星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ロッテのドラフト2017指名選手の情報や評価を紹介!1位は誰?

更新日:

伊東帝国の崩壊、そして貧打で繋がらない打線…。

あらゆる要素が不足したせいで、千葉ロッテマリーンズはまさかのパ・リーグ最下位に沈みました。

ダントツの最下位だったので、もうどうしようもなかった面がありますね。

とくにフロントが全く仕事をしなかったことも一因でしょう。

そんな中、井口新監督になり、フロントも少しはやる気を出してくれればいいのですが…

さて、井口新監督になり、最初の仕事というのが2017年のドラフト会議でした。

千葉ロッテは一体、ドラフト会議で誰を指名したのでしょうか?

当記事で、2017年の千葉ロッテのドラフト会議結果を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

千葉ロッテのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

最下位に沈んだ千葉ロッテは、現状、あらゆる要素が不足していて、ほぼ全てが補強ポイントと言えます。

正捕手として定着し、しばらくは安泰な捕手の田村選手以外は、内外野全てにおいて戦力不足。

とくに大砲が不足していて、2017年はチーム本塁打が12球団最低でした。

これらの不足要素を補える選手を、千葉ロッテは指名できたのか?

早速、千葉ロッテのドラフト指名選手を紹介していきます。

まずは一覧から見てみましょう。

千葉ロッテのドラフト指名選手

1位 安田尚憲(履正社)

2位 藤岡裕大(トヨタ自動車)

3位 山本大貴(三菱自動車岡崎)

4位 菅野剛士(日立製作所)

5位 渡辺啓太(NTT東日本)

6位 永野将司(ホンダ)

最初は、清宮幸太郎選手を指名したのですが、7球団競合でくじを外してしまいました。

その後は、履正社の安田尚憲選手を指名し、今度は競合でくじを引き当て、見事に交渉権を獲得したのです。

全体的に見ると、高校生は安田尚憲選手1人で、どちらかというと即戦力中心のドラフトだったのかなと思いました。

とはいえ、基本的には捕手以外は全てが補強ポイントと言ってもいいほどの戦力不足なので、まずは即戦力中心にしたかったのでしょうね。

幸い、打者だけを考えれば、2018年のドラフト候補たちに高いレベルの打者が多いですし。

早速、1人1人がどんな選手か、その評価を見てみましょう。

千葉ロッテのドラフト1位指名選手 安田尚憲(履正社)

千葉ロッテのドラフト1位指名選手は、高校生スラッガーとして注目を集めた左の大砲・安田尚憲選手です。

安田尚憲選手は、清宮幸太郎選手と並び、高校生の左の大砲として、そしてドラフト目玉候補の1人として、多くの球団が注目していましたね。

安田尚憲選手の魅力はなんといっても、188センチ95キロの体格が示す通り、高校通算65発のパワーですよね。

場外弾を打ったり、木のバットでも130メートル超え弾を放つなど、飛ばす力は既に一級品です。

守備は普通レベルですが、強肩活かしてサードを守っていて、深い打球もアウトにすることができます。

ロッテは現在サードのレギュラーが固定できていません。

さらに大砲不足でチーム本塁打は95本と、ヤクルトと並び12球団最低に…。

サードのレギュラー、そして4番候補として補強ポイントと合致していて、成長が楽しみな選手です!

千葉ロッテのドラフト2位指名選手 藤岡裕大(トヨタ自動車)

千葉ロッテのドラフト2位指名選手は、

社会人No.1野手

との呼び声高い藤岡裕大選手です。

藤岡裕大選手は、走攻守が高いレベルで3拍子揃った左打者。

実力は大学の頃からあり、サードで3度のベストナイン、首位打者を1度獲得していますが、なんと大学時代はドラフト指名漏れに…。

この悔しさをバネに、社会人に入った後は、1年目から大活躍!

都市対抗野球では若獅子賞を受賞する活躍で、トヨタ自動車の優勝に貢献しました。

2017年は社会人日本代表としてもプレーしています。

身体能力は非常に高く、

  • 一塁到達4.1秒の俊足
  • 投手として140キロ超えを投げたこともある遠投110メートルの強肩
  • サード・ショート・外野を守れる器用さ

このような器用さがウリです。

さらに、打撃面でも、大学時代は井口監督の安打数を抜く通算104安打を記録。

社会人時代も安定して3割以上の打率を記録しています。

まさに走攻守三拍子揃っていて、守備も多くのポジションを守れるので、1年目から活躍が期待できそうですね。

藤岡裕大選手の存在は即戦力として、そして他選手の競争意識を高めることにも繋がり、チームのレベルアップ間違いなしでしょう!

千葉ロッテのドラフト3位指名選手 山本大貴(三菱自動車岡崎)

千葉ロッテのドラフト3位指名選手は、山本大貴投手です。

山本大貴という名前ですが、高校通算107発の内野手の方ではなく、投手の方の山本大貴ですね。

山本大貴投手は、肘を使った腕の振りが特徴的な左腕です。

球種は最速148キロのストレート、カーブ、スライダー、ツーシームなど多彩で、緩急をつけたり空振りを奪える球もそろっていますね。

高校生の頃に注目されたのち、社会人でさらに成長を果たしました。

2017年の都市対抗野球予選では、23回1/3を投げて21奪三振、防御率1.54、1完封で最優秀選手賞を受賞しています。

コントロールにやや難があるので、そこを修正することができれば、1年目からでも活躍ができそうですね。

千葉ロッテのドラフト4位指名選手 菅野剛士(日立製作所)

千葉ロッテのドラフト4位指名選手は、菅野剛士選手です。

長打が魅力の社会人No.1の強打者で、大学時代は明大でリーグ記録となる28二塁打を打ちました。

その打撃力を千葉ロッテはかなり評価していて、諸積スカウトは

「楽天・茂木やオリックス・吉田正に引けをとらず、ルーキーイヤーから活躍できる」

と評価しています。

また、ロッテだけでなく、中日や広島のスカウトも勝負強さを評価していたので、チャンスでここぞという時の活躍も期待ですね。

千葉ロッテのドラフト5位指名選手 渡辺啓太(NTT東日本)

千葉ロッテのドラフト5位指名選手は、渡辺啓太投手です。

即戦力投手で、最速145キロながらも、キレのあるストレートやツーシームが魅力的。

コントロールもよく、安定感ある部分も評価ポイントですね。

制球で勝負するタイプなので、いい日と悪い日がハッキリしそうなのが欠点でしょうか。

1年目からの先発ローテーション入りも期待でき、先発不足の千葉ロッテの救世主となれるか期待したいです!

千葉ロッテのドラフト6位指名選手 永野将司(Honda)

千葉ロッテがドラフト6位で指名したのは、永野将司投手です。

永野将司投手は、左投手ながら最速153キロのストレートを投げられパワーピッチャーです。

大学時代に左ひじを怪我してしまい、トミージョン手術をして1年留年の後、Hondaに入部。

Hondaでは、主に中継ぎ・抑えとして活躍し、社会人1年目で153キロをマークしました。

1年目からの即戦力リリーフとして千葉ロッテは起用したいみたいですが、コントロールがよくないので、まずはコントロールを磨くところから始まりそうです。

 

以上が、千葉ロッテのドラフト指名選手でした。

この他に、育成ドラフトに参加した千葉ロッテは、

  • 育成1位 和田康士朗 (富山サンダーバーズ)
  • 育成2位 森遼大朗 (都城商)

といった2人を指名しています。

 

まとめ

千葉ロッテは、2017年のドラフト会議で、1位に履正社の安田尚憲選手を指名しました。

千葉ロッテに不足しているサードの大砲ということで、補強ポイントと合致しています。

また、2位の藤岡裕大選手も、千葉ロッテに不足している内野の即戦力レギュラーとして、ルーキーイヤーからの活躍が期待できます。

それ以降も、投手を中心に即戦力を集めた印象を受け、まずはこの先2~3年をどうにかしていこうという思惑を感じました。

確かに、今の千葉ロッテでは育成をしている余裕がないチーム状況ですし、素材型選手を指名するにしても、即戦力で戦えるようになってからなのでしょうね。

そう考えると、2017年のドラフト会議の結果は、千葉ロッテ的には悪くなかったような気がしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.