LINEWORKS(ラインワークス)とは?料金や使い方と評判をチェック!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEといえば、今や知らない人がいないほどのメッセージアプリですよね。

そのLINEですが、実はビジネス向けのLINEともいえるアプリがあることを知っていましたか?

その名も、『LINE WORKS(ラインワークス)』。

かなり便利だそうで、とくに本部と店舗が離れている会社などで使われているとのこと。

では、具体的に『LINE WORKS(ラインワークス)』は、一体どういう使い方をするのでしょう?

また、使用するのに料金がかかるのかも気になるところ。

当記事で、『LINE WORKS(ラインワークス)』について、料金や使い方などとともに、評判を調査していこうと思います。

[adsense]

『LINE WORKS(ラインワークス)』とは?

『LINE WORKS(ラインワークス)』とは、そもそもどんなアプリなのでしょうか?

“LINE”とついているのですから、『LINE』の一種なのでしょうが…。

 

この『LINE WORKS(ラインワークス)』というのは、

LINEと、その兄弟会社であるワークスモバイルが提供しているメッセージアプリ

です。

ビジネスコミュニケーションツールを称しているだけあって、基本的には法人や団体向け。

個人用で使うことには向いていません。

もともとは、ワークスモバイルが提供する『Works Mobile』でした。

その最新版のアップデートで、名前が『LINE WORKS(ラインワークス)』に変更となったわけですね。

前身である『Works Mobile』は、1企業内での利用を考えていたアプリでした。

しかし『LINE WORKS(ラインワークス)』は、ここから進化し、

顧客や取引先との連絡も想定した『外部トーク』

も追加されました。

『LINE WORKS(ラインワークス)』の機能はというと、

  • トーク
  • 掲示板(ホーム)
  • 組織階層型アドレス帳
  • メール
  • 予定表(カレンダー)
  • ファイル共有(Drive)
  • 管理機能

といった、ビジネス用に便利な機能を搭載しています。

それぞれの機能を確認してみましょう。

トーク機能

トーク機能は、『LINE』でおなじみの機能ですね。

写真や動画、ファイル、位置情報の共有はもちろん、無料で音声・ビデオ通話も利用できます。

また、先ほども触れたように、『外部トーク』機能があります。

『LINE』を利用している顧客や『LINE WORKS(ラインワークス)』を利用している取引先と連絡が取り合えます。

なお、この機能は、1対1のみのトークが可能なので、そこは注意してください。

掲示板(ホーム)機能

チーム全体への情報共有や周知ができます。

組織単位やトピック単位で掲示板を作成し、アクセス権限を設定できるので便利ですね。

また、掲示板機能には

必読設定

があり、投稿を上位に表示させることができるので、最重要連絡事項なども漏らさず知らせることができますよ。

組織階層型アドレス帳

アドレス帳は、階層型組織表現や兼務など、日本の企業文化に対応した作りになっています。

連絡先からトークやメール、会議招集をすることもできるので、連絡しやすいですね。

メール

メール機能は、トークや予定登録、Driveと連携しています。

メールは国際認証を取得している強固なセキュリティで守られていて、大容量ファイルの送受信も可能になっていますよ。

この大容量の送受信は、独自技術とのことです。

予定表(カレンダー)

カレンダー予定から、会議参加者へのチャットやメールもできるようになっています。

ファイル共有(Drive)

ファイル共有は、大容量のクラウドストレージによるDrive機能で共有できるシステムとなっていて、セキュリティ対策もバッチリ。

なんと、ワンタイムパスワード認証や有効期限の設定が可能になっているのです。

スマートフォンから資料の保存・共有・確認が可能ですし、セキュリティ対策もできているので安心ですね。

 

こうしたまさにビジネス向きのLINEという印象がある『LINE WORKS(ラインワークス)』。

ただ、利用する際には1つ問題点があります。

一体、料金などはどれくらいかかるのでしょうか?

 

『LINE WORKS(ラインワークス)』の料金はいくら?

法人・団体向けのビジネスツールである『LINE WORKS(ラインワークス)』。

独自技術なども使われているだけに、使用料金が無料とはいかないでしょうし、気になりますよね。

そこで、『LINE WORKS(ラインワークス)』の料金を調べてみると…。

料金プランが3つに分かれていて、さらに月額プランと年額プランで料金プランが分かれているとわかりました。

てっきり1つだけだと思っていたのですが、細かい区分があるのです。

プランは、

  • ライト
  • ベーシック
  • プレミアム

の3つ。

それぞれの料金プランを見てみましょう。

『LINE WORKS(ラインワークス)』の料金プラン1 ライト

ライトプランは、メール、カレンダー、Drive機能が利用できません。

また、共有ストレージの基本容量は100GBとなっています。

ライトプランの料金は、

月額プラン:月360円

年額プラン:月300円

です。

『LINE WORKS(ラインワークス)』の料金プラン2 ベーシック

ベーシックは、全ての機能が利用可能ですが、メールとDriveについては、

30GB/1ユーザー

という容量制限があります。

ベーシックプランの料金は

月額プラン:月600円

年額プラン:月500円

となっています。

『LINE WORKS(ラインワークス)』の料金プラン3 プレミアム

プレミアムは、より強固なセキュリティなどを望む人向け。

全ての機能が使え、メールとDriveの容量制限は、

メールが無制限、Driveは1TB/1ユーザー

となっています。

プレミアムプランの料金は…

月額プラン:月1,200円

年額プラン:月1,000円

です。

 

ちなみに、無料トライアル登録が存在します。

こちらは、30日間無料で利用できるので、『LINE WORKS(ラインワークス)』をお試しで使いたい人は、検討してみてはいかがですか?

 

『LINE WORKS(ラインワークス)』の使い方を紹介!

では、『LINE WORKS(ラインワークス)』はどのようにして使うのでしょうか?

 

利用するためには、まず情報を『LINE WORKS(ラインワークス)』に登録する必要があります。

手順を見ると…。

  1. 基本情報入力
  2. プランの選択
  3. 詳細情報入力

となっているみたいですね。

基本情報入力では、担当者名や会社・団体名などの情報を入力することとなります。

その後、登録が完了すると…。

管理者は管理者画面にログインすることが可能となります。

管理者画面で

  1. メンバーアイコンから組織を登録
  2. メンバーアイコンからメンバーを登録

これらの手順で登録したら、パスワードなどをメンバーに伝えてください。

また、パスワード設定を『メンバーが生成する』にすると、メンバーにメールが送られ、各自でメールからパスワードを設定をすることとなります。

その後は、アプリをインストールすることで開始可能です。

管理者以外は、面倒な作業が必要ないので助かりますね。

 

『LINE WORKS(ラインワークス)』の評判は?

では、『LINE WORKS(ラインワークス)』の評判はどうなのでしょうか?

多くのレビューが投稿されている、Androidでのダウンロードページの評判を見てみることにしました。

すると…

評価は星5中、2.9

という低水準…。

どういう内容のレビューが多いか見てみると、

「使えない」

「意味がわからない」

などの、見ているこっちが意味がわからない内容ばかり…。

ちゃんとした長文のレビューを見てみると、

通知設定にバグが起きやすい

という欠点が多く、これが『LINE WORKS(ラインワークス)』の低評価に繋がっていることがわかりました。

また、その他の口コミサイトを見てみると…

コミュニケーションが円滑になる

という高評価が多い一方、

粗削りでバグが多い

と、これもまたバグに関する批判が…。

どうやら、LINEベースなので、円滑にコミュニケーションを進めるにはもってこいのツールと言えそうですが、バグもあるため、重要な案件では使いにくそう…

とくに通知関連でバグが多い

みたいなので、こまめに手動でチェックできるのならば、気にならないかもしれません。

 

まとめ

ビジネス版『LINE』とも言える『LINE WORKS(ラインワークス)』は、『LINE』をビジネスモデルにしたような使い方ができるアプリです。

PCでも使えることが、『LINE WORKS(ラインワークス)』良いところですが、致命的なものはないものの、小さなバグがいくつか発生することもあるそうで、

『まだまだ粗削り』

と言ったレビューが多かったですね。

しかし、

「社員のストレスも減った」

「社内コミュニケーションが円滑になった」

という声もたくさんあるので、導入の検討はしてみてもいいと思いますよ。

無料トライアル期間もありますし、気になるのであれば試してみてはいかがですか?

ページトップへ