星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

横浜DeNAベイスターズのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介

更新日:

クライマックスシリーズファイナルステージでは、短期決戦の鬼を髣髴とさせるラミレス采配が見事にはまり、日本シリーズ進出を決めた横浜DeNAベイスターズ。

そして、ラミレス監督の手腕は、2017年のドラフト会議でも発揮されましたね。

筒香選手の存在もあり、スラッガーには余裕があるため、各球団が清宮幸太郎選手を指名する中、大学No.1左腕の東克樹投手を一本釣り!

今後、左腕王国が誕生しそうな勢いです。

昔は左腕が全くと言っていいほどいなかった横浜が、ここまで先発左腕に恵まれるとはびっくりです。

当記事では、東克樹投手の評価も含め、横浜DeNAベイスターズが2017年のドラフト会議で指名した選手の情報・評価を紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年のドラフト会議でも光ったラミレス采配

2017年の横浜DeNAベイスターズは、3位でシーズンを終えるものの、クライマックスシリーズで

短期決戦の鬼

ぶりを発揮した、ラミレス監督の神采配により、ファーストステージで阪神を撃破、さらにはファイナルステージで広島カープも撃破しました。

台風の影響による雨天中止も、横浜DeNAベイスターズに味方した…。

そんなシリーズだったと思います。

初戦は広島カープがコールド勝ちしたものの、2戦目、3戦目は雨天中止。

この雨が、ファーストステージで投げた投手を再び先発させることができ、今永投手を中継ぎ起用できる余裕を生みました。

第4戦、6回にウィーランド投手がピンチを迎えると、3投手をつぎ込んで凌ぎ、7回には満を持して今永投手を投入。

中継ぎ経験のなかった今永投手ですが、見事に7回と8回を抑え、パットン投手を温存できたのです。

さらには王手のかかった第5戦では、石田投手を1回2失点で早々に降板させるなどの采配も、切り替えの速さが素晴らしかったですね。

このように、ラミレス監督の采配が光ってクライマックスシリーズを勝ち抜いた横浜DeNAベイスターズ。

前哨戦と言っては微妙ですが、2017年のドラフト会議で、日本シリーズを戦う2球団の明暗が早くも分かれましたね。

ソフトバンクホークスは、まさかの3連続くじ外し…。

一方の横浜DeNAベイスターズは、競合を回避し、1巡目で東克樹投手を指名して早々に一本釣りをして高みの見物としたのです。

では、横浜DeNAベイスターズが2017年のドラフト会議で指名した選手の評価を紹介していきますね。

 

横浜DeNAベイスターズはのドラフト2017!指名選手を紹介

早速、1人ずつ横浜DeNAベイスターズのドラフト指名選手を見ていきましょう。

横浜DeNAベイスターズのドラフト1位指名選手 東克樹(立命大)

横浜DeNAベイスターズがドラフト1位で指名したのは、大学No.1左腕と言われる東克樹投手でした。

立命大のエースである東克樹投手は、日本代表にも選ばれ、エースとして活躍しました。

最大の持ち味は、内角をズバッと攻められる抜群のコントロールと安定感。

スライダーやツーシームなど、多彩な変化球と最速152キロのストレートで打者を翻弄します。

抜群の安定感とコントロールが武器の投手なので、タイプとしては今永投手に近いですね。

そのため、大崩れは少なく、安心してみていられる投手になると思いますよ。

横浜DeNAベイスターズは石田投手、今永投手、濱口投手と左腕を指名してきて、いずれも成長しているので、東克樹投手も期待がかかります。

左腕育成の実績のある横浜DeNAベイスターズで即戦力として、左腕王国を確立させてほしいですね!

横浜DeNAベイスターズのドラフト2位指名選手 神里和毅(日本生命)

横浜DeNAベイスターズがドラフト2位指名をしたのは、日本生命の神里和毅選手。

俊足好打の1番タイプで、広角に打ち分けられるバットコントロールは社会人屈指の実力です。

走っては50メートル5.9秒の俊足による積極走塁と守備範囲の広さが魅力です。

しかし、意外と盗塁は少ないみたいで、大学時代は91試合で10盗塁。

ただ2017年のアジア選手権の日本代表メンバーにも選ばれているのも、その実力の高さの証明と言えます。

外野は梶谷選手、桑原選手、筒香選手と不動のレギュラーが揃っているので、いきなりの奪取は難しそうですが、レギュラー争いに加わってほしいところですね。

横浜DeNAベイスターズのドラフト3位指名選手 阪口皓亮(北海)

横浜DeNAベイスターズがドラフト3位指名した選手は、北海高校の阪口皓亮投手です。

阪口皓亮投手は、高校3年の時に急成長を遂げ、夏の甲子園で野球ファンを驚かせました。

もともとは、2016年に広島がドラフト指名したアドゥワ誠投手を想定した打撃投手だった阪口皓亮投手。

高校3年生に急成長を遂げ、甲子園では140キロ超えを連発!

初戦で自己最速の148キロをマークするなど、今後がさらに楽しみな素材型投手です。

ただ、コントロールはまだイマイチなので、そこがプロに入ってからの課題でしょうね。

将来性は十分なので、阪口皓亮投手が大成するかどうかは、横浜DeNAベイスターズが上手く育成できるか次第かなと思いました。

横浜DeNAベイスターズのドラフト4位指名選手 斎藤俊介(JX―ENEOS)

横浜DeNAベイスターズがドラフト4位指名したのは、斎藤俊介投手です。

斎藤俊介投手は、最速149キロのストレート、2種類のスライダー、スプリットやカーブなど多彩な変化球を持っていて、横浜や広島のスカウトが

「変化球が多く、実戦向き」

と評価していました。

緩急をつけたピッチングができ、コントロールもプロの並レベルではあるので、即戦力として活躍できるでしょう。

社会人では先発もリリーフもこなしているため、どこでも使える便利なところも評価ポイントです。

横浜DeNAベイスターズのドラフト5位指名選手 桜井周斗(日大三)

横浜DeNAベイスターズがドラフト5位で指名したのは、桜井周斗投手です。

日大三高の桜井周斗投手は、最速149キロのストレート、チェンジアップ、スライダーが武器です。

スライダーは、楽天の則本投手を参考にしたらしく、キレもあり空振りを奪える決め球です。

3年生の春のセンバツでは、終盤に四球を連発したので、スタミナが課題でしょうか。

プロ1年目は、まずは身体作りからになりそうですね。

横浜DeNAベイスターズのドラフト6位指名選手 寺田光輝(石川)

横浜DeNAベイスターズのドラフト6位指名選手は、石川ミリオンスターズのクローザー・寺田光輝投手です。

球種は最速145キロのストレート、ツーシーム、スライダー、カットボールがあります。

与四死球率2.43ということでコントロールは申し分なく、サイドスロー寄りのスリークォーターで球の出所が見づらいのも特徴。

リリーフとして、勝利の方程式を任せられる選手だと思います。

横浜DeNAベイスターズのドラフト7位指名選手 宮本秀明(パナソニック)

横浜DeNAベイスターズのドラフト7位指名は、宮本秀明選手です。

身体能力が高く、内外野を守れるユーティリティープレーヤーとの評価をされていて、内野手としての指名なので、おそらくは将来のセカンド候補だと思われます。

打撃はミート力は普通なものの、パンチ力があるので成長すれば大化けの見込みあり。

多くのポジションを守れるという点は、自身にとってもチームにとっても強みなので、それを活かしていきたいですね。

横浜DeNAベイスターズのドラフト8位指名選手 楠本泰史(東北福祉大)

横浜DeNAベイスターズのドラフト8位は、楠本泰史選手です。

楠本泰史選手は、リーグ通算打率.341の数字が表すように、高いミート力を誇り、広角に打ち分ける打撃力があります。

元西武の大塚光二監督が、

「打撃は即プロで通用する」

と言うほどで、侍ジャパン大学代表で4番を経験。

ベストナイン3回、新人王、MVP1回を取っているほか、

首位打者1回、本塁打王1回、打点王2回

と、仙台六大学野球リーグでは打撃タイトルの常連です。

さらに、2017年の日米大学野球でも首位打者を獲得しているので、打撃に関して言えば本当に大学生トップクラスの実力なのだと思いますよ。

ポジションは内外野守れ、センター、ショート、サードを経験しています。

横浜DeNAベイスターズのドラフト9位指名選手 山本祐大(滋賀ユナイテッド)

横浜DeNAベイスターズのドラフト9位指名選手は、山本祐大選手でした。

山本祐大選手は、NPBレベルだと言われる二塁到達1.8秒の強肩が持ち味の捕手です。

1年目は盗塁阻止率.720を記録するなど、スローイングも良いように思えます。

ただ、高校時代はセンターを守っていたので、捕手に復帰したのは独立リーグに進んでからのこと。

捕手経験が捕手一本でやってきた選手よりは少ないので、まずは基礎からの強化ということになるでしょう。

幸い、まだ19歳なので、次世代の正捕手候補として、ゆっくり育てていきたいですね。

 

以上が、横浜DeNAベイスターズのドラフト指名選手でした。

この他にも、横浜DeNAベイスターズは育成ドラフトで、箕島高校の中川虎大投手も指名しています。

 

まとめ

横浜DeNAベイスターズのドラフト指名選手を紹介しました。

全体的に、上位は即戦力選手、下位は育成型の選手とバランスよく指名した印象を受けますね。

競合を避けて、堅実に行ったドラフトだったように思いますが、2017年のドラフト会議においては、それが思い切った采配に見えた気がします。

近年稀にみる豊作の年だったので、外れ1位でも残るだろうと踏んだ他球団の裏をかいて、確実に東克樹投手を狙ったのでしょう。

左腕王国が誕生しそうな、2018年の横浜DeNAベイスターズが楽しみです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.