星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

楽天イーグルスのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介!

更新日:

梨田監督のもと、久しぶりのAクラス浮上、さらにはクライマックスシリーズで2位西武を下してファイナルステージ進出を果たした東北楽天ゴールデンイーグルス。

しかし、前半戦はぶっちぎりの1位で好調だったものの、中盤から後半にかけて失速してしまいました。

この失速は、同時に楽天イーグルスの弱点も見えた年になったため、これを活かし、2017年のドラフト会議では、見事に補強ポイントをドラフトで補強することができました。

2017年のドラフト会議で、楽天イーグルスはどんな選手たちを指名したのか?

当記事で、楽天イーグルスの2017年のドラフト会議結果を紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天イーグルスの補強ポイントはどこ?

2017年の楽天イーグルスは、中盤から後半にかけては怪我による戦力不足で苦戦を強いられましたね。

助っ人20発トリオのペゲーロ選手や、抑えの松井裕樹投手など…

主力の離脱中に勢いが落ちていった印象を受けました。

その結果、出だしは圧倒的な強さで首位だったのに、終わってみれば3位にまで落ち込んでしまったのです。

では、楽天イーグルスの補強ポイントは、一体どこにあるのでしょう?

今の楽天イーグルスの主戦力から考えてみると…

  • 大砲候補
  • 捕手
  • 内野手
  • 先発投手

この4つだと思います。

まず、大砲自体は現在、外国人3人トリオがいますが、やはり助っ人外国人なので、いついなくなるかわかりません。

そして期待され続けてきた2軍の帝王・中川大志選手はついに戦力外…。

まともに大砲育成ができていない状況です。

そのため、和製大砲候補を指名したいところですね。

また、捕手も嶋選手以外が全くと言っていいほど育っていないので、誰か1人は欲しいところ。

そして、主力選手の年齢層を考えると、そろそろ若い内野手も育てたいところですね。

ショートは茂木選手がいるのでいいですが、そのほか…とくにセカンドは銀次選手と藤田選手しかいない状況です。

一刻も早く、若い内野手の補強をしたいですね。

最後は先発投手です。

先発投手は、エース則本投手や、11勝8敗を挙げた美馬投手がいますが、その他の投手は、たとえば5勝てば5負けるなど、貯金を作れない投手が多かったように思います。

岸投手が8勝10敗、辛島投手が8勝8敗など…

ルーキーの藤平投手は3勝4敗でしたが、ルーキーでこれなら今後に期待が持てます。

しかし、やはりというべきか先発、そして中継ぎもやや手薄で、とくに左腕がいません。

投手ならば、即戦力の先発投手や、左腕の投手を指名したいですね。

では、これらの結果から、2017年の楽天イーグルスのドラフト会議は、補強ポイントと一致するものとなったのか?

その結果と、指名選手の評価をしていきます!

 

楽天イーグルスのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

まず、結果からいくと、楽天イーグルスの2017年のドラフト会議は、以下のようになりました。

楽天イーグルスのドラフト2017指名選手

1位 近藤弘樹(岡山商大)

2位 岩見雅紀(慶大)

3位 山崎剛(国学院大)

4位 渡辺佑樹(横浜商大)

5位 田中燿飛(兵庫ブルーサンダース)

6位 西巻賢二(仙台育英)

7位 寺岡寛治(石川ミリオンスターズ)

結果からだけ見ると、楽天イーグルスのドラフト会議は、

12球団の中でもかなりいい補強ポイントを埋めた

のではないかと、筆者としては思っています。

最初こそ、くじ引きで清宮幸太郎選手と村上宗隆選手を外したものの、代わりにドラフト2位で大卒の和製大砲・岩見雅紀選手を指名。

1位も、即戦力右腕の中では評価の高い近藤弘樹投手を指名しています。

見事に足らない部分・将来的に不安な部分を的確に指名しているわけですね。

続いては、指名選手1人1人の特徴を評価していきますね。

楽天イーグルスのドラフト1位指名選手 近藤弘樹(岡山商大)

楽天イーグルスが外れ外れ1位で指名したのは、岡山商大の近藤弘樹投手です。

近藤弘樹投手は、

186センチ

の長身を活かし、角度の付いた最速153キロのストレート、さらに多彩な変化球で打者を翻弄する右腕です。

何と言っても、この手の長身パワーピッチャーでは抜群にコントロールがよく、与四死球率は2.25

地方リーグとはいえ、この与四死球率は評価に値します。

また、ストレートの速度と角度を活かすため、セットアッパーとしても起用可能です。

先発・中継ぎどちらも任せられるパワーピッチャーは、楽天イーグルスの補強ポイントの1つなので、近藤弘樹投手の指名は、補強ポイントと合致していると考えていいと思いますよ。

楽天イーグルスのドラフト2位指名選手 岩見雅紀(慶大)

楽天イーグルスのドラフト2位指名選手は、慶大の巨体スラッガー・岩見雅紀選手でした。

岩見雅紀選手は、大学1の右の大砲としてプロから注目を集めていました。

1シーズン7本塁打は最多タイ、年間12本塁打はリーグ新記録で、さらには5戦連発という記録も作り、そのパワーはまさに本物!

飛ばす力だけならば、外国人選手にも匹敵すると評価されています。

岩見雅紀選手は、阪神や広島なども強い興味を示していた選手で、2位までで確実に消えると言われていた選手の1人。

楽天はとくに大砲が不足しているチームのため、ドラフト2位で岩見雅紀選手を指名できたのはかなり大きいと思います。

将来の4番候補として、また、オリックスの吉田正尚選手のように、1年目からの出場もあるかもしれません。

岩見雅紀選手の活躍が、今から楽しみですね!

楽天イーグルスのドラフト3位指名選手 山崎剛(国学院大)

楽天イーグルスのドラフト3位指名選手は、山崎剛選手です。

山崎剛選手は、173センチと小柄ですが、走攻守三拍子揃った内野手。

東都リーグ通算打率.344のアベレージヒッターで、首位打者を1回獲得しています。

また、通算盗塁は20個、レギュラーで出始めた2015年春からはエラー6個(一番最近となる2016年秋と2017年春ではエラー0)と、走守も高いレベルを誇ります。

また、3年冬にはトレーニングでパワーアップも果たしていて、それまで通算0本だった本塁打が、2017年春のリーグではいきなり3本記録するなど、パンチ力も身につきました。

レギュラーとして活躍し、2度のベストナインを記録したのはセカンドで、楽天イーグルスがあまりにも不足していて欲しているポジションですよね。

そういった意味で、山崎剛選手は、即戦力セカンドとして活躍が期待されます。

1位の近藤弘樹投手、2位の岩見雅紀選手に続き、3位の山崎剛選手も、見事楽天イーグルスの補強ポイントと合致しているのです。

これだけの即戦力補強ポイントを指名できたのですから、2017年の楽天イーグルスのドラフトが大成功だったと言われるのもよくわかりますね。

楽天イーグルスのドラフト4位指名選手 渡辺佑樹(横浜商大)

楽天イーグルスのドラフト4位指名選手は、渡辺佑樹投手です。

渡辺佑樹投手は、肘を使い、球持ちの良さを活かした最速144キロのストレートを武器に、スライダーやチェンジアップを織り交ぜる左投手です。

4年春の時に腰を怪我しましたが、その後は復帰。

楽天の長島スカウト部長は、渡辺佑樹投手を前々からかなり評価していて、指名後は

「順調に行けば先発ローテーションを争える素材」

と評価しています。

球持ちの良さで球速以上のストレートを投げられるので、今楽天に不足している先発左腕としての成長に期待したいですね。

先発候補の左腕を指名と言う意味では、これまた楽天イーグルスの補強ポイントと合致しています。

楽天イーグルスのドラフト5位指名選手 田中燿飛(兵庫ブルーサンダース)

楽天イーグルスのドラフト5位指名選手は、兵庫ブルーサンダースの田中燿飛選手です。

田中燿飛選手は、芦屋大に通いながら独立リーグにも所属している異例の経歴を持つ選手で、ファーストと外野を守れます。

選手としての特徴は、何と言っても打撃力です。

独立リーグでは、2017年に

.422、15本塁打で二冠王

に輝き、2016年も本塁打王となっています。

田中燿飛選手については、元阪神、オリックスで、現在は独立リーグでプレーしている井川慶投手も

「プロが育ててみたい選手でしょう」

と評価しています。

素質十分で、将来の中軸候補として期待がかかります!

楽天イーグルスのドラフト6位指名選手 西巻賢二(仙台育英)

楽天イーグルスのドラフト6位指名選手は、地元東北生まれで、仙台育英出身の西巻賢二選手です。

西巻賢二選手は、走守が売りの168センチという小柄なショート。

投手としても活躍したこともあり、肩力は強く、遠投115メートルの強肩です。

また、ショートの守備は

平沢大河選手以上

と言われる評価で、走塁は右打者ながら一塁到達4.2秒の俊足が魅力的な選手ですね。

広島からは、守りではすぐに1軍で使えると称されていますし、足も速いので、代走・守備要員としていきなり1軍デビューもありえそう。

将来のリードオフマン候補として、また、地元東北の選手として、大成してほしいところです。

楽天イーグルスのドラフト7位指名選手 寺岡寛治(石川ミリオンスターズ)

楽天イーグルスのドラフト7位指名選手は、石川ミリオンスターズの寺岡寛治投手です。

寺岡寛治投手は、180センチ85キロの筋肉質な体型で、オーバースローから振り下ろされる最速155キロのストレートが持ち味の右腕。

しかし、肘の疲労骨折で大学時代は一時外野手を務め、社会人から投手に復帰しているので、コントロールなど少し不安な点もいくつかあります。

ただ、それを抜きにしても、空振りを奪えるスライダーと、150キロ超えのストレートは魅力ですよね。

楽天イーグルスとしては、欲しかった中継ぎのパワーピッチャーとして、

「7回や8回の場面で投げてもらいたい」

と、セットアッパーとしての起用を考えているみたいですよ。

即戦力パワーピッチャーとして、勝利の方程式の一角を担ってほしいですね!

 

以上が、楽天イーグルスのドラフト指名選手の評価でした。

また、このほかにも育成ドラフトで、

  • 育成1位 井手亮太郎(九産大)
  • 育成2位 松本京志郎(光南)
  • 育成3位 中村和希 (天理大)

の3人を指名しています。

 

まとめ

2017年の楽天イーグルスのドラフト会議、その指名選手の評価を紹介しました。

楽天イーグルスのドラフト会議を振り返ってみると、的確に足りていない補強ポイントを指名できたと思います。

2017年のドラフト会議で言うなら、12球団の中でもかなり上位のドラフト結果だったのではないでしょうか。

今回のドラフト指名を受けた選手たちが、将来どう活躍するのか、今からがとても楽しみですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.