星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ソフトバンクホークスのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介

更新日:

圧倒的な差でパリーグを制し、さらにはクライマックスシリーズファイナルステージを苦戦しながらも突破、日本シリーズ出場を果たした福岡ソフトバンクホークス。

そんなソフトバンクホークスですが、日本シリーズでまみえる横浜DeNAベイスターズとは、ドラフト会議で早くも明暗が…。

2017年のドラフト会議で、ソフトバンクホークスは一体誰を指名したのでしょうか?

当記事で、2017年のドラフト会議で、ソフトバンクホークスが指名した選手の評価を紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンクホークスがドラフト会議2017でくじを全外し!

圧倒的な実力で優勝し、主力メンバーも若手が多いので、もうドラフト会議に参加する必要がないのでは?とさえ感じるソフトバンクホークス。

唯一の大砲であるデスパイネ選手は、去就がキューバ政府次第という点もあり、不足しがちな大砲をどうするか?

ここが、ソフトバンクホークス唯一の弱点であるように思います。

そこで、ソフトバンクホークスは、2017年のドラフト会議で、王会長の出身校・早稲田実業の清宮幸太郎選手に目をつけ、1位指名をしました。

しかし、ニュースなどにもなっている通り、清宮幸太郎選手は7球団競合という、高校最多タイの入札の末、日本ハムが交渉権を獲得。

ソフトバンクホークスの不運は、これだけでは終わりません。

続いて、外れ1位に履正社の安田尚憲選手を指名するも、3球団競合の末に外してしまいます。

これで終わりかと思いきや、次は阪神と馬場皐輔投手の指名が被り、またもやくじ引きになり…

くじ引き3連敗

を喫し、またもや外してしまったのです。

完全に運に見放された感が強いソフトバンクですが、最終的に、2017年のドラフト会議で指名したのはどんな選手たちなのか?

その評価をしていきましょう!

 

ソフトバンクホークスのドラフト会議2017!指名選手の評価を紹介

ソフトバンクホークスが2017年のドラフト会議で指名した選手は、5人です。

その5人を早速紹介します。

ソフトバンクホークスのドラフト1位指名選手 吉住晴斗(鶴岡東)

ソフトバンクホークスが外れ外れ外れ1位で指名したのは、鶴岡東高校の吉住晴斗投手でした。

山形初の高校生ドラフト1位選手となった吉住晴斗投手は、最速151キロを計測したことのある、185センチの長身右腕。

指名した際は、観客の驚きの声がマイクに入ってしまうという一面もあった隠し玉です。

この吉住晴斗投手がどんな投手かというと、最速151キロのストレートを武器に、スライダー、カーブ、チェンジアップと緩急もつけられます。

また、ストレートの力がすごく、体のバネがそれを生み出していると評価し、工藤監督は、

「昔で言えば渡辺久信選手(現西武シニアディレクター兼編成部長)のような感じ」

として、ストレートで押していける投手だと評価しています。

伸びしろがあり、将来大成すると見込んだ工藤監督、そしてソフトバンクホークススカウト陣の意見が一致した結果、吉住晴斗投手が1位指名となったわけですね。

2015年の高橋順平投手や2016年の田中正義投手など、当時のNo.1投手を指名した余裕もあり、また現在先発が充実しています。

こうした理由から、ゆっくり素材型の投手を育てられるのも、ソフトバンクホークスの強みですね。

ソフトバンクホークスのドラフト2位指名選手 高橋礼(専大)

ソフトバンクホークスの2位指名は、専修大の高橋礼投手です。

高橋礼投手の特徴は、何と言っても187センチという長身サブマリンというところでしょう。

その身長がもったいないような気がしますが、アンダースローながら最速141キロのストレートを持っていて、これが浮き上がるように見えてなかなか打ちづらいです。

さらに、シンカー、スライダー、カーブと打者を翻弄する変化球もあります。

ただ、やや安定感に欠ける部分があるので、スタミナとコントロールをもう少し磨く必要がありますね。

プロの体になれば、先発も中継ぎも、どこでもできる西武・牧田投手のような存在になれそうです。

ソフトバンクホークスのドラフト3位指名選手 増田珠(横浜)

ソフトバンクホークスがドラフト3位で指名したのは、横浜高校のスラッガー・増田珠選手です。

増田珠選手は、長崎出身の九州選手でもあります。

選手としての特徴は、

広角に打ち分けられ、長打も打てる中距離バッター

として、横浜高校で1年の頃からレギュラーに定着しました。

また、リーダーシップもあり、人間性でもソフトバンクホークスからは評価を受けています。

本来外野手ですが、ソフトバンクホークスは

「セカンド、サードをやってもらう」

と内野へコンバートさせる考えを持っているみたいで、おそらくは、リーダーシップもあり、人間性の高さからも、ポスト松田宣浩選手として育てていくのではないでしょうか。

ソフトバンクホークスのドラフト4位指名選手 椎野新(国士舘大)

ソフトバンクホークスが4位指名した選手は、国士舘大の椎野新投手です。

椎野新投手は、『越後のダルビッシュ』という名が示す

195センチ

という長身が武器の右腕。

長身から投げられる角度ある球と、球持ちの良さが打者にタイミングを取らせにくく、将来の先発候補として期待がかかります。

ソフトバンクホークスのドラフト5位指名選手 田浦文丸(秀岳館)

ソフトバンクホークスのドラフト5位指名選手は、田浦文丸投手です。

田浦文丸投手は、秀岳館が2年春からの連続4季の甲子園出場を支えたエース左腕です。

高校日本代表では、救援投手としてベストナインに輝き、13回2/3で29奪三振という驚異的な数字をマークしました。

170センチと小柄ですが、最速148キロのストレートとチェンジアップが最大の武器で、内外角問わず投げ込める度胸も素晴らしいですね。

ただ、体の開きが早く、球を見極められやすいため、これをどう克服するかが、プロで通用するかどうかに繋がってくるでしょう。

 

以上が、ソフトバンクホークスのドラフト指名選手です。

また、育成ドラフトでは、ソフトバンクホークスは

  • 1位 尾形崇斗(学法石川)
  • 2位 周東佑京(東農大北海道)
  • 3位 砂川リチャード(沖縄尚学)
  • 4位 大竹耕太郎(早大)
  • 5位 日暮矢麻人(立花学園)
  • 6位 渡辺雄大(BC新潟)

この6選手を指名しています。

ここ数年は、育成で多く指名し、ドラフト指名は少なめという傾向にあるみたいですね。

 

まとめ

ソフトバンクホークスの2017年のドラフト会議は、まさかのくじ3連続外しというひどいスタートから始まりました。

しかし、1位は期待の吉住晴斗投手、2位には即戦力サブマリン・高橋礼投手、3位には横浜高校のプロ注目スラッガー・増田珠選手を指名できたので、最終的には良いドラフトになったと思います。

元から戦力が充実しているので、2~3年後にどこが不足しそうか考えてドラフトができるのは、ソフトバンクホークスの強みと言えます。

2017年のドラフト指名した5人が、数年後、スタメンとして活躍している姿に期待したいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.