星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

トランプ大統領が来日する目的や日程をチェック!日本への影響は?

更新日:

トランプ大統領の来日!

予定では2017年11月5日から7日の、3日間の訪日となっています。

今回のトランプ大統領の訪問は、日本以外にも、韓国、中国、ベトナム、フィリピンと、東アジア諸国を歴訪の予定です。

そのアジア歴訪の最初に日本を訪れるわけです。

となりますと、今回の日本訪問の目的はなにか、日本への影響として、どんなものがあるのか、そのあたりが気になるところです。

今回は、トランプ大統領が来日する目的や日程をチェックし、日本への影響はどんなものがあるのかを、考察してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トランプ大統領来日の目的と日本への影響

このトランプ大統領の訪日は、2017年11月10日からベトナムで開催される、

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席

するために、東アジア各国を歴訪するための一環としてのもので、2017年11月6日に行われる安倍晋三首相との会談が、そのメインとなります。

 

では、トランプ大統領の来日の目的とは何でしょうか。

重要な目的は2つあります。

ひとつは、

北朝鮮対策

もう一つは、

日米の経済問題

この2つが、トランプ大統領の来日の主な目的でしょう。

トランプ大統領の来日の目的1 北朝鮮対策

この来日の目的は、北朝鮮に対して

日米同盟が強固であること

をアピールすることが狙いであると言われています。

日米同盟が強固であることは、言い換えれば、

「アメリカの意志と同じくして日本も賛同している(後追いであっても)」

ということですね。

もっと言えば、アメリカは既に

北朝鮮に対して『ある種』の決断をしていて、それをアジアの関係諸国に通告する

とも受け取れます。

この『ある種』というのが、どのようなことなのかは諸説あるところです。

いずれにしても、それを『通告』することが目的となると、非常に重大な決断であることは間違いないでしょう。

アメリカにとって北朝鮮のミサイルと核は、非常に重大な脅威です。

ミサイルや核なら、中国もロシアも、またイギリスやフランスも持っていますし、核だけならインドやパキスタンも持っています。

さらには、イスラエルもほぼ間違いなく持っていることでしょう。

しかし、これらの国とは

『簡単にはミサイルや核を使わない』という暗黙の了解

があります。

北朝鮮にはそのような『暗黙の了解』はありません。

ましてや、相手の将軍様は、何を考えているのか不明という、物騒な相手です。

北朝鮮が米国本土に直接到達する大陸間弾道ミサイルと、それに搭載する核弾頭(水爆)を開発・実用化するのは、およそ数ヵ月から1年程度と言われています。

この時期は、以前は1~3年先と推測されていましたが、このところの北朝鮮では急速に大陸間弾道弾と水爆開発が進んでいます。

そのため実用化は、最速6ヶ月、最長でも1年先という説が、現在では有力です。

つまり、なんらかの『重大な決断』をするには、半年の余裕しかないということになります。

しかも、その『重大な決断』を実行するには、かなりの準備期間が必要です。

艦船や人員の配備は1日や2日ではできません。

ヨーロッパやアメリカから回航するにも。数週間はかかります。

となると、現時点から見て6ヶ月というのは、ギリギリのリミットでしょう。

もちろん、上に書いたことは単なる推測にすぎません。

もっと穏やかな内容の会談となる可能性もあります。

トランプ大統領の来日の目的2 日米の経済問題

これは要するに、

「アメリカ製品をもっと買え!」

ということにつきます。

そのためにアメリカはTPPを脱退し、カナダ・メキシコとも北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを行っています。

そして、TPPの代わりに二国間協定をと主張しているのです。

安倍晋三首相との会談での具体的な話としては、

  • 財政・金融政策
  • インフラ整備・エネルギーなどの事業の協力
  • 2国間貿易の枠組み

などが出てくるものと思われます。

トランプ大統領は、日本の自動車市場や農業分野の閉鎖性を指摘し、対日・貿易赤字の削減を要求するでしょう。

それに対して安倍晋三首相は、日本の農業事情やアメリカの関税などを挙げて反論する、という形になりそうですね。

さらに実は、トランプ大統領の訪日には、もう一つの理由が考えられます。

トランプ大統領の来日の目的3 在日米軍の鼓舞

トランプ大統領が日本に着いてまず最初にすることは、横田基地の視察です。

当然、視察といっても、ただ見て回るということではなく、横田基地の将兵への鼓舞・激励の意味が強いでしょう。

おそらく、韓国でも同様の米軍基地の視察があるはずです。

米軍の将兵にとって、アメリカ大統領直々の鼓舞は、非常に大きな励みとなります。

なんともきな臭い話ですが、これが現実です。

 

トランプ大統領の来日による日本への影響は?

今回のトランプ大統領の来日ですが、その影響は非常に大きいでしょう。

とくに、上記の『重大な決断』が実際にされた場合は、影響というより日本に直接様々な事態が起きる可能性は、非常に高いです。

そのような事態はあまり想像したくないですね。

『重大な決断』でない場合でも、やはり影響は大きいものがあるでしょう。

また、経済面でもかなり大きな影響は出そうです。

結局、2国間協定は飲まざるをえないでしょうし、その結果、

日本の工業製品の輸出の減少

は避けられそうにもありません。

その穴埋めを農業製品でできるかといえば、それも不可能です。

いずれにしても、今回の日米会談は、困難なものになりそうですね。

 

トランプ大統領来日の日程

トランプ大統領来日の日程予定ですが、相当な過密日程ですね。

この訪日は、2017年11月10日にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するための、東アジア訪問の一環として行われます。

  • 11月5日午前 横田基地到着 基地視察・ゴルフ会談・夕食会
  • 11月6日 天皇・皇后両陛下との面会・日米首脳会談・拉致被害者の家族らと面会
  • 11月7日 日本発 韓国へ

2017年11月5日

まず2017年11月5日午前に、エアフォース1で米軍横田基地に到着予定です。

到着後は、横田基地を視察し、埼玉県の霞ケ関カンツリー倶楽部で、安倍晋三首相とゴルフ&会談となります。

霞ヶ関カンツリー倶楽部が選ばれた理由は、

2020年の東京オリンピックの会場

になるからでしょう。

また、ここでは日本人プロゴルファーの松山英樹選手を交えてのゴルフ会談となるそうです。

2017年11月6日

この日の目玉は、

天皇・皇后両陛下との面会

これは6日の午前となっています。

会談の内容は明らかにされていませんが、日本国の慣例により、『表敬』という内容になるでしょう。

間違っても、TPPを論じたり、北朝鮮対策を打ち合わせるということはありえません。

かつて、オバマ前大統領が訪日、天皇皇后両陛下と会った際には、

オバマ前大統領が、腰を90度曲げる最敬礼をして

話題になったことがありましたね。

一口に元首といっても、民衆に選出された元首と生まれながらの君主とでは、意味が全く違います。

そのことに対する、オバマ前大統領の敬意の表し方だったと言われています。

今回のトランプ大統領は、果たしてどのくらい腰を曲げるでしょうか?(笑)

その後は、安倍晋三首相との首脳会談があり、これが今回のトランプ大統領の来日目的の山場です。

会談場所については、事件対策もあり、公表されていません。

おそらくは、都内のホテルなどではないでしょうか。

とうぜん、皇居内とか国会議事堂内ということはなさそうです。

そこで、どんな内容の話をし、どのような結果に終わるのか。

大いに注目されます。

そしてさらに、トランプ大統領と北朝鮮の拉致被害者家族との面会が続きます。

この拉致被害者の問題は、北朝鮮との交渉では大きなポイントになっていますが、この面会により、いくばくかの進展があるのでしょうか。

2017年11月7日

当初は、この2017年11月7日にもスケジュールが組まれていました。

しかし、例によって韓国が

「日本にばかり滞在するな!おらのとこへはよこい!」

と横槍を入れて、この日のスケジュールは取り消しとなりました。

なお、トランプ大統領の滞在中には、厳重な警備体制がとられ、交通規制や検問などが行われます。

すでに街のロッカーが使用できなくなるとか、検問が行われたりとか、色々な影響が出始めています。

よって、用のない人は東京の都心部には近寄らない方が無難でしょう。

 

まとめ

トランプアメリカ大統領の来日は、2017年11月5日~7日の3日間となっています。

その間、天皇皇后両陛下との会見や、安倍晋三首相との日米首脳会談が行われますが、会談の目的や内容は、かなり厳しいものになりそうです。

『重大な決断』

が果たして通告されるのか、経済面での交渉はどうなるのか。

いずれにしても、いろいろと不安要因は多く、日本への大きな影響は避けられないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.