の投手で、スリークォーターから投じられる最速152キロのストレートが持ち味です。

各球団のスカウトから注目されていたポイントを見ると、

  • ストレートの質
  • 肩肘のしなやかさ

みたいですね。

シュート回転しなかった時のストレートは一級品なので、そこを矯正できれば大化けする可能性があります。

変化球はカットボールとスライダー、カーブ、フォークがありますが、一番の変化球はスライダーみたいですね。

素材型で、育て方次第では球界のエースになれる…

そんな逸材です。

広島カープのドラフト3位指名選手 ケムナブラッド誠(日本文理大)

広島カープは、去年に続き謎のカタカナ枠選手を指名しました。

それが、3位指名を受けたケムナブラッド誠投手です。

ケムナブラッド誠投手は父がハワイ生まれのアメリカ人のため、ハーフです。

そういえば、広島カープは、2016年のドラフトでアドゥワ誠投手を獲得しましたが、ケムナブラッド誠選手も

カタカナ+誠という名前の投手

なのですね。

カタカナ枠だけでも目を惹くのに、さらに名前が同じ誠で投手というのは、何かの因果なのでしょうか。

それはともかくとして、ケムナブラッド誠投手の選手の特徴に移りましょう。

ケムナブラッド誠投手は、192センチ91キロというガタイのいい右腕で、最大の持ち味はストレート。

キレがあり、さらに角度がついているのでなかなか打てません。

また、球の勢いも落ちないので、ストレートに関して言えばノビもあります。

変化球はカットボールやカーブがあります。

このように、球の威力に関して言えばすさまじいの一言なのですが、問題はコントロールです。

ややというより、かなりの制球難…

逆に言えば、制球難を克服できれば、サファテ投手のように矢のようなストレートを投じることができるので、大化けに期待したいですね。

広島カープのドラフト4位指名選手 永井敦士(二松学舎大付)

広島カープのドラフト4位指名選手は、二松学舎大付の永井敦士選手です。

右投右打の外野手。

永井敦士選手は、高校通算47発のパンチ力が魅力ですが、178センチ91キロという体格からは想像できない50メートル5.8秒の俊足も武器です。

近い将来、レフトが空くと見られているので、レフトを守れるクリーンアップ候補として育てていくのでしょうね。

広島カープのドラフト5位指名選手 遠藤淳志(霞ヶ浦)

広島カープのドラフト5位指名選手は、霞ヶ浦高校の遠藤淳志選手です。

186センチという長身から最速142キロのノビのあるストレートを軸に、カーブとスライダーを織り交ぜます。

まだまだ伸びしろのある投手といった感じで、高校時代に10キロ増量し、球速を20キロ伸ばしています。

体格としてはまだまだ細身なので、さらに筋肉をつけ、プロの体格になると、150キロ超えも期待できそうですね。

広島カープのドラフト6位指名選手 平岡敬人(中部学院大)

広島カープがドラフト6位で指名したのは、中部学院大の平岡敬人投手です。

平岡敬人投手は、186センチという長身を活かした最速152キロのストレートが魅力的。

怪我によってフォームの修正に取り組み、現在はその影響で結構苦労していますが…

プロの環境で、プロの指導を受けることで、何らかの変化がみられるかもしれません。

そういう意味でも、プロに入ることできっと平岡敬人投手にはいい影響があるので、広島カープ入団後の平岡敬人投手が楽しみですね。

 

以上が、広島カープがドラフト会議で指名した選手たちです。

なお、広島カープは育成ドラフトで

  • 1位 岡林 飛翔 (菰野)
  • 2位 藤井黎来 (大曲工)
  • 3位 佐々木健 (小笠高)

の3選手を指名しています。

全体的に見ると、1位で何が何でも欲しかった中村奨成選手を指名し、さらに育成中心でスラッガーと本格派投手を獲得しているので、数年後が楽しみな選手ばかり。

現在は戦力が充実しているので、即戦力選手はあまり指名しませんでした。

そのため、すぐに2017年のドラフト会議の結果が出るわけではないため、成功だったかどうかの判断は、少なくともここ1、2年ではできないと思います。

 

まとめ

広島カープの2017年のドラフト会議、その指名選手情報を紹介しました。

何と言っても、ドラフト1位で中村奨成選手を引き当てた…2017年のドラフトはこれに尽きるでしょう。

また、その他も将来の主力候補として、光るもののある逸材を指名したという印象を受けました。

現状では、即戦力の選手を必要としないだけに、素材型でドラフトができるのが広島カープのいい点ですよね。

戦力の充実は、素材型ドラフトで将来に繋がるというのも強みの1つだなぁと、改めて広島カープを見て実感させられましたね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.