星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

パラダイス文書とは?内容と情報流出の原因や影響をチェック!

更新日:

2015年に『パナマ文書』という機密文献が公開され、大変な反響を呼びました。

その内容は、企業や個人が税金逃れのために、

『タックスヘイブン』と呼ばれるカリブ海の英領バージン諸島やケイマン諸島などに、資金を移していた

というものです。

2017年11月にも、これと全く同じ事例が発生しました。

それが『パラダイス文書』です。

内容はパナマ文書と同じく、企業・個人の税金逃れの膨大な事例です。

その発端は、法律事務所などの内部文書や公的な登記文書の内容が、南ドイツ新聞に送られました。

また、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)にも同一の内容が知らされました。

今回は、そのパラダイス文書とはどんなものか、その内容と情報流出の原因や影響を調べてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パラダイス文書とは?その内容は?

まずは税金対策の『パラダイス』を紹介しましょう。

場所は陽光輝くカリブ海の国際的リゾート地、

  • 英領バミューダ諸島
  • 英領バージン諸島
  • ケイマン諸島

などです。

色とりどりのビキニに身を包んだ美女が群れる、南の島の楽園。

街には爽やかな風がそよぎ、海には多数の豪華ヨットが停泊しています。

文字通りのパラダイスなのですね。

「ようこそパラダイスへ!」

タクシー運転手も、そんな言葉で観光客を歓待するのです。

そのようなこの世のパラダイスが、タックスヘイブン(租税回避地)になっているのです。

このバミューダ諸島と米フロリダ半島の先端、大西洋のプエルトリコを結ぶ三角形の海域は、

『バミューダトライアングル』と呼ばれ、飛行機や船が消失する超常現象の頻発地

として有名です。

なお、タックスヘイブンは、このカリブ海諸国だけではなく、ヨーロッパにもあります。

モナコ公国やサンマリノ共和国などですね。

いずれも小規模で経済的にもスケールが小さい国なので、タックスヘイブンによって資金を集めようということなのでしょう。

これらは国際的リゾート地として有名ですが、もう一つの顔があります。

それが、

所得税や法人税、キャピタルゲイン(金融資産の値上がり益)への課税がない『タックスヘイブン』

としての顔です。

税金が、かからないメリットのために、世界の富豪・要人が、ここに財産を移すわけです。

そして、その富豪・要人たちの名前が

『パラダイス文書』に克明に記されている

のです。

そのパラダイスにあるのが、法律事務所『アップルビー』です。

ここが、今回のパラダイス文書の主な流出元だったのです。

この法律事務所アップルビーは、世界10カ所に事務所を持っていますが、大半はバミューダ諸島やケイマン諸島といったタックスヘイブンにあります。

今回、パラダイス文書として流出した内容は、

680万点

という膨大な資料で、法人・個人・組合などの契約書・銀行口座、Eメールなどが含まれています。

その中には、漫画『ドラゴンボール』の作者として有名な漫画家・鳥山明氏ら日本人12人も入っています。

鳥山明氏は、アメリカの不動産リースの投資事業組合に出資していたのですが、その会社の会計処理に関して、出資者から追徴課税したそうです。

鳥山明氏は取材に

日々多忙のため、税務面はおまかせにしていますのでお話しできることはありません。

と書面で回答したそうです。

また、アメリカ・トランプ大統領の元で商務長官を勤めるロス氏の名前も挙げられています。

彼は、ロシアのプーチン大統領に近い企業との取引で利益を得ていたと言われていますが、それがどうやら、このパラダイス文書にあるらしいのです。

ロス商務長官と利害関係のある海運会社が、

プーチン大統領の義理の息子などが役員を務めるロシアのガス会社との取引

で、2014年からの3年間で約6800万ドル=78億円分の収入を得たということです。

これについては、ロス商務長官は就任の際にも取引の詳細を明らかにしていません。

これが『新ロシア疑惑』と呼ばれる事件です。

この例のように、単に税金逃れというだけでなく、さらに大きな事件に関わってくることが、このパラダイス文書やパナマ文書の凄い影響力なのです。

 

パラダイス文書の情報流出の原因とは?

このパラダイス文書を最初に入手したのは、パナマ文書の時と同じく

ドイツの南ドイツ新聞

です。

情報流出の原因ですが、現在3つ程の説が噂されています。

  1. 内部の何者かによるリーク(漏洩)説
  2. ハッキング説
  3. WordPressのプラグインが原因

まず、内部のリーク説ですが、もしあるとすれば法律事務所『アップルビー』からでしょう。

ただ、この事務所の人員数は不明ですが、法律事務所という業務から見て、数万人ということは考えられません。

各所にある分所を含めても、せいぜい数百名から1千名程度かと思われます。

となれば、そのリーク者の割り出しも、それほど困難とは思われません。

現在までに、リーク説に関わる情報はないようです。

ハッキング説について、法律事務所『アップルビー』では、

『ハックにあった』

と主張しています。

では誰がハックしたのかとなりますと、これまた不明です。

しかし、世の中には凄腕のハッカーは多くいますし、ハックの可能性は拭えません。

そこで浮かび上がったのが、Wordpressのプラグインが原因説です。

これはネットサーファーにはおなじみ、ギズモードが元ネタらしいですね。

そしてWordPressも、サイトのスクリプト書きや記者さんには、お馴染みのツールです。

(このブログもそうです)

そのプラグインの名は『Revolution Slider』です。

かなり前に『Slider Revolution』というプラグインを狙ったロシアのマルウェアがありました。

それとおなじく、サイトの中に簡単にスライドのエフェクトを導入できるそうです。

この指摘は、WordfenceというWordpressのセキュリティを専門とする企業からでした。

情報が漏洩した例は、法律事務所Mossack Fonsecaのウェブサイトです。

このサイトはWordpressで構築されており、Revolution Sliderの古いバージョンを使用していたそうです。

そのため、

ファイルのアップロードやサーバーへのスクリプト攻撃が、誰でもできる状態

だったようです。

インターネットセキュリティの専門家の言葉では、

サードパーティ製のプラグインを使えば使うほど、安全を確保するのは難しくなります。

と語っています。

法律事務所Mossack Fonsecaのウェブサイトでは、メールサーバーもウェブと同じサーバーで管理していたのです。

また、ファイヤーウォールなど基本的な対応もなく、ユーザーに対する定期的なパスワード変更を促すメッセージもなかったそうです。

これは法律事務所としては、いくらなんでもお粗末すぎますね。

 

現在までに、パラダイス文書の情報流出の原因については、確定的な情報はありません。

『アップルビー』のサイトが、ツールとしてWordPressを使っていたかも、不明です。

しかし、諸々の状況を見ますと、WordPressなどのツールと、そのプラグインその他のの脆弱性を利用した、

国際的なクラッカー(ハッカー)集団によるクラッキング

の可能性が、最も高いように思えます。

 

パラダイス文書の情報流出の影響は?

パラダイス文書の流出によって、広範囲でかつ意外な人物や団体にまでの影響を与えています。

ここでパラダイス文書に挙げられている人物・団体をいくつか紹介しましょう。

なお、ここに挙げた人物・団体以外も、パラダイス文書にはありそうですが、現時点では公表されていません。

なにしろデータが膨大すぎて、隅から隅まで読むのは大変な作業になりますので、現在のところは見つかっていない、ということらしいです。

まず日本人から。

  • 鳩山由紀夫元総理大臣
  • 内藤正光元総務副大臣 
  • 漫画家の鳥山明氏

続いて海外の人物です。

  • エリザベス2世女王
  • ヌール ヨルダン王妃
  • マイクロソフトの共同創業者 ポール・アレン
  • アメリカの歌手 マドンナ
  • 音楽グループU2のミュージシャン ボノ
  • トランプ陣営の閣僚の十数人以上
  • バルセロナの市長 ザビエル・トリアス
  • 元モンテネグロ首相 ミロ・ジュカノヴィチ
  • 元カナダ首相 ジャン・クレティエン、ポール・マーティン、ブライアン・マルルーニー
  • リベリア大統領 エレン・ジョンソン・サーリーフ
  • パキスタン元首相 シャウカット・アジズ

この中での注目すべき人物は、やはり

英女王のエリザベス2世陛下

でしょうね。

エリザベス女王は2005年に、有名なタックスヘイブンの

英領ケイマン諸島のファンドに750万ドル(約8億6千万円)の個人資産を投資

3年後には36万ドル(約4100万円)の分配金の知らせを受け取ったそうです。

エリザベス女王のお金は、この英領ケイマン諸島ファンドから、別の会社へ投資されたのです。

その会社は、英国の家具レンタル・販売会社『ブライトハウス』の『ブライト社』です。

同社は一括払いができない客に、年率99.9%の高利を求めるという、悪辣な手法で有名な会社です。

そのため、英国議会や消費者団体からは強く批判されています。

しかし、エリザベス女王の広報担当者は、

ブライト社へ投資されたことは知らなかった。

女王は個人資産や、その運用で得た所得税を納めている。

とコメントしています。

また、ヨルダン前国王の妻ヌール王妃は、英王室属領のジャージー島にある二つの信託会社から利益を得ていたと、文書にはあります。

このパラダイス文書に名を挙げられた人々は、それぞれ弁明や釈明に大わらわとなりました。

このように、今回のパラダイス文書の公開は、広範囲かつ多数の人々にも影響をあたえていることがわかります。

 

まとめ

2017年11月に公表されたパラダイス文書は、各方面に大きな衝撃を与えています。

その内容は、多くの人物や団体がカリブ海の『タックスヘイブン』に資金を移していたのです。

このパラダイス文書に名前を公開された人々は、弁明・釈明に追われ、情報流出の原因もあれこれと取りざたされています。

その中には、エリザベス女王や歌手のマドンナ氏、u2のボノ氏など、超のつく有名人も多いのです。

そのため、この公開による影響は広く深く、あちこちに波紋を描いているようですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.