星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

オリックスバファローズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介!

投稿日:

2017年のドラフト会議で、筆者が個人的に、12球団で1番充実したドラフトだったのではないかと感じたのが、オリックスバファローズです。

ドラフト1位、2位でドラフト上位候補の2人の即戦力投手を指名できましたし、内野手の指名もできました。

これで、ついに投手王国が誕生となるのでしょうか?

当記事では、オリックスバファローズの2017年のドラフト会議で指名した選手、その評価を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オリックスバファローズの補強ポイントは?

2017年のドラフト会議で、1番充実していたのがオリックスバファローズではないかと言いましたが、まず、オリックスバファローズの補強ポイントがどこだったかを考えてみましょう。

オリックスバファローズ最大の補強ポイントはというと…

  • 先発の左投手
  • 中継ぎ投手
  • 内野手

だと思います。

後は、捕手も若月選手とヘルニア持ちの伊藤光選手しかいないという点が気がかりですね。

しかし、それ以上に投手は深刻な問題です。

先発投手は、右投手は充実してきていますが、左投手はというと、1年間ローテを守れる投手でまともに計算できるのが松葉投手くらい。

中継ぎも、今でこそ若手が台頭してきていますが、オリックスバファローズの中継ぎは以前から消耗品扱いされることが多く、3、4年前の中継ぎ陣は大半が2軍生活という状態に…

もう少し、中継ぎを大切に長く使うためにも、ブルペンの充実は急務と言えるでしょう。

そして最後は内野です。

現在、オリックスバファローズの内野は超がつくほどの手薄!

とくにファーストやサードがかなり不足している状況です。

ファーストやサードの主戦力が、35歳の中島裕之選手、37歳の小谷野栄一選手、そして助っ人のマレーロ選手くらい。

3人とも、2、3年後までいるかどうかが怪しく、サードの強打者が欲しいのではないでしょうか。

また、二遊間も安達選手が病気の影響でフルの出場が厳しく、そのほかには大城選手や西野選手がいるのですが、西野選手はサードへのコンバートが検討されています。

西野選手のコンバートが実現すると、二遊間はさらに手薄になってしまいますよね。

ただ、いずれにしても、全員打撃面に難があるので、内野の好打者・強打者の獲得も将来を見据えると大事になってきます。

この辺りをどうするのか?

2017年のオリックスバファローズのドラフト会議結果から、補強ができたのか考えてみましょう。

 

オリックスバファローズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

さっそく、オリックスバファローズのドラフト会議2017で指名した選手の評価を紹介します。

まず、誰を指名したのか一覧で確認してみましょう。

オリックスバファローズのドラフト指名選手一覧

1位 田嶋大樹(JR東日本)

2位 鈴木康平(日立製作所)

3位 福田周平(NTT東日本)

4位 本田仁海(星槎国際湘南)

5位 西村凌(SUBARU)

6位 西浦颯大(明徳義塾)

7位 広沢伸哉(大分商)

8位 山足達也(ホンダ鈴鹿)

投手3人、捕手1人、内野手3人、外野手1人という指名でした。

続いては、1人1人の評価を紹介します。

オリックスバファローズのドラフト1位指名選手 田嶋大樹(JR東日本)

オリックスバファローズのドラフト1位指名は、事前の宣言通り、田嶋大樹投手でした。

田嶋大樹投手は、アマチュアNo.1左腕としてドラフトで注目を集め、西武とオリックスが競合しました。

球種は最速152キロのストレート、スライダーやカーブ、チェンジアップを持っていて、タイミングを取らせない投球術を覚えました。

右打者の内角にズバッと決まるクロスファイアは惚れ惚れするほどです。

田嶋大樹投手は、アマチュアNo.1左腕と言われるだけあり、全てにおいて高い水準の成績を残しています。

社会人3年間で、50試合271回を防御率2.52、奪三振率9.43という素晴らしい成績を残しています。

とくに、1年目、2年目の奪三振率は10を超えていて、三振のとれる先発投手として、エース級の活躍が期待できます。

スタミナも、2017年の都市対抗野球では、2試合連続完封をするなど、最後まで球の勢いが落ちないところも評価点ですね。

金子投手、ディクソン投手、山岡投手、西投手など右投手が多く、左の先発投手が松葉投手しかいない状況なので、即戦力左腕として、1年目から新人王争いをする活躍をしてほしいですね!

オリックスバファローズのドラフト2位指名選手 鈴木康平(日立製作所)

オリックスバファローズのドラフト2位指名選手は、鈴木康平投手です。

身長186センチという社会人のドラフト注目右腕ですね。

最速151キロのストレート、スライダー、カーブ、そして2017年に習得したフォークを武器に三振の山を築きます。

完投できるスタミナもあるので、即戦力の先発としても使えそうです。

学生時代には怪我も多かったのですが、社会人へ進んでから食生活を見直して筋力アップに成功しました。

鈴木康平投手も、田嶋大樹投手と同様に高評価されていて、ドラフト1位指名もありえる選手の1人だっただけに、2位指名できたのは非常に大きかったと思います。

オリックスバファローズのドラフト3位指名選手 福田周平(NTT東日本)

オリックスバファローズのドラフト3位指名選手は、福田周平選手です。

福田周平選手は、走攻守3拍子揃った社会人トップクラスのショートを守る左打者です。

2016年は指名漏れしましたが、悔しさをバネにさらに成長を果たしました。

走守は既に文句なしで、50メートル5.8秒の俊足を生かし、一塁到達4.0秒~4.2秒で安定。

守備では足を活かした軽快な守備と、遠投110メートルの強肩が売りです。

ちなみに、本職はショートですが、大学2年時代にセカンドでのベストナインも獲っているため、セカンド・ショートどちらもできるみたいですね。

安達選手がまだフルで出るには厳しいことから、併用で出場、いずれはレギュラー奪取を目指し頑張ってほしいですね。

オリックスバファローズのドラフト4位指名選手 本田二海(星槎国際湘南)

オリックスバファローズがドラフト4位で指名した選手は、神奈川の星槎国際湘南の投手・本田二海投手です。

本田二海投手は、まだ野球部ができて7年目の広域通信制高校・星槎国際湘南に現れたシンデレラボーイとして名を馳せました。

最速149キロのストレートと、2種類のスライダーが最大の武器で、とくにストレートはスピンが効いていて打者の手元で伸びてきます。

センス抜群で、オリックスだけでなく、楽天や広島、ヤクルトのスカウトも

「将来性十分」

として、プロの環境で野球に取り組むとさらに伸びるとその素質を評価していました。

即戦力ではないものの、将来性という意味では、2017年のオリックスバファローズのドラフト指名選手で、一番期待が高いと思います。

オリックスバファローズのドラフト5位指名選手 西村凌(SUBARU)

オリックスバファローズがドラフト5位指名をしたのは、西村凌選手です。

西村凌選手は、二塁到達1.8秒の強肩と、捕球からスローイングまでの速さが武器の捕手です。

ヘルニア持ちだった伊藤光選手、そして台頭し始めてきている若月選手しかまともな捕手がいないオリックスバファローズにとっては、正捕手候補として期待がかかる選手ですね。

また、西村凌選手はパンチ力もあり、足もそれほど遅くなく、外野手経験があります。

正捕手にメドが立てば、打撃を活かして外野手転向もできるので、捕手一本だけが能ではないという部分も、評価点の1つでしょう。

オリックスバファローズのドラフト6位指名選手 西浦颯大(明徳義塾)

オリックスバファローズがドラフト6位で指名したのは、明徳義塾の西浦颯大選手です。

西浦颯大選手は

50メートル5.9秒の俊足、高校通算29発のパワー、遠投110メートルで投手としては140キロの強肩

という走攻守三拍子揃った期待の外野手です。

ただ、ミート力はまだまだバラつきがあり、とくに2017年夏の甲子園予選は打率.176と苦しみました。

打撃を克服すれば、将来のリードオフマン候補として活躍できそうです!

オリックスバファローズのドラフト7位指名選手  広沢伸哉(大分商)

オリックスバファローズがドラフト7位指名した広沢伸哉選手は、俊足好守が魅力の内野手です。

本職はショートですが、高校1年の時はサードも守っています。

50メートル5.8秒の俊足を生かし、軽快に守備をこなせますが、打撃はややイマイチ。

身体能力が高いので、打撃も磨けば光る可能性は十分にあります。

オリックスバファローズとしては、ソフトバンク・今宮選手のような選手になってほしいと期待しているみたいですよ。

オリックスバファローズのドラフト8位指名選手 山足達也(ホンダ鈴鹿)

オリックスが最後に指名したのは、こちらもショートが本職の山足達也選手です。

やたらショートを指名している気がするのですが、ファーストやサードの強打者は指名しなくてもよかったのでしょうか。

というのも、山足達也選手も、オリックスバファローズの指名したその他の野手の例にもれず、俊足好打タイプです。

そのため、あまり長打には期待ができません。

ただ、山足達也選手の場合は内野ならばどこでも守れるという器用さが売りなので、内野で誰かが怪我をしたりした時や、守備固めとして使えるスーパーサブ要素もあります。

問題はスローイングで、深い打球を処理した場合、結構送球が乱れるため、スローイングの克服が課題となりそうですね。

 

以上が、オリックスバファローズが2017年のドラフト会議で指名した選手たちです。

内野はやけにショートが多いような気がしますが、やはり、西野選手のコンバートをさせることが確定路線になっているのでしょうね。

だとすれば、ここまでたくさんのショートを指名する理由も頷けますし、一応、まだ2018年いっぱいくらいはマレーロ選手や中島裕之選手、小谷野栄一選手でファーストやサードは埋まりますから…。

 

まとめ

2017年のドラフト会議で、オリックスバファローズが指名した選手の評価を紹介しました。

上位指名選手は、12球団が上位候補にしていた即戦力投手を2人も指名、さらに3位では俊足好打の福田周平選手を指名できたのが大きいですね。

ただ、ちょっとショートに偏り過ぎているような気がして、ファーストやサードはどうにかしなくていいのか?と感じてしまう部分も…。

サードの西野選手のコンバート前提で動いていると思うので、このコンバートが上手くいくことを祈るしかないですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.