星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

花粉症

スギとヒノキの2018年春の花粉飛散量やピーク時期をチェック!

更新日:

先日、早くも2018年春の花粉情報が、『日本気象協会』と『ウェザーニュース』から発表されました。

…が、その予測が少し困ったことになっています。

なんと、

2社の予測が、正反対に分かれる

という異例の事態となりました。

花粉症の人にとって、2018年春の花粉が、どの程度飛散するのか、飛散量というのは、非常に気になる話だと思います。

そこで当記事では、2018年春の花粉飛散量のピーク時期などの情報についてまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018春の花粉飛散量予測が真っ二つに!

花粉症の人にとって、一番気になるのは、春の花粉だと思います。

春の花粉の代表的なものとして挙げられるのは、

  • スギ花粉
  • ヒノキ花粉

です。

筆者は、以前までブタクサが一番ひどかったのですが、今ではスギ、ヒノキが一番ひどい症状となっているため、春の花粉情報が逐一気になる1人です。

ただ、1年通して花粉症なので、春だけでは済まないのが辛いところ。

年中薬を飲み続ける生活です。

それはさておき、多くの人が気になるであろうスギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量について、先日、日本気象協会とウェザーニュースの2社が、飛散量の情報を発表!

これによって、2018年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量が判明した…と思ったのですが…

なんと、

日本気象協会とウェザーニュースの2018年春の花粉予測が、正反対になってしまった

のです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

まず、日本気象協会の予測によれば、以下のようになります。

この飛散予測によると

2018年春の花粉飛散量は、

前シーズン(2017年春)を上回る地域が多い

とのことです。

基本的には、図を見る限りは、太平洋側を中心に前シーズンよりスギ・ヒノキ花粉飛散量が上回るみたいですね。

とくに、

  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 茨城県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 高知県
  • 島根県

においては、

前シーズンの2倍ほどの花粉飛散量になる

と予想されています。

そのほかも、中部地方や近畿地方を中心に、前シーズンの1.5倍以上の花粉飛散量が予想されています。

もう今から考えるだけでも憂鬱になりそうですよね。

しかし、打って変わってウェザーニュースの2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散量予測は、以下の通りです。

なんということでしょう。

東北地方は基本的に変わらない予測となっていますが、日本気象協会の予測では前シーズンより多くなると言われていたスギ・ヒノキ花粉飛散量が、

関東・中部・近畿では正反対の前年の50%~70%程度に留まる

という予測になっているではありませんか!

2社の予測を比較して見てみてもこの通りです。

日本気象協会では前シーズンより多いとされている、2018年の太平洋側のスギ・ヒノキ花粉飛散量が、ウェザーニュースではかなり少ないことにされています。

同じように、2008年~2017年までの例年と比べ、2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散量が多いかどうかの予測も見てみましょう。

こちらもほぼ真逆の結果になっていますね。

 

日本気象協会の予測:北海道は平年より少なめ、関東や中部では平年より多い

ウェザーニュースの予測:北海道が平年より多く、関東や中部では平年より少ない

 

との予測になっているのです。

このように真っ二つの結果が出てしまうと、

「一体2018年春のスギ・ヒノキ花粉は多いのか少ないのかどっちなんだよ!」

「何を信じればいいんだ!?」

と混乱してしまいますよね。

では、なぜこのように、2社で真逆の予測が発表されてしまったのでしょうか?

 

2018春のスギ・ヒノキ花粉飛散量予測が正反対の理由

2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測が正反対だと、正直、どっちを信じればいいのかわからず、非常に困ってしまいます。

そもそもなぜ、予測が正反対になってしまったのでしょう?

その理由は、天気の見方が異なっていたからです。

2社とも、飛散する前年の夏の天候、つまり2017年夏の天候を元に2018年のスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測をしています。

スギやヒノキの雄花が夏に作られるので、晴れて暑い夏になるほど多くなるという解釈の時点では、日本気象協会とウェザーニュースの見解は一致しているのです。

しかし、その2017年夏の天候をどう解釈したかで大きく見解が分かれました。

日本気象協会は、2017年夏を、

全国的に晴れが多く、暑い夏だった

と判断しました。

一方のウェザーニュースは、2017年夏を、

東日本や太平洋側は連日の雨により、記録的な日照不足となった夏だった

と判断したのです。

確かに、仙台では連続降雨記録を更新したり、東京でも歴代2位の連続降雨記録になったとニュースになりました。

こうした夏の解釈の違いにより、2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測結果が正反対となったのです。

さらに、2社がこれまで記録してきた過去の気象データの違いによっても、結果が分かれる一因となったと言っていいでしょう。

たとえば台風の進路でも、さまざまな国の気象モデルがあり、どのモデルを採用するかによって、進路の見解が大きく異なるのと同じようなものです。

つまり、結局のところ…

その年の花粉シーズンに突入してみないと、最終的なことはわからない

ということなのでしょう。

天気予報もモデルによる予測をするため、いきなり発生する局所的な雨雲などに対応しきれません。

そのため、2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散量予測のように、どうすればいいかわからない状況に陥ることもあるわけです。

これは、花粉シーズンが始まる前に、花粉対策をしておくのが大切だと思いますね。

 

2018年のスギとヒノキの花粉飛散時期はいつ?

最後に、スギ花粉とヒノキ花粉の飛散時期を確認しておきましょう。

春の花粉症で厄介なのは、スギ花粉症の人の多くが、同時にヒノキ花粉症にもなってしまうところにあります。

そして、ヒノキ花粉はスギ花粉の直後に飛散するため、ダブルパンチで散々な目に…ということも十分にありえるわけですね。

その気になる花粉の飛散時期ですが、実は驚くべきことに、

スギ花粉は東北地方や関東地方では花粉を溜め込む真夏を除き、ほぼ年中飛散している

のです!

また、関東地方は、ヒノキ花粉も他の地域より1ヶ月ほど長く飛散するなど、なぜか関東地方は花粉が多くなる傾向があるようですね。

そんな状況下でも、やはり花粉に飛散時期のピークというものがあります。

全国的なピークをまとめると、

  • スギ花粉は2月中旬から3月下旬
  • ヒノキ花粉は3月初め~4月下旬

までです。

注意するべき点は、先ほども述べましたが、例外の関東地方。

関東地方では、上記のピークが1ヶ月長いと考えてください。

そのため、関東地方の場合は、スギ花粉は4月下旬まで、ヒノキ花粉は5月下旬まで続きます。

関東地方の人は、長期的な花粉対策を講じていく必要がありそうですね。

 

まとめ

2018年春の花粉情報の第1報が発表されましたが、スギ・ヒノキ花粉の飛散量は、予測を出した2社で、結果が正反対になるという不思議な現象が起きました。

それにより、前シーズンより多いか少ないか、どちらになるかわからず、判断に困るところです。

そのため、マスクなどの基本的な花粉予防・対策グッズは、花粉シーズン到来前に買いこんでおくことをおすすめします。

『今年は花粉が少ないはず』と思っていたら、いざ花粉シーズンになって大量飛散し、大変なことに…

そうなっては手遅れです。

花粉に限ったことではありませんが、予防や対策というのは、早め早めの行動を心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-花粉症

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.