星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

西武ライオンズのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介!

更新日:

埼玉西武ライオンズは、2017年の終盤に怒涛の追い上げを見せ、シーズンを2位で終えました。

しかし、クライマックスシリーズファーストステージで楽天に敗北。

ファイナルステージ進出を逃しました。

打撃陣は強力だけに、手薄な投手陣を何とかしたい西武ライオンズとしては、即戦力投手がドラフトでほしいところ。

では、西武ライオンズは2017年のドラフト会議で誰を指名したのでしょうか?

当記事で、2017年の西武ライオンズのドラフト指名選手の評価を紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

西武ライオンズの補強ポイントは?

2017年のシーズンを2位で終えた西武ライオンズ。

何と言っても、12球団屈指の破壊力を誇る打撃陣が、シーズン後半戦は大爆発!

怒涛の13連勝などで、一気に2位へ浮上しました。

しかし、投手陣、とくに先発は不安要素が多く、絶対的エースの雄星投手はともかくとして、その後はウルフ投手くらいしか続く投手がいません。

2桁勝利を挙げた野上投手も、10勝って10負けるというような成績では、先発ローテを守っただけマシですが、勝率的にはイマイチ…。

先発の貯金の大半は、雄星投手とウルフ投手2人で稼いでいたことになります。

また、多和田投手や高橋光選手が怪我でしばらく不在だったことも大きかったですね。

これらのことを考えると、今の西武の補強ポイントはどこになるのでしょうか?

ズバリ、西武ライオンズの補強ポイントは、

左の先発

でしょう。

今、何人かの先発の名前を挙げましたが、実は

雄星投手以外の全員が右投手

なのです。

また、勝ちパターンに頼り過ぎている部分もあるので、もう少し中継ぎの層も厚くさせたいですね。

となると、基本的には投手、とくに左腕が西武ライオンズの補強ポイントになるのですが…

2017年のドラフト会議では、西武ライオンズはその補強ポイントを指名できたのでしょうか?

早速、結果を確認していきます。

 

西武ライオンズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

それでは、西武ライオンズのドラフト指名選手の評価を見ていこうと思います。

ちなみに、当初は田嶋大樹投手を指名したのですが、オリックスバファローズとのくじ引きの末に負けてしまいました。

西武ライオンズのドラフト1位指名選手 斉藤大将 (明大)

西武ライオンズの外れ1位指名選手は、斉藤大将投手です。

斉藤大将投手は、

大学No.1左腕

との呼び声も高い投手で、サイド寄りのスリークォーターが特徴的です。

いわゆるロークォーターと呼ばれるタイプですね。

最速146キロのストレートと、横変化の大きいスライダー、チェンジアップで緩急もつけられます。

大学時代は中継ぎとしての登板が多かったのですが、4年秋には先発で2完投(うち完封1)をするなどスタミナも十分で、即戦力として期待できます。

ルーキーイヤーから、左の先発候補として活躍してほしいですね。

西武ライオンズのドラフト2位指名選手 西川愛也 (花咲徳栄)

西武ライオンズのドラフト2位指名選手は、西川愛也選手です。

花咲徳栄の優勝に貢献した西川愛也選手は、評価としては打撃センスの優れた中距離砲といった感じです。

3回出場した甲子園では打率4割超えとミート力もあり、高校通算31発のパンチ力もあります。

2年の時に右大胸筋の部分断裂をしてしてしまい、投げられなくなってしまった時期があったので、スローイングが少し心配ですね。

外野手のスローイングはかなり大事になってきますし…。

ただ、故障がマイナスとなって3位指名くらいになると言われていただけであり、本来ならば、もっとドラフト上位にいてもおかしくない存在でした。

怪我自体は回復しているので、それに目をつむれば打撃が非常に魅力的なので、西武ライオンズは2位指名をしたのでしょう。

西武ライオンズのドラフト3位指名選手 伊藤翔(四国IL・徳島)

西武ライオンズのドラフト3位指名選手は、徳島インディゴソックスのルーキー、伊藤翔投手です。

伊藤翔投手の評価としては、

最速152キロのストレートとフォーク、スライダー

が武器の本格派右腕です。

高校3年の頃にプロ注目の投手となりましたが、この年は惜しくも指名漏れ。

しかし、独立リーグ1年目でさらに急成長し、球速が152キロに伸び、いきなり11勝、リーグ2位の97奪三振、リーグ3位の防御率2.18を挙げる活躍を見せたのです。

チャンピオンシップとグランドチャンピオンシップではともにMVPを受賞し、勝負所での強さも光ります。

西武ライオンズがほしかった、中継ぎのパワーピッチャーとして使えそうですね。

西武ライオンズのドラフト4位指名選手 平良海馬(八重山商工)

西武ライオンズのドラフト4位指名選手は、平良海馬投手でした。

八重山商工の平良海馬投手は、高校通算20本の長打力もある二刀流で、そのため投手としては珍しい右投左打登録です。

西武ライオンズは、投手として平良海馬投手を指名しています。

投手としての平良海馬投手の評価は、173センチと小柄ながらも、最速154キロのストレートを持つ馬力ある剛腕。

西武ライオンズの欲しているパワーピッチャーの1人ですし、育てれば将来は中継ぎを任せられそうです。

西武ライオンズのドラフト5位指名選手 與座海人 (岐阜経大)

西武ライオンズがドラフト5位で指名したのは、大学生サブマリンの與座海人投手です。

名前表記としては、簡略化して"与座"とすることもありますね。

與座海人投手は、173センチと小柄ながらも、キレのあるスライダーやシンカー、カーブ、そして最速132キロのストレートで打者を翻弄します。

何と言っても、与四死球率1.44のコントロールの良さが持ち味。

球の勢いのあるサブマリンが専修大・高橋礼投手ならば、コントロールの與座海人投手といったところでしょうか。

ちょうど、西武ライオンズには目標としていた牧田投手がいるので、良い環境で成長することができそうですね。

もっとも、牧田投手は海外挑戦の意向を表明したので、メジャーリーグへ行ってしまうということもあるわけですが…。

西武ライオンズのドラフト6位指名選手 綱島龍生(糸魚川白嶺)

西武ライオンズのドラフト6位指名選手は、綱島龍生選手です。

綱島龍生選手の特徴は、50メートル6.0の俊足と、捕手もしたことがある強肩です。

西武は早くから注目していたみたいですね。

身体能力の高さも評価されていて、将来は三拍子そろった選手になれる可能性を秘めています。

 

以上が、西武ライオンズのドラフト指名選手です。

なお、育成ドラフトでは、

  • 育成1位 高木渉 (真颯館)
  • 育成2位 斉藤誠人 (岩見沢教育大)

の2選手を指名しています。

それにしても、西武は有名人と同姓同名の選手枠が多いですね。

本田圭佑投手に続き、今度は高木渉投手ですか…。

高木渉というと、声優の高木渉さんが出ますし、同姓同名です。

当然ながら、ドラフト会議の時もネタにされていましたよ。

 

まとめ

西武ライオンズのドラフト指名選手、その評価を紹介しました。

今回の2017年ドラフトでは、西武ライオンズの不足している投手を多く指名していますが、もう少し即戦力投手が欲しかったかなという印象がありますね。

田嶋大樹投手を指名するつもりでいたので、くじで外してしまい、ドラフトの算段が外れたから仕方ないと言えばそうなのですが…

斉藤大将投手は補強ポイントに合致しているので、1年目からの活躍に期待したいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.