星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

文化人・著名人

ヒカキンの身長や本名などプロフをチェック!その人気の理由とは?

投稿日:

小学生から人気のYoutuber(ユーチューバー)のヒカキンさん。

以前は、ネット民からYoutuber(ユーチューバー)というだけで叩かれていました。

しかし、現在では、ヒカキンさん再評価路線になっていて、他のYoutuber(ユーチューバー)は批判されがちなのに、ヒカキンさんだけは高評価!

「憎めないキャラ」

としてネット民からも評価されています。

では、なぜここまでヒカキンさんは人気を博すようになったのか?

そこで当記事では、人気Youtuber(ユーチューバー)のヒカキンさんについて、身長や本名などのプロフィールから人気の理由まで、探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒカキンの経歴プロフィール!身長や本名は?

まずは、ヒカキンさんのプロフィールから紹介しますね。

現在でこそヒカキンさんはYoutuber(ユーチューバー)として有名ですが、もともとは別の業界で活躍をしていたのです!

ヒカキンのプロフィール

生年月日:1989年4月21日

本名:開發光(かいはつひかる)

出身地:新潟県妙高市

身長:175cm

職業:Youtuber、ヒューマンビートボクサー

兄:SEIKIN(同じくYoutuber)

ヒカキンさんの本名は、

開發光(かいはつひかる)

といいます。

YoutuberのプロダクションであるUUUMが上場した際に、株主リストの名前で、本名が判明しました。

また、以前からヒカキンさんがライブをおこなう際、はじめの自己紹介で"開發"と名乗っていたので判明したという形ですね。

それにしても、"開發"とは、かなり変わった名字ですよね。

本当に本名なのか疑わしいような名字ですが、実は、れっきとしたヒカキンさんの本名です。

どうやら、"開發"という名字のルーツを探ると、

越中国が発祥

とのことで、現在は1800人ほどいるのだとか。

かなり珍しいように思えて、"開發"という名字の人が、2000人近く存在しているとは…。

越中国というのは、現在の富山県に位置し、この"開發"という名字は、高岡市にとくに多いとのこと。

この周辺に広がっていった名字だと考えると、隣に位置する新潟県で"開發"という人がいてもおかしくはありません。

ちなみに、ヒカキンという名前ですが、これはスキージャンプの先輩に、本名の"光"をもじって呼ばれたあだ名だったそうです。

後述するビートボックスのパフォーマンスをネットで公開していたら、ヒカキンの名前がどんどん広まったため、そのままヒカキンという名前を使っていくことにしたみたいですね。

 

続いては、ヒカキンさんの経歴を紹介していきましょう。

ヒカキンさんは、Youtuber(ユーチューバー)として活躍する前から、ヒューマンビートボクサーをしていました。

妙高市立妙高高原中学校を経て、新潟県立新井高等学校に進学。

学生時代から、上越を中心にライブ活動をしたり、Youtubeの『HIKAKIN』チャンネルでパフォーマンス動画をアップロードしていました。

ヒカキンさんがヒューマンビートボックスに興味を持ち始めたのは、『力の限りゴーゴゴー!!』のコーナー、『ハモネプリーグ』がきっかけだったみたいですね。

その『ハモネプリーグ』には、ヒカキンさんはテレビ出演も果たしていて、『青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ11』(2010年8月31日放送)に登場。

ボイパ日本一決定戦で、ファイナリスト3人の1人となり、決勝戦に出場した

という経歴を持っているのです。

この決勝戦で、ヒカキンさんは『Super Mario Beatbox』を披露。

惜しくも日本一は逃しましたが、その実力は評価され、2010年6月にYoutubeにアップされた完全版『Super Mario Beatbox』は、

2週間で200万アクセスを記録、YouTube国内月間アクセス1位を達成

という大ヒットとなりました。

この動画の記録は、アメリカの『CBS News』でもトップで報じられ、海外でも話題に。

ヒカキンさんのすごいところは、ヒューマンビートボックスを誰かに習ったわけでなく、Youtubeの動画などを見て、独学で習得した部分だと思います。

今でこそ、楽をしているYoutuberと思われがちなヒカキンさんですが、ヒューマンビートボクサーとしても実力があり、世界からも評価されていたのですね。

『ハモネプリーグ』に出演していた頃のヒカキンさんは21歳だったので、この時は高校卒業後のスーパーの店員として仕事をして生計を立てていた頃になります。

この当時は、動画投稿で生計を立てることは考えていなかったみたいですが…。

アメリカの有名Youtuber(ユーチューバー)、ミシェル・ファンさんの講演会に参加したことで、ヒカキンさんの考え方が変わります。

「好きな時間に動画を撮影して、好きな時間にその動画をアップするだけで仕事になっている」

という言葉に衝撃を受け、ここからヒカキンさんのYoutuber(ユーチューバー)としての活動が始まりました。

その後のヒカキンさんは、皆さんが知っている通り。

大人気Youtuber(ユーチューバー)となり、

  • ビートボックス動画を投稿する『HIKAKINチャンネル』
  • 一番メジャーとなった商品紹介などをする『HikakinTV』
  • ゲーム実況をする『HikakinGames』
  • プライベート動画を投稿している『HikakinBlog』

という4つのチャンネルを持ち、小中学生を中心にカリスマ的存在となりました。

また、海外の大物有名人とも共演するほどにまで至り、

2013年にはエアロスミスと、2014年にはアリアナ・グランデさんと共演

を果たしています。

この他にも、NE-YOさんとも共演をするなど、もはやセレブと言っていい扱いを受けているのがヒカキンさんです。

そんなヒカキンさんは、Youtuber(ユーチューバー)が有名になった頃は、ネット上で叩かれていたのですが…

最近は、ヒカキンさん再評価の流れになっていて、Youtuber(ユーチューバー)では圧倒的人気を誇るようになりました。

一体、ヒカキンさんの何が人気の理由なのでしょうか?

 

ヒカキンが人気の理由は性格!

ヒカキンさんの人気の理由を考えてみると、必然的にこの答えにたどり着きます。

それは…

ヒカキンさんの性格がいい

という部分です。

ヒカキンさん曰く、

「家族みんなでご飯を食べながらでも見ることのできるコンテンツをやっていきたい」

というだけあって、炎上するような動画は滅多に投稿しません。

はじめしゃちょーさんやヒカルさんなど、過激な動画で炎上しているYoutuber(ユーチューバー)とは明らかに違います。

また、はじめしゃちょーさんなど、他のYoutuber(ユーチューバー)が炎上するたびに、ヒカキンさんの聖人ぶりが増していき、相対的に評価が上昇する謎の現象が起きるほどです。

ネット上でも、

「ヒカキンは人間性が神」

「握手会動画見たけど、こんなの子供たちが憧れるに決まってるじゃん」

「子供たちを笑顔にする企画しててホントいい人だわ…」

などとヒカキンさん称賛のコメントばかり。

また、大人の対応も素晴らしいあたりが、幼稚なYoutuber(ユーチューバー)と違う部分でもあります。

アンチに対する対応や、他Youtuber(ユーチューバー)との交流の際の対応も素晴らしい!

さすが、子供に好かれるだけあって、小中学生からヒーローのような存在に思われ、人気になるのも頷けます。

これでヒカキンさん人気の理由がよくわかった気がしました。

 

このように人気なヒカキンさんですが、

「プライベートはやっぱり傲慢だったりするんじゃないの?」

などと、芸能人の裏の顔のような感覚で疑う人も多いと思います。

そして実際に、身体だけの関係を持っていたという女性(ヒカキンさんのファン)がヒカキンさんの裏の顔を暴露する事件が起きてしまったのですが…。

その裏の顔まで聖人だったと話題になりました。

関係を持っていた、という女性の話によると…。

  • 普段から質素な生活をしているため、高級品をレビューする時の反応は素のリアクション
  • コンビニを愛用していた(週刊誌にも、コンビニで買い物する姿を激写されている)
  • 交際を求めたが、ヒカキンさんはもっといい人がいるとして断り続けた
  • 普段からネガティブ思考な性格
  • 彼女や体関係だけの友人はこの女性1人だった
  • 子供に声をかけられた時は、女性に10メートル以上離れてもらっていた
  • 人の悪口は言わなかった
  • 彼女ができたからといってフラれた(現在、彼女の存在はいないので嘘をついて別れた?)

など、プライベートから聖人ぶりが伺え、本当に人柄がいいのだなと感じさせられる暴露の数々…。

この暴露した人のような身体関係の友人がいたとはいえ、結局は関係を持っていたのが、この女性1人ですからね。

通常、こういった暴露では、その人の黒い一面が出るはずなのですが、ヒカキンさんに至っては、

暴露さえヒカキンさんの株が上がるだけだった

という、性格いい人エピソードしかありません。

そして、ヒカキンさんが再評価され、子供たちからの人気の理由…。

それは、プライベートでも、そして動画上でも溢れている性格の良さにあったのでした。

 

まとめ

人気Youtuber(ユーチューバー)のヒカキンさんは、過去に『ハモネプリーグ』に出演していました。

本名が開發光(かいはつひかる)という、とても珍しい名字だったことには驚きましたね。

また、ヒカキンさんが人気の理由には、性格が良いという一面があり、その性格の良さは聖人そのもの。

ヒカキンさんの性格の良い部分を考えると、確かに、子供たちから絶大な人気があるのも頷けるなと思った次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化人・著名人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.